処理系は何を?

人気の記事:

コメント

  1. North より:

    正直資格があるかどうかわかりませんが…

    学生時代、日本語構文解析がテーマでして、Lisp 使ってました。処理系なんだったかなあ、確かCommon Lispだったと思います。

    あと学校にはACOSなんていうメインフレームがあって、UTI Lispが動いてました。

    もう12年ぐらい使ってません。

  2. とおる。 より:

    Gauche を使い始める前は Guile をちょっとつかっていました。

    どっちも実用的なレベルまで使いこなせてはないんですが……。

  3. はゲ より:

    皆様いらっしゃいませ。資格は「λ」をみてぴんと来ればokですw

    作った後によくよく調べてみたらSICPのコミュニティがあったんですね。まあこっちはLisp全般ということで(汗

    > Northさん

    当時日本語を扱えるCommon Lispの処理系があったんですね。ちょっと驚きですけどあって当たり前か…。

    > torusさん

    私も実用的なレベルまでは至ってません。体がCとRubyに慣れちゃってまして、頭がなかなか切り替わりませんです。

  4. North より:

    構文解析はローマ字ベースで、直に漢字は扱ってませんでした。一応表示は出来ていたから8bitスルーではあったと思います。

  5. jinnee より:

    scsh

    grscheme

    emacs lisp

    です。emacs lisp以外はあんま触ってないですけど.。

    ところでschemeの構文解説書、実装解説書を探してるんですけど、

    いいのありませんか?やりたいことはElkに近いんですが。

    ところでACOSってNECのメインフレームですよね?

    僕メインフレーマーじゃないんですが、友だちがそっち関係やっていたので。

    ちょっと羨ましかった。

  6. とおる。 より:

    Ruby で処理系を作っている人がいるんですが、この人はふつうに R5RS 読んで作ってるみたいですよ。

    http://www.namikilab.tuat.ac.jp/~sasada/prog/rucheme.html

    あと、Gauche のソースコードを読んで Wiki にいろいろ書いていくっていうのをやっている人たちもいるので、この辺とか参考になるかも。

    http://openspace.timedia.co.jp/~nyama/wiliki/ghg.cgi

    どっちもぼくにはレベル高すぎて、よく知らないんですが。

  7. North より:

    はいACOSはNECのです。

    …でもいいこと別にありませんでしたよ? (わは)

  8. のぶ より:

    処理系つくっちまった人ってのは、どれくらいいるんですかね。ボクはありませんが。

    昔、後輩が卒論で、S式投げると評価して返すっていうIRCのボット作ってました。

  9. jinnee より:

    うは、それおもしろそう。。ソースどっかにないですか?

  10. のぶ より:

    ないです・・

  11. シンゴ より:

    卒論で古典論理に対応付けた関数型言語の処理系を作りました。

    理論の方はすでに遠い記憶の彼方なのですが、その時使ったyacc/lexとJavaCCの知識は、後々役に立ったような気がします。

  12. より:

    gauche で wiliki と戯れています

  13. はじめまして。

    最初に触った Lisp は、たしか FM-77 の OS-9 上で動いてたものです。

    そのあと、MS-DOS 上で動く処理系(名前は忘れました)とか

    XLisp/XScheme とか

    Sun Common Lisp とか

    さわりつつ、

    いまは Emacs Lisp くらいしかさわってません^^;

  14. daigo より:

    はじめまして。

    Linux上で GNU Common Lisp(GCL)を使ってます。少し前にWindows用のGCLも手に入れました。ご先祖様にあたるKCLのソースを8インチ・フロッピーで持っているのが自慢です。^.^

  15. gaucheでkahuaと戯れようかなと…

    MPUが8ビットの頃、Z-80の処理系を作った事が…

    (ベースになった小さなソースはあったのですが)

    本格的なLispに近づけて行くのが楽しくてはまりました。

    その後FM-7のOS-9用に処理系を作ろうかなと思ったら、

    すでにあるのを見付けているうちに、

    忙しくなってCでの仕事が忙しく…

    『どの言語が好きか?』と聞かれると、ずっと『Lisp』と答えてました…

    gaucheを見てLispの天国に戻ろうかなと…

    Kahuaは革命的だなぁと感じましたか、何か?

    http://www.kahua.org/

  16. のおく より:

    はじめまして。

    知る人ぞ知る「B○bu」というScheme処理系を使ってます。

    それなりに使ったことあるのは、Schemeでは

    MITScheme

    SCM

    MacGambit

    くらい。Common Lispでは

    KCl/GCL

    Allegro CL

    Macintosh Common Lisp (MCL)

    あたりですね。

    あとは皆さんと同じくEmacs Lispをたまに使ってます。

  17. SHIMADA より:

    はじめまして。

    Wikiにマクロ言語としてLispモドキの

    インタプリタを載せて使ってました。

    Perl製です。

    ##(listing (sort (pages)))

    と書くと、ページ名一覧を箇条書きリスト形式で表示したりします。

    最初は文法がS式なだけで、機能は電卓とか出力フィルタ程度だったのですが、lambda と let が思ったより簡単に書けてしまったので、そこから一気にLispっぽくなりました。

  18. sumim より:

    おじゃまします。私はλとたわむれるときも、やっぱり、Smalltalk です。お気に入りの Squeak システムでは、クロージャになっていないのがちとつらいですが、Yでしのぐのもまた楽しかったりで。

  19. ねる☆彡 より:

    自分でしこしこ書いてます(C++)

    マクロが難しくてわかりません。勉強中。どりゃー。

  20. ねる☆彡 より:

    はじめまして。

    GaucheでKahuaとかWiLiKiとかいじっています。

    Kahuaは革命的かはわからないですが、アプリ書くのもハックするのも楽しいし楽ですよ。

    Gauche以外の処理系はEmacsくらいですかねぇ…

  21. 甘木 より:

    甘木と申します.

    Scheme関連のweb pageを作ったものの、最近手が回らず…….申し訳ございません.

    最近はGaucheかstklos, その前はscmやguileもぼちぼちいじっていました.GaucheにPari libraryを組み込むプロジェクト、眠らせてしまっているのですが、いずれ何とかしたいです.

  22. すばちん より:

    はじめまして.

    scm,PTL Scheme等を渡り歩き、今はGaucheで落ちつき

    Scheme以外はelispはかじって見たいと思ってる今日この頃です。

  23. nobu より:

    学生のころは、ElkとかをSony NEWSに移植したりしていました。ということで、今は使っていません;-)

    といいつつ、上の記事をみたら、たしか、scmもいじってていたのを思い出しました。Gambitはソース読みました。MIT Schemeのemacsはちょろちょろ使っていましたが、結局GNUに戻りました。

    などと昔のことを思い出しつつも、思いの外、Schemerな方が多くて驚きました。

    # いまはCamlerです。「括弧」は今でも気になりませんが、型とvariantが無いのはちつ辛い…

  24. しげる より:

    普段Emacsを使っている関係でelispですが

    学生のころは、GCL,cmulisp,clisp,scm,SML/NJ,haskellとか

    いろいろ触ってはみたものの、結局ものにはならず

    現在に至ります。。。

  25. とおる。 より:

    Gauche の新しいバージョンがリリースされました。週末にでもアップデートしよう。

    http://www.shiro.dreamhost.com/scheme/gauche/index-j.html

    「コンパイラが簡単な クロージャ最適化を行うようになったので、ローカル関数の末尾再帰を しているような典型的なコードは恩恵を受けやすいでしょう。」

    これはλ使いにはうれしいですね。

    WiLiKi を使っている人はちょっと待ったほうがいいそうです:

    http://lists.sourceforge.jp/mailman/archives/gauche-devel-jp/2005-May/001375.html

  26. shirok より:

    WiLiKiの方を先に0.5.1にしてもらえれば問題ないです > とるっちょ様。

  27. とおる。 より:

    あ、読み違えてました。ごめんなさい。

  28. Mug-G より:

    はじめまして。

    処理系はxyzzy-lispしか使ったことがないのですが、邪道ですか?

  29. 機能別ヘ より:

    初めまして。

    私もGaucheでしょうか。とは行っても使いこなせているとは到底言えず。新しいバージョンが出たらインストールしているだけですけれど・・・。

  30. malimali より:

    初めまして。

    scheme使いの方々に伺いたいのですが、もともとperl使い

    なので、行単位で物事を考える癖があります。

    で、schemeの入力には標準では行単位の入力がないと認識

    しています。あるのはreadとread-charとpeek-char

    でしょうか?

    Gaucheにはread-lineがありますけど、Gaucheだけ使うわけ

    ではなさそうなので、自分がGauche色に染まってしまうのが

    ちょっと怖いのですけど、そのあたり、皆様どうお考えで

    しょうか?

    何が言いたいかというと、デファクトでも何でも標準って

    ものを意識しておく必要があるのかなぁって思うわけで、

    移植性などに問題はないのか?

    特にLisp系って、移植性については無頓着のような気がす

    るので、伺ってみた次第です。

    単なる私の偏見であり、他の言語も五十歩百歩かもしれませ

    んけども。

  31. shirok より:

    Lisp系でもCommon Lispな人達は移植性とか規格とかを結構気にするような印象があります。実際、フリーの処理系でプロトタイプを作って予算がついたら商用処理系で、とかいうこともしばしばありますし。

    Scheme系の人は、特定の処理系にコミットする人と、自前の互換性レイヤを用意していくつかの処理系を使い分けている人がいますね。互換性レイヤについては例えばこちら。

    http://community.schemewiki.org/?common-scheme

    Scheme処理系作成者に関しては、最近はsrfiがあればなるべく

    それに合わせますし、そうでなくても既存の処理系をサーベイ

    してAPIを合わせる努力はしていると思います。そうやってる

    うちによく使われるライブラリについては徐々に収束することに

    期待、ですかね。

    ちなみにread-lineはGauche独自のものではないです。

    http://www.shiro.dreamhost.com/scheme/wiliki/schemexref.cgi?read-line

  32. malimali より:

    をを!!

    shiroさん直々に、しかも1時間足らずでご回答いただくとわ。

    > ちなみにread-lineはGauche独自のものではないです。

    こちらについては、言葉が足りませんでした。

    Gauche『独自』というところに重点はなく、『標準じゃない』

    ってところだったのです。

    もっとも、「標準」とsrfiとの明確な区別もついていませんけ

    れど。

    実際にさわっているのはGaucheとDrSchemeくらいなのですが、

    元々高林さんのscmailがschemeのきっかけだったので、

    Gaucheをスクリプト的に使えればと思っています。

    たぶん仕事では使わせてもらえないだろうと思うので(メンテ

    が誰でもできるっていうのがかなり重要)Gauche一本で行って

    もいいんですけど、あまりにGauche色に染まってしまうのは

    自分の中でのRobustnessという点でどうなの?って思ったの

    が前の質問の底にあります。

    ご意見ありがとうございました。

  33. shirok より:

    「標準」ということで言えば、Scheme界においては標準というのはどこかよそで誰かが決めるものじゃなくて、参加して作るものという雰囲気が強めかもしれません(少なくとも「実装が仕様」ではない言語の中では)。

    srfiは誰でも提出したり議論に参加したりできます。R6RSみたいなコアなところはそう簡単じゃないですが、R6RSも部分的にsrfiのプロセスを利用しようとする試みがあります (srfi-75とか)。

    もうひとつ、Scheme界の空気として、先に仕様があってからそれを実装するのではなく、仕様はわざと決めずにおいて複数の案を実装し、実績を積んでから「これにしよう」と決める、ような流れもあります。ときにはそのプロセスに何年も費すため、仕様が改訂されるのがえらくのろいんですが。

  34. mu より:

    マカーでLisperという2重苦を背負う?私はMCL(Macintosh Common Lisp)を長年使ってます.

    他の環境もいろいろ試してはみるのですが,開発環境としてはMCL以上の環境はないですね.速いし.GUIをほとんどシームレスにたたけるし.WindowsでやらないといけないことがあってDrSchemeなどもさわってみたのですが,Schemeに慣れてないのもあって,どうもなじめませんでした.

  35. PoMu より:

    はじめまして。

    初めてさわってその後も勉強に使用していたのは、SHARP X1のLISPでした。

    会社に入った頃は人工知能が流行っていた頃でしたので、LISPが業務ソフトの開発に役立たないかということで、NTTの講習に行かせてもらいELISにさわってなんか感動してました。

    その後は、実質管理をしていた汎用機にUTI LISPが入っていたので、それで遊ん(自主勉強です(^^;)でいたら、UTI LISPを実際に使用している某社運行管理システムのメンテ担当になり、実際には修正はしませんでしたが、結果が妥当かの解析はしていました。このプログラムで実益のあるものを見たのが初めてだったのとテクニックを学ばせてもらい、これを現役の東大生が作成されたと聞き、学歴は関係ないっていってもやっぱ凄いなぁと思ったものです(^^;

  36. masamic より:

    自作中ですハイw。自作はだめですか?

    まあ、過去に使ってたという意味では KCL とか emacs lisp ですねぇ。schemeはまだほとんど使ったことが無い。いい言語だとは思いますが、なかなか機会が…。

    ここ最近lisp使ってなかったけど、仕事でS式もどき(一応consセルとアトムはある。でもアトムは手抜きしてる)の計算ロジック組んだときに、lisp作りたくなって、今作っています。

    ちょっと仕事が忙しくなってきて、あんまり構ってやれてないですけど。後シェルさえかければ、最低限の動作をするLISP処理系が出来るのに…。ちゃんとlisp自身による関数定義も出来る所までは来ているから。lambda式は処理できますよ当然。

  37. kaz より:

    うわー、こんなんありですか。ひさしぶりにラムダ式を見てしまい、かなり興奮気味です。

    最後に使っていたのは MacOS 9 の MCL でした。当時、Dylan というのがあって(厳密には Lisp とはだいぶ違うのですが)そっちに期待していたのですが、結局、日の目は見ませんでした。MCL は MacOS X 版もあるそうですが$750 はお遊びようにはちとたかいか。

    その前は、仕事で Lisp マシンをいじったり(年がばれる?)、処理系作成のまねごとをしていました。

    しばらくこの手のものに全く縁がなかったので浦島太郎状態です。いろいろ教えてもらえるとおもって期待してます。よろしく。

  38. kodamatic より:

    はじめまして。コダマともうします。

     会社に入った頃(88年)はUTI LISPを使って開発業務をしていました。皆さんがかかれているようなNEC製ではなく、富士通製のスーパーコンピュータです。スーバーコンピュータ(FORTRAN77)で最適化した計算をLISPで見直して3,600倍(10時間かかる物が10秒で完了)で計算が完了したのに感動したことを今でも覚えています。知り合いに言うと、データの持ち方が悪かっただねとけんもほろろですが。

     その後、開発業務がオープンに移りemacsを使う用になり、なにかとemacs lispを使っていましたが、そのうち開発業務から管理業務に仕事が変わっていきemacsともご無沙汰でした。最近、macを買ってshellに降りて行き試しにemacsを使ってみましたが、コマンドなど見事にすっかりをすれていました。

      「muさん」、「kazさん」のコメントにある、「MCL」も使ってみたいのですが、高いですね。

    36:masamicさん。自作ですがすごいですね。LISPはconsなどの4つ(うろ覚え)ほどの関数を実装する処理系を作ると、後はすべてLISPで書くことができる、と昔聞いたことが有ります。 そのときは学力がなく、理解できなかったのですが。この話はほんとですか。

  39. NO2 より:

    はじめまして、NO2と申します。

    UTILISPが最初という方がちらほらいて...ちとうれしい^^;でもターミナルから()が入力しずらいのでちょっと敬遠してました。

    大学だと研究室でデータゼネラルのWSでKCL使っている先輩は

    いましたねぇ。

    #FORTRANの最適化はF社ならFORTUNEかけてVECTUNEで解析でした。

    VP-30でしたけどね。(脱線)

  40. 匿名 より:

    始めまして。Lispを勉強中の亀田と言います。

    処理系はClispでxyzzyで書いています。

  41. kay より:

    メインは GNU Common Lisp (gcl) を使っているというか NetBSD に移植しています。知り合いの Lisper が使ってくれてます。

    会社に入ってはじめて使ったのは富士通のメインフレーム上の UtiLisp だったような気がします。そのまま、富士通のメインフレーム用の UtiLisp 系の Common Lisp を使っていました。この処理系は Common Lisp といいながらもインタープリタはレキシカルスコープじゃなかった気がします。

    その後、FM-16βで Golden Common Lisp をつかって Gmacs に触れて、そのまま emacs 使いになり、多少は emacs lisp も使う様になりました。

    さらにその後は Sun 4 で Kyoto Common Lisp を使うようになって、この縁で今でも gcl をメインに使ってますが、そこから仕事では lisp は使わなくなってしまいました。まあ、emacs lisp は .emacs を書くのに使いますが。

    現在は gcl を NetBSD/amd64 に移植中。まあ、ちゃんとビルド通るようになったので大丈夫かなと。

  42. ぽかり より:

    はじめまして。Lispを勉強中の穂苅ともうします。

    DrSchemeとSBCLを使って勉強を続けていましたが、

    最近Clojureを使い始めました。

    ClojureはCLでもSchemeでもないのですが、Lisp-1でSTMによる並行処理制御サポートを備えていてJVM上で動く実用指向の面白い処理系です。