トリビュートが作られてるぞ

人気の記事:

コメント

  1. はしばし より:

    昨日、大塚まさじさんと大庭珍太さんの部分が録音されたそうです。後は中川イサトさんともう一人で終了。早く聞きたいなあ。

  2. うちお より:

    顔ぶれをみると、トリビュートというより同じ世代の同じジャンルのお友達カバーといった感じですね。

    昨年出たURCトリビュート(Discover URC)では、3人の人がカバーしてますね。

    「コーヒーブルース」Quinka with a Yawn

    「自衛隊に入ろう」ガガガSP

    「鎮静剤」夏木マリ

    どれも粒ぞろいです。

  3. はしばし より:

    そうそう、お友達。

    ほんとの意味でのトリビュートですよねえ。

    嬉しくて本人まで登場するとは思ってなかったけれど。

    あ、このトリビュートは高田渡承認です。そして

    なんと、音聞いて嬉しくて、渡さん本人が参加してしまった。

    ってトリビュートじゃなくなっちゃうな(笑)。

    しかも新曲(ただしくは未発表曲)です。

    長い付き合いだからこそ、人も音楽も知り尽くしてる。だからこその、そこにあるおもしろさってのがありますね。30年。愛情あふれてますよ〜(笑)

    本人知ってるだけにね。互いの音楽との距離感ってのが。

    いわばランディ・ニューマンとハリー・ニルソンって感じですかね。いい過ぎかあ。

    どれもよかったなあ。

    URC トリビュートもよかったですけれどね。

    上の3曲はどれも好きです。

    上の3曲が気に入られたなら、高田渡トリビュートのアーリー・タイムス・ストリングス・バンドをオススメしておきましょう!

  4. 眠たい虎 より:

    四半世紀ほど前、田代友也(現在は、田代ともや)師匠の自主制作LP発売の時、渡辺勝さんと、竹田裕美子さんと山口県下松市で宴会をした事を思い出しました。アーリー・タイムス・ストリング・バンドの名前が出ていたので。

    高田渡サンが、「寿限無」に歌いに来たのもその頃ですね。

    先日「アフガンの子どもたちに美味しいものをごちそうする会」のチャリティーコンサートに参加したとき、主催の田代師匠から

    「俺の実家の近くで、渡さんとけんちゃん(なぎら氏)と、俺と、もう一人だれだったかで、ライブをした時も、渡さんが二曲歌ったとたんに寝ちゃったんだよ」という話を聞きました。

    ともや氏がトップバッター、なぎら氏がトリだったそうで、その前が渡さん。

    なぎら氏「友也・・・起こして来いよ」

    ともや氏「ん、行ってくる」

    渡さん「・・・」(寝ている。ステージに行く、ともや氏)

    ともや氏「はーい、わたーるちゃん。歌が始まりますよ〜」

    渡さん「・・・」(まだ寝ている)

    ともや氏「起きてね〜、はーい、歌いますよ〜。あるーきー疲れては〜」

    渡さん「ん・・・ん。あるーきー、疲れてはー」(生活の柄)

    どうにか、演出だとごまかせそうだ、故郷で恥をかかずにすんだと思った矢先、渡さんが一言。

    渡さん「すいません・・・ホントに寝てました」

    ・・・バラしちゃったそうです。

  5. はしばし より:

    あははは。まあ、寝るのも最近は「ほんとに寝るんだ」と若いファンが確認できていい、ということらしいですが。

    映画『タカダワタル的』にも登場するロケット・マツ氏は

    その渡さんにステージで「永畑さん(マツ氏の本名)、そろそろ歌いますから起きてください」って起こされたという大物です(笑)

    そうですか〜、アーリーをご存じとは! 素晴らしい!

    でも二人だと後一人、今井忍を足して「きりぎりす」というグループになるんですっけ(つまりアーリーの関西抜き?笑)

  6. 眠たい虎 より:

    渡辺さん、竹田さん+今井忍さんで「キリギリス」ですね。

    「キリギリス」の活動期間は1年間(48年1月〜翌年1月)

    その後、今井忍さんは村瀬雅美さんたちと「カリブ・ランチ」を結成。

    (参考資料:1974HOBO’S CONSET シンコーミュージック刊)

    田代ともやセカンドLP「君はもう帰らない」では渡辺勝、渡辺裕美子、とクレジットされています。竹田裕美子さんが渡辺姓でクレジットされた最初のものかもしれません。このLPは1980年に録音。ライナーノートは直木賞作家の古川薫さんと、当時高校生だった私が書いています。

    1982年の「ASAKUSA DOWN TOWN FESTIVAL」のライブLPでは、「渡辺勝Band」で渡辺勝、渡辺裕美子、大庭昌、滝沢渉というメンバーです。

    なお、このLPは、現在6000円に値段が上がっています。

    「友部正人Band」の「遠来」、高田渡サンが「なぎら氏から習ったステキな歌です」といって歌う「ギャラより高い交通費(鯉幟の替歌)」などは、他では記録されていないからかもしれません。

  7. はしばし より:

    大庭昌……おお、名前まちごうてるがなあ。

    本名ですが、1文字抜けて(笑)。わざとかな?

    現在の芸名は珍太ですね。

    大庭珍太のHPありますが、それ、勝さんが作ってるんです。

    今でも劇団の音楽やるときに珍太が一緒にやったりしてますね。

    「遠来」は録音ありますが、友部バンドでですか。

    82年って誰だろうかな。横沢の龍太郎くんが入ってたヤツかな。その前かな。

    ちなみに松田幸一さんがいらっしゃる前のアーリータイムスの2回くらいのステージは村瀬さんがベースでらしたんでした。五つの赤い風船の解散、日比谷野外音楽堂のトップバッターが斉藤哲夫さんですが、その時(吉祥寺を歌ってます)は村瀬さんです。

    おおーなつかしポッポ〜♪……じゃなかった、なつかしのぐあらんどう(笑)

  8. 眠たい虎 より:

    あ、おはようございます。

    「POKARA」の「遠来」とは、全く違うアレンジです。

    「友部正人Band」のメンバーは

    友部正人 Vo E.G

    岡嶋善文 E.Bass

    永畑雅人 E.P

    信田和雄 E.P

    大谷なおや Dr

    とクレジットされております。

    もうひとつ。「中川五郎&XOXO」の「ヒガイモーソー」は

    中川五郎 Vo E.G

    只隅充人 E.Bass

    大谷なおや Dr

    とクレジットされております。

    どちらかが微妙に即席バンドっぽいですね。Drが重なっている。

    おっと、本題にもどります。

    印刷されている名前は「大庭昌」ですねぇ「マイ・リトル・ウィーメン」も「ゴリラ」も。わざとなんだろうか。

    夏にともやさんにあった時、質問してみるかな。

  9. はしばし より:

    へえ、友部さんの、BUNちゃんがベースだったんだ。

    隊長(BUNちゃんのことです)に聞いてみよう!

    ちなみに岡嶋BUNと今井忍は今、ハイビスカスという不思議ユニットをやってますよ(笑)

    このときの芸名はクール長崎になるのかな。

    クール長崎とハイビスカス。

    ときどき珍太も参加してます。