右脳開発

人気の記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. 泰秀 より:

    クッシュボールが一番手軽ですかね。

    こんなの。

    http://www.learningevolution.jp/goods1.html

    100円ショップで単色のやつは売ってます。

    これをもてあそんでいると脳が活性化します。

    あと、指回し健康法

    http://www.jujo-ginza.com/mm6/yubimawashi.html

    ↑こんなので

    http://www.srs21.com/fingers/

    ↑こんな効果があります。

    とりあえず、本当にお手軽なところで「手を刺激する」って方法です。

    けっこう効果あります。煮詰まったときとかは、手を動かすと解決します。

    あとは、ジョギングとかも結構効果的。

    私は煮詰まったときはよくジョギングします。

    だんだん頭がぼーっとしてきて、考えが浮かび始めます。

  2. C より:

    なるほど!指回し法はどっかで聞いたことがあります。それにしてもお手軽かつ多大な効果ですねぇ(笑)。やってみます♪

    クッシュボールも楽しそうなので捜してみます。

    情報ありがとうございます。

    左手の指を活動させることで右脳への刺激が送られて活性化するということも聞いたことがありますが、キーワードは「指」だったのですね。

    右脳が活発に活動すると、イメージ力が強まるってのはどうなんでしょう?よく聞く内容ですが、正しいのでしょうか?

  3. 泰秀 より:

    右脳はイメージ力、左脳が言語力を司る、と言われていますね。

    http://www.sokunou.com/sunshine_forum/kyouiku-21seiki005.htm

    ロジャー・スペリーという人が分割脳研究(左脳と右脳では働きが違うのではないか、と言う研究)の先駆けで、ノーベル賞を受賞しています。

    まぁ、実際には「右」と「左」できっちり分けられるわけではないようですが、イメージ処理部分が右側に偏っているのは事実のようです。

    右脳はイメージ脳なので、処理能力が言語脳にくらべて段違いに高いのです。それはパソコンでも文字情報より画像情報のほうがデータ量が多いですよね? より多量の情報を処理するため、情報処理能力がとても高いのです。

    ・見たものを全部覚えてしまう

    ・速読

    なんてのはすべて、イメージ脳の高度な情報処理能力を使っています。

    では、言語脳(左脳)は単に処理能力が低いだけかというと、実は言語脳とイメージ脳は働きが違うのです。

    イメージ脳はどちらかと言えば無意識です。論理的思考は行いません。なんでも情報を処理するだけ、潜在意識と呼ばれるものです。

    そして、言語脳は意識。論理的な思考を担当します。我々が「自己」と考えているものは、この論理的思考そのものですよね。

    そして、イメージ脳が集めた膨大な情報はそのままでは言語脳で処理できないので、記憶を司る部位である「海馬」が、情報の取捨選択をして言語脳に情報を渡します。

    海馬は本屋の店員だと思っていただければよいでしょうか。

    テーマ、作者ごとに本(情報)を分類し、よく売れるもの(よく思い出すもの、何度も見たもの)は目立つところに置く。逆に、ぜんぜん売れないもの(使われない情報)は倉庫にしまい、返品する。これが海馬の働きです。

    なお、右脳型人間、左脳型人間なんていいますが、あれはどちらが優位か、と言うことです。

    右脳型か左脳型のチェック見つけました。

    http://www.iodata.net/sohot/enjoy/check/check2.htm

  4. C より:

    イメージ脳が集めた情報は海馬で取捨選択されて、厳選された情報が左脳に渡されるわけですね。

    右脳の発達を促すというのはイメージの収集能力の増加につながると思いますけど、例えば、結局海馬が左脳への伝達を止めてしまうなんてことにはならないのですかね?その場合、右脳の発達にはどんな効果が出てくるのかなぁと、ふと思いました。

    それとも右脳で収集したイメージが強ければ強いほど、海馬から左脳に伝達される情報の量も増えるものなんでしょうか?

    質問ばかりですみませぬ。。

    右脳型、左脳型チェック、面白そうですので試してみます♪

    んでまた報告します。

  5. 泰秀 より:

    イメージ脳には大量のデータがあります。

    言語脳が処理できる領域はわずか、なので、海馬がその取捨選択をするのですが、右脳の発達を促す、というのは、実は右脳から左脳への受け渡しをスムーズにする、ということも大きな焦点なのです。

    右脳は、放っておいてもさまざまな力を発揮しています。

    記憶力、イメージ力。

    それらを、いかに左脳に引き出すか、という訓練が右脳開発の真髄です。

    たとえば速読、速読はイメージ脳を使って読みます。

    言語を読むのではなく、言語を視覚情報として直接右脳へ送り込み、右脳がストーリーに整理したものをあとで海馬が整理し、左脳が受け取る、というわけです。

    ここでは、右脳に効率よくストーリー化させるための方法、海馬に必要な情報をすぐに取り出させる方法を訓練するわけです。

    情報の量、というよりも、情報の質、伝達の方法が変わるのですね。

    たとえば1時間テレビを見るとして、ずっと興味のないCM、あるいはつまらない番組を見ているのと、すごく知りたいこと、ドキュメンタリーなどを見るのと、両方おなじ1時間ですが、役に立つ度合いは大きく違います。

    いかに、「そのとき知りたい情報」を効率よく、濃密に取り出せるか、という方法が右脳開発と言われているものです。

    ・・・と、これが私の理解です。

    間違い等があったら指摘してくださいね。

  6. C より:

    量よりも質。なるほど。右脳開発で右脳から左脳への情報伝達の在り様が変わってくるわけですね。

    前に「脳と心」で沖縄のユタ(民間信仰における霊能力者みたいな人)の脳波を図っているのを見たのですが、最初の儀式で拍子をとって歌っていた時は右脳が活発だったのに、いざユタ事(カウンセリングみたいなもの?)を行う時には右脳、左脳とも非常に活発に働いていたんです。

    右脳で得た言語以外の情報を左脳に運んで言語化したり、言葉から得た情報を右脳にてイメージ化したりしてたんですけど、果たしてどうやったらこのようなスムーズな右脳左脳の情報伝達がなせるようになるのだろう、と思っていたんです。

    右脳のみを開発しても美術や音楽的な能力には繋がるかもしれないけど、それだけだと右脳だけが活発になるだけじゃないかなぁと思ってたんですね。

    まぁユタの人の場合は先天的な要素とかも強く関わっているのかもしれないんですが、右脳開発で情報伝達がスムーズにいくようになるのであれば、後天的にそれに近い状態に持っていくことはできるかもしれませんね。かなり遠い道のりでしょうけど。。

    いや、別にユタになりたいわけではないんですが(^^;

    とりあえず地道に指回し運動とか続けてみます。

    ちなみに右脳左脳チェックでは「中間型人間」と判断されました、、、面白みの無い脳ですw

  7. 一心 より:

    私、フォトリーディング

    息子、七田式

    ちなみに2人とも修得には程遠い状態

  8. まちこ より:

    周辺視野トレはいつでもできて便利ですよ。

    ただ目が疲れる。

  9. まちこ より:

    七田さんの本に付いていたオレンジカードを使ってトレーニングをしてみました。

    しかし一ヶ月たっても変化が見られず、時間の無駄だなと思い投げ出してしまいました。

    七田式トレーニングは本当に効果があるのでしょうか??

  10. まちこ より:

    今度七田チャイルドアカデミー京都駅前校をうけますので、オレンジカードについて、伺ってみます。。。

    出身地である愛知では二次面接うかったのですが、歳もとってきましたので(笑)今回大丈夫かな・・・と正直自信はありませんが。

  11. おーとも より:

    オレンジカード単独より自律訓練と組み合わせたほうが効果は高いと思います。右脳はリラックス状態じゃないと機能しないと本にも

    書いてますし。

  12. おーとも より:

    はじめまして。

    右脳開発で一番大事なのは呼吸法で、脳波をきちんとβから、α、更にシータ波に変えてから取り組むことです。右脳は脳波がシータであるときにより活発になり、能力が発揮されます。

    呼吸はまず、細く長く吐き、古い空気、気持ちを全部出す。それから深く吸う、を最低3回行います。これでβからαに移行します。それからイメージトレーニングを行い、シータまで落とすのです。右脳開発の取り組みはそれからです。

    オレンジカードはイメトレの初歩です。

    まず見て目を瞑った後、色が反転せずに見えるようになったら、青い○の色、形、大きさ、数などをイメージで変えていきます。

    自由自在にイメージできるようになるためのトレーニングです。

    スポーツや音楽、自己治癒などに応用できます。

    脳はイメージで達成したものと体で習得したものを区別しません。例えば、アスリートでしたら、競技を終え、表彰台に立った(完了形)までをイメトレします。一度達成しているので、本番はそれの再現に過ぎません。

    記憶回路を左脳から右脳に移行させるためのトレーニングに「完全記憶法」というものがあります。「暗唱」したものを「加速訓練」するのです。加速訓練することにより、右脳記憶回路が確実なものとなっていきます。

    #1000ペグ法:1000個の名詞を並んだ順で記憶していく。

    大人でも一日に100近く覚えられます。最初の50は少々大変かもしれないですが、その先は断然楽になります。今日本の七田式のお子さんで最高記録3分です。完全記憶すると、間違えずに、言う速度を自由自在に返られます。

    #自分の好きな現代文、古典等を覚える

    同じく、暗唱、加速訓練。

    暗唱するときの心がけとして、

    目耳口、同時進行の「怠け者学習法」

    3つの感覚をフルに活用することによって、無意識のうちに体が覚えてくれます。一番簡単で効率がよい方法です。多言語を習得するにもいいです。

    4倍速CDを聞きながら文字を目で追って、耳が慣れてきたら自分で言えるようになります。4,3,2倍速と聞いていき、通常の速さになったときには問題なくCDと一緒に言えるようになっている。というトレーニング法です。(市販のCDは反対の順序になっている場合が多いので、私は自分で編集しています)

    よろしかったら、是非お試しください。

  13. なんといっても、珠算型暗算。計算する時は右脳を使いますが、それを最終的に数字に落とし込むときに左脳も使うと思います。

    ちなみに、以下は「フラッシュ暗算」と呼ばれるもの

    http://www.soroban.com/fanzan/index.html

    http://www.japanmatrix.com/anzan/

  14. ノート より:

    指回し体操などはいかがでしょうか? 簡単にできるものだと思います あと太陽視ですね 太陽を長時間見るだけです  いいものだといわれていますがどうでしょうか? 

  15. Faith より:

    はじめまして
    瞑想時にビジョンが見えていじれるんですが
    イメージングと同じものかよく分かりません。

    マンダラカードを凝視した後
    その配列をビジョンで思い出す事は出来るんですが
    まぶたの裏に焼き付くという感じでもなく鮮明さにも欠けています。
    カードで練習すれば
    きちんとまぶたに映るようになるのでしょうか?

    また、イメージングができるようになってから速読ができるようになるまでどのぐらい訓練いりますか?
    一概には言えないと思いますがなにか目安みたいなものがありましたら教えてください。
    <m(__)m>

  16. Faith より:

    ありがとうございます
    想像とイメージの違いよく分かりました!

    速読はやはりなかなか出来ないものなんですね
    めくり方からして難しいです(笑)

    大人は難しい・・
    そうですね。でも
    特殊な方法で右脳を開発する方法が個人的に思い当たるのでがんばってみようと思います。

  17. Faith より:

    申し訳ありません、

    都合により、Faithの書込みは削除いたしました。

    私の書込みにより、ご迷惑をおかけした方々に

    心よりお詫び申し上げます。

     

  18. ソーラ  より:

    左手を使うように心がけるとイイみたいですよ。

  19. ソーラ  より:

    だんだんとイメージが見えるようになってきたのですがまだ道のりは長いようです。コツコツがんばっていきたいと思います。

  20. 中村 より:

    私は、なぜか、小さい時から般若心経を唱えております。

    右脳革命の本を読んだら、般若心経には、右脳を開く不思議な霊力があるようですと書かれていました。

    ありがとうございます。感謝します。

  21. 健探人 より:

    ノートさん、太陽を長時間直視してはいけません。

    確実に目を悪くします。何で誰も指摘しないのか不思議ですが。

    皆さん、絶対ダメです。 それを薦めている本もありません。

    「ちょっと」見るだけです。

    絶対長時間なんてやめましょう。

  22. はじめまして。こんにちは。

    >>泰秀さん。

    「指回し健康法」に挑戦してみました。見るのとするのとでは大違いで、簡単そうなのに実際にやると全然うまくいかなくてかなり悔しかったです。説明の方に「最低各指20回以上」とあるのでクルクル何度もやりなおしながらいちおう全部の指を回し終わりました。親指から中指までは感覚をつかむと失敗しながらも、早く回したりできるようになりクリアできるのですが薬指と小指で20分以上かかっていました。それもどちらも偶然20回を超えたようなもので、これからが思いやられますが「能力開発」の前に「やりきった達成感」で今は良い気持ちです。

    今の状態では時間がかかりすぎるのが難点ですが、これから毎日やってみようと思います。ありがとうございます。

    >>中村天音さん。

    私も経文を小さい頃におばあちゃんから教えられ、それを唱えるようにしていたらそれなりに記憶力が向上した経験があります。不思議な力もあるでしょうし、子供の時では文字の意味が理解できないながらもそれをそのまま覚えると言うところに記憶力向上の何かがあるのだと思っています。

    無意味な文字の羅列はほとんど覚えられないと言いますがそれを覚える訓練をすることでも派生効果があるのかもしれませんね。

  23. リーユエン より:

    はじめまして

    >>中村天音さん

    >>笹岡如月さん

    般若心経を音読することですが、何でも言葉に出すことで脳の記憶回路に振動による刺激を与え、右脳の記憶力が強化されるそうです。

    また、この理論を進めると老人になってから外国語の会話を勉強することは普段使わない言葉を発することで別の刺激を脳に与えボケ防止になるそうです。

    以上、出典は【七田式超右脳トレーニング】からでした。

  24. ななえ より:

    脳に刺激を与える方法はたくさんあると 思います。

    ただ それを 楽しく取り入れることができるカリキュラムを

    今 思案中なんです〜〜

    私は 速読教室を大阪の本町でしております。

    来月からは 東京でも 始める予定です。

    今から 速読教室を始めるにあたりまして・・・

    新しい感覚の教室をしていこうと はりきっております。

    いろんなご縁で 素質論のオーナーや 財団法人 ○○○ のコーチングトレーナーや 英会話○○○の取締役の方々と 関わり合いながら(無理をいいながら・・^^)

    脳の鍛え方・・・に速読だけならず 情報集めています^^

  25. 時にはアタマ(マインド)を休めてカラダを使うこと。

    カラダの中心軸をしっかり意識して使う。

    無駄な力を抜いて、カラダの感覚にひたすら潜ってゆくと外界への感覚も広々してきます。

    とても気持ち良い状態で右脳が活性化してきます。

  26. ななえ より:

    明龍さん

    なんか ヨガ・・・って感じです。

    私はヨガ家族で育っていまして・・・

    いつも 健康を意識する習慣を持っています。

    断食も予定しています^^

    体と精神と脳は 連動してますものね。

  27. 麒麟の友☆ より:

    臼井靈氣療法の伝授をすると大脳・小脳・脳幹・脊椎が活性されます。脳全体と体のバランスを整えることで、閃きや記憶など日々の出来事において様々な生活の向上に発見を見ます。

    日本古来からの技法ですが、現代の日本では忘れられていた日本人の英知で、現在の世界には600万人の実践がいるとも言われています(宗教ではありません)

    開発というより元々ある能力を目覚めさせるような感じかもしれません。靈氣は人間を地球に素直な生き物であったことを気が付かせる愛のエネルギーでもあります。

    伝授は自分では行わないので「簡単」なのですが、お金がかかります。お金がかかると言った途端に胡散臭いと思われるかたもおられると思いますが、例えると神社にお賽銭を出すように、ありがとう♪という気持ちの表れです。金額は世界でピンキリで無料の所もあります。これだけ世界に広がると様々な流派に分かれています。

    アメリカや世界ではReiki、日本では靈氣・レイキで検索するとそうとうヒットするので、お調べ頂けます。

  28. >>クリリンさん

    そうだったんですか。声に出すのは良いことなんですね。これからも続けていこうと思います。

  29. 機能別ヘ より:

    <ななえさん

    素人の僕でも明日からできるような速読のやり方教えて欲しいです!!

  30. はじめまして。

    私も右脳開発初心者です。

    七田式とかとても興味がありますが、

    やはりまずは呼吸法なのでしょうか?

    腹式呼吸がいいと聞きますが、

    たとえばヨガだと鼻呼吸をするように言われますが、

    長年フルートをやっていたせいで、

    どうも口で呼吸をする癖があります。

    難しいです…。

    知らないことがたくさんありますので、

    右脳の鍛え方をいろいろ教えてください。

    よろしくお願いいたします。

  31. はじめまして

    僕は 携帯電話のメールを左手でうっています。

    それだけでだいぶ右脳への刺激になるそうです。

  32. 我が家では子供が胎児の頃から、モーツァルトをかけ続けてます。

    自宅に誰もいない時もかけ続けてます。

    昨年の12月30日から1月4日まで家を空けていたのですが、モーツァルトはかけ続けました。

    右脳を開発する手法は無数にあり、私も瞑想等をしておりますが、最も簡単なものがモーツァルトをかけ続けることだと思います。

    どんなに素晴らしい効果が期待できても、何年も、できれば一生できるぐらい簡単ではないと、良き思い出になる可能性が高いと感じております。

    こだわると波動調整したモーツァルトや、高速モーツァルトなど色々なものがありますが、ごくごく普通に販売されているもので十分だと思いますよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です