表記ゆれ

interface

人気の記事:

コメント

  1. みこと より:

    私はインタフェースって書きますね…。

  2. Gackt より:

    Google結果

    インタフェース:492000件ヒット

    インターフェース:569000件ヒット

    あと、Kiwiというシステム(http://kiwi.r.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/index.jsp)で、

    インタフェース/インターフェース

    と入力して調べるという手もあるね。

    僕が試したときは、

    1.インターフェース : (702837.2)

    2.インタフェース : (461883.47)

    でした。使い方については、?アイコンをクリックして下さい。

  3. いちい より:

    意図が分かりにくかったかもしれません、インタ/インター、フェース/フェイスで4通り思いついて、どれかな、と思いました。

    やっぱり自動的に表記のリストができてくれるとうれしいですね。

    そしてランキングも。

    と、今日出してきたレポートを書くときに思いました。

    けっきょくインタフェースにしたはず。

  4. あべ より:

    研究関連のレポートだったら分野ごとの慣例みたいなものがあるので、Googleに投げる際にいかにもありそうな単語と併せて投げると良いかもしれませんね。

    私の分野ではインターフェースと書いたらボスに殴られます(多分

  5. Gackt より:

    >あべさん

    コメントありがとうございます。

    慣用が絡んでくると表記の揺れの問題を扱うのって難しいんですよね。これは、多分、言い換えの研究をされている人にも当てはまるのではないかと思います。

    インターフェースと書いたらボスに殴られるということですが、あべさんの研究分野は何ですか?そして、その分野では、慣用として、どのような表記になるのですか?

    >みことめさん

    みことめさんは、どうしてインタフェースと書くのですか?

    やっぱり研究分野絡みですか?

  6. みこと より:

    確か専門用語としては、末尾の「ー」は省くのではなかったかとという淡い記憶が。

    ユーザー -> ユーザ

    トランジスター -> トランジスタ

    …とか。

  7. Gackt より:

    みことひめさんのおっしゃる通りです。

    一般語では長音を尊重し、専門語では長音を省略するという傾向があります。例えば、一般語では、ユーザーと表記するのに対して、専門語では、ユーザと表記します。

    私としては、専門語(長音省略)においても、例えば、インタフェースとインタフェイスというような表記の揺れが起こるのかどうかということに興味があります。

  8. 匿名 より:

    表現(表記)の揺らぎ(ゆらぎ、揺れ、ゆれ)を検出し校正を支援するVariant Detector

    http://www15.big.or.jp/~t98907/variantdetector/

    ってのもありますよー。←2度目

  9. m より:

    オフトピックですが、

    「コンピュータ」と書くけど、書いている人も実際の発音を分析してみると、

    「コンピュータ-」のように1モーラないけど0.5モーラくらいはある、

    という話を聞いたことがあります。

    書かれているとおりに発音しているわけではないみたいですね。

    特に留学生と話していると、話していたら全然違和感ないのに、

    書いたものを見ると全然違う(ただ発音を聞くと確かにそう聞こえる)

    というのはときどきあります。

    書き言葉だけ対象にするならあまり気にしないでいいとは思いますが、

    それぞれおもしろいトピックです。