小笠原の本紹介!

人気の記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. かすが より:

    『小笠原ハンドブック』

     以前出版された『小笠原学ことはじめ』(こちらは私も一章書かせていただきました)に続いて、南方新社から出版された「小笠原シリーズ その2」です。

     詳しくは編者であるダニエル・ロング氏のサイトから。しかし、小笠原はずいぶんとご無沙汰です。また行って見たいものですが…。

    ロング氏のサイト

    http://nihongo.human.metro-u.ac.jp/long/HANDBOOK.htm

    南方新社

    http://www.nanpou.com/

    ※スレッドを本の紹介用にしようと、改名しました。

  2. かすが より:

    最近出版された本を二点紹介します。

    『小笠原諸島: アジア太平洋から見た環境文化』

    郭 南燕, ガバン・マコーマック (編集) 平凡社

    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4582542077/

    『小笠原クロニクル – 国境の揺れた島』 中公新書ラクレ (185)

    山口 遼子 (著) 中央公論新社

    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4121501853/

  3. エダ より:

    小笠原で漁師を体験しました。

    自費出版したいと思い、ただいま執筆中です。

    いつか、ここに載せてもらえるようにがんばります。

  4. しん より:

    『小笠原ことば しゃべる辞典』 (2005年4月刊)

     以前出版された『小笠原学ことはじめ』『小笠原ハンドブック』に続く,南方新社からの「小笠原シリーズ その3」です。

    島民の方々へのインタビュー調査や録音調査を踏まえて編まれた初の「小笠原ことば」の辞典です。CDがついており,実際の発音を聞くことができるので「しゃべる辞典」となっています。

    文法書・辞典・教科書が揃うと,言語が存続していく基盤が整ったと言われますが,まずは辞典が出来上がったわけです。

    小笠原に興味のある方々は是非!自然も文化も両方知ってみてください!

    南方新社HPから注文ができます。ご覧ください。

    http://www.nanpou.com/book/bok_145.html

  5. 匿名 より:

    いろんな本がでてるんですね。見てみたい〜!

    うちにはこんな本があります。

    ●「ひらけゆく小笠原」・・・小笠原村教育委員会

    ●「村民だより」縮小版 第1号-第52号 返還5周年記念・・・小笠原村

    返還当時の話や昔の小笠原村エピソードは結構面白いですよ。

  6. 匿名 より:

    はじめまして。「ダイバーダン」というハンドルネームにしています。小笠原の本に大変興味があります(笑)。このページに載っていない小笠原関係の本、CDのレビューを沢山見つけました。検索しても、小笠原諸島以外のもの(小笠原という名字や小笠原流など)が出てきますから、一覧をここに載せることにしました。これらをこの頁にリンクするもっとうまい方法があれば教えてください。

    闘魂 硫黄島―小笠原兵団参謀の回想

     http://mixi.jp/view_item.pl?id=608653

    小笠原諸島(自然音CD)

     http://mixi.jp/view_item.pl?id=599205

    好きです!小笠原―元気をチャージするごくらく島実況中継

     http://mixi.jp/view_item.pl?id=562825

    海洋の島~小笠原(CD)

     http://mixi.jp/view_item.pl?id=561366

    南の島の自然誌―沖縄と小笠原の海洋生物研究のフィールドから

     http://mixi.jp/view_item.pl?id=476293

    南の風が吹いていた三日月山の展望台―父と娘・小笠原紀行

     http://mixi.jp/view_item.pl?id=469773

    伊豆七島・小笠原

     http://mixi.jp/view_item.pl?id=457933

    東京都ガラパゴス―小笠原をゆく

     http://mixi.jp/view_item.pl?id=444762

    マッコウの海・小笠原

     http://mixi.jp/view_item.pl?id=442489

    イルカと泳ごう―LET’S SWIM WITH DOLPHINS

     http://mixi.jp/view_item.pl?id=391664

    記憶の島・小笠原

     http://mixi.jp/view_item.pl?id=252722

    好きになっちゃった小笠原―「また来よう」とココロに誓う極楽島・交友録

     http://mixi.jp/view_item.pl?id=248318

    小笠原クロニクル – 国境の揺れた島

     http://mixi.jp/view_item.pl?id=243063

    小笠原植物図譜

     http://mixi.jp/view_item.pl?id=77999

    小笠原自然観察ガイド

     http://mixi.jp/view_item.pl?id=77995

    小笠原の植物 フィールドガイド

     http://mixi.jp/view_item.pl?id=77992

    小笠原100の素顔〈2〉ドンガラ―もうひとつのガイドブック

     http://mixi.jp/view_item.pl?id=77988

    小笠原100の素顔〈1〉ボニン―もうひとつのガイドブック

     http://mixi.jp/view_item.pl?id=77985

    生地球小笠原―完全保存版小笠原全ガイド

     http://mixi.jp/view_item.pl?id=69302

    小笠原古謡集

     http://mixi.jp/view_item.pl?id=56265

    小笠原学ことはじめ―小笠原シリーズ〈1〉

     http://mixi.jp/view_item.pl?id=3192

  7. 匿名 より:

    小笠原シリーズの第4弾、阿部新著の『小笠原諸島における日本語の方言接触 方言形成と方言意識』が出ました。小笠原に住む人のアクセントや伝統方言語彙の使用を、メディアやネットワークといった社会学的要因、あるいはイメージといった心理学的要因との関係から分析している。小笠原には多数の方言が八丈や内地各地から入って来、交じり合った結果、小笠原にしかない独特な方言(専門用語で言えば「コイネ」)が新しく誕生したと論説している。

    http://www.nanpou.com/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です