現行の蛍光管で電球の光を求める方法

人気の記事:

コメント

  1. 如何に色仕掛けで迫ろうとも、点滅している時点で既に悪なのです!(笑

  2. meltdown より:

    うちも電球色蛍光灯です。

    引っ越したらランプの1つでも欲しいですが

    今は仕方ないと思っています。

    でも雰囲気だけでもだいぶ違いますね。

    電球の明かりで和むDNAでもあるのでしょうか。

  3. ryous より:

    電球色もまだ電球の色には遠いと思います。

    ちなみに電球色はどこのメーカーもだいたいLの型番です。

    早く開発されて欲しいです。

  4. インバーターだと速いからチカチカは見えないかも。

    (インバータでないと1秒に100とか120回チカチカするのかな。サイクルのプラス部分とマイナス部分で電源ヘルツの2倍になるとして)

    まあ蛍光灯は黒体輻射じゃないんでスペクトルが非連続ですからそもそも別物ですが人間の3原色で見る限り同じであるという原理で省エネになるともいえるかしれず。

    なんか安い電球型蛍光灯は蛍光灯の癖によく切れちゃうのでブーなのですが。いまのところ東芝がなかなか切れずに健闘中です。最初から東芝にしたやつと他のが切れて東芝に変えたやつのどっちもまだ切れてないので寿命は不明。早くつく小さいやつはトイレや玄関に使ってます。あくまでも色にこだわる部分は百円ショップで2個セットの白熱電球を切れたらどんどん替えるという方針で使ってますが。

    タイミングを考えないこのコメントは何かというと、

    インバータの移植をしたWebを見たので書きに来た次第。

    チカチカが気になったらこのような改造をすれば速くてわかんなくなると思う。

    電球型蛍光灯の寿命が来たやつの回路は寿命がまだあるから捨てないで使おうという廃物利用ですからエコには違いない。

    http://www.fnf.jp/invt.htm