好きな作品

人気の記事:

コメント

  1. 千鶴 より:

    腸詰工場の少女とか…私も古いな…

    キャラでいけば 怪奇編のマミと猫婦人なのですが。

  2. プイ より:

    仮面少年の頃のシャープな絵が好きです。

  3. プイ より:

    やはりどうしても古めの短編のほうに目が向きます。

    一番すきなのは多分『笛』。

    『義眼物語』もだいぶ。

  4. くうちょび より:

    初めて参加させて頂きます。宜しくお願い致します。

    あの夢幻紳士の目が好きです。

    やはり初期の作品が印象に残ってますね。

    新シリーズ、散髪屋さんで読みました。

    ちょっと毒が消えたような気がしたけどうでしょうか?

  5. らぢを より:

    初めまして。

    私は「クレイジー・ピエロ」です。

    あの救いようのないストリーや絵、

    ダーククリスタルのオーグラのキャラクターとかが居て

    遊び心いっぱいで好きです。

    キャラクターで言えば「猫婦人」

    今のマンガにはない、ジョージ秋山の様な

    大人のむせかえる様な匂いが漂ってくる色気がイイです。

  6. 腹話術、仮面少年、あたりの偏執的な絵柄がスキ

    ですね。ご自身のインタビューで、「髪の毛一本一本

    筆で書いててオカシイすよね」と語ってましたが(笑)

  7. らぶーん より:

    初めまして

    最初に読んだのが「仮面少年」なので、やはりこれでしょうか。絵柄や怪物もこの頃のが好きですね。目から触覚が生える男の話とか。

    ねじを回すミルクも好きです。

    「夢幻紳士」も好きですが、最近の「学校怪談」「KUROKO−黒衣−」もいい感じに力抜けて良いと思います。

    「学校怪談」のコメント読むと、エンターテイメントとしての怪談を作っているという良心を感じます。

  8. マチヲ より:

    絵柄は夢幻紳士の怪奇編が好きですけど、

    テンポとしてはコメディー編の方が好きだったりします。

    家の中の何処かを探せば、

    女装プロマイド写真(全プレだったのかな?)が出てくる筈…。

  9. なを より:

    はじめまして。

    やっぱり夢幻紳士怪奇編でしょうか。特に「鬼」「夜会」が好きです。話の構成やコマ割が面白いです。

    怪奇編は文庫版や葉介作品集で読むよりアニメ−ジュコミックスで読んだ方が雰囲気があっていいです。今や入手は難しいんでしょうが…。

  10. なを より:

    はじめまして。

    小学生のころにマンガ少年版の夢幻紳士を読みまして、

    それ以来のファンです。

    いちばん印象に残っているのは“亜里子の館”かな。

    これを何回も立ち読みに通ったことを覚えております。

  11. agehachi より:

    はじめまして。

    私も昔の作品に目が行きます。

    仮面少年とかライヤー教授の午後とか、、、。

    あとはやっぱり夢幻紳士の特に怪奇編と外伝が好きです。

  12. agehachi より:

    初めまして。

    私は16年前の夢幻紳士OVA(魔実也くんは確か戸田恵子さんだったはず。)から入ったクチで、少年キャプテンで連載していた夢幻紳士が一番好きです。

    その後怪奇篇も買って読んで、短編も読み出しました。

    短編だとミルクがネジを回す時が印象的です。

    当時高橋先生にファンレターをよく出していて、3度程年賀状を頂いた事がありますw

    プリントごっこで印刷されたもので、高橋先生直筆で一言も書かれていました。

    サランラップに包んで丁寧に実家に保管してありますw

  13. 私と高橋作品の出会いはジャングルボーイだったので

    一番好きな作品はそれかな。

    高校時代は夢幻魔実也(夢幻外伝篇)に

    本気で恋していました(´ω`)

  14. 少年キャプテンかあ、なつかしいですね。

    マンガ少年の最終号は保存していたのですが、

    夢幻紳士のページはインクが裏うつりして

    真っ黒けです。(涙)

  15. shino より:

    もう、なんと言っても「笛」ですよね。

    あと、「仮面少年」みなさんにも多いと思いますが

    初期の作品は死ぬほど好きなんです。

    一番最初に読んだのは、古本屋で買った「マンガ少年」。

    ライヤー教授の1回目でした。

    それから古本屋を回りまくり買いまくりました。

    死ぬまでに一度でいいからお会いしたいです。

    夢の中以外で

  16. はじめまして。

    「クレイジーピエロ」と夢幻紳士怪奇編、です。

    作品も大好きなんですが、

    ともにとっても艶っぽい主人公の目の描写がたまりません。

    デビュー作から読んでますが、

    怪奇物の中には彼じゃないと漂わない味のある作品が多いですよね。

    シュールなストーリーに元気な登場人物って組み合わせも好きですが。

  17. こんにちわー。

    ワタシはライヤー教授の午後がお話も絵柄も一番スキです。

    すごい衝撃的でした。

  18. はじめましてー

    わたくしは「猟鬼博士」が大好きです。

    ユン・ピがお気に入りなのです。

  19. summit16 より:

    はじめまして。

    掌編「父の手」が全作品の中で一番好きです。

    夕映えの公園の情景、ベンチの上で淡々と語らう二人。

    迫り来る電車と、繋いだままの腕だけ残して消えた人と…

    読んでるだけで風や音まで知覚出来そうな、あの雰囲気がとても好きです。

    唯々悄然と涙を流す主人公の表情が、物悲しい余韻を長く引き、今でも

    忘れられない印象的な作品です。

  20. コウ より:

    はじめまして。

    私が初めて読んだのは確か少年チャンピオンに載ってたものだったと思います。

    影男…?でしたっけ??

    未だに凄い覚えてます。   壁に ズリってやつ。

    ある種トラウマかもしれません(苦笑。

  21. コウ より:

    龍乃さん>学級怪談ですね。初期の一話完結のこの作品です。

    夢幻紳士(怪奇編)は金字塔ですが、

    「学級怪談」に夢幻魔実也が大体年に一回(お盆/w)ゲストで出てくるのが嬉しかったです。結構作品的にも好き。

  22. キキモラ より:

    こんにちは。

    面相筆で「仮面少年」の模写などしていた世代です。

    夢幻紳士怪奇篇、徳間の、はじめのほうでしたでしょうか、「老夫婦」がフェヴァリットです。記憶に生きるばかりの人びとのよるべなさがなんともせつない。

    感傷と冷酷がないまぜのアトモスフィアがいまもすきです。

    雑誌「幽」で、高橋作品のとなりページに(たまたまですが)雑文を載せていただいたのが最近の慶事です。えへ。

  23. あるごぬ より:

    紹介されていないところでは「夢幻少女」「キツネが原」「卵」

    「ミルクがねじをまわすとき」が好きでした。

    これまた古いのばかりですねえ。

  24. コウさん>基本的に学級怪談ですねぇ。私の記憶は。

    妙に柔らかいタッチで妙にシュールで妙に残酷で

    妙に懐かしくて 優しい感じが 子供心にも 残りました。

    ブランコに乗ったおじいちゃんや

    チョコレートで出来た女の子やら 不思議な感じです^^

  25. はじめまして。

    葉介ファンの皆様に申し訳ないのですが、高校の頃からの夢幻紳士好きが高じて「まみや」を本当に芸名にしてしまった一役者であります。(「間宮」と苗字として使っていますが、本当のルーツは魔実也くんなのです。)

    そんなわけで、もちろん夢幻紳士は大好きなのですが、

    現在芝居に関わっている者として、「学級怪談」にあった

    「鉄道事故で死んだ父親が娘を想って毎晩酒を飲んでいる話」

    (すいません、タイトル忘れてしまって・・・)をいつかぜひ演劇でやってみたいです。

    30分くらいのホロリと泣けるお話として・・・。

    でも、著作権問題とかあるし、難しいですかね?(汗)

  26. 4C より:

    はじめまして。ある日夢幻紳士を読んでからずるずると葉介ワールドにハマってしまいました。

    私はわりと初期の作品が好きです。

    ガラクタ街とかライヤー教授とか…頭でっかちのかわいい絵と重い雰囲気がなんともいえないのです。

  27. たね より:

    はじめまして。たねです。

    好きな作品は基本的に夢幻外伝ですが、

    忘れられないのは「傷つきやすい青春」です。

  28. カトリーヌ より:

    初めまして。

    幽玄で怪奇な雰囲気のお話も好きですが、初めて読んだのが少年キャプテン版だったので、やっぱりあのスチャラカ御一家(苦笑)のファンです。

    あと、高橋先生の描く大正〜昭和の町並みはいつ見ても素敵!

    戦前の雰囲気とか、そういうのもきちんとまとめてギャグに持って行ける力量に惚れました^^

    魔実也君やアッコちゃんも好きだけど、2人以上に一筋縄じゃいかない脇役の皆さんも好きです。特に狂四郎パパと猫さんの兄妹が…

  29. しんげ より:

    夢幻紳士、活劇の方も怪奇のほうも好き!

    かなり初期の「クレイジーピエロ」が文庫になっておりまして、絵柄が描線の強弱の強い昔の絵ですが、ナチス風の軍隊とアンチヒーローなピエロの対決がとても素敵です。オススメです。

  30. マチ より:

    「腹話術」とか「笛」とかが、

    かなりどきどきしました。

    まじ惚れ(*´д`*)

    ブンの、おじいさんの話も泣けます。

    ミルクや腸詰工場も、なんともいえん後味がよいですね

    最近の作品にはあまり期待してなかったけど

    ナイトメア・ネゴシエーターは結構(・∀・)イイ!!

  31. はじめまして!

    僕は「腹話術」と「宵闇通りのブン」が

    特にすきです。

  32. hide-_o_o_3 より:

    はじめまして

    私が初めて買った漫画が「宵闇通りのブン」でした。ごく最近のものを除いてほぼ持っていますが、漫画は高橋葉介作品以外は買ったことがありません。

    それまであまり漫画を読まなかったし、ましてや買うこともなかったのですが、この作品に出会って人生観が一変しました。

    私は特に初期の頃の作品が好きです。

    具体的言うと「腸詰め工場の少女」までというところですか。

    ちなみに中学の読書感想文を高橋葉介で書きました。 

  33. とん より:

    はじめまして!

    もちろん夢幻紳士(スチャラカも怪奇もどっちも)が大好き。

    たしかにたねさんのいってた「傷つきやすい青春」私も

    忘れられない作品ですよ〜。

  34. はじめまして。

    『クレイジーピエロ』、ゴシック&アールヌーボーなセンスがたまりません。

    あと魔実也くんが人妻の幽霊とおつきあいする話が艶っぽくて好きです。

  35. 湯沢原 より:

    これから先も含めて、全て。

    と書きたいところですが、敢えてあげるならば、「仮面少年」に収録されている「荒野」でしょうか。サンコミックス版「仮面少年」が最初に買った葉介作品ですが、巻末のこの作品を見て、鳥肌が立ったことを思い出します。というか、今読み返しても鳥肌が。堪りません。

    そんな作品に多感な中学生の頃に出合ってしまった為に、文章的にも絵的にも随分と影響を受けてしまいました。いやはや。

  36. はじめまして

    小学生の5年か6年の時に熱出して町医者に行ったら

    そこに朝日ソノラマの単行本の「仮面少年」があって

    そっからむちゃくちゃにはまりました。

    今でもあの単行本が好きだなぁ。

  37. KarnEvil#9@nnmt より:

    はじめまして。朝日ソノラマ文庫の「怪談」で初めて奇妙なこの世界にハマりまくりました。そうしてよくよく思い出したら大昔メディウムという雑誌に夢幻紳士怪奇編が連載(?)されていたじゃあないですか。それ以来夢幻紳士のとくに怪奇編と外伝の虜となりました。怪奇編はどれもいい。外伝もいいのですが、人魚の話と最後の黒い天使がツボでした。その後週間チャンピオン連載(学校怪談の女教師編以降)で絵的に低迷していたような気もするのですが、現在の絵柄はまた新機軸というか・・・幻想編の海妖に惚れられるとこなんぞ夢幻紳士ここにあり、てやつで。期待してます。

  38.  はじめまして〜。

     僕はマンガ少年で夢中になったくちです(歳ばれるな・・・)、一番好きなのは「傷つきやすい青春」でしょうか。最後の、酸の雨が降り下水の中に流れ込んで初めて僕の心は和んだ、っていう下りがなんとも言えません。あとライヤー教授の題名は忘れましたがブラッディが出てくるやつ・・・あのラストシーンが最高です、しっかりと脳裏に焼き付いてます。マンガ少年時代のは別として「真琴グッドバイ」シリーズも好きです。

  39. せんみつ より:

    クレイジーピエロがたまらんちん。

  40. せんみつ より:

    どの作品も捨て難いですが、クレイジーピエロが一番バランスよく好きです。

    絵だけだと「猫夫人」辺りの絵が色っぽくて好きかな。

    「帝都物語」の辺りとか、コミカライズとしては評価がわかれるようですが(荒俣原作というより、完全に高橋作品になってしまっているので)、結構好きだったりします。

  41. の・愚痴 より:

    断然「夢幻紳士」!特に怪奇編が忘れられません。

  42. の・愚痴 より:

    はじめまして。

    マンガ少年を親戚のお兄ちゃんからもらい、その中の高橋作品に衝撃を受けて早幾年(苦笑)。

    一番好きなのは「クレイジー・ピエロ」でしょうか。

    高橋作品はみんな好きです。でも、やっぱり初期の方の作品に執着してしまいますよね。

    短編が味わい深いのはマンガの世界では希少だと思います。

  43. 地獄変00 より:

    一番すきなのは夢幻紳士ですね。

    特に初期と怪奇編。

    あと、こういうものを見つけました。

    学校怪談ネタです。既にご存知の方も多いかもしれませんが。

    ttp://www.k3.dion.ne.jp/~ice/kaidan.html

  44. とん より:

    見ました!

    学校怪談のフラッシュを

    作ってる人もいるんですね〜。

    なんだかちょっと嬉しいかも。

  45. KarnEvil#9@nnmt より:

     あえて1本挙げるなら、怪奇編のコミックスに収録されている「虎」です。

     病弱な少年が、夢の中で魔物の群れに襲われていると、虎にまたがった若々しい姿のおじいちゃんがモーゼル片手に助けに来てくれる話。

     ごく短いお話で、夢幻くんも出てこないし、すごく地味な話なのですが、涙があふれて止まりませんでした。いまでも読み返すと泣ける。

     いつかはあんな話が書けるようになりたいものです。

  46. KarnEvil#9@nnmt より:

    虎、好きです。この人、時々すごく優しい話を書きますよね。それをしっかり幻想と絡める。私もあのくらいの時代が凄く好きなので、自分のじいちゃんも大陸で戦った恰好で夢の中へ現れないかなあ、などと思ってしまいました。私もあまりの優しさと切なさに泣きました!

  47. クニイ より:

     初めまして。

    クニイといいます。

    「ミルクがネジを・・・」がものすごくスキです。

     私はずっとずっとミルクになりたいのです

  48. はね。 より:

    断然 夢幻紳士!!

    でも『黒衣KUROKO』も好きだったりします。

    紫奈乃ちゃんが可愛いから好き。都市伝説ネタも好き。

    あんまり人気ないのですかね黒衣は??;

  49. はね。 より:

    夢幻紳士は別枠として(笑)

    結局どれも好きなんですけどね。

    初期も、最近も。

    こんなに長く好きでいさせてくれて

    感謝の念がたえません。。

    腸詰めの、電車に乗れずに

    歩いて帰るシーンがすごく

    好きなのですが、、、変かしら?

  50. 田中@ より:

    夢幻紳士シリーズにつきます。

    初期の墨で塗っていた時代の絵も格別に好きですが。

    「学校怪談」以降はちょっとあっさりし過ぎていると

    思ってます。

  51. 田中@ より:

    「遠い道」「腹話術」「墓掘りサム」

    なんだか悲しい話が好きみたい。。。

  52. やす(略) より:

    真琴グッドバイ。

    こういうカラッとしてて、ギャグがすべりがちなものも、

    案外嫌いじゃないんですよね。

  53. たね より:

    >田中@さん

    「遠い道」良いですね〜僕も好きですよ

    タイトルもお話も大好きです!^^

  54. たね より:

    『真琴グッドバイ』、いいですよね。

    うな丼のぼりの天丼しらず。

  55. 冷や奴 より:

    夢幻紳士はどれも好きなのでおいといて、

    「クレイジー・ピエロ」が好きです。

  56. 沙門 より:

    こんなコミュがあったなんて・・・ ウルウルものですっ

    僕が好きなのは夢幻紳士、あ、クレイジーピエロも好き♪

    夢幻紳士は朝日ソノラマ編のが結構好きです♪

    そういえば、昔 クレイジーピエロが映画になるって噂

    ありませんでした?

  57. 沙門 より:

    私は夢幻紳士怪奇編が別格かな。

    次はクレイジーピエロと仮面少年。

    腸詰工場の少女なんかも大好きです。

  58. 最新の より:

    ライヤー教授の午後。

    ブラッディがたまらん!!

  59. マフ より:

    まんがではないけれど

    筋肉少女帯

    キラキラと輝くもの

    のジャケット

    筋肉少女帯の曲と

    高橋さんの絵がかみ合わさって

    なんともいえないいい雰囲気を出している

  60. マフ より:

    はじめまして。

    私は、学校怪談の「夜の声/黒い天使」が好きですねぇ。

    九鬼子先生もそのご先祖様(笑)も大好きですv

  61. あずたか36 より:

    はじめまして。

    高橋さんのコミュがあるなんて、とても感激しています。

    私の好きな作品は、夢幻紳士怪奇編の、『沼』『幽霊婦人』『半人形』『蛇』です。

    『沼』と『蛇』は、女の怖さ狡さ、『幽霊婦人』『半人形』は、女の健気さが描いてあって、好きです。

  62. あずたか36 より:

    初めまして。

    葉介さんにはまるきっかけになった作品なので、マンガ少年版夢幻紳士の一篇、『夢幻少女』が。

    フリからオチ、そして余韻まで、完璧だと思うです。

  63. wara より:

    はじめまして、

    僕が好きな作品は「怪談」に収録されている

    「影男」ですね。

    この単行本の中に入ってるのはちょっとエロティックなものが

    多いのですが、それが高橋さんの画風とすごく合っていて

    みんな味わい深いものになってる気がします。

  64. みるく# より:

    う〜ん どれと言われると困りますね

    記憶も 定かでないし 読み返さないと・・

    独特の世界観と ブラックなおちゃらけが たまりません!

    ブン良いですね。どっちかて言うと 初期のが好きですね♪

    じ・・実は HNの半分は あの作品から・・

    葉介様 ロリコン疑惑の・・異色ですが 可愛くていいでしょ?

    好きです〜☆

    ねじ回しに行かなくっちゃ〜!って ←図々しいやっちゃ〜

    ・・・石投げられそう(;×;) すんません〜

  65. なんといっても「夢幻紳士」の後半。

    ベタベタなギャグ満載の一連のシリーズが大好きです。

    自虐的ともいえるジブリアニメのパロディにひっくり返る。

  66. koz@ より:

    夢幻紳士全部と学校怪談の後半が好きです。九段先生は怪奇編の方の夢幻くんの子孫なんでしょうか?

  67. まこゆき より:

    孫です。

    クレイジーピエロ大好きですね。

    ただ皆さんもおっしゃっているようにどうしても夢幻紳士は別格。

  68. manjirow より:

    はじめまして「Uボート・レディ」を連載で読んでハマったクチです(歳が

    タイショーがいいですよね。うん。

  69. メディウムでやってた頃の夢幻紳士が一番。

    影男はあたしも大好きです。

    ムンク好きだし。うふ。

  70. コメ より:

    はじめまして。

    中学生の時、高橋葉介先生の腹話術(サンコミックス)を読んで

    以来ドップリはまってしまいました。

    好きな作品は沢山ありますけど、

    傷つきやすい青春・不発弾。がお気に入りです。

    勿論、最近のも好きですけど

    初期のあの独特なタッチが大好きなのです

  71. 武丸 より:

    はじめに読んでハマってしまった夢幻紳士を除けば「真琴グッドバイ」が一番でしょうか。

    ああいうスーダラな世界観で繰り広げられる日常ストーリーモノに自分は弱いんです・・・

  72. ざわ より:

    初めまして。

    お気に入りの作品は「学校怪談」の初期の頃でしょうか。

    1巻だか2巻だったかの、「少年ナイフ」みたいな、

    主人公が一枚上手、という話がすきです。

    後半の九段先生シリーズは、コミカルな話が好き。

    もちろん夢幻紳士は別格vv

  73. poo より:

    初めましてです。

    「宵闇通りのブン」大好きです。

    初めて読んだ時に「宵闇通り」という響きが素敵で妖しく感じました。

    「ライヤー教授の午後」も好きですね。

    笑いと奇妙さとグロテスクさが絶妙にまざりあっていて。

  74. 『宵闇通りのブン』いいですね。

    特にラスト二篇「One Man’s Ceilling is Another Man’s Floor」と「パパを待つ」は、大傑作。

  75. ヤススキイ より:

    80年代に出た全集を持っているのですが、

    僕も『宵闇通りのブン』の「パパを待つ」

    がベストですね。あと、『ライヤー教授の午後』

    全編が好みです。

  76. 凶音・英三 より:

    初めまして

    私は初めて読んだ学校怪談が好きですね

    その学校怪談に登場した夢幻魔魅也から夢幻紳士を知ってさらに好きになりました

    あとは・・・個人的には帝都大戦が好きだったりします

  77. poo より:

    スチャラカ編夢幻紳士のコミックスに収録されてる、若かりし頃の猫夫人の話。アレがとても好きだ。

    夢幻家の血を感じる。すっごく。カッコイイ。

  78. poo より:

    夢幻紳士は別格で大好きですが、マンガ少年版の「案山子亭」が一番お気に入りだったりします。

    セリフ回しから何から全部好き。

    「宵闇通りのブン」の「パパを待つ」は、私も大傑作だと思います。

  79. はじめまして!

    「学校怪談」を読み、高橋先生の作品もっと見たい!!

    とおもうようになりました。  

    学校怪談の九段先生の若いころの話の展開大好きです。

  80. モモ☆クマ より:

    はじめまして。

    mixi初心者ですがよろしくおねがいします。

    私が好きなのは「夢幻紳士 怪奇編」です。

    数年前本屋で見かけて何気なく買ったのですが、初めて読んだときの衝撃は今でも忘れられません。

    それ以来高橋先生の大ファンです!!

  81. まこゆき より:

    >pooさん

    「ネクロノミコン?まさか、こいつは眉唾物だな」

    とか?

  82. KarnEvil#9@nnmt より:

    案山子亭傑作ですよね・・・映画みたいな台詞廻し

    あれ一本で終わったのが惜しい

  83. とっとろ より:

    夢幻紳士のかなり冊数のあるおちゃらけ活劇版が大好きです。

  84. KarnEvil#9@nnmt より:

    海老がないw

  85. poo より:

    >まこゆきさん

    そうですw ネクロノミコン〜。

    宿屋のじいさんとのやり取りとか大好きですね。

    「撃つと動く!!」とかもw

    >岡林リョウさん

    会話のテンポが良いんですよね!

    海老で締める所もとても気持ちがいいというかw

    マンガ少年版魔実也くんは、少年ぽいいたずら心と、これまた少年ならではの残酷さを持ち合わせていてすごく魅力的です。

    もちろんその後のシリーズも大好きですがw

  86. 怠け者 より:

    金目童子が好きです〜。

    あの御伽噺のような世界観がたまりません。

  87. 怠け者 より:

    こんにちは。お邪魔します。

    夢幻紳士は…まぁ別格扱いですよね。

    ライヤー教授は、最後の大どんでん返しが余りに衝撃的で

    未だにその「驚いたこと」が忘れられません。

    なんせ、マンガ読んでアレほど驚いたことが無い、って位。

    それと、宵闇通りのブンには、昔、惚れました(^∀^)

  88. 『悪夢交渉人』収録の「リフレイン」が………

    えっちくて好きです。かなりツボで(えー

  89. いぬかわ より:

    仮面〜に載ってる重力の話とか動物園の話が好きだ。

    あと案山子亭。

    反対にスチャラカ文庫本の一巻は虫が苦手な自分にとって恐怖です。

    友達に本貸してるから題名わかんなくてすいません。

  90. いぬかわ より:

    >つっきーさん

     我楽多街奇譚3部作ですね。私もあれが一番好きです。残る1話は,土を食う研究の話。動物園編などでの主人公と怪しげな相棒(悪友)の関係は,「客」や「ここに愛の手を」でも,類似のキャラクターによって繰り返されますね。

     あと好きなのは,「傷つきやすい青春」とか。それと,(あまり同意は得られそうにないけど)『真琴グッバイ』の愛すべきキャラクターたちも,いちいち好きです。

  91. >いぬさん

    そうでした!最後に花が咲くお話でしたよね!

    読みたくなってきたので早速返してもらうことにします・笑

  92. 怪談専門誌『幽Vol.002』に掲載されていた

    16頁短編の「紅い蝶」という作品が好きです

    カラーで見たらスゴク綺麗だろうなぁ〜って思いました

  93. はじめまして。

    私はやっぱり「夢幻紳士」怪奇編になるでしょうか。

    ポピュラーすぎますがやはり好きなので。

    アン、クレイジーアンとかもかなり好きですね。

    Uボートレディとかも割りと。

    学校怪談は一巻だけ好き。

  94. より:

    案山子亭の話ならsilqにもさせてー!

    こんにちは初めまして。というわけで案山子亭が一番に一票です。

    おしゃれな洋画の世界そのものですよね。ペンタッチも、

    ネームの切れ味も、マミの髪型までも全てが完璧。最後の

    ページで雲間から日光が差し込んでいるところとか、古い

    怪奇映画の味わいそのものでうっとりしてしまいます。

    グギャーとかブヒーとかギエエーとか、インパクト・ショットの

    はさみかたも秀逸だと思うのですー。

    あとは、傷だらけの青春が好きかな。案山子亭と傷だらけの

    青春って、書かれた時期が一緒なんじゃないかな?って

    思ってるんですけど、どうでしたっけ・・・

    好きなキャラのほうにも書き込ませていただきますね。

    夢幻紳士のことになると口が(手が?)とまらないのです。

  95. とん より:

    案山子亭の絵柄いいですよね。

    あの頃はずっとあのマミの絵柄が一番好きでした。

    (いまはどれも甲乙つけがたい)

    当時小学生だったのでフリガナの打ってない

    案山子亭にはかなり苦戦しました。

    海老が読めなかったし(笑)

  96. FX より:

    はじめまして。

    「墓堀りサム」、まだ出てないかな。最後の台詞(「いったい誰が俺の墓をたててくれるのだ?」)に強い印象を受けたのを覚えています。

    知り合いに譲ってもらった初期サンコミックス4巻(ヨウスケの奇妙な世界PART1〜4)は永久保存版です。

  97. ヒロ2号 より:

    はじめまして。

    やっぱ、いろいろありすぎて・・・。

    どれかひとつというと「笛」でしょうか・・・。

    奇妙な世界感はいわずもがなですが、絵本のようなコマ運びで、印象が強いです。

  98. アリッサ より:

    はじめまして。

    高橋葉介先生の作品は『夢幻紳士』しか

    読んだことがありませんが、よろしくお願いします。

    案山子亭は本当におもしろいですね。

  99. まこゆき より:

    なんか以外と(嬉しいけど)「案山子亭」の人気が高いなぁ。

    ひょっとして年零層高い?(←それは失礼というものだ)

  100. ヒロ2号 より:

    はじめまして。

    ここ、4年ぐらいの作品には疎いのですが、、

    好きな作品は、夢幻シリーズを抜いて考えてみると、、

    「ミルクがねじを回す時」「宵闇通りのブン」

    「ライヤー教授の午後」「猫婦人」などですね。

    色々な意味で衝撃を受けたのが「クレイジーピエロ」と

    「腸詰工場の少女」でした。

    あの救われない世界に、落ち込みつつも惹かれたものです。

    ちなみに「案山子亭」、いいですよね!

    確かに年齢層高いです、私の場合は当てはまりますね(笑)

  101. ヒロ2号 より:

    「腸詰工場の少女」

    切ない物語なんですが、高橋葉介先生は、ギャグとして描いたんだそうです。

    先生自身、ゲラゲラ笑ながら描いてたそうです。

    読者の評価を聞いて、「なんで、コレおかしくないのかな?」と言ったとか。

  102. Salyu. より:

    >ヒロさん

    そうだったんですか!>ギャグ

    言われてみればそうとれなくもないかも、、。

    貴重な情報ありがとうございます〜

  103. Salyu. より:

    案山子亭、いいですよね。あと夢幻少女も切なくて好きです。

    (さらに案山子亭に一票?)

    何か2回目の書き込みをやってる気がしますが(汗、

    なにはなくとも愛してるのは夢幻紳士・怪奇編バージョンです。

    初版で書店に並んでいた頃、第三巻を買わなかったのが惜しまれます。ただ、針女以降、だんだん魔実也氏の顔が変わってきて

    しまったのが残念で・・・。やっぱり初期の闇を溶かしたような

    墨使いと目元の妖艶な魔実也さんが好きです。

    あと、前にちょこっとプレ告知させて戴きましたが、今mixyに

    連載中のロマンホラー?過去作品の文中に、一章だけさりげなく

    夢幻紳士ネタにしてしまった箇所(笑)がありますので、良かったらご覧下さい。

    春の闇(四・included with夢幻紳士バージョン(笑)

    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=12640421

    *あちら(mixy内)では完全オリジナルキャラだと思って読んで

    らっしゃる方がいてマズいので;、もしご感想書かれるんでしたら、メッセージか伏せ字『謎の紳士・○○さん』(曝)でご記入お願い致します。

    魔実也さんにはお酒を飲みながら夜桜鑑賞して頂いてます。(笑)

  104. たにゃお より:

    はじめまして。

    キャプテン版夢幻紳士から、入った者です。

    夢幻紳士はやはり別格扱いですね・・・。

    だとしたら、

    「ミルクがねじを回す時」「怪談」「悪夢交渉人」etc・・・・

    あと

    夢幻紳士怪奇篇の「サトリ」は好きでしたね。

    雪山でさりげに遭難してる魔実也氏がなんとも。

  105. ポチ より:

    帝都が一番好きです。

    次がムゲンの怪奇篇、絵と時代の雰囲気がぴったりだと思います。

  106. ポチ より:

    短編「骨」。

    確か、雑誌掲載時チラっと見かけたのが、高橋作品との出会いでした。

    サイレンスで、コマ割の構成だけで魅せる「怖い御伽噺のような不思議なマンガ」に、子供心にも夢中になった事、今でもはっきり覚えてます。

  107. 池上 より:

    短編「新しい人形」。

    朝日ソノラマの単行本を偶然立ち読みして、この一本に驚愕したのがはじまりでした。高校の友人に「すごいマンガ家がいる」と吹きまくって、すでに20年くらい経過・・・

  108. はじめまして。

    出会いは、たまたま本屋で朝日ソノラマの文庫版を見つけた時なんですが、一冊目の少年探偵ものを見て「当たりだっ!」

    て嬉しくなりました!

    で、特に好きな作品は

    「腹話術」「ライヤー教授の午後」「夢幻紳士-怪奇編-」

    ですね。マツコさんと同意見です!

  109. 始めまして。

    「腸詰工場の少女」 に一票。

    後、タイトル忘れたんですが「トラ」が出てくるヤツ・・・

    確か、掛け軸からトラとじーじゃんが助けてくれるって話

    だったかと・・・

  110. 『たんぽぽ』だったっけ? 戦地にパラシュートで降りてくる女の子の話。あれ好きですね。

    「夢幻」の温子嬢もそうだけど、あの手のオテンバさんに葉介氏の愛情を感じる。

  111. 夢幻紳士から読み始めました。

    ライヤー教授の午後の世界観が好き。成長する心臓とか。

  112. もちゃん より:

    はじめまして

    マミヤが看護婦さんの格好して自転車乗ってる話が大好きです。探偵として活躍している!

    スチャラカ編が一番好きです。

    まだ読んでいない作品もたくさんあるので、いつか全部読めたらなあと思っています。