初めての粘土

人気の記事:

コメント

  1. funka より:

    僕の場合、数年前にタワーレコードの広告として使用されたものが、

    一番最初のデハラユキノリ体験です。憶えてる限りでは。

    個展でフィギュアを購入するまで至ったのは、「THE JINGI」からです。

    http://www.dehara.com/jingi/

    彼の作品シリーズの中では、未だにこれが一番好きです。

  2. あこ より:

    はじめまして、こんばんは。

    初めてみたのはたぶん、本屋でみた「サトシ君のリストライフ」。

    そのあと、THE JINGIの個展をフォレット原宿でみました。

    正面から真っ二つに割れてる人が印象的でした。

    こないだのお野菜戦争の個展も見ました。

    フィギュアは持っていませんが、いつか手に入れたいです。

  3. funka より:

    あこさん、はじめまして。

    個展ではデハラ氏本人がお茶を持ってきたりするので

    いつも恐縮してしまいます。

    「正面から真っ二つに割れてる人」は上の写真の『森田くん』では?

    実は僕が買っちゃったんでした。・・スミマセン。

    フィギュアは売り切れるのが早くなってる様子なので、初日が勝負です。

  4. あこ より:

    あっ、正面から真っ二つに割れてる人!

    FUNKASTAさんが手に入れたんですね。

    よいものをお持ちです。

    私は個展は2日目などにふらふら行くので、

    あっさり売り切れてます。気合が足りませんね。

    デハラさんもいらして、とても親切でした。

    何も買っていないので恐縮しました。

    FUNKASTAさんは他にも

    デハラさんフィギュアをお持ちなのですか?

  5. funka より:

    毎回売り切れるのが早くなっている様子ですもんね。

    『ジバコレ』の時は謎の外国人の集団が来て

    たくさん買っていったそうです。

    「凄く横柄な感じの人達だったんです」と小声で言ってました。

    少し怯えてる感じで可哀想でした。

    そんな訳で売り切れが多いので

    手作りのものは正面から真っ二つに割れてる人と、

    サトシ君の頭付きストラップだけです。

    あとは中国人の手で大量生産された

    性獣モーリンと、キラートマトですな。

  6. マハンタ より:

    はじめて見たのはきっとサトシ君です。粘土マスターの私としては衝撃的でした。個展札幌でもやらないかな〜

    私はこんなほのぼの作品をつくってまする

  7. BRITS より:

    吉祥寺の本屋で『ジバコレ』の展示を見たのが最初でした

    一発でホレ込んでその場で1体購入

    家宝として大事に祭ってます ( ̄∀ ̄)

    個展とかやってるんですねぇ

    機会があったら是非行ってみたい・・

  8. Moda より:

    サンタモニカの本屋で

    「サトシ君の〜」をみたのが最初です。

    なんか、日本語の本があると手に取ったら最後。

    もう周りの目を気にしないくらい爆笑してました・・・

  9. 私が見たデハラユキノリフィギュア作品は大学時代に家の中でぶどうのアクセサリーを作っていたの….?でも、大学1年の時の部屋の中の壁面に貼ってあったA1サイズのポスター3枚は印象的!

  10. あり より:

    オレは幸運(超偶然)にもほぼ隣に住んでいた(今は違います)のもあって、人の方が先なんですが、表参道沿いだったロケットの個展が最初です。

    へぇーこーゆーの作るんだーと思って、隠れファンになりました。

  11. あり より:

    5,6年前かなぁ。サトシ君がスーツダイレクトって紳士服屋さんのマスコットキャラになってたのが初めての出会いです。

    よく出来たパンフがあってサトシ君があのカッコで来店して少しずつスーツ姿になっていく過程でお店のシステムを説明するというものでした。

    当時池袋にショップがあったけど今はどうなのか・・。

    ロケットの個展から行ってるけど最近は競争率高いですねぇ。

  12. めん より:

    家にモーリンが2匹います。

    今度写真アップします。

    最近個展やんないねぇ〜。

    と思ってたらやってた!終わってた!

    http://www.dehara.com/

    DMこなかったYO!デハラくん!