うわあビックリ!

人気の記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. まろん より:

    早川から文庫で出てるのを3冊持っているんですが、

    「どろぼう熊の惑星」は何度か再読しました。

    どの話がどう、というよりは、全体の異様な世界に

    ひたる楽しみというか、、、

    「地球礁」は以前本屋で悩んで結局買わず。

    長編を読んだことがないんですが、どんなもんでしょうか。

    かなり語りにくい作家ですよね。キリスト教ファンダ

    メンタリストだったというのは本当なんでしょうか。

    アメリカの田舎は奥が深い。。。

  2. まろん より:

    「地球礁」面白かったですよ。冗長とか適当とか感じる前に、

    冗長かつ適当に読むが吉。図書館で借りて読みました。

    ちなみにラファティを知ったきっかけは

    吾妻ひでお『不条理日記』「九百人のおばあさんとすれちがう」です。

  3. はしばし より:

    あははははは……

    すげー。それよんでないやあ。でも吾妻さん、そんなん書いてたんだ。不条理日記。

    すれちがったらヤだなあ。あのおばあさんたちとすれ違うってのは、ある意味つげさんの李さん一家みたいだもんなあ。

    まだまだ増えるって感じ。ほんとは九百人じゃなかった、とか。

    「地球礁」はもうそういうもんだと思ってダラダラつきあうと

    あの妙な世界が妙に肌にフィットしてくるんです。ってどういう説明だ???

  4. garth より:

    こんにちは

    『地球礁』お読みいただいてありがとうございます。

    国書刊行会の本ですが、まだその前の仕事も手を離れてなかったりしますんで

    出るのはまだ先ですかね〜

    すいません、どうか気長にお待ちいただければ……

  5. はしばし より:

    まさか、渋谷のhi-fi recordに出入りされてたり、しませんか?

    garthさん!

  6. はしばし より:

    っていうか、すいません、ご本人じゃあござんせんかっ。

    失礼いたしました。

    実はこのコミュ、ハイファイ・レコードに行ったらその刊行案内を見つけて、うあおおお、と驚いて作ったのでした。

  7. もけ より:

    100人超えましたね、おめでとうございます!

    すっごい今さらだったらすみません(warai)。

  8. はしばし より:

    いえいえ、ありがとー!!!!

    すんません、ダメ管理人で。

    もう勝手に話題でもりあがってくれてて結構なんですけどねえ。

    へへへ。

  9. もけ より:

    そろそろ、宇宙舟歌も聞こえてきそうな気が……?

  10. ハル より:

    (初読なにがよいかなあと思って書き込みをじろーり)

    『地球礁』がなんだか面白そうですね。

  11. 西山 より:

    『宇宙舟歌』、27日あたりに出ます。どうぞよろしく!(編集担当者より)

    「レイフェル・アロイシャス・ラファティの短篇をひとつでも読んだことのある真の読者ならば、言うまでもなく、彼こそが我らの中でもっとも独創的な作家だと知っているだろう。実を言えば、彼はただ我らの内だけでなく、文学の歴史においてもっとも独創的な作家なのだ」──ジーン・ウルフ

  12. 西山 より:

    あれ? てことはもう出てるんですね。

    『宇宙舟歌』

    やべっ、まだ店頭にあるかな。

  13. はじめまして。

    コミュニティトップの説明文なのですが、柳下さんの名前が間違っていると思います。正しくは「毅一郎」という漢字のはず。

    いま、ちょうど『地球舟歌』読んでいます。やっぱり最高です。できることなら、柳下さんにもっともっと長篇を訳してもらいたいものです。ぼくはラファティなら短篇より長篇が好きなので。短篇でも「カミロイ人」シリーズは大好きですが。

  14. はしばし より:

    あれ? 前にもいわれて直した気がしたのだが……

    と思ってみたら

    あららら、なおってないなあ。すんません。

    すまんのお。

    直しました。

  15. maimai より:

    はじめまして。

    先日『宇宙舟歌』を読み終えました。あーおもしろかった。

    で、思い立って検索してここに辿り着きました。

    というより、なぜ今までコミュを探すことに思い至らなかったのか。

    どうぞよろしく。

  16. もけ より:

    『宇宙舟歌』を読み返して楽しんでおります。

    スバラシ。

  17. より:

    次号のSFマガジンに

    ラファティ

    載るみたいですね

    Selenium Ghosts of the Glass Flower 浅倉久志訳

    とありました

    浅倉さん、この調子で ぜーんぶ訳しちゃってください本当

    スバラシきオジイちゃん

  18. Pom! より:

    『トマス・モアの大冒険』近日中に読み直します。

    初読時????だったでしたよ。

  19. CJ より:

    「SFが読みたい!」情報によると、今年、国書刊行会から、また「未来の文学」シリーズで『第四の館』という作品が出る予定のようです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です