著作権の帰属問題

人気の記事:

コメント

  1. くろせ より:

    そーゆーの昔のパソコン通信でもあったなー。

    業者はそこに書かれた全ての文章の独占的な使用権を無償でえる、なんてことがへーきで規約にかかれてましたよ。

  2. じょん より:

    どうも。mixiでははじめましてですね。

    新聞社も、新聞記事に直接リンクしちゃいけないだの、

    引用するときも事前に申し出ろだの言ってるところもありますね。

    著作権法というのは、「これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、

    ……文化の発展に寄与することを目的とする」というための

    法律なんだけど、忘れちゃってるんですね、きっと。

  3. Ojisan より:

    別のところでご一緒の例の「Q&Aコミュニティ」もやっとことの重要さに気がついて、主催者側に著作権があるというのを訂正しましたね。

    でもジョンさんの書かれた論文で勉強させてもらっていますが読めば読むほどいやになりますね。

  4. じょん より:

    > 読めば読むほどいやになりますね。

    まあ、厳密に解釈すれば、難しい話は多いですよね。

    でも、著作権は親告罪ですから、著作権者が「だめだ」って

    言わない限りは、何の問題もありません。

    ということで、何か言われたときに「ごめんなさい」といって

    削除すればたいていは収まるもののようです。

    (最初から悪意のある場合や、お金儲けに使った場合は別ですが)