“Pattern Recognition” が翻訳されるのを首を長くして待つスレ

http://www.williamgibsonbooks.com/books/pattern.asp

人気の記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. yaegashi より:

    ギブスンの原書はたしかにむずい。3 冊ほど持ってるけど、いきなり読むのは私にはやっぱり無理でした。でも翻訳読んだあとに原書読むとこれが実におもしろかったりする。

    Pattern Recognition は恥ずかしながら知らんかったんでリンク先をざっと読みましたが、”Google Damien and you will find a director of music videos and commercials.” とかいうくだりがあって早速はあはあしてきました(わら。ギブスンの中では google はすでに動詞か、みたいな。

    まさに今、我々が生活している世界をギブスンがどう描いているのか興味深いというか、いろいろつっこみどころがありそうで楽しみです。とりあえずペーパーバックをゲットしておくかのう。

  2. kamo より:

    http://www.kadokawa.co.jp/book/bk_search.php?pcd=200211000143

    実は、もう訳書が発売されてるみたいです…

    こないだペーパーバックで買ってぼちぼち読み終わるところだったんですが、終わったらこっちも読もうかな。

  3. yaegashi より:

    あ、そういやもうでてたのか。買うか。

    あれからネット上の書評とかざっと見たんだけど、ギブスンの技術ヲンチっぷりが痛い作品らしい(わら。まあやっぱり、そのへんにツッコミいれながら読むのが正しい作品みたいで。

  4. もけ より:

    どうも、はじめまして。

    『パターン・レコグニション』は、フッテージについては

    面白く読みました。

    原書でいうと、『ニューロマンサー』は、けっこう読みやすかった

    おぼえがあります。

    yaegashiさんの書いている、翻訳を読んだあとに原書を読むと

    面白いというのは同感ですね。

    『ニューロマンサー』が大好きだけれど英語は苦手という

    知り合いに原書を貸したら、とても面白がって読んでいました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です