宅録を始めたキッカケはなんですか?

人気の記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. さっそく・・・

    PC6001だったりっ(恥

    岩手のハードオフでMC8が3万円だよ〜

    今が買いだよ〜

  2. 俺も最初に打ち込みをやったのはPC-6001mk2だったりします。

    当時は良くPSG3重和音で頑張ってたもんだ俺。

    初めてのシーケンサはカワイQ-80。あれは名機だと思う。

  3. JEA より:

    最初に打ち込みをやったのは10年前のPC98でレコン+CM32Lでした。

    レコンにはシンセや打ち込みの基礎を教えてもらいました。

  4. けるる より:

    最初はV50内蔵のシーケンサーでしたがその後Y社のmsxを買いました。

    そこから全てが始まったかなー

  5. FQTQ より:

    最初高校生の頃QY20で打ち込み始めて

    友達のボーカルとかギター入れたくて

    4トラックカセットMTR買いました。

    モトクロスさんといっしょですね

  6. フジモト、 より:

    >FQTQさん

    一緒ですねぇー。時代が忍ばれます…。

  7. まるちゃん より:

    皆様初めまして。

    最初に打ち込んだのはMSXのベーシックでPSGピコピコいわせてました。

    本格的なのを最初に買ったのは、01Wです。もちろんシーケンサーは内蔵のもの。普通のカセットレコーダーでとりました。

  8. はいぱだ より:

    PC-9821+音楽ツクールDOS版



    音楽ツクールWin3.1版&レコポ+MU5

    です。

    初シーケンサはEOS内蔵。

    懐かしい。。。

    MTRが買えなかったので、持ってる友達の家でやってました。

  9. ギンブチ より:

    >まるちゃん

    俺も01Wだよ!! 

  10. ギンブチ より:

    どっちともなくはじめました。

    でもパソコンでのDTMはどっちかってゆーと

    プログラミングの延長でやってたみたいな?

    バンドをやっててオリジナルがやりたくなって

    アナログ4TRを買って作曲はじめました。

    DR-660を愛用。

  11. HACHI より:

    小学6年くらいの時MSXのベーシックで始めました。

    ゲームの曲をコピったなぁ..なつかしい。

  12. タカ より:

    大学生の時。

    友人がアコギで作ったオリジナル曲を4トラで録音してて

    それを聞いた時の衝撃がきっかけ

  13. ランチ より:

    宅録は、92年くらいにカセットデッキ2台使ってLとRに別々にギターの音を録音(当時は下火になってた高速ツインリード)したのが最初でした。

    MTRが物凄く欲しかったのですが、高くて手が出なかった記憶があります。

  14. ランチ より:

    皆様はじめまして。

    最初の宅録はラジカセを2台用意して、1台目は録音用、2台目は再生+ラインインミックスでした。一番最初はシーケンサーさえなく、自分でシンセのドラムをリアルタイムで弾いてました。

  15. ランチ より:

    初めまして。

    MODですね。ただだったので金が無い間ずっとつかってました。

    その後ProToolsやらSX使ったりもしてたんですが、

    MOD使い易過ぎて未だにメインです。

    SXでVSTiで音出してWAVに書いてMODで組み立ててます。

  16. たきちゃん より:

    はじめまして

    僕も?フジモト、さんと同じでQY20です。QY10も持ってましたが、MTRやギターなんかと組合せはじめたのがQY20からですね。

  17. たきちゃん より:

    皆様、はじめまして

    初めて使った機材はKORG M1です。

    その当時TB-303のような音を出したかったのですが

    アナログな音が出なくて、悶々としながら打ち込みしてました

    フィルターをフットボリュームのとこにアサインしていじりったりフランジャーで音を変化させたりしてアナログシンセでレゾナンスとフィルターをいじった感覚を誤魔化していましたw

    あの当時夢の機材というのはJUPITER-8&6とJUNO106、PROPHET-600です。

    MTRも使って友人と一緒に多重録音をしてました、懐かしい思い出です。

  18. たきちゃん より:

    はじめまして。

    僕はeos→キューベイシス→パフォーマー→デジタルパフォーマーってかんじでした。次ぎはPTにも手をだそうかなと、思っています。

  19. たきちゃん より:

    はじめまして。

    オイらの場合。

    小学6年生のときに、友達と架空のラジオ放送局ごっこをして遊んだ。

    クラスの好きな女の子をネタにニュースをつくったり、マカロニ劇場とかいうコントやったり完全無欠のロックンローラー(アラジンだっけ、知ってる?)のレコードを針とびさせて録ったりしたくだらない番組をつくったワケ。

    それで終わらせりゃいいんだけどそれを女子に聴かせたら大ウケしちゃって、あたしにもやらせてよって家に遊びにくるもんだから。

    今思うとそれが宅録の喜びを知ったときかなあ。

  20. サダレオ より:

    YAMAHA QX3が、最初のシーケンサでした::

    カセットMTR…ほとんど使ったことありません::

    AudioMedia3が初めてのデジタルオーディオでした::

    YAMAHA QX3 → Opcode Vision → MOTU Performer → MOTU DP → Steinberg Nuendoという経路です。

  21. あある より:

    最初のシーケンサはキーボディシモIIというYAMAHAのポータトーンの高級版が最初です。4トラック(リアルタイムのみ)+ドラムパターンでメモリーカセットみたいのに保存もできました。

    当時20万もしました・・・

    でもシーケンサじゃないけどNEC-PC88のBASICで打ち込みしてたのが最初かも・・・

    その後歌を入れてみたくてMTR買いました。

    シーケンサは

    NEC PC88 BASIC MML→KeybodissimoII内蔵→YAMAHA QX3→Mu-1 super(X68kシーケンスソフト)→YAMAHA SY77内蔵→Roland MC50mkII→MOTU Performer→MOTU DP

    です。

    MTRは

    TASCAM Porta07→YAMAHA MT8X→DAT2台で交互ダビング(汗)→AudioMedia II→ProToolsIII→MOTU2408→ProTools24→ProToolsHD

    です。

  22. はじめまして

    僕の場合は、SH-101とBOSS DR-110を買って、ラジカセでピンポン録音してました。これが始まりですね。

  23. Julian より:

    最初は、2台のカセットデッキから。

    その後、4trのカセットMTRへ。

    現在は、ハーディスクレコーディングで四苦八苦(^^;)。

  24. itm より:

    はじめまして

    私の曲作りは楽器というよりコンピュータから入っていきました。

    高校の時、X-68000のBASICでFM音源出力していたのが最初です。

    ベーシックマガジンという雑誌のFM音源プログラムひたすら打ち込んでいました。

    MTRはいまだ使ったことがありません。今後も使うかどうは不明です。

    今はSONAR3でだいたい完結している感じです。

  25. oki420 より:

    はじめまして

    私の場合カセットピンポン>Teac144>244>Fostex A8LR

    >Cubaseって感じです。

    ここ数年CubaseなんですがカセットMTRの魅力も忘れがたく

    たまにTascam248をひっぱりだして昔ながらの制作方法を

    楽しんでおります。

    しかし始めたころのラジカセでのピンポンは楽しかったなぁ。

    久々にやってみよう。ってカセット一台しかないし〜

  26. 夕佳。 より:

    はじめまして。

    キッカケはバンドでやる曲のデモテープ作りでした。

    私がVo.で、他にG*2,B,Dr,SAXがいたのですが

    全員作曲するため、自宅でそこそこの形になるまで

    デモテープにしておくのがルールでした。

    (で、スタジオでこれはOK、これは没ってやる)

    ソフトはミュージ朗(笑)→Qubasis→Qubase→Logicです。

    バンド時代はカセットのMTRでした。

    その後MDになって、現在はHD。

    しかしソロになるとさびしい。。。

  27. esper より:

    はじめまして。

    ぼくも始まりはミュージ郎でした。そしてそのままズルズルとRoland系で現在はSONARです。4trMTRは高校の頃に使ってましたね。懐かしい・・・。

  28. 基地GUY より:

    中学生の時ずっとやってたバンドを首になったため、気合でMacを購入しDTM生活へ。。。

    VS880手に入れたときは嬉しくて死ぬかと思いましたよ!!!

    シーケンサはRoland MC50mkII→MOTU Performer→Cubaseです。最近触ってないけど。。。

  29. エイケム より:

    始めたのはきっとビートマニアのせいだと思ってます。

    もともと歌とか音楽が好きだったんですが

    テクノだのユーロだのレイヴだの(J-POPだの)

    音楽を色んなジャンルに分けるってのを知って驚きました。

    同時にDeep Clear Eyesなんかのかっこよさとかも○。

    ドラムンベース・ハウスの存在を初めて知りましたねー。

    親の使ってるwindowsがあって

    バンドルされていたYAMAHA SYXG-100

    これにフリーソフトのcherryで作り始めました。

    88proを買った他には今も大して変わらない状況です。

    まだcherry使ってるし笑。

  30. 佐野電磁 より:

    こんにちは。

    私は、シーケンサーから入りました。

    元々バンドをやっていたのですが、バンドだとメンバーとの絡みなどが面倒になったことが1つ。

    そして、打ち込み独特のピコピコサウンドが好きだったことが1つ。

    それから、作曲に興味持ち始めて、アイデアを実際出来上がった音にして保存しておきたかったことが1つ。

    でした。

    シーケンサーはシンガーソングライターを使っていました。

    今はソナーを使っています。

    相変わらずウィンドウズ派です。

    シンセやMTRは全く初心者で、これから覚えたいと思っているところです。

  31. 佐野電磁 より:

    はじめまして。世代的に僕もピンポン始まりです。

    AIWAのラジカセとビクターのデッキ。ミキサーが無いのでラジカセのミキシングマイク端子から。しかも毎回テープを入れ替えるのでピッチがどんどんずれてくるという凄い時代でした。最初に録る音は固めに、なんてのがセオリーって頃。

    音源はKORG MS10で渋谷ヤマハの3Fで中古を扱ってた頃にお年玉で買いました。

    単音しか出ないドシンセなので親が全く理解できず、せっかくのお金をこんな壊れたオルガン買ってきてと怒られたました。思えばあれから親子間の断絶が始まったように思えます。

  32. はじめまして^^

    私は最初はTASCAMのカセット4trMTRでした。今から思えば、凄いノイジーでしたが、遊び倒しました。シンセ弾きなんで、その後はV50・SY99とワークステーションへ行って、AW2816とHD-MTRになり、最近Cubaseへ移行しつつあるところです。

    んー、改めて考えると、結構な道楽ですよね^^;

  33. はじめまして。ポチリと参加させていただきました。

    初心者ですがよろしくです。

    始まりはカセットMTRでした。中古で9600円だったはず・・・

    なつかしい

  34. きっかけですね。

    第三者に自分で作った曲(唄モノ)を聴いてもらうためです。

    ものすごい昔の話になりますが、カセットでマイクもなんにもなく弾き語りの一発録音を試みましたが、如何せん生ピアノは声よりレベルが高く、

    どの場所にラジカセを置いてもA.Pfが歪むほど大きく、従って肝心の唄は聴こえませんでした。

    今思えば多重録音の始まりです。ラジカセを複数台用意して先に生ピアノを遠くから歪まない様録音して、それを聴きながら風呂で唄った遠い記憶です。どうでしょう。原点でしょ。

  35. susi より:

    4トラックMTRを最初に友達に見せてもらった時は驚きました。その友達が新しいのを買ったので、古い方を借りていろいろ試しましたね〜。ただ当時の環境だと、1曲まるまるきっちりと構成を決めて、ドラムパターン、ベースと入れてからギターを入れていくというのがどうも合わないなあと思いはじめましたねえ。後からドラムを入れようと思ったら、物理的にテープが伸びてリズムがずれるという事を知った(安い機種だから?!)時に、あ、もうだめかもと思いました。

    今は、BOSSのループステーションという、ループマシンを使って、お手軽に即興で弾いたものをRecしてます。でもそれもちょっと飽きて来た気もするので、PC使ってやってみたいなあと思っている今日この頃です。

  36. ダダ より:

    今年40のダダです。

    バンドをやっていたのですが、僕のわがままな性格があだになってメンバーがみんな脱退。

    一人ですべてをしなくちゃいけなくなったので、

    フォステックスの4trカセットデッキを当時13万のものを購入しました。

    当時の機材はドラムがtr606でベース用にコルグのモノラルシンセ、たぶんMS−20とシンセはポリ61でした。

    それが数年続いてシーケンサーに変わりましたね。

    YAMAHAQX7とTX81Zとの組み合わせや

    RX5のリズム等

    で現在のPCをつかったDTMに変わりました。

    学生の頃4trのデッキで一人でライブ演奏したのが懐かしいです。

  37. さとー より:

    アイタックです。しばらくDjをしていて、自分の曲をいつか流したく、Propellerheads Reasonで始めてみました。現在はCubaseとjp8000,virus c がメインです。

  38. さとー より:

    高校の頃先輩が買ったカセットMTRは

    まさに驚いた!!!DTMは

    10年くらい前に楽器屋で買ったMAC SE/30

    でEZ vision X5 って環境ではじめたけど初めての時

    8時間掛かった打ち込みデータ、セーブせずにパソコン固まっちゃって、ハイ消えたー。

    あれから10年。いまだに、たまぁーにやってしまう・・・

    コピペ知ったのも始めてから5年後(笑)

    ひたすら全部入れてたあの頃が懐かしいーーー

  39. かずち より:

    僕は音楽がやりたいと思い専門学校へ。

    それまではYAMAHAのポータトーンのPSR510ってやつで

    ちっぽけなシーケンサーは付いていました。

    専門学校ではPerformerを使用しており、そこの延長線上で

    DigitalPerformerになりました。

    途中SonyのMDのMTR MDM-X4で録音していましたが

    マシンをG3にしてからはDPに変りました。

    ちょうど僕の時代はカセットMTRがなくなりはじめで

    MDやZip、jaz、HDDなどのMTRが出て来た時代でした。

    まだHDのMTRも4トラックから8トラックくらいでしたが

    すぐに16トラック以上のものやエフェクター付きの物がでてきましたね。

  40. Yuta より:

    中学のときに野球部に所属していて、部活中に骨折しました。その時に入院費用としておりてきた保険料で買ったシーケンサーがDTMのきっかけです。

    もともとギターをやっていたのでその延長上と思ってシーケンサーを購入したのです。なんともおかしなきっかけです(笑)

    YAMAHAのQYシリーズをはじめに購入したのを覚えています。QY-8、QY-70、QY-700、そして100からバージョンダウンQY-100、今はCubase使っています。

  41. ばた〜な より:

    高校入学のときに買って貰ったPC-9801UXでFM音源の打ち込みを始めたのがはじまりです。ソフトはRayというDOSソフトで、シーケンサはなく、テキストエディタでMMLを打ち込んでました。

    Windowsになってからも、Ray互換MMLコンバータでMIDIをいくつか打ち込みました。当時の音源はSoundBlasterAWE32(^_^;。

    現在はSC-88Pro、MU80にLogic Audio5を使ってます。

  42. どぶ大根 より:

    はじめましてー。

    モテたくて打ち込み始めたクチです(汗

    シーケンサ暦はSY-85内蔵→PC-98レコンポーザ→キューベースです。レコンポーザが使いやすくてなかなか手放せなかった覚えが。98レコン+オーディオ環境なんていいかもしれんと、ふと思った。

  43. tack より:

    どもです〜。

    宅録を始めたわけ。

    1.自分の作った曲、やりたい曲を叩けるドラムが居なかった。

    2.ベースも持ってなかった。

    3.親父がSC-55mkIIを何故か持っていた。

    4.高校の部の備品である4trテレコを家に”借りて”るという名目でパクってきた。

    それが全ての始まりでした。

    しばらくは打ち込みそしつつ録音からは離れていましたが、デジタルMTRを手に入れてから録音した自分のギターのヘタさに驚き練習を重ねたのも良い思い出です。今はPCベースのHDD録音・・・トラック数も無制限・・・天国ですよね、当時に比べたら。だから、って出来る”音楽”が良くなるかどうかはまた別問題ですけど。

  44. akaD より:

    バンドのデモ曲を作ろうと思って

    Macのパフォーマ520(!)とSC−88を買ったのが始め。

    ソフトは「EZ-Vision」でした。

    で、サンプラーは前から持っていたので、ブレイクビーツ用に

    S−950を使って、で、お仕事になってからはStudioVision、

    家のパソコンをWinに乗り換えたのでCubase、で

    現在に至る、って所です。

    うわ、面白くも何とも無いけど、いいですか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です