遡れない

人気の記事:

コメント

  1. ミール より:

    そうだそうだ。

    いくらでも遡ってはらえれば政治家やめなくていいしみんな総理大臣になれるのだ。

    さらに年金はらってない人間は有名人になれない雰囲気がでてきたのでマスコミってよくない。

  2. 今日年金事務所から電話かかってきた。

    年金は払わないと、厳密には法律違反なのに

    遡って払えないなんて、矛盾している!

  3. リュウイチ より:

    うん。まずこの制度を改革しましょう。

    で、政治家には全部払ってもらいましょうね。

  4. 山口優 より:

    なんか、遡って払える法律を作るみたいですね。

    過去2年までって、そんなイージーに変えられるくらいの

    理由しかなかったのか。かえってムカつく。

  5. Kenzo より:

    長年いろいろな会のマネージャーをやっていたから思うんですけど、いつか払えるという制度は→みんななかなか払わない→制度崩壊という単純な図式が書けてしまうことがこの遡れない部分の理由という気がします。遡って払えるルールを決めることは確かに悪くないのですが、やはり延滞罰金も同時に考えざるをえないのでは…?

    まあ事情からどうしても遡りたい政治家さんにはたっぷりお支払いいただくのがこの際よろしいかと。。

    それより、そんなこととは別に支払われる「議員年金」はどうよ?ってこの前J-waveでやってましたな。

  6. 山口優 より:

    ああ、なるほど。

    その理由は説得力ありますね。

    でも実際問題、それだから40%払ってないわけで、

    平気で払える人間が考えたアイデアっていう感じもします。

    私は自由業者なので、

    20代の自由業者がいかに貧しいか知ってますし。

    いっそ、払ったらマイルがたまる、くらいの

    楽しみを同時に提供したらどうなんでしょうね。

  7. Kenzo より:

    あ、それいいですね。なんにでも小さな楽しみくらいないとねぇ。前向きな所が好きです。

  8. ubu@FreeTibet より:

    遡って払うと、延滞税も付くそうな。ますます誰も払わなくなるよ。

    マイル溜まるの、良いですねえ。

    自由業者は、収入の変動が激しいので、稼ぎが良かった翌年の稼ぎが落ち込むと、もう払えなくなります。

    国民健康保険で精一杯、年金に回すきゃねはにゃーずら。

  9. 山口優 より:

    遡って払える法案、先送りになるみたいですね。

    何が障害になってるのか、さっぱりわからん。

    やっぱり20歳から一律に取るっていうのが

    強引な気がします。

    20〜25歳までは、一応カウントしておいて

    払うのは30になってから、とかできないかな。

  10. 神様♂ より:

    30才未満の若年者猶予制度ありますよ。

    20代なら、申請してみてください。

    学生ならかなり審査甘いです。

    生活が苦しい場合は免除申請してみてください。

    万が一の障害年金さえもらえなくなったらまずいですよ。

    いずれも審査に通れば10年間追納できます。

    ちょっとだけ社会保険庁のページでも覗いてみてください。

    批判や要望は積極的にするべきですが、

    払わないだけでは主張がみえません。

    社会保険庁の一部のバカのために

    自分を危険にさらすなんて割に合いませんよ。

    真面目になり過ぎてゴメン、じじいの老婆心でした。

  11. 神様♂ より:

    障害年金の話は真面目に怖いです。

    でも家もビンボなら自分もビンボ、なかなか昔の分まで手が回りません。

    今は免除申請して、半額免除になったんですけれど

    それでも毎月生きて行くことを考えると年金に払うよりも

    スズメの涙ほどの貯金をしていくのが精一杯です…

    年金払うとそのスズメの涙がほとんどゼロになってしまう気がして…。

    いつか払おうと思い続けて数年分の滞納。

    引きこもってた間のツケが清算できるのはいつの日かと思うと

    気が重いです…。このスパイラル、どう抜け出せばいいものやら。

    …と、言いつつ放っておく私が居る。アハーorz

  12. 神様♂ より:

    >>11

    なるべく昔の分から払うことをお勧めします。

    2年経過後の分を取り戻すには、60才を過ぎてからの任意加入しかありません。なるべく時効にはかからない方が良いです。

    半額免除の分も、払わなければ時効は2年です。

    (10年じゃありませんよ、払えば残りの半分は10年です)

    2年経過後は延滞金が加算されます。

    遡って払える法案ですが、ちょいとその筋に尋ねてみたところw

    先送りというより、全く動く気配はないそうです。

    ちゃんと納めている人から反発がある、らしいですが、

    いつでも良ければ払わない人が続出しそうだからかも知れませんね。

    これから毎年、保険料は280円ずつ値上がりします。

    早く払った方が安いです。

    明確な反対意見があるわけでもないならば、

    払えるなら払った方が良いと思います。

    全額・半額免除申請、学生納付特約、若年者猶予制度(20代)、

    使えそうならば申請してください。

    特に若い人は、紙一枚書いて

    問題先送りにしておいても良いんじゃないですか?

    年金と言われてもピンとこないのは仕方ないですからね。

    また、40%払ってないと言われますが、

    この数字は一ヶ月分でも支払いが遅れた人、

    厚生年金などに切り替わったさいに、うっかり忘れている人

    昔の分から地道に払っている人等も含まれた数字です。

    明確に払う意志がない、制度不信での支払い拒否という人は

    案外少ないそうです。

    未納者を回る推進員さんに尋ねた所、

    明確に拒否する人は50人に一人もいないそうです。

    あとはどうがんばっても25年に満たない人など数に入れても、

    実質、95%の人は払っていると考えて良いです。

    自分が65才になった時を想像してみてください。

    自分以外の周囲の人間が毎月いくらかのお金をもらっている状況を。

    私は、ここでは悪役でがんばりますよ ( ̄▽ ̄)

  13. 神様♂ より:

    >神様

    明確な理由になるかどうか判らないけど、

    「さかのぼって支払う金も、ありません」orz

    今は派遣で仕事してるので厚生年金に切り替えたっぽいですが

    20万とか用意する前に自分がピーピーで眩暈がします。

    金欠なのに、「だって破綻するでしょ年金なんてー」とか

    判っても居ない理由をつけて見ないフリしています。

    未払いに理由があるヒトもないヒトも、

    年金の詳しい制度を知らないよりは知ってた方がいいと思いますし

    悪役がんばってくださいね(‘-‘)=3(ぇ)

  14. 神様♂ より:

    >>13

    ご声援、ありがとうございます♪

    元気にケンカ売っていきますよ。

    >>「さかのぼって支払う金も、ありません」

    過去を何とかする方法は無いんですよね〜、60過ぎて払うしか。

    >>「だって破綻するでしょ年金なんてー」

    国がやってることですから、年金はなくなりません。

    破綻しようがどうしようがなくなりませんw

    保険料あがります、毎年280円ずつ上がります。

    税金上がります、消費税も上がります。

    税負担が2分の1になったりしたら、もっと上がります。

    どうせ上がりますけど、保険料払わないのは、

    税金あげる手伝いしてるだけですよ。

    もっと制度的に問題にしなきゃいけないことが

    いっぱいあるんですけどねえ。

  15. まさと より:

    はじめまして

    神様さんくわしいっすね

    >でも実際問題、それだから40%払ってないわけで

    これたしか第1号被保険者の40%だから

    国民の4割とか被保険者の4割とかではなかったとおもう

    あと16年度の納付率は0.3ポイントぐらいあがったと思う

    6月号の国民年金弘報に書いてあった気が

  16. 神様♂ より:

    ややこしいようなので、

    第1号被保険者というのは国民年金加入者です。

    厚生年金、共済組合は第2号被保険者、

    第2号被保険者の配偶者が第3号被保険者です。

  17. まさと より:

    知ってるよ

    ところで17年度分の免除・納付猶予はじまりましたね

  18. 神様♂ より:

    因に、全額免除と納付猶予がちょっとだけ変わりました。

    希望すれば、次の年も自動的に審査されることになりました。

    これで毎年申請しなきゃいけなかった手間が省けて、

    うっかり未納が増えることが無くなりました。

    ですが、次にあてはまる人は非対象です。

    1.半額免除の承認を受けた人

    2.失業を事由に免除、猶予を受けた人

    3.災害等で財産に損害を受けたことを事由に免除、猶予を受けた人

    4.特別障害給付金を受けていることを事由に免除、猶予を受けた人

    5.住民税の申告をしていない人

    めんどくせ