246沿いのちょっとしたスポット

人気の記事:

コメント

  1. いちい より:

    面白いというか好きな場所ってことなんですが、多摩川を越える二子橋(渋谷方向)は楽しいです。天気がいい日だと、用賀の駅ビルがきれいに見えてとても気持ちいいです。

    けど、あんまり調子に乗って走っていると、後ろから白いバイクのおじさんが追いかけてきます。

  2. いちい より:

    (どうでもいい例)その先の、瀬田を越えた辺りに、公衆トイレがあります。ちょうど首都高速が上に重なって、雨の日は屋根つきのちょっとした休憩場所になります。

  3. shiva より:

    三軒茶屋から池尻へ一区間だけ首都高を使う人がいるとか.

    三宿の慢性渋滞を避けるためだそうです.

    700円で5分買えるなら,安いらしい.

    ぜんぜんお勧めスポットになってないですね.

  4. 7 より:

    246沿いではありませんが。

    246山北町から少し北に外れた、中川温泉は僕のお気に入りです。

    何もありません。しかし誰もいません。

    神奈川県とは思えない、川と山だけの喉かな景色が好きです。案外箱根なんかよりも穴場と思うのですが…

  5. shiva より:

    丹沢湖のあたりはのどかですよね.

    僕も好きです.温泉があるなんて知らなかった.

  6. いちい より:

    丹沢湖の先って道志みちにぬけらるんですか?

    むかしヤビツから宮が瀬に抜けたときは、

    とても走りにくくて苦労した思い出があります。

    (246とだいぶずれてきた…。)

  7. 彼女が静岡にいるってこともあり、一時は毎週のようにR246を走ってました。

    冬の時期はYetiに行くため御殿場辺りまでしょっちゅうですw

    御殿場にアウトレットができたことで、R246の山道がかなり渋滞しやすくなってます。

    そんなわけで、ちょっと遠回りをしてでも峠の方へ登ったりしてみると

    キレイな景色などまた新たな発見があったりします。

    ちなみにR246で2度も速度超過で捕まってます。

    みなさんご注意をw

  8. shiva より:

    丹沢湖の先は行き止まりだったと思います.

    ゲートがあるようです.

    http://kohama.hp.infoseek.co.jp/report/030504inogoe/inugoe.htm

    >御殿場にアウトレットができたことで、R246の山道がかなり渋滞しやすくなってます。

    なるほど.あの週末慢性渋滞は,アウトレットのためだったんですか.それはかなりありそうです.

    この渋滞を回避するには,

    (1)足柄峠を抜けるか

    (2)道志みちを抜けるか

    (3)旧道を通っていくか

    の回避策があります.道志みちは津久井で渋滞します.

    (1)(3)で松田から先は,県道77からR271(小田厚の下道)に入ると,年中渋滞の一車線区間(渋沢・秦野・伊勢原)をパスできます.

    >ちなみにR246で2度も速度超過で捕まってます。

    R246はトレーラー等ほんとうに遅い車は異様に遅いので,別に走る気なくてもどうしても追い越したくなりますよね.ついつい100km/hぐらいでてしまって慌てて減速したりします.

  9. いちい より:

    今日も246で帰ってきました。池尻から駒沢までがいつもどおり渋滞。なんであんな毎日工事ばっかりしているんだろう。

    測度超過といえば、下り瀬田の少し前の信号(ジョリーパスタがあるところ)でスタートしてそのまま瀬田のアンダーパスに入るバイクがたまにいます。間違いなく100キロは超えるのかな。

    私にはさすがにそんなに出せないですね。むかし負けじと付いていったスカイラインの上から赤色灯がでるのを見たこともあるし(笑)。

    関係ないですが、南町田のアウトレットは16号側の渋滞のほうがひどそうですね。

  10. 7 より:

    アウトレット渋滞は凄いですね。

    東名を下から眺めてると、御殿場付近でピクリともしていません。朝から来てるのに、彼らが入場できるのは、昼頃…大変そうです。

    東京方面からなら、山北町→小山町中心部を抜ける道がお勧めです。足柄峠入口付近を通りますが、246よりも風景の良い道です。

    って、また246から外れてしまった。。。

  11. いちい より:

    まあ246じゃなくてもなんでもいい気もしますが、

    池尻大橋の駅前、田園都市線の上り前方の地上出口の横に、

    ちょっときれいそうなレストラン(?)みたいなのがあります。

    むかし朝ごはん食べれるのかな?と思って入ってみたら、

    ホテル付属のだったらしく、「宿泊ですか?」と不審げに聞かれてしまった。だったらそう書いてくれって思った。昼は入れるんですかね。

  12. みち より:

    はじめまして。

    http://www.246cafe-book.com/

    こんなcafeがあるそうなので、今度行ってみようかと思ってます。

  13. ぼんど より:

    はじめまして。

    全然「お勧め」ネタではないのですが・・・

    小鉄@ジッチャンさんの連載の写真を見て、十数年前のある体験を思い出してしまいました。

    R246の秦野の近くに「善波峠」とよばれる長い坂道があります。かつて、その道路沿いにあった有名な「看板」を覚えている方はいらっしゃいますか?(随分前の道路拡幅で撤去されてしまいましたが)

    四角くて白いその看板には、上部に観音様みたいなのがついていて「もう死なないでじゅんいち」(名前は漢字だったかも)と書いてあるもの。夜になると電灯がつくのでかなり不気味でした。

    なんでも昔、R246をはさんでちょうご向かい側にあるお店に行こうとした子供「じゅんいち」君が、道路に飛び出してお母さんの目の前で車にはねられる事故があったそうです。その後、その同じ場所で交通事故が多発し、それがみんな「じゅんいち」という名前の人だったことから、お母さんが供養のために看板を立てた、というのがもっぱらの噂でした。また、今でもこの看板の電灯が切れた夜には事故が起きるのだ・・・と。

    何を隠そう私の名前も「じゅんいち」でして、よくある怪談話だと思いつつもあまりいい気分はしなかったのですが、バイト先と実家の最短道路だったのでよく通りました。

    そしてある夜、事件がおきたのです。

    まだ学生だった私は、地方から上京したての友人を横に乗せドライブに出かけました。どこに行ったか覚えていませんが、ずいぶん遠出をしたのですっかり暗くなってしまい、246を西に向かう途中伊勢原あたりで気がつけば大雨に。

    疲れもあって半分無意識に車を運転していましたが、慣れた道でしたので、いつもの様にかなりスピードを出しながら、ワイパーをフル稼働して走っているところに、突然目の前に子供が飛び出してくるではないですか。

    とっさに急ブレーキを踏んだ私の車は大きくスリップした後、真横に向いて止まりましたが、あいにく後続車はなく、事故にはなりませんでした。すぐに大雨の中、外に飛び出して周りを見回しましたが、子供はどこにもいないのです。それに、何かにぶつかった衝撃もありませんでした。

    何が起こったのか分からずにしばし呆然としていたのですが、友人に呼ばれてはっと気がつき、自分が立っているのが246の真ん中だったので急いで車に戻り、路肩に車を寄せハザードを出して駐車しました。

    横に乗っていた知人は、何も見えなかったそうで、一連の私の行動の意味がわからず随分驚いていました。私も私も子供が見えた気がしたのですが、よく考えると、自分の車のライトに照らされた子供の足のような影がひゃっと横切っただけだったように思えました。

    そして、周りの風景を見て、ここが善波峠であることを知って、すーっと背筋が凍りました。

    あの夜に例の看板の電灯がついていたのか、いなかったか、まったく覚えていませんが、あの時のことを思い出すと、未だに背筋が寒くなります。

  14. Pi_Marlone より:

    御殿場と裾野の間辺りに、『大和建設』ってあるんです。

    ・・・ああ、見るたびにサラリーマン金太郎を思い出してしまう。