ゲーム理論って

人気の記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. げむJr. より:

    囚人のジレンマですね。

    囚人のジレンマにナッシュ均衡の概念が出てきます。

    ビューティフル・マインドで主人公であるナッシュが考え出したものがナッシュ均衡です。

    ナッシュ均衡を簡単に説明すると、もっと他にいい選択肢があるのに、悪い選択肢を選ぶ状態になってしまうというやつです。

  2. hikaru より:

    そうそう「囚人のジレンマ」です!

    最大リグレット最小化ってのは聞いたことないなあ〜

    誰か知ってます?

  3. げむJr. より:

    >最大リグレット最小化ってのは聞いたことないなあ〜

    調べてみました。

    リグレットが後悔とかって意味なんですが、この場合不満って感じで、最大不満最小化ってやつですね。

    つまり、xが選択肢でf(x)が結果の値とすると、

    min max f(x)

    って感じでしょうか。

  4. えいじ より:

    正解 > げむ

    てか、うちの研究室でそのへん知らんかったら

    もぐりやわな。。。俺はもぐりやから単語しか

    しらんけど。

  5. えいじ より:

    しかし、男子たるもの、最大リグレット最小化なぞと

    いうチマチマした考えではなく、一か八かで、最小

    はっぴー最大化を目指したいものであることだよ。

    俺がもし囚人なら、いきなりゲロするね。

    多分(わら

  6. げむJr. より:

    どうせなら、最大ハッピー最大化しないと(笑)

    ハイリスクハイリターンがやっぱいいですねぇ。

    と、ゲーム理論やってる者がゲーム理論を否定してみる…(´-ω-`)

  7. Mami_V3 より:

    なかなか,おもしろいことになってきましたね(笑

    でも,実際そのほうが人生楽しいと思います<ハイリスクハイリターン

    リスクなんか恐れてたら,つまんないや.

  8. だいちゃん より:

    はじめまして。

    経済学部出身なもんで

    ゲーム理論はちょっとだけかじりました・・

    いや実はいま主流になりつつあるようで・・

    まあ主流になるまえに卒業したのでよしとしましょう(笑。

    やっぱり

    ゲーム理論といえば

    囚人のジレンマです。

  9. げむJr. より:

    学問的な意味では、ゲーム理論には

    協力ゲーム

    非協力ゲーム

    の2つに大別されます。

    経済学部などで取り扱っているのは非協力ゲームがほとんで、

    囚人のジレンマなども非協力ゲームに属します。

    どちらも個人の利益を最大化しようとするのには変わりないのですが、

    そのアプローチが違いますね。

  10. だいちゃん より:

    なるほど。

    たしかに非協力ゲームだったきがします。

    ようするに協力すればよりよい結果が得られるのに

    情報が遮断されている状況では、(情報の不完全性?)

    自分も利益にしたがって行動すると

    全体としては、利益(効用でしたか)が

    協力したばあいにくらべて減ってしまう。

    という話のように記憶しています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です