マグノリア

とりあえず好きな映画のトピックを作ってみます。

みなさんもどんどん新しいトピックをたててください。

一作品、一トピックっていう感じで。

私の最初のおすすめは・・・

『マグノリア』

複数の登場人物がそれぞれのエピソードを展開していくのですが

心の描き方がすごくリアルです。

そう!そういう時ってこういう気持ちになるんだよなぁ!

っていうところをうまーくついてきます。

歌のシーンがまたいいんだよなあ・・・

まだ見ていないという人は是非!

人によって味わうポイントや感じることが

全然違う作品だと思うので他の方の感想も是非聞かせてください。

ぼくは特にトム・クルーズとその父親が

和解に至るまでのストーリーで涙が・・・

人気の記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. biju より:

    私もかなり好きでした。

    長すぎ!という批評はありましたが

    人物関係が微妙に交錯して

    そして最後にはちょっとだけ心がポッと温まる

    そんな映画でしたよ。

  2. より:

    これは最後のあの(・・)シーンが最高です。ネタバレになるから書けないが、こんな展開いいのか!?という。今までの葛藤も何もかもふきとばすオチだと思います。

    そういえば同じように○○○が○から○○てくるシーンがリュツク・ベッソンの映画にもありますよね〜。

  3. たつや より:

    当時DVD(アメリカ版)を買ったのですが、ディスクとかパッケージにオチのシーンが印刷されててショックでした。

    もーちょっと考えてくれよな〜

  4. TRiCKFiSH より:

    この映画を観て、トム・クルーズの凄さを知りました。自分からやらしてくれと名乗り出たんですよね、たしか。

    作品的にはアルトマンの『ショートカッツ』と似ているかな、と思いました。構造とか最後とか。

  5. 匿名 より:

    僕も大好きです。でも嫌いな人は大っ嫌いかもしれない。ヘヴィーなだけじゃなくてユーモアもあって、こういう映画があるから今でも米映画を見てしまう。知人にも紹介したところ、自分と重なるエピソードがあったそうで、気に入ってました。

  6. 匿名 より:

    個人的には「ショートカッツ」に似ているとも思わず…

    最後のシーンをひた隠しにする理由もないと考える。

    製作者側もそれをふまえてパッケージに載せたのでは?

    重要なのは、最後のシーンだけではないですから。

    最後に期待してみると、「な〜んだ、それだけ?」ってなっちゃいますよ。

    批判の声が上がるのは、そのせいもあるのでは?

    なんしか、私にとっては凄く大事な映画です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です