印象的なシーン

人気の記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. 生理痛に苦しむトリエラを、

    「その意気 その意気」と、

    ヘンリエッタが励ますシーンがなんか印象に残ってます。

  2. より:

    >繊細さん

     自分も最初アニメ見たときそのシーンにかなりの衝撃で印象 に残りました。

    自分的にはトリエラのマリオとのやり取りで「私が嫌いなのはあなたたちのような身勝手な大人全般なのさ」というシーンが印象に残ってます。トリエラがマリオを逃がすのを後ろで見ているヒルシャーさんもいいです。

  3. eve より:

    てか、面倒見の良いトリエラ最高です。(汗

  4. より:

    >eveさん

     確かに出てくるときは大体誰かの面倒見ているような・・・。

     あんな感じの先輩が欲しいです、本気でw

  5. FakeJames より:

    第九のシーンがなんか印象的。

    他人からみたら、使い捨ての殺人マシンとして使われる不幸な境遇なんだろうが、その中でのああいう幸せそうなシーンってのがすごい浮き彫りにされますな。

    まあこの漫画自体がそういう感じですが…

    あとは、生理痛で、「これも生きている実感だからガマンする」

    と苦笑いするトリエラがいいです。俺もがんばるか、って気になる。そこまで不幸な境遇じゃないけど(;´Д`)

  6. 「良い仕事というのは、小さな一つ一つのことを

    確実にやることの積み重ねだ」

    と言うシーンが少なくとも2箇所あった

    とても良い言葉だ

  7. シュガー より:

    はじめまして。

    クラエスとラバロの話の最後の場面が好きです。

    漫画とアニメの両方とも見て泣いてしまいましたよ。

  8. サンダー保 より:

    はじめまして。

    アニメのシチリアでの話ですが、フェルミ&ガブリエリがシチリアの別荘を訪ねた時、ヘンリエッタがいつもの癖(?)で腰のSIGに手をかけようとした所が一番印象的でした。

    それ以来、エルザの話は何度も見ています。

  9. はじめまして。

    一番印象に残ったのはアニメで出たエルザが持っていたラウーロの写真ですね。

    漫画に無いエピソードだったし、あんな切ない内容だったなんて衝撃的でした。

  10. >みちゅさん

    あ・・・私も同じですね〜〜

    あのラウーロが少しだけ写った写真を眺めているシーンが印象的でした

    先に漫画で結末を知っていたのですが・・・

    「あぁ。。。もう。。。胸が痛くてみてらんないよ!」って状態でアニメは見ました・・

    あぁ・・・エルザ・・

  11. シュガー より:

    冬コミの相田裕さんの同人誌には生前のエルザの話の

    ネームが載ってるのでもうホクホクです。

    全部自分で作ってたんですね〜。

  12. さんぷる より:

    やはり9話ですね。とくにエルザとヘンリエッタの狙撃シー

    ン。とくにBGMの音楽も合わせて最高ですな。

    自分も冬コミでガンスリ「ボツ原稿&9話ネーム集」手に入

    れました。アニメ9話が漫画であったらこういう構図になる

    のか、と納得しました。

    でもこのネームだけからあのシーンを作り出したアニメ

    スタッフに拍手。

  13. 渡辺 康平 より:

    初めまして。

    アニメ10話冒頭のエルザとラウーロの死体と鴉の羽根のシーン、モチーフが死体なんてとんでもないもんなのに恐ろしく幻想的で綺麗でした。

    BGMによる演出といいあのシーンだけは本当に何度も観返してはため息ついてます。

    昔ツインピークスのコピーで「世界一美しい死体」なんてのがあったなぁ、とか思い出したりして(笑)

  14. 渡辺 康平 より:

    同じく初めまして。今さっきから参加させていただきました(何

    印象に残ってるシーン…

    原作・アニメ共通なのがエルザの死のお話。

    ガブリエリに、『私を普通の女の子にしようとするんですね』の場面と自分に銃を打ち込もうとするヘンリエッタの場面。

    アニメ全話通しても、原作の今までの中でも最も印象に残ってる一番好きなシーンです。

    後はアニメ限定になりますけど、最終話

    アンジェがパスタのお話を聞きながら目を閉じていくシーン。

    結局あのあとアンジェはどうなったのか判りませんでしたが、あのシーンでは自然と涙が…

    感動度だけで言えば一番かと思います。

    という感じでした。

  15. 最新の より:

     ああ...アニメーション版で

    ジョゼとヘンリエッタがシチリアの別荘に到着した時のやり取りで

    「(一緒に来たという家族は)ジャンさんですか?」

    と尋ねるヘンリエッタに対して、ジョゼが言い淀むというか、

    なんとも妙な返答の仕方をすると思っていたら

    あそこでジョゼが言わなかった、言えなかったのは

    「妹と」ということなんですよね、きっと...

     コミックVol.4が出てから気が付くの我ながら遅すぎ!

    アニメーション版に高い評価を置いているくせに!!くそぉ。

    (ってそういやあ暫く見ていない気がするが)

     それにしても相変わらずなんと細やかな作り方なんだろう!アニメーション版は!

  16. 二級抹茶 より:

    はじめまして。私は1巻の第2話で、読み続けることが決まりました。

    リコの「良かった、動く。」が、切実な心の叫びとして聞こえてきます。

    アニメではシーンの描き方が違った記憶がありますが、いずれも印象深いです。

  17. こんにちは、たいじゅ@音森の館です。

     ガンスリは、正直切ないアニメだと思います。

    皆さんが書き込んでいるシーン、どれも俺は切なくて胸が苦しくなりました。

     個人的にはシチリアでのヘンリエッタがエルザの死の真相について語るシーン。

    エッタのジョゼへの愛がこんなにも・・・・・・。

     その他では5巻でのピノキオをようやく倒した、傷だらけのトリエラを無言で抱きしめるヒルシャーのシーン。

    100の言葉を並べるよりも何か伝わるものがあって胸にあついものがこみあげました。

     今度個人企画でオーディオボイスドラマを作る予定です。

    一応、公式HPの掲示版で書き込んだら削除もされずに掲載(確かあの掲示版はスタッフによって内容の確認をしてから掲載という流れ)されたので、『黙認』と受け取りました(苦笑)

     今は脚本を依頼している状態です。

    完成した時にはこちらでも報告します。

  18. 機能別ヘ より:

    しんみりとした台詞は

    クラエスとラバロ氏の最後の会話ですね。

    【命令じゃない、血の通った約束だ】

    この一言がとても思いやりのある言葉に思えました。

    そしてクラエスも過去を忘れてはいるけど、

    この約束はきちんと守っている。

    アニメの12話でクラエスが作戦行動をとる際に

    眼鏡を外すシーンが有りましたが、

    なるほど!と思いました。感動!!

  19. 初めまして!これから参加させてもらいます。以後お見知りおきを!

    僕が一番印象に残っているシーンは、ヘンリエッタがエルザの死因を語るところで、自分の目に銃を向けるシーンです。その後の「大丈夫…撃ちませんよ あなたに…こんなに良くしてもらってる私が 自殺するわけないじゃないですか」も、心臓バクバクデした…。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です