なぜ地下なのか

人気の記事:

コメント

  1. おはなぼー より:

    日光に当たると痛むからじゃないでしょうか。

  2. おはなぼー より:

    デパートの地上階って、そんなに窓とか無いですよねふつう。日光にギラギラ照らされるのは屋上か屋上に近い階段の周りとかじゃないでしょうか。そんな印象があります。

    むしろ温度?

    でも室温は、地下は地下で逆に熱いような気もする。

  3. おはなぼー より:

    あ、確かに。窓ないですね…

    たいがい化粧品類ですよね。あれが一番の客寄せなのかな〜。

    一階だとスーパーぽくなって高級感薄れるかも。

    地下だと冷蔵冷凍に適してそうな気もしますよね。

    ネズミなんかが怖いですけど。

    あと食品の臭いとかが厄介なのかも。

  4. おはなぼー より:

    化粧品売り場キライなんですよね。息が出来なくなります。おのずとデパートに足を踏み入れる率も下がります。

    すげーでかいネズミいますよ。デパートの地下って。

  5. おはなぼー より:

    私も昔はキライでしたが、出産前までは大のコスメフリークと化していた為、デパートに居る時間の大半が化粧品売り場という有様でした。

    今は子連れなんで化粧品売り場はおろかデパ地下も行けませぬ(泣

    シャネルの前とか、香水臭さで死ねますよねぇ…

    ネズミ…巨大ネズミ…。

    …どうして地下なんだろう…(解決しない…)

  6. おはなぼー より:

    1F(表通り)に面したところに冷蔵車やその他諸々

    駐停車できる環境には、日本のデパートはないため、

    地下駐車場から食材の搬入出をするためです。

    大きな搬入口を作らないとあれだけの食材を

    毎日運べませんし、またゴミ捨て場も地下にあるため

    ゴミのトラックも地下に来ます。

    大都市でないデパートで搬入口が地上にあるところは

    1Fに食品売り場がありますね!

  7. なるほどー(と勝手に参加)。

    なんかあの密閉された感じが

    食品の冷え〜に適してるのかと思ってました。

    と、ここまで書いて、

    デパ地下であんまり冷えたの買ったことないことを発見。

    大体めんどくさい揚げ物を買ってる気が…

  8. メカ沢 より:

    伊勢丹本店は1階化粧品側から食品を早朝搬入していますよ。

    食品は調理後15度から40度位の温度を嫌います。地下は

    もともと気温が低いですし、冷房の影響も出にくいです

    (下を冷やすと階段を伝って熱は上昇するから)。

  9. メカ沢 より:

    ちなみに百貨店の、いわゆる売り場には暖房がありません。

  10. メカ沢 より:

    あ、あと書きわすれたこと。

    食品とか食堂って、水を大量に使うんですよ。戦前はポンプで水を上層階に大量に揚げるにはコストがかかったらしく、大食堂は地下にあったんです。当時食品といっても小さな乾物マーケットが横にあっただけですが、戦後志にせ街や生鮮が生まれると、自ずと同一フロアに展開したんですね。

  11. 突然お邪魔します。

    非常におもしろいですねえ。

    いつのまにか食品は地下。と脳内刷り込みも完了していました。

     子どもの頃は玩具売り場は6Fか7Fにあるというのは暗黙の認識でした。

  12. 匿名 より:

    もともとデパートには食品売り場がなかった。

    そこで新たに食品売り場を作る際、地下か最上階しかスペースがなかったらしいです。でも食品売り場で買い物をすると大荷物になるので、最上階から降りてくるのは不便。それなら地下に作っちゃおう───というのが始まりだったとか。

    また、地下に「隔離」した方が、匂いが他のフロアに広がるのを防ぎやすいそうです。

    真偽は不明ですが、某デパート勤めの友人が教えてくれました。