今日のお題。ROUND22

人気の記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. J士郎 より:

    おれも配達していて

    お客がハンコを押して、ありがとさん

    と言った瞬間に入れ歯ポロリがあったぞよ(笑)

    もう笑いこらえるのに必死で涙出たもんだった(照)

    風呂あがりのねーちゃんが

    出てきてバスタオルがめくれて

    ポロリちうのもあったがな(照)

    しかし

    おれの場合、笑えるのは少なくて、目の前で

    電車にダイブしはった人とかそういう詳細に

    説明できん瞬間ばかりだ(汗)

  2. k より:

    うおっ!風呂あがりのねーちゃんがポロリというシチュエーションは、どこでYO!(照)まさか杉・・・。いや、何も言いますまい(照)

    電車ダイブを目の前で・・・。(汗)それもきついな

  3. やまさん より:

    祖父の入院してる病院の前で、自動車とバイクの側面衝突がありましたトサ

    バイクの人ははるか数メートル先へダイヴっ!

    一度はむくっ!と立ち上がるんですけど、そのままヘナヘナと座り込んでしまって・・・・以下割愛

    他には、走ってたバイクが突然すっころんで・・・以下割愛

    等などです(照)

  4. あすか より:

    はい、先生!ありすぎて何をかいていいのやらわかりません!

    大阪ってそんな街なのかもしれません!

  5. mhashi より:

    えっとね,ジェームス三木のお母さんに会ってね.

    おばあちゃんなんだけどさ,ベルトゆるくてズボンがストンと..

    あああ..

  6. k より:

    函館ほたてめぇん:

    割愛されてナニが何だかさっぱりわからん(笑)

    ちはさん:

    ハプニング続出な大阪の街って胸きゅん?(照)

    mhashiさん:

    ヂェームス三木のお母さんは今時の若者スタイルを取り入れて

    いるのかも(照)

    半分ズボンずりおろし〜(笑)

  7. mhashi より:

    全部なんだこれが..(遠い目

  8. あすか より:

    うん、よそで住みたくない位大阪の街は胸キュンラヴ☆

  9. k より:

    ぜ、全快ズボン落とし(笑)そりゃ最新のスタイルですなー(照)

  10. k より:

     学生のころ、自転車でふらふら走ってたらなんか交差点のとこに人垣ができてたんですよ。 救急車きてたんで事故かな?と思ってみてみたら人垣のまん中でうちのおかんが倒れておりましたとさ。 信号無視の小型車にすっとばされて、ボンネットの上にあがったから全治1ヶ月程度ですんだのですが。

  11. k より:

    初めましてm(__)m fruitscreamさん

    うわっ(汗)それは痛い(汗)まさか身内がそういう状態に

    なって目の前で見たらさぞかし混乱したのではないでしょう

    か?(汗)

    人って車にぶつかるときにボンネットの上に上がると一ヶ月

    程度の入院で済むものなんですか・・・。

    そーいえば映画のスタントマンもそんな感じですねぇ(汗)

  12. あすか より:

    事故と言えば小学2年生の時に車にひかれた事がある。

    右半身顔も含め擦り傷だらけで打撲、頭もおもいきりぶったけど

    病院で検査してもらったら頭にはなんの異常もなく。

    市の清掃車にぶつかったおかげで、

    どっちが悪いとも揉めないで費用は全部市が持った。

    明らかにおいらが悪いんだけどなー。

    あ、でも頭悪くなったのはあの事故が原因かもしれない!

  13. >k-stream さん  申し遅れましたが初めまして(_ _)

     ボンネットの弾力でぶつかった衝撃が吸収され、さらに転がり落ちて力が分散されるので速度(60km/hぐらいらしい)の割には驚くほど小さい被害ですみました。 これが車の下にもぐってしまうと車の重さがもろに体にかかるわ引きずられるわでそれどころじゃすまなくなります。 ちなみに自転車は踏みつぶされてあっさり全損でした。

     ちなみに、入院はしてないし、しばらく手が上がらなかった以外はほとんど無傷でしたよ。

     昔のことなので笑って話せますが、その時は足がくがく震えてましたよ(^-^;

  14. えっとお、眉毛そってたら

    突然鼻血がでてきて

    びっくりしてちょい眉毛そり落とした子とあります。

    それ見てた友達はいまだに

    その伝説を語ります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です