鏡の国のアリス

人気の記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. ubu@FreeTibet より:

    確かに難解な印象ありますね。チェスを知らないと解りにくいかも。

    「不思議の国・・・」以上に日本語訳が難しいんじゃないかっていう気もしてます。言葉遊びが、「不思議の国・・・」より多くて複雑そうだし。

  2. 私も「不思議の国」よりは「鏡」の方が難しく思いました。

    翻訳って難しいのでしょうけど、

    原文に忠実な本は多く出ているから、

    少々おおざっぱでも、現代日本の口語に近いアリスの本が出ても

    良いのでは?!と思いますね。

    私がアリスを好きになったのは小学生の頃だったけど、

    日本語自体が難しく、

    どちらかというと、テニエルの絵に惹かれたのが最初だった気が

    します。

    後から内容も好きになったという感じ(笑)

    実際、アリスの物語に含まれる教訓は

    大人になってからの方が、「だよなぁ〜」と頷くところが

    多いかもと、最近よく深々思います。

  3. はじめまして〜

    実は私は「鏡の〜」のほうが好きだったり。

    難解かぁ・・・そうか〜・・・。

    その難解さが好きなのかしら・・???

  4. 私は謎々っぽいボードゲーム的な鏡の方が

    とんち小話やミステリ好きだったせいか

    ルールがはっきりしててわかりやすくて

    不思議の国の方が叙情的でわかり難かったです。

    子供の頃チェスで遊んでたせいかな?

  5. こんにちは。

    私も「鏡の〜」の方が好きですね。

    物語にいろんなギミックが仕込まれていて、子供心に

    すっごく楽しかった覚えがあります。

    ただ、皆さん御指摘のように「鏡の〜」を楽しむ為には

    チェスのルールを知っているっていうのが結構重要かも

    しれませんね。ルールを知らないと、あまりにも

    意味不明な展開ばっかりになっちゃうし。

    (その不条理感が良いって言う人もいるみたいですが。笑。)

  6. みるみる より:

    私もどちらかといえば”鏡の国〜”のほうが好きです。

    lucreziaさんのおっしゃる通り

    展開がはっきりしていて

    状況が思い浮かびやすい感じです。

    ”不思議の国〜”ももちろん色々想像して楽しいんですが

    ”鏡”のほうが登場人物が多いのも魅力的!

    アリスの解説本も色々出ているようなので

    併せて御覧になったらもっと深く楽しめるかもですよ。

    お勧めは別スレッドにも書いているのですが

    「アリスのティーパーティー 」という本です。

    (絶版なのですが)

  7. けんたこ より:

    こんにちは、はじめましてー。

    「不思議の国」と「鏡の国」を比べた場合、鏡の方が物語り全体でまとまっていますよね。私も「どっち?」と聞かれれば鏡の方を答えますよ。キャラクターも鏡のほうが上手く生きている感じもします。チェスを知っていればあとあと「へぇー」って感じでアリスの行動を追うことができるのも面白いです。

    lucreziaさんと同じように、私も不思議は叙情的で、鏡は理屈っぽい作りになっていると感じます。

    ……こんな昔の話題にレス付けても良かったかしら。

  8. やゆっけ より:

    こんにちは。

    うちも「鏡」の方がお話としてはまとまっていると思います。

    でも、「不思議」の方がアリスっぽいなあとおもうのです。

    だからと言う訳じゃないけどうちは不思議の国の方が好きです。。

  9. けんたこ より:

    ゆっけさん、こんにちは。

    そうだ。アリスっぽい……というかアリスの描写が

    かわいらしいのは「不思議」の方ですよね!(笑)

    「鏡」は「不思議」の6ヶ月後(1年後?)の話なのに

    アリスが随分と大人らしくなっていた気がします。

    というか「不思議」のアリスは家に帰れるか、ということをすごく心配していたのに「鏡」ではあまりそういう描写ないですよね。

    ……あれ?ありましたっけ?

    いずれ元に戻れることを理解していているアリス、という印象があるのですが……

    いま手元に本があるわけでもなく、

    実際最後に読んだのは数年前なので、

    勘違いというか妄想入っているかもしれません(苦笑)

    なんかそういう雰囲気の台詞があったような気がするんですけど……。

    アリス自身に感情移入して楽しいのは「不思議」の方なのかなぁ、とふと思ってみます。

  10. usako より:

    はじめまして。

    私は鏡の国のアリスが大好きです。

    もちろん不思議の国のほうも好きですが。

    チェスの駒が生き生きと動いているさまが

    面白くって。私も駒になってアリスの世界を

    動き回りたいと思ってしまいました。

    トランプよりもチェスのほうが大人っぽい

    ような感じもして、内容的にもアリスが成長

    したのを感じる素敵な続編だと思います。

  11. より:

    はじめまして!

    わたしは今19歳なのですが、小さい頃、鏡の国のアリスの実写版をBSで見た記憶があります。

    もう一度あれを見たくて、98年に発売されたDVDを買ったんですが、それではなかったみたいなんです。

    もっと昔に作られた映画みたいで、今必死に探しています。

    わたしも鏡の国の方が好きなので、早く見たいです・・。

  12. より:

    >ぶっぴーさん

    わたしもあれさがしてます。

    これじゃないですか?

    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/6303212301/ref%3Dlm%5Flb%5F6/250-4522108-6961008

    よくここチェックするんですが、ずーーーっと品切れ。

    そのBSで放送したのを録画して持ってたんですけど、あまりにみすぎてテープ切れちゃった(号泣)

    カメモドキ(なんとリンゴスター!)のシーンがとくに大好きで、そこだけ画像が悪くなっちゃってました。それぐらい大好きだったんです。

    だれか入手方法ご存知の方いませんかー?

    または切れたビデオテープの直し方。

  13. より:

    連投すみません。改めてはじめまして。

    上の昔の実写アリスは、前編、後編で不思議〜、鏡〜て構成だったと思います。

    世界的にみると不思議〜の方が、ルイス・キャロルが純粋に子どもに話して聞かせた叙情的で夢溢れる作品てことで評価が高いみたいです。

    でも私はひねくれた子どもだったので、多少理屈っぽい鏡〜のが好きだったかな。つじつまが合うのは大きくなってからでしたが。もちろん不思議〜も好き。

    ライオンとユニコーンとか。あのプラムケーキをアリスが切った、と思ったらすぐくっついちゃう時の音とか。ポぺ。みたいな。

    やばい、はやくもマニアックな発言を…すみません。

    ※実写アリスの内容で話してます。名前とか違ってもあしからず…私の中のアリスはあれなんです。

    だ、だれか!わかる人いませんか〜??

  14. ゆきめ より:

    アリスがすきでいろんな本を調べているのですが、鏡の国はルイス・キャロルとアリスが別れなければならない状況だったために、少し寂しい終わり方になっているのだそうです。白の騎士はキャロル自身という話もあるので、それを踏まえて読むと別れを惜しむキャロルが垣間見える気がします。関連本を併せて読むとより一層楽しめる作品だと思います*

  15. ジョナ。 より:

    はじめまして。

    私も鏡の国のアリス大好きです!

    ゆきめさんおっしゃってる様に、ちょっと関連したお話を知ってるとより切なくて良いです。。。

    私が最初に読んだのは生野幸吉さんが訳したものだったのですが、最初と最後についてる詩の雰囲気がたまらなく好きです。

    「子供達は眠っている 滅び去る夏の傍らで」

    「金色の流れにためらいながら」

    「人の世は夢にあらずや?」

    (うろ覚えですが)など、きれいで去っていったとしても残るものが良く表れてる詩だと思います。切ない!あれがあるからなお好きです…!

    チェスのルールを知らなくても楽しめると思いますよ^^

  16. ユベア☆ より:

    はじめまして☆

    私もどちらかと言えば『鏡の国の〜』の方が好きです。

    『不思議の国の〜』よりも『鏡の国の〜』の方が内容がすんなりと自分の中に入っていけたような感じがします。

    それに、『鏡の国の〜』の方がテニエルのアリスが可愛く描かれているのがまた好きな理由なんですけれども☆

    こんな私ですが、どうぞよろしくお願いいたしますw

  17. 闇黒堂 より:

    「鏡の国のアリス」の方が英語以外の言葉に訳しやすいというのもあって「鏡〜」のほうが面白いと感じる部分もあるのではないでしょうか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です