会ったことのない人 どれくらいいますか

人気の記事:

コメント

  1. いんど より:

    この比率において、単に会ったことないというレベルではなく、「会ったことはないが、ネットでの付き合いが長い」というような部分について考慮しなくて良いものなのでしょうか。

  2. いんど より:

    ちょっと違うかも

    最初に、コミュニケーション持った人達と

    その後の持続的な付き合いが持続することが多いと思います。

    それはSNSに限った事ではないですが、ほかでも見られる現象だと思います。

    また、初期のコミュニティを形成してしまうと、後続の人の

    進入が難しい閉鎖的なコミュニティを形成しがちです。

    その閉塞感をどうやって、和らげるかで今後の日本のSNSの

    進路にかかわってきそうだと自分は思います。

    Greeとmixiでは、「一度だけ会った」と「鬼のようにあった人」が逆転していますが、これは自分のリアル友達を紹介するなら「Greeで!!」。

    ネットでの新たな出会いを求める!なら「mixiで!」というのが

    暗黙の了解で行われているのかもしれませんね・・・

    自分は、ネタの部分が大半なのでmixiのほうが居心地いいですけどね

  3. 頼人[yori] より:

    「ネットでの付き合い」という概念が自分の中になかったのでドキッとしました。

    上のデータ中では、会ったことのない人の中でネットでの付き合いが長いと呼べる人はどちらのSNSでも0人です。

    mixiに登録したのが3月下旬でまだ長くないせいもあります。

    今後は長い期間使っているうちにそのような人たちも出てくると思います。

    > その閉塞感をどうやって、和らげるかで今後の日本のSNSの

    > 進路にかかわってきそうだと自分は思います。

    実世界で既に知っている人にリンクしたり招待したりする → 縦

    掲示板などで話題が合う人とリンクする → 横

    の2つの軸があれば、それほどすぐには閉塞感を感じなくてもすみそうな予感がしています。

    人が多すぎて把握できなくなった頃に少しずつリンクを減らしたり、そういうことはあるでしょう。

  4. 匿名 より:

    ネットでの付き合いが長い人は、たいがい、最終的には一度くらいは会ったりします。そのままリアルの付き合いとして深く付き合っていくことも多いですが、それは近隣に住んでいるか勤務先が近いとかいう条件がつきがちです。

    ネットでの付き合いは、時間や場所に制約されない付き合いというのが可能になりますので、会う会わないはあまり関係ないのです。

    というか、リアルにおいても、会ったことの有無と付き合いの深度は関係ないわけですので、付き合いの深度をわけて(>>3で挙げられている軸などを利用して)、そのうえで比率を出すというほうが実をともなうデータになりそうです。また、当該SNSを境として以前か以後かというのもあったほうが良いかもしれません。