印象に残るシーンや言葉たち

人気の記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. どうもっ、はじめまして

    思い出に残る台詞は…

    『strawberry shortcakes』のP260の3コマ目からの台詞が良いですね。

    [感想]

    確かにそりゃそうだ と思ったから

    「南瓜とマヨネーズ」再販してましたね・・・

  2. ヴル中野 より:

    はぎおぉぉすきだよぉってとこ

  3. より:

    心が強くありますように。

    『strawberry shortcakes』

  4. より:

    「南瓜とマヨネーズ」の最後。

    わたしたちの このありふれた平凡は

    本当はとてもこわれやすくて

    なくさないことは奇跡

    本当にそうだと思います。

  5. SINJI より:

    【ラブリー】

    「こないだ表参道ですれちがった女」

    「こないだクラブでやった男」

    俺もこのときの台詞&女の子の表情は大好きです。

    【青色が遺したものへ】

    台詞ではないけど・・・

    最後の一コマの切ない春の感じがたまらなく良い!

    なんていうかもはや憧れですねあの感じは・・・

  6. ナツロウ より:

    「water water]

    君の「water]が耳について離れないよ。

    かな。

    何時までも昔の人の声がみみにこびりついて離れない

    切ない感じ。

  7. ナツロウ より:

    今自分の記憶で書いているので曖昧ですが、

    たしか「短編集」のはじめの女の子がCDを聴いて泣いてるシーンにあった言葉がスゴイ好きです。

    「君に今はいない好きな人っていうのができて」とか

    「泣いた顔の方がいいと思ったけど見せてあげないよ」とか

    そんな感じだったと思うのですが。

    好きなくせにウロオボエ…ごめんなさい。

  8. ミホ より:

    はじめまして。初参加&初書きこみです。

    台詞ではないかもしれないんですけど。

    「はじめてのものに」から

    セックスなんかしたって

    気持ちが苦しくなるだけだって

    わかってるけど

    だけど

    好きなひとの

    体温の心地よさを

    あたしは知っている

    それだけだからつらいけど

    それさえあれば

    それだけだっていい

    同じような気持ちになった時に思い出して

    涙が出たことがあります。

  9. ミホ より:

    ↑なおたんさんの書き込みを見て。

    あたしは「はじめてのものに」読んだことがないのですが、

    今、とても心に響いてきました。。。

    明日、この本を探してこようと思います。

  10. ミオ より:

    こんにちは、初めまして。

    長谷川睦紀と申します。

    29歳、独身です。

    小説家志望です。

    魚喃さんの本に出会ったのは、友人のすすめ。

    その中でも、印象的なシーンや言葉をあげるなら、「南瓜〜」の、美穂が

    「せいちゃーん」

    って頭に手をやり、そして、

    「んー」

    とせいちゃんが返事するところ。

    いとおしいです。

    何気ないことだけど、ただ名前を呼びたかっただけ、声を聞きたかっただけ・・・そういうことって、いとおしい。

    あと、お水友達のリカちゃんが、何気に美穂ちゃんに優しいところ。

    「べつに・・・かばったわけじゃないから」

    の台詞のときのリカちゃん、かわいいじゃないですか。

    口ではつんけん言ったりするけど、その言葉の裏にカノジョの優しさを感じます。

    本当に、どうしてハギオはこんな素敵な子を捨てたんでしょうか。

    まあ、ハギオといても不幸になるだけだと思うけどさ。

    町を歩いていると、カップルはみんな笑顔で幸せそうに歩いてるね。

    でも、ホントに幸せなのかだなんて、結局二人にしかわらかないことであって(昔の浜崎あゆみの曲みたいだ)。

    この本読んでると、いつ壊れてもおかしくない、危ういバランスの二人がなんて多いことか。

    今日すれ違った「ふたり」も、部屋に戻ったとき、どんな喜怒哀楽が待っているのかな。

    あと、追記するなら、「ストとベリー」の、ラストの菊池くん。

    「わたしが死んだら悲しむ?」の質問に答える辺りの表情がたまらないです。

    胸にぐっときました。

    魚喃さんのように、ありふれた、いかにも日常というか生活というか、その中でのちょっとした心を書けるようになりたいな・・・。

  11. こてつ より:

    睦紀と同じで「南瓜とマヨネーズ」。

    特に後半ストーリー。

    経済的にもの美穂に依存してたせいちゃんが、そういう自分がやになって一度は美穂の元を離れ、ストーリーの最後に自分の作った作品をもって戻ってくるシーンが好きだった。

    この本を読んだ直前、付き合っていた人と似たような状況で別れたのですが、彼もせいちゃんみたいに、仕事で大成功までまだしてなくってもちょっとでも成果がでたらまた会えるかもって希望を持たせてくれました。

    現実は違いましたケド。。。

    でもそのとき前向きな気持ちになれたのはこの本のおかげです。

    ささやかな希望を彷彿させるようなエンディングの描き方が

    とっても好きです。

  12. こばひ より:

    はじめまして。印象に残っている言葉で第一に挙げたいのは

    「コスタリカ アミーゴ ハプン!!!」

    です。ハルチンの寝言です。本人必死の形相でこの奇怪な言葉を発しているのが、またなおさら可笑しいのです。

  13. tsuyueri☆ より:

    はじまましてです。

    「ストロベリ〜」のOLのちひろちゃんの心の声。

    「こんな始まりでもいつかこの人こと大好きて思う日がくるんだろうか?」

    みたいなやつ。何となく淋しくて何となく付き合っちゃたりとか、誰かに必要に

    して欲しいとか、そんな感じがリアルに感じられて大好きとゆうか共感した

  14. tsuyueri☆ より:

    はじめまして♪ツユエリです。

    あたしも、ハルチン大好きです♪

    なんとなく共感をおぼえる。

    お金がないのに我慢できずに洋服買っちゃうとことか、

    夢ばっか見てるとことか、思いつきで梅干大量に買っちゃうとことか…

  15. ♦Nya♦ より:

    こん♪

    あたしは ハルチン の コスタリカアミーゴハップン

    がだいすきです。

  16. ♦Nya♦ より:

    初めまして。

    魚喃キリコさんの作品は色々読みましたが、実は全部立ち読みです。

    私は<blue>の、学校の裏の海に行くシーンが好きです。あれは鎌倉あたりなのでしょうかね?近くに海のある学校にとても憧れた事を覚えています。

  17. ♦Nya♦ より:

    はじめまして〜。

    blueの舞台は、たしか新潟だったかと思います。セリフにもちょっとだけ、方言が出ていたような。あやふやな記憶でゴメンなさい。ああいう海で、お友達と色々なことを喋ってみたかったなぁと思います。

  18. ♦Nya♦ より:

    はじめまして。

    「STRAWBERRY〜」の中、帯にも使われてた言葉ですけど

    「わたしのこころが安らかでありますように」

    という祈るような言葉が痛々しくて、自分にもシンクロするようでどきりとさせられました。

    どの女の子も自分にとても近くて、あの作品には参ってしまいました。….ハルチンの「もー冬飽きた」てのも好きですけど(笑)。

  19. ♦Nya♦ より:

    はじめまして。

    ストロベリー〜の、「こんなあたしなんか 今すぐ 死んでしまえばいいのに」 を 初めて見たときギクリとしました。

    あまりにもそのときの自分の気持ちと一緒だった。

    こんな切なさ、耐え切れないと思っていたときにみたこの文字。

    自分が落ち込んでいるときに とことんまで落ち込ませてくれる 貴重なマンガ家さんだな と思う。大好き。

  20. 七分袖 より:

    そのあとの「死ね」で救われますね

  21. kayo より:

    strawberryの鈴木さんが恋したときの文字だらけの1ストーリー。

    あれに恋する20代後半女の心情はつまっているような気がする。

    回りくどいのだめだから好きっていっちゃったけど、プライド的にこっちから電話するのもねーみたいな感じとか、

    なんかしながらずーっとそのこと考えて「ハッピー!」と言わずに「なんか疲れた…」ってとこ。

    そんな感じなんですよ。きっと。

  22. トキン より:

    [blue]の中の

    わたしたちはきっと凄く純粋で

    それだけなんだ

    それで汚いことをしてしまっても

    本当にそれがいけないことなのかな

    という部分。

    女子校育ちなのでこの作品自体に思い入れが深いのですが

    このセリフは、今でもグッと来ますね。

  23. strrawberry、読んで鳥肌たちました。登場人物全てのどこかが自分とリンクしてて痛かったです。

    こんなふうなあたしたちでも

    ほんとはまるで苺のショートケーキみたいなのよ。

    かわいく モロく 甘いのだ。

    今に見てろよバカヤロー。

  24. はじめまして!

    僕は[南瓜とマヨネーズ]の中の

    「せいちゃんがバイトから帰ってきたら、美味しいものいっぱい作ってあげるね」が好きです。

    その場面で描かれてる台所で、せいちゃんがヤキソバの後片付けを済ませているのが分かる描写がありますが、そうゆう細かい所がとても上手いと思います。微妙に擦れ違っちゃったりするのが切ない!

    [blue]も好きですね♪

  25. ゆゆゆ より:

    はじめまして。

    今、手元にマンガがないので、どの作品だったか覚えてないんですが、

    短編集だったかな?

    「私はこの先、二番目に好きな人を愛して生きていく」

    みたいなこと書いてあって、凄く共感しました。

    まだまだ人生長いんだから、とか周りに言われるし、

    自分でもそう思ってはいるんですけど、

    強烈な印象残されたまま離れ離れになった人、

    その人以上に好きになれる人がこの先現れない気がしてならないです。

  26. ゆゆゆ より:

    strawberry〜の秋代さんの「あたしなんか生きてても忘れられるだけだけどさ 死んだら菊地はずっとあたしのこと忘れらんないよね」っていう言葉。

    究極に好きなんだなぁと思いました。

    そのあと、ヒョロリが何度もまっすぐに泳ぐ様を見せながら死んだっていうのが泣けました。

    たぶん、魚喃さんの作品って共感できる部分が誰でもあると思います。

  27. >nanaさま

    それは短編集に収録の“痛々しいラヴ4”の話ですね!

    “南瓜とマヨネーズ”のツチダとハギオの過去エピソード。

    やっぱりあの人達の関係とか、凄い伝わってくるものがある。

    良いですよね。

  28. ムガオ より:

    「ひょろりぃ」

    が好き。

  29. ムガオ より:

    初めまして。

    「リキテックス」の椎名電気の看板を蹴るシーンいいですねえ。

    あと、同じく、椎名が卒業式の時に、走るシーンなど。

  30. アサミ より:

    神様 あなたなんていない

    こうしてアタシは菊地を手に入れるのだ

    だったかな、ごめんなさい今会社で調べらんない。

    ストロベリーのあきよさんです。

    あきよさんスゲー好き!スゲーせつねー!

  31. 夏子 より:

    はじめまして

    「はるちん」の「コスタリカ アミーゴ ハップン」かな。

    素直に笑えた。 

  32. エミコフ82 より:

    僕は男なんですけど(←カンケーないか)

    魚喃さんの生み出す言葉たち、すっごく好きですね。

    好きな言葉はイッパイあるのでキリがないんですけど

    (あ、でも皆さんもそうか)

    「WATER」に出てくる「デジャヴー」が好き。

    これ俺じゃんって思った。

    始まりで歌ってるi want to take you higherなんかも

    よく聴いてたしさ。

  33. エミコフ82 より:

    ●バニラアイスさん

    コミュでレスとかもらったの初めてなので嬉しいです><

    そうですそうです、痛々しいラヴ?です^^

    ハギオのそっけなさとか、ツチダの不器用さとか、

    すっごく共感しました。共感以上です。

    あの話は、本当に好き。短編集、アタシの宝物です。

  34. エミコフ82 より:

    ●LOUWEさん

    関係ないかもですけど、でも男の人でああいう言葉が好きって

    素敵だなぁとか思ったら、早速覗きに行ってしまたです。

    「water」読んでみたい。

    「blue」も未だ読んでないし・・・;

  35. エミコフ82 より:

    「strrawberry〜」のなかで、名前は度忘れしちゃったけど

    みつあみの女子がバイトから帰ってきて

    「かたづいてんなァ」って思うところ。

    私は毎日部屋に帰ると「散らかってんなァ」と思います。

    かたづいてんなァて思えるようにしたい。

  36. こぉ。 より:

    短編集の「痛々しいラヴ?」の

    「きっとあたしはこれから一生 2番目に好きな人を愛したままで暮らすんだ」が好きです、てか自分もそんな気がします。

    いいんだか悪いんだか(苦笑

    あと、Water.より

    「flame」の

    「みんな大嫌い カアイそうな自分がいちばん好き」

    「sugar」“あの頃は楽しかった”をぜんぶぜんぶひっぺがして喉を通して飲み込んでプーしてトイレに流してやるから見てなさいよ。ってのも好き!

  37. 山田盛子 より:

    はじめまして。

    私は短編集の「ある女の子の誕生日」の最後が好きです。

    誰かの何気ない一言が自分を救ってくれる事があるって

    感じが。

    その後の「そして恋は始まっていく」の

    『あたし今、恋してるーっ』ってのも好き。

    これ買った時の自分がそんな感じだったから。

  38. soleil より:

    はじめまして☆

    私は「痛々しいラブ」の中にはいっている、

    「ライフプランニング 第3話 彼女編」の

    「足音と

     近田のビニール袋の音だけの帰り道で

     あたしは料理の下手クソな近田が

     たまにせっせと作ってくれる

     あんまりおいしくないチャーハンのことを

     思い出してまた泣いた」

    「ケンカをして仲直りをして

     またあたしたちは同じ場所に帰る

     あたりまえのように同じ場所に帰る」

    が好きですね。なんか日常の何気ナイことが

    実はすごい愛しいことなんだなぁって感じます。

    あと、「短編集」の「まァ、これもいいかなってことで」の

    「けど、ブスに女を感じるってのも

     にくったらしくていいぞ

     俺そっちのほうが燃える」

    ってセリフも好きです。

  39. soleil より:

    Waterから、

    痛々しいラヴ?Uより

    喫茶店で別れ話をするシーンの、

    かわいがって貰うんだよ

    かわいがって貰うんだよ

    かわいがって貰うんだよ

    って所!!

    まさに、痛々しい!苦しいーけど、本当に好きだったんだなぁ〜と感じました。

    strawberry shortcakesから、

    第5話より

    塔子がちひろの誕生日プレゼントを買いに出掛けた帰り道に歩いきながらなぜか涙が止まらなくなってしまったシーンの、

    感情は言葉にして吐き出さないと

    勝手に出口を見付けてしまう

    って所もかなりやられましたっ!!

    早く新作が出ないかなぁと待ち遠しいものデス☆

  40. soleil より:

    初めてカキコします!

    キリコさん大好きです!

    私が一番好きなのはストロベリーショートケーキのなかの第五話。

    「必死でもがく

    あたしの心が

    安らかでありますように

    強くありますように」

    ってとこ。痛いです。

  41. くみたす より:

    はじめまして◎

    何ヶ月か前に出逢ってから

    すぐに全巻そろえたし。

    もう何て言って良いかわからなすぎ☆

    素敵すぎ

    彼女の言葉は全部好き。だから

    これってのは無な方向で。

  42. くみたす より:

    はじめましてです。

    私も彼女の言葉は全部好きです(´Д`)

    でも、最近よく頭をよぎるのは「短編集」にはいってる

    「彼女のことを、いっこだけ」の

    「春さえくればみんなが幸せになれるのに。」

    っていう台詞です。キューンってなります。

  43. ミライ より:

    「ハルチン」で、ハルチンが、梅干を大量に

    持ってレジにふんぬッ!ともっていくシーンで、

    弟に、「これ、おねいちゃんそっくりだよ」

    と言われ、ナンダカナァξと思ったことが。

    なので、そのシーン。

    あたしももうすぐ25なんですがねぇ。。

  44. レノ より:

    はじめまして!

    私も「きっとあたしはこれから一生 2番目に好きな人を愛したままで暮らすんだ」は、げ〜っ!?と思いました。

    言われちゃったな、というか。言ってくれたな、というか。うろたえました。

    ストロベリーの、秋代の最終話はきゅ〜っと来ました。

    blueも泣ける…。

    言葉は無いけれど、最後のコマが切なすぎて、どうしようもないです。

  45. マリコ より:

    初めまして!よろしくおねがいします。

    私はストロベリーの秋代の話でヒョロリが

    死んじゃうところです・・・。

    ナミダが自然に流れていました。

  46. りんご より:

    はじめまして!!

    キリコさんの作品はどれも切なくて言葉も素敵で

    心が痛くなるような感じになります。

    あたしが好きなのは痛々しいラブの喫茶店での別れ話のシーン。

    あたしの方があんたよりずっとひどいんだよ。だからもうあたしの事は思い出さなくていいんだよ って言葉。

    かなりキマシタ!!   

    あたしも本当に大好きで大切な人に別れ話をされたらこんなふうに

    いえるようにナリタイナア・・・。

  47. Mr.freedom より:

    はじめまして!

    えっと作品のタイトルは忘れたのだけど、

    同級生同士が飲みに行く短編の最後に一コマ

    「むかしはよかったね。」

    にはヤラレました。

    せつねえなあ、おい!って感じでした。

  48. 解きかけ より:

    「南瓜とマヨネ−ズ」でハギオが発する「は?」。

    おそろしくつめたい。

    以降内輪で、冷たく突き放すとき「ハギオのは」と言っている。

  49. マッシモ より:

    ■なかたにさん

    分かる!ハギオの「は?」はおそろしくつめたいですよね。

    わたしもドキリとしました。

    しかしその内輪のやり取りは、逆におもしろいですねぇ(笑

    ■Mr.freedomさん

    「痛々しいラブ」のなかの「友達のおしまい」ですね。

    きっと誰もが通過するところを、上手に描くのは魚喃さんならではって思います。

  50. マッシモ より:

    「たしかナスがあったはずダ」

  51. らぱん より:

    >ミオ三も以前に書いていらっしゃいましたが,

    「せいちゃーん」

    「んー」

     (南瓜とマヨネーズ)

    このやり取りが愛おしくてたまりません。

  52. 黒蜜 より:

    らぱんさん!
    私もそれに一票です!
    いとおしいのに苦しいです。
    ハギオ…

  53. より:

    元カノに、あんたはハギオと同じだと言われてしまいました。

    短編集、「幸せにねむるの」の「…明日も、がんばれよ?」が好きです。

  54. ほしコ より:

    ごちそうさま

    今こうやって
    味わってみると
    あなたのは
    とてもいい○○○(自主規制)だったんですね

    短編集より

  55. あこ より:

    はじめまして。あこです。

    魚喃さんの新作って出ないのでしょうか?

    私にとって印象的だったのは「私は2番目に好きな人と・・・」

    って言葉が本と出会った当時の自分の気持ちにぴったりだったので忘れられません。

    魚喃さんのマンガは激的なことは起こらないけど本当に日常を切り取ったような共感感を得られる気がして大好きです。

  56. π より:

    はじめまして。

    印象に残った言葉たちはたくさんありますが、

    キリコさんの本に対する細やかな愛情に触れたのが、

    『ストロベリー・ショートケイクス』

    背を見ると真ん中に赤のページが一線、イチゴ。

    周りの白はクリーム。

    わかったときはちょい感動ものでした。

    謎解きみたいで。

  57. π より:

    strawberry shortcakesの、

    秋代のセリフ

    心は病で

    あたしはバカだ

    なんだか切なくて痛いっておもった。

  58. π より:

    僕もstrawberry shortcakesの秋代さんです。

    「あたしが死んだら泣く?」

    「あんたが泣いてくれるんだったら、あたしいくらでも生きられる」

    あんな台詞、そう言えるモノではないと。

    男は泣くしかありません。。

  59. mami より:

    初めまして。初書き込みです。

    Water、「痛々しいラヴ」の中から。

    あんたより あたしのほうが ずっとずっと ひどいんだよ。 だからもう あたしのことは思い出さなくていいんだよ。

    切ないです。

  60. つむら より:

    南瓜とマヨネーズの

    せいちゃーん

    んー

    があたしもすごくすきです

    何気ないやり取りだけどすきです。

  61. ナツロウ より:

    2回目ですが。

    「私はこの先、二番目に好きな人を愛して生きていく」

    そういうことがあるってことを理解したのも、このセリフをよんだのも同時期だったので凄く胸に残っています。

  62. はるちん より:

    どうも、はじめまして。

    アタシはWateerの中の

    「drip words]より

    「あんまり好き過ぎて一番酷い事をしてやりたい」

    「別れよっか」

    って台詞が どうにもこうにもココロに残ってしかたありません。 人を好きになりすぎるとアタシもそうなちゃうから・・・(ノ∀`)タハー

  63. はるちん より:

    「痛々しいラブ」の中の「プロポーズのようなもの」で、

    妊娠検査薬が陰性だったあと彼が「もし今度ホントに子供できたら産んでよ」って言った後の彼女のすっとぼけた照れ具合が、なんだかかわいくって好きです^^

    ナナナンさんの切ない作品も好きだけど、ギャグモノも大好き☆なので「ハルチン」最高です♪

  64. はじめまして。

    わたしもナツロウサンの、

    「私はこの先〜」が印象的でした。

    いえない空気とか言葉にできない雰囲気を、

    表現してしまうナナナンサンに、いつも「やられた」と思ってしまう。

  65. リルル より:

    緑さん

    私もこのセリフがやっぱり一番好きです。

    わたしたちの このありふれた平凡は

    本当はとてもこわれやすくて

    なくさないことは奇跡

    昔読んだときも号泣しましたが

    なくした今となってはひとしお感慨深いです…

  66. saevox より:

    私はこの先、二番目に好きな人を愛して生きていく

    痛いです。まったく同じことをしてしまいました。だから読んだときすごくドキッとした。。

    当時の私にとってのハギオ的存在の人も、今では結婚して落ち着いてます。あれから長い時間が経った今、「二番目に好きな人」ではない存在の人にようやく逢えました。

  67. saevox より:

    始めまして。

    えっと…何かは忘れましたが。

    四角い部屋にいて、仲直りしていくやつ。

    彼氏と一緒に住んでるからすごくわかった。

    小さい箱の中で、いつもうちらは一緒だけど

    時々それが辛くて、でも手放せなくて。

    ぶつかって、でも最後は小さい箱に戻っていく。

    キリコさんにやられたって思った。

  68. saevox より:

    なんか心に引っかかる、切ない言葉はたくさんありますが、

    今回はあえて違うのを選んでみました。

    表現がウマイ!ですよね。

    **************

    あたしはすぐに燃える。

    背中にガスボンベ

    片手にチャッカマン、

    操作方法を誤り自爆。

    **************

    妄想トレイン

    暴走中。

    **************

    短編集より

  69. tomotto より:

    はじめまして

    ナナナンさんの切ない話も好きだけど

    ストロベリーや短編集に出てくる

    鈴木さんにとても共感

    この言葉!って絞れないです

    もう鈴木さん自体が好き!

  70. tomotto より:

    痛々しいラヴから2つほど

    ——————-

    ひどくカッコよくて

    ひどくいいかげんで

    ひどく甘ったれていて

    ひどく

    とてもひどく

    だから

    好きで仕方なかった

    ——————-

    君があんまりカッコいいからさ

    君のうしろの窓の奥のほうばっかりしか見れないや

    あたしたちは

    セックスしたことだって

    あったのにね

    ——————-

    魚喃さんの作品には自分の体験に重ねてしまうオナニー的要素がある。自分でうまく形どれない感情を、だから切なかったんだ、と理解させてくれる。

  71. ゲッター線 より:

    「ホントは神様なんていない」っていうトコ

  72. 紺染パンチ より:

    たしか

    ナスがあった

    はずダ    (痛々しい・・休日その2)

  73. 紺染パンチ より:

    「真夜中にエッチすんのと真昼間並んで歩くのとはちがう

     昼間並んで歩くのは愛してる証拠と愛されてる証拠」

    そう!そう!そうなのよ!! と、初めて読んだとき痛感しました。

    シーンで忘れられないのは男の子が上の階の人と付き合ってる(?)

    ので帰らされちゃう時の女の子の表情。。

    わっ、多分自分もこんな顔してたんだろうな・・・みたいな感じがしまして・・・

  74. 紺染パンチ より:

    はじめまして、

    僕が魚喃さんの作品に初めて出会ったのは、

    ストーリーや言葉ではなかったのですが、

    レストランに置いてあったCDプロモ用のポストカードからです。

    都築恵理さんの「Freely」という作品のもので

    人物と背景の建物、その間の空、

    その構図にある空気感にハッとされました。

    グラフィックデザインとしても素敵だと思いました。

  75. アオネコ より:

    「blue」の中で、

    主人公が学校で髪を切ってあげる場面。

    二人のあいだに流れる空気が伝わってきて、

    なんかすごい印象に残った。

    当時、高校生だったあたしは、それを読んで

    同じく魚喃が好きだった女友達と髪切りごっこ、

    してしまいました。

    あと「storoberry〜」の秋代ネエサンも大好き。

  76. ぴゅよ より:

    嗅覚からの記憶は鮮明だからね…っていうの。

    2年前に、せまっ苦しいバスルームで嗅いだ、

    アメ色の液体、ナツオの匂い。

    痛々しいラヴは、もう読みすぎてボロボロ。

    どの作品も、痛々しいんだけど、

    視線や言葉遣いがとても繊細で、愛しさに満ちてて、

    すごくすごく好きです。

  77. ケロリン より:

    ぴゅよさんとまったく同じとこが一番好きです。

    嗅覚の記憶は鮮明だからね。。。

    まさしくその通りだと思う。

    街ですれ違った人が大好きだった人と同じ匂いをしてると、とっさに振り返り、思い出してしまう。

    同じ匂いをさがしてた女心わかります。

    しかも2年も探してたなんて、泣けます。

    やっぱりあたしは、ナツヲじゃなくちゃイヤなんだ。

    ってところ、ダメなんじゃなくて、イヤってところがイイ!!

    自分の本当の気持ちだけで語ってるってかんじ!!!

  78. ケロリン より:

    私は魚喃さんのお話の中で一番好きなのは

    ホテトル嬢・秋代の話です。

    その中でも好きな言葉は、

    「あたしでイッたくせに」

    これに尽きますな。

    職業とか全然違うけど、秋代と自分とには

    何かすごく近いものを感じて。

    誰に振られてもこの言葉思い出せば

    大丈夫な気がします。

  79. より:

    心えぐられるようなシーンも好きですがあえて。

    ハルチンの東京台風大激突した時の一コマ。

    ハルチンが傘を持つ姿…ギタリストって…ww

  80. HIロKO より:

    >ケロリンさん

    すごい、すごいわかるっ!特に、自分が悪いことしたときは(笑)

    なにもない自分への、最後の救いっつうか。正直、ないちゃいました。

  81. ネギ より:

    CUTIEコミック創刊号で「南瓜とマヨネーズ」のタイトルで掲載されてた短編を読んでハマりました。

    その後「南瓜とマヨネーズ」の単行本が発売された時、この話が載ってなくてがっかりしたのを覚えてます。

    短編集にタイトル変わってのってましたが。

    「きっとあたしはこれから一生 2番目に好きな人を愛したままで暮らすんだ」

    痛いっす…。

  82. swissa より:

    ↑あ、私もこのセリフ大好きです!!

  83. 竹持 より:

    はじめまして。

    あたしは、blueの

    あたしたちは

    きっとすごく純粋で

    それだけなんだ

    それで汚いことを

    してしまっても

    本当にそれが

    いけないことなのかな

    かな。

    それが悪いことなのか、

    自分でも時々分かんなくなるのよね。

  84. 竹持 より:

    はじめまして。なつこです。

    南瓜とマヨネーズの

    102ページ目

    ハギオとツチダが再開するシーンで

    忘れられなくて

    忘れられなくて

    好きなままでいた

    大好きな

    大好きなハギオがいた

    ってトコロ。

    みなさんのカキコで

    「きっとあたしはこれから一生 2番目に好きな人を愛したままで暮らすんだ」

    っての、読んでない作品なんですけど、今読んだら自分ダメになりそぅで読めません。

  85. 竹持 より:

    私も、みなさんの書き込みを見ていて

    「自分はこの言葉なんだけどなー」

    と思っていたので、

    同じ所を答えた人がいて何かうれしいです。

    『忘れられなくて

     忘れられなくて

     好きなままでいた』

    こういう文章書ける人は

    ほんと尊敬します。

  86. ☆マリ☆ より:

    「きっとあたしはこれから一生 2番目に好きな人を愛したままで暮らすんだ」

    この台詞にはやられました。切なすぎて何度も泣きました。

  87. ☆マリ☆ より:

    あと

    「ケンカをして仲直りをして

     またあたしたちは同じ場所に帰る

     あたりまえのように同じ場所に帰る」

    此はうわーって思いました。

    うん。アタシ達もそうだ。

    気が狂っても殴り合っても泣き喚いても結局帰る場所は此処なんだなって改めて思ったりしました。

  88. こんなふうなあたしたちでも
    ほんとはまるで苺のショートケーキみたいなのよ。
    かわいく モロく   甘いのだ。

    今に見てろよバカヤロー。

    台詞というか、strawberry shortcakesの冒頭ですね。
    私は普段メンズばかり着ているような女で、女なのに女の子のすることが似合わない、みたいな「女コンプレックス」があって。
    この言葉を読んだとき、
    そうだ! 私だって女の子だ!
    と変に勇気づけられました。

    ……というわけで印象深い言葉です(笑)。

  89. あたしは、あたしみたいな女を好きになるよーな奴は嫌いだ。

    確かナナナンさんの作品だと思うのですが・・・。

    どなたか、どの作品の言葉かご存知でしたら是非教えてくださいm(__)m

  90. ゆうあい より:

    今、友達に貸しちゃってて漫画が手元にないんですけど

    strawberry shortcakesでイラストレーターの子が

    同居してるOLの子に元彼の現状を聞いて

    「元彼も

    それを楽しそうに話す○○も(OLの子の名前

    わたしのこと馬鹿にすんな」 みたいな1ページを使ったセリフが好きっていうか印象に残ってます。好きなくせに登場人物の名前すら思い出せませんが。。。

  91. ゆうあい より:

    はじめまして

    >ゆっこさん

    ちひろちゃんでした(OLさん)

    ちひろちゃんはあんまり好きなキャラではないですが

    ストロベリー〜は大好きな一冊です。

    好きな言葉はいっぱいありすぎて今選べません。

    すいませんスレちがいで・・

  92. >>ゆうあいさん

    ありがとうございます。

    わたしもちひろはストロベリーの女の子の中で好きじゃない方ですねぇ。ただイラストレーターの子は自分とちょっと似てるなぁって思って。

  93. 「あたしはすぐ燃える。

     

     背中にガスボンベ

     片手にチャッカマン、

     操作方法を誤り自爆。

        

        −–悪いクセだ。」

    「短編集:痛々しいラヴ?」から。

    (strawberry shortcakesの秋代さんと同一人物?)

    この話のキスシーンはすごくドキドキ。

    秋代さんの直線突っ走りぶりに共感&涙。

  94. はるか より:

    はじめまして。

    すきなのは、短編集の「幸せに眠る」のさいごの

    「明日のがんばれよ?

     あたしもがんばるね-…」って台詞からですかね-。

    ほかにもぃっぱぃぁりますけど、

    今思い浮かぶのでは。

    印象に残るてゆ-かグサっときた(?)のは、

    コレも短編集の「痛々しいラヴ?」で

    妊娠を告白したときのハギオの

    「ぁ ホントにぃ?堕ろしなよ」

    「ホントさぁ堕ろしてよ たのむからさぁ」

    かなぁ。

    ハギオほんと冷たぃです…。

  95. はるか より:

    はじめまして、

    「Water:痛々しいラヴ2」より

    『かわいがって貰うんだよ

     かわいがって貰うんだよ

     かわいがって貰うんだよ。』

    っていう言葉。

    口にしないからよけいに切ないです。

  96. とみい より:

    あさみさんと同じくな意見で、

    秋代さんと同一人物ですよね!?

    秋代さんは、ものすごくキレイです。

    短編集の『またいつかその日まで』の

     

     いちばん大切なぼくは

     笑った顔より泣いた顔の方がいとしかったけど

     だけど苦しいからそういうのはやめる。

     もうやめるんだ。

    これは自分の泣き顔を見るたびに思い出します。

    と、同じく短編集より、『痛々しいラヴ?』から

     

     あたしがハギオのことをすごく好きなこと

     あたしが妊娠したこと

     だから何?

     それがハギオにとって何だっていうの?

     うざったいだけだ

     うざったくなったら

     あたしは捨てられるだけだ

     最初から負けてるあたしに

     ハギオはそんなにも勝ちたいんだろうか

     誰のことも好きじゃないハギオは

     そんなにもあたしのことを嫌いなんだろうか

    このハギオのハナシはすごく切なく苦しいです。

    読んでてほんとにイタイです。

     

  97. とみい より:

    わたしたちの

    このありふれた平凡は

    本当はとても

    こわれやすくて

    なくさないことは奇跡

    「南瓜とマヨネーズ」

  98. りょんた より:

    恋なんてどうせたかがサッカクだ

    たかがサッカク ぶっこわれても全然平気

    だったら行くしかないでしょー

    ちょうど、自分もそんなことがあった時で ミョウに納得して、つっぱしりましたね。

    まぁ、玉砕でしたけど・・・

  99. マッスィー より:

    はじめまして。

    たくさん読み込んだというわけでもないですが、一応大部分の作品は読んだと思います。

    読んでいると感情のコップがあふれそうになる、あの感覚が好きです。

    既出ですが、秋代さんの台詞で

    「あんたが泣いてくれるんだったら、あたしいくらでも生きられる」

    というのが大好きです。

    「恋なんてたかがサッカク」というのは私もいつも心の中で想ってることなんですが、ナナナンさんの作品の言葉だったと↑で言われてて、「あー、無意識のうちにインプットされてしまったんだ」と納得しました。

    錯覚にいつも本気で苦しい思いをしてしまうのですが。。。

  100. マッスィー より:

    はじめまして。おはようございます。

    凄くせつなくていとおしい台詞も大好きなのですが、思わず笑ってしまう台詞も大好きです。

    CD屋で働いているいつも二つに編みこみ?か三つ編みしてる子の台詞で、好きな人の事を考えすぎて「妄想トレイン暴走中」みたいな台詞があって、思わず一人で笑ってしまいました。

    たまについ使ってしまいます。

  101. 幼女 より:

    きっと大丈夫。全てが君の味方だよ。

    明日朝早く

    君に手紙を書こう

    「ポリエチレンより愛を込めて」

  102. 幼女 より:

    泣きたくなるような衝動

    この言葉が

    手足を痺れさせた

    なんだかとても

    そんな言葉を見て泣きたくなりました

  103. ”あたしは元気だ”

    ”ひとりでもこわいくらいにとても平気”

    あたしはその時

    自分の感情に正直じゃなかったことに

    気付いたのだ

    「夜のひとかけ」

  104. MUJI より:

    >ブリンさん

    私も!!この言葉すっごく印象に残ってるんですよ!

    印象に残ったというよりも、

    まさに、読んだその時の私の気持ちを代弁してくれたから。

    すっごい悲しいことがあって、

    でも涙なんかでなくって…

    「なんだぁ私って結構平気にしてられるじゃん」って思ってた

    でも、何かをきっかけに

    涙がぽろぽろでちゃって…

    私は自分に嘘ついてたんだなって気づきました

    ブリンさんは、なぜこのセリフを選んだのですか?

  105. >MUJIさん

    まさに私もそうなんです

    「わたしは元気だ」っていつも思ってるはずなのに

    ちょっとした拍子に弱くなる時がやっぱりあって

    何があっても平気なんてことはないんだなぁって思わされた時

    ちょうどこんな気持ちになるんですよね

    結構あるんですよ つい強がってしまう性格なので

  106. みう@玉環 より:

    「短編集/痛々しいラブIV」の

    最初から

    負けてるわたしに

    ハギオはそんなにも

    勝ちたいんだろうか



    「南瓜とマヨネーズ」でハギオとヤッタあとに

    部屋にもどるとゴミ箱にある

    焼そばの袋に妙にぐっとくる

  107. みう@玉環 より:

    こんばんわ。

    あたしはstrawberry shortcakesの、菊池のお話の、

    ”どうせ

    こんなふうになるんだったら

    待ったりなんかしないで

    奪おうとすればよかった”

    と、

    ヒョロリが死んじゃうときのくだりと

    最後、菊池に、

    ”あんたが

    泣いてくれるんだったら

    あたしいくらでも

    生きれる”

    神様

    ほんとは

    あなたなんていない。

    あたしはこんなふうに

    菊池を手に入れるのだ

    が泣けるほどすきというか痛いです。せつない。

  108. まる子 より:

    ************

    Water「痛々しいラブ?」

    かわいがって貰うんだよ

    かわいがって貰うんだよ

    かわいがって貰うんだよ

    あんたよりあたしのほうがずっとひどいのよ。

    だからもう

    あたしのことは

    思い出さなくて

    いいんだよ

    ************

    痛々しいラブ「ライフプランニング 彼女編」

    サマンサはヘッポコダーリンを愛している

    それならそれでいいじゃない

    それならそれで

    末永くお幸せにね

    ************

    大好きな言葉やフレーズはたくさんあるのですが、

    今頭の中に残っているのがこの2つのフレーズでした。

    魚喃キリコさんの描かれる世界観は、

    リアルでリアル過ぎて本当に切なくて痛くなる時がありますが

    シンプルなのに、とてもドラマチックで、大好きです。

  109. うに より:

    どれも本当ヤバイですね。

    暫く読んでなかったけど、ここに載ってるフレーズ見るだけで

    場面が浮かんできて泣きそう・・・。

    もっかい読〜もぅっと。

  110. ☆hana☆ より:

    どうもです。

    今手元に無いんであいまいですが、

    「傷つくのと、傷つけるのでは〜」

    ってやつ。ほんま曖昧ですいません・・・;

    ほんとに愛してるのと、突発的な感情との狭間。

    めちゃくちゃ刺さりました!

    自分にとって大切なものを教えてもらえて感謝してます。

    どの作品も好きですね!

  111. Muggy より:

    「あたしのこころが安らかでありますように

     強くありますように          」

    私もそれを、心の底から強く

    望んでいます。

  112. Muggy より:

    私が好きなのは「南瓜とマヨネーズ」の中の一節です。

    ハギオとのことで傷ついていた私を,せいちゃんが救ってくれた。だから,せいちゃんのこともハギオと同じくらい好きなんだろうな・・・という感じでと思うところ。

    記憶があいまいなんですが・・・

    私も同じようなことを思ったことがあります。

  113. なおこ より:

    「あたしでイッたクセに」

    胸が詰まるような台詞は沢山ありますが、秋代のこの言葉はヤバイです。

    全く同じ事を考えてる時期に偶然この場面を見て、卒倒しそうでした…

  114. rieko より:

    「あたしはあの故郷を

     どうして嫌うことしかできなかったんだろう」

    ちひろあんま好きじゃないけど、実家には二度と戻らないって決めたあたしはこれが一番ずきずきしました。

  115. rieko より:

    秋代さんの言葉すべてが、ぐっとくるというか、胸に突き刺さる。昔のあたしと同じような状況だったので、ほんと涙がでましたね。

  116. 機能別ヘ より:

    「南瓜とマヨネーズ」から、主人公のバイト先の店長(ともだち)の一言。

    「そいつ、サッカクしてんじゃない?

    そいつの人を好きになるやり方がアンチョクっていうかさぁ

    そんであんたも、そいつのことを好きだった過去の自分のために

    いまそいつと会ってんじゃない?」

    ちょっとだけ客観的に過去の恋を見れるようになった今、すごく「あっ」と思いました。

    そんなことをいわれながらも、ハギオに電話をかけてしまう主人公の気持ちがわかったり・・・。

  117. 機能別ヘ より:

    『わたしたちの このありふれた平凡は

     本当はとてもこわれやすくて

     なくさないことは奇跡』 :南瓜とマヨネーズ

    ↑↑この言葉は本当に好きっ!!

    ホントにそうだよなぁ。って思います。

    一緒にいるって当たり前の事じゃないんだ。

    大切にしなくちゃいけないな。って思いました。

  118. さーり より:

    わたしの現状が塔子とそっくり(塔子は売れっ子ダケド…)なので、

    彼女の言葉がざくざく心に刺さります。

    苦しくて耐えられない

    重すぎて持ちきれない

    あの小さな部屋の中の机の前に縛られるのがとても苦痛だったり

    あぁわかる、わかるよっ!!てかんじで読んでます。

    ホント、机の前にいるのが苦痛で、今も逃げてネットしてます(汗)

  119. さーり より:

    「あたしなんか死ねばいい    ”死ね”」
    です。
    その上の、部屋で猫背気味に座ってる秋代さんと自分を重ねてしまいます。
    軽々しく言っちゃいけない究極の考えだけど、そう思っちゃうくらい人を好きなのがつらいときってありますよね(>_<.)

  120. waterから痛々しいラブまでは全作揃えていたのですが、仕事等々ですっかり離れていました。

    今は手元に1冊も残っていないのですが、

    「僕たち間違っているのかな。」

    たしか、waterの中の作品で、同性愛の話だったような。

    ドロップだったかな。

  121. はじめまして。の挨拶代わりにかきこみします。

    私の心にのこっているのは、南瓜とマヨネーズの、

    『今日 もっともっと

     もっともっと オシャレをしてくればよかった』

    です。

    これだけみるとそんなに印象的ではありませんが、

    ハギオに最後に会うこととなった日になぜこの言葉なのか、

    その前後関係がわからなくて。

    ナナナン作品には印象的な言葉が多いです。

    画の美しさ、言葉の美しさ、どれをとっても最高です。

  122. 機能別ヘ より:

    『strawberry shortcakes』より

    「感情は 言葉にして吐き出さないと

     勝手に出口を見付けてしまう

        ・

        ・

     いくらどんなに 気丈にふるまって 

     強くあろうと思っても

     少しでも隙を見せると 怒りや憎しみが

     体の中から いっぱいに 噴き出してくる」   

    やられた、と思いました。

  123. じんばる より:

    「せいちゃんが

      

      あたしのことを

      フッてくれたらいいのに

      フッてくれたら

       

          あたしは

          ハギオのところへ

          行けるのに」

    南瓜とマヨネーズ。

    キレイな面の中をえぐられるような気持ちです。

  124. もうすでにでているかもしれませんが・・・

    『strawberry shortcakes』の

    塔子が吐いているところをちひろが目撃したシーン

    「ずっとそうだったの?」

    と抱きしめる

    あたしは、其処で涙がぶわ〜って出た。

  125. 久しぶりに『痛々しいラヴ』を読んだら、最初からやられました…。

    「キヲク」

    まさに今こんなかんじで痛いです。

    他の誰でもなく
    他のなんでもなく
    やっぱりあたしは
    ナツヲじゃなくちゃイヤなんだと
    わざとつぶやいたら涙が出た
    2年前の最期とがらず
    たくさんたくさん涙が出た

    わたしはまだ5ヶ月前の最期ですけど…

  126. ねえ、考えてたら思ったんだけどね

    それでもちゃんと僕はここに居て

    僕は僕で他の誰かじゃないよ。

    「flower」(「water」より)

  127. ストロベリー〜の秋代さんが

    仕事のときはマニキュアしてるのに

    逢えるときにはマニキュア落としてるのには

     や ら れ た 。 

    と思いましたね・・・

  128. tomocompo より:

    はじめまして☆

    もうみなさんいっぱい書いてて、

    自分の好きなセリフはほとんど書かれてましたー。

    waterの「フラワ」

    「みんな死ね。

    その顔をめいっぱい歪ませて

    シアワセな奴みんな死ネヨ」

    には衝撃受けました。

    >☆ゆきっち☆

    私もこれには鳥肌でした。目からウロコ。

    >さってぃさん

    「キヲク」はいいですよねーー。

    香水が好きでつけるんですけど、

    ホント「臭覚からの記憶は鮮明だからね」ですよ・・・。

    いろんな思い出を引き出してくれてつらくなることありますね。

  129. パキシル より:

    ナツヲじゃなくちゃイヤなんだと

    わざとつぶやいたら涙が出た

    ここ読むと泣きたくなりますね。いえ、泣きます。

    この書き込み見て、今もグッときました。

    「わざと」自分に「ナツヲじゃなくちゃイヤなんだ」と

    言い聞かせてしまう。やめればいいのに。

    でも、わかるなぁ。

  130. ちっPー より:

    「短編集」の「水槽」が好きです。

    あの 

    真四角の小さな

    空間の中で

    いきづまりは

    確かにあって

    それぞれに僕らは

    何を思っているんだろう

    やめるなら 今だよ

    きりだすなら 君だよ

    大好きで何度も読んでます。

    最後の方で

    「やめるなら 今だよ

      きりだすのは 君のほうだよ」

    君のほうだよって強調してるのが、またなんとも、イイ・・・

  131. ちっPー より:

    「痛々しいラヴ」より。

    「あんたねーあたしに子供産ませるってことは、これからずーっと一生あたしのこと好きじゃなきゃいけないってことなのよーーわかってんのーーーォ?」

    「あの黄色い安っぽいたくあんがいつまでもいつまでも残っていた

    そうゆうものにカタチをかえてしまった愛情があたしはホントにうらやましいってそう思ったんだもん」

    生活感の中の確かな愛情に胸が熱くなりました。

  132. いっちー より:

    痛々しいラブの「大切な帰るべき場所」

    「大切なヒトがいるのに

     その1つ前に

     大好きだったヒトに会ってしまったら

     一体あたしは

     どっちを大切にしたいのか

     わからなくなった

     脳ミソ縮んで

     息できなくなって

     何度も逃げ出そうとする

     自分の正直を

     一生懸命に探したら

     あたしは 一コ前 が欲しいんだと思った

     だけど部屋で眠っているヒトの

     かわいい寝顔や

     まくらのにおいや

     体温を思い出したら

     傷つくのと傷つけるのとでは

     傷つけるほうが何百倍も辛いんだと思った

     かえらなくちゃ

     かえらなくちゃ

     かえって あのヒトを

     抱きしめてあげなくちゃ」

    です。ナガクナッテシマッタ・・・

    まったく同じ状況にあったとき、自分も本当にそう思った。

    これを読んで胸がしめつけられました。

    わたしもにおいや手をつないだ感覚を思い出してた。

  133. スパイク より:

     まんまと念願かなって恋に落ちた女が

    「あたし恋がしたいんじゃなくって

     恋をしてる相手にっ

     息が止まりそうなほどに

     強く抱きしめて欲しかったんですよっ」

     そんで泣くとこまで。

     これは、カワイイ、かなり。

  134. azukimame より:

    はじめまして。

    私の場合・・・。

    ・好きな人も居なかったとき

    『strawberryshortcakes』94ページ

    “ロックウェルも好き バクダッドカフェも好き

    キンクスも好きだし スペシャルズも好き

    北村薫も好きだし ご飯ですよも好き

    (こんなに好きなものを持っているから

    好きな男が出来ないのかちら)”

    ・好きな人が出来てしまって

    『短編集 幸せに眠る』最終ページ

    “あなたのニオイ。

    さっきまであなたが居たという 居酒屋のニオイ

    タバコとアルコールと焼き魚のニオイ。

    あなたがいると あたしはとてもいい。”

    ・その”恋愛”に悩んでしまったとき

    『短編集 水槽』最終ページ

    “繰り返し 繰り返し

    僕らは お互いがお互いを

    ここにいてくれたらいいと思う”

    同感!とゆうのが多々あって。。。

    長々失礼いたしました。。。

  135. sao より:

    どの話も大好きだけど!!!

    strawberry shortcakesの一番最後

    神様

    ほんとは

    あなたなんていない。

    あたしはこんなふうに

    菊池を手に入れるのだ

    リヤルな女の気持ちだと思います。。。

  136. sao より:

    StrawberryShortcakes

    あたしの心が安らかでありますように__。

    の帯ですでにやられました。。

  137. SHINO より:

    南瓜とマヨネーズの、

    「あたしはミカって子を ただ漠然にすきと思った」

    (ちょっと違うかも)

    なんか、ほんとにこの人がすきだーと思う気持ちが伝わった。

  138. *あや* より:

    MICHIさん>

    はじめまして^^

    ストロベリーのその最後のせりふ、

    それって、やっぱり菊池を手にいれたんですよね??

    ずっと考えてて・・

    秋代のはなし、わたしも大好きです(*゚ー゚)♪

  139. 茶夢 より:

    >♥あや♥さん

    きっと菊池を手に入れたんだと思います!!!

    菊池は女の罠にハマッっていったのねぇ・・・・。

    (でも、私の妄想ですけどね・・・。)

    この先が知りたい!!っていつも思いますよね☆

  140. 茶夢 より:

    139サン

    手に入れた、ってそんな形式的な意味ではない気が(汗)

    菊地が彼女のものになった、とかそういう単純な言葉の重さや深さじゃないかとあたしは思います

  141. 茶夢 より:

    ↑言い方まわりくどい。

    とりあえず付き合ったとかそういうんじゃないんじゃないかなぁと (笑)

    連レスすんません

  142. 茶夢 より:

    うがった見方かもしれませんが

    菊地と付き合えたわけではないような気がします。

    それまでは怖くて聞けなかった彼の本音を

    ようやく聞きだす事ができた、という意味では?

    手に入れたのではなく、

    ようやくスタートラインに立てた所で話を終えて

    続きは各自で想像して欲しい

    のだと思ったのですが…

    いかがでしょうか?

  143. パキシル より:

    わたしも手に入ったわけではないと思いますよ。

    ま、でも秋代的にはキクチが他の誰のものにもならないなら、自分のものにならなくても視界に入っているなら、それで良いのだと思います。

    ただ、他の誰かのものになるなら、自分の手に入れようとする。

  144. 洋子 より:

    菊地と付き合えたわけではないし、今後も付き合わないんだろうなって気はしますね。

    私は菊地の『友達』や、『死んだら泣いてしまう存在』のスペース、ある意味永遠のつながりを手に入れたのだ、という意味にとらえていました。

    他の彼女みたいに別れたり、関係がなくなることはないぞー!何もできないけどねー(泣)っていう。

    あと、今まで秋代は必要以上に菊地にサバサバした軽いキャラを演じていたと思うんですけど、 このたび、きちんと告白をしたことで名実共にお互いの絆が深くなったのかな、とも感じてます。

    イヤな言い方ですが『告白断ったんだから、他のコト付き合って』 みたいなことも言えるだろうし。

    秋代は思ってても絶対言わないだろうな(笑)

  145. 洋子 より:

    はじめまして。

    私が好きな作品は、もうすでに出ていますが、「キヲク」と「大切な帰るべき場所」です。台詞全てが、心を打ちます。

    まだここ出ていない作品(たぶんですが…)の中では、「短編集」の「君でよかった」が好きです。

    「君が僕にあやまったり笑ったり。

     僕が君にあやまったり笑ったり。

     くりかえし

     くりかえして

     僕達は幸福に暮らす。」

    穏やかな日曜の朝の空気が伝わってきます。

    あたしの日常も、そうであればいいのに。

  146. pak より:

    はじめまして∞

    友人が貸してくれて好きになりました。

    確か 短編集(strawberry shortcakes ?)の、

    「 感情は 言葉にして吐き出さないと  勝手に出口を見付けてしまう 」

    これはとっても納得して、印象的でした。

    あと、酔っ払って帰ってきた恋人がひざのうえで眠ってしまって、「寝ちゃったのー?」とかゆうシーンありましたよね。

    それの最後の、「あたしもがんばるねー」 てゆうとこがめちゃ好きです! 

    タイトルとか忘れてしまいました・・・なんだったっけ

  147. びびりすぎ より:

    ☆あかねんさん

    他の彼女みたいに別れたり、関係がなくなることはないぞー!何もできないけどねー(泣)っていう。

    これ、すっごいわかる。わかります。

    わかっちゃいます。せつない。

    だから、あの話が大好きで大嫌いなんだなぁ。

  148. 真中ケイ より:

    セリフわすれたけど、南瓜とマヨネーズ

    夢にのっかる???というところのやりとり。

    すばらしいです。

  149. あっこっこ より:

    わたしたちの

    この ありふれた平凡は

    本当はとても

    こわれやすくて

    なくさないことは奇跡

    年を重ねば重ねる程、このコトバの持つ意味、大切さを実感してます(^-^)

  150. あやじ。 より:

    きっとこれからあたしは一生

    2番目に好きな人を

    愛したままで暮らすんだ

    痛い言葉です。

  151. よもぎ より:

    「南瓜とマヨネーズ」は、全部全部一行一行が、心に染みて、痛くて痛くて心が凄くヒリヒリします。

    「ハギオのためならさ、たぶんあたしなんでもするんだろうなー」

    「ただ ただ 泣きたくなるような衝動

    目の前にいるハギオへの

    泣きたくなるような衝動だけ」

    (友人の)「今のそいつを好きなんじゃなくて

    過去の自分へのために 今そいつと会ってるんじゃない?」

    ハギオがどんなに嫌な奴かって。誰に言われなくても分かってる。分かりすぎるほど分かっている。

    でも感情はどうしようもなくて。

    ツチダがハギオと別れた時は。自分からちゃんと別れた時は。凄く凄く切なかったけど。

    偉いなと思って。私だったら無理だろうなと。

    はぁーーー。苦しく切なくなりますね。(笑)

  152. よもぎ より:

    痛々しいラヴかWaterかどっちかわからないのですが、『デジャブー』というお話が印象に残ってます。

    他愛ない日常の痴話喧嘩をリアルに表現している作品だと思います。

    小さなことで怒ったり笑ったり・・・2人でいる幸せってこういうことなんやろなぁ・・・と思いました。

  153. 匿名 より:

    傷つくのと傷つけるのでは

    傷つけるほうが何百倍もつらいだ

    「南瓜とマヨネーズ」のなかにあった言葉・・・

    マンガの状況とは全く違うけど、なんか自分と重なって共感させられました。

  154. 匿名 より:

    『鈴木さん』だいすきなんです

    同じ毎日を過ごし恋をしたいと思う鈴木さん
    妄想してブッ飛んじゃって姿とかカワイイです

    んで『桑野さん』の話(ウンコの話)してた同僚と飲んでる場面で

    『…たまげた
    あんだけウンコウンコゆってたクセに
    …なんか今ムッショーにかわいく見えた』
    『――なんかやっぱ
    恋ってスゲーんだな

    思っちった』
    『あたしは恋するあんたが
    うらやましい』

    って台詞。
    恋してかわいくなってる子みると
    鈴木さん思い出します。

  155. 匿名 より:

    はじめまして。

    短編集の「君でよかった」の詩が大好きで、友人の先輩が結婚された時、この詩を贈りました。

    特に最後の

    「今日はきっとお天気だよ。

    君とどこへでかけようか。」

    という部分が好き。

    某有名ドラマの台詞にありましたが、「明日という未来に自分が存在している事が嬉しい」と思いませんか?

  156. 匿名 より:

    みんな大嫌い

    カアイそうな自分がいちばん好き

    ひどくカッコよくて

    ひどくいいかげんで

    ひどく甘ったれていて

    あたしはこんなふうに菊地を手に入れるのだ

  157. ちひろの田舎から送ってきた野菜は、吐けなかった。

    すみません、うろ覚えなのですが。。。

  158. より:

    テレビのニュースで世界は大変

    昨日と同じでいることが

    なんと幸せなことか

    それはわかっている

    でもね あたしはたださァ

    なんてことはないくだらない出来事を

    セミの声が小さくなったね とか

    東京でもそこらへんにススキは生えるのだね とか

    そういうことを誰かに隣で聞いててほしいなァって

    そう思うだけ

    平和な今も ありがたいけど

    そのくだらない平和を

    共感できる相手が欲しいだけ

    ―――“大好きなひと”。

    「strawberry short cakes」

    そうそう!!!

  159. 匿名 より:

    すいません・・・男が此処に書き込みして良いか

    と想いましたが、皆さんの心に残る台詞を見さしてもらい

    胸が一杯になりました・・・

    少し、南京とマヨネーズみたいな付き合いがあったので

    台詞のチョイスは難しいです

  160. 匿名 より:

    うろ覚えですけど 痛々しいラヴ

    嗅覚による記憶は鮮明だからね みたいな記述が。

    においって記憶をやたら引き出しますよね。

  161. myco より:

    わかりますッッ!私も嗅覚の記憶の部分に共感しました。匂いってずっと記憶に残ってて切なくなったりしちゃう(´;ω;`)

    前に一度オジサンから元カレの匂い(家の匂いかな?)がしてちょっと追っかけちゃった(●´艸`)オジサン…

  162. 匿名 より:

    とーRさん、分かります(;_:)

    あたしもあの話、よく覚えてます!

    ほんまに嗅覚て記憶と関係が深いですよね★

  163. 匿名 より:

    嗅覚と記憶…痛すぎるほど解る。

    最近、失恋してしまったんだけど、

    真っ先に思うのは「もう一度あの匂いをかぎたい」だもん。

    こういう言い方だと、なんだか変態っぽい(苦笑)けど、純粋に、ね。

  164. 匿名 より:

    痛々しいラヴの、コウエンデっていうのがけっこう好きです。

    友達の彼氏と両思いになってしまい、それを告げるため公園に呼び出して・・・。

    でも、すでにその事実を知ってるヨウちゃんが

    「ずっりーのー!」って。。。言うんです。

    ヨウちゃん・・・。

    あと短編集の、日曜日に風邪をひく・3話

    「俺は篠崎が他の奴を好きなただの友達だったらよかったのにって 友達だったらよかったのにってそう思ったんだ」

    あたしもそう思った。

  165. 匿名 より:

    感情は

    言葉にして吐き出さないと

    勝手に出口を

    見付けてしまう

    です。

    最近こうゆう目によくあいます。

    僕は男で、魚喃サンの作品が大好きなんですが…

    男が読んでもいいのかな?

    なんてたまに思ったりもします。

    でも、

    好き。

  166. 匿名 より:

    Waterのなかのデジャウ゛ー

    「前にみたことある」 なんて笑って仲直りできたら

    とても幸せだろうなーと。

    ハルチンは凹んだ時に読み返してます。

    読んでいて笑みがこぼれる感じ。

    全然 男の人が読んでもいいと思う。

    っていうか読んでほしい。

  167. 匿名 より:

    男女は関係ないですね、うちの彼女はあんまり好みでないと言ってたし。

    ふと思い出したことで、ストロベリー〜が出版される2年くらい前、中野武蔵野ホールで矢崎監督の「花を摘む少女、虫を殺す少女(だっけ?)」のオールナイトイベントにキリコさんゲストで監督とトークショー。そこで「日曜日に風邪を引く」をスライドショーみたいなかんじで音楽つけて上映してました。スクリーンの白に映える黒い猫線がやけに印象に残ってます。

  168. 匿名 より:

    『ポリエチレンより愛を込めて』

    がなんだか好きです。

    「ねぇ、いきてるんだよね、それでもいきてるんだよね」

    でもみんなに私はこれが好きって主張したい作品ありすぎて。

    『キヲク』も私大好きだなぁ。

    とーRさんと同じく

    「嗅覚からの記憶は鮮明だからね」

    が素晴らしいと思う。

    みんなきっと匂いに敏感だけど、嗅覚からの記憶なんて考えたことなかった!

  169. 匿名 より:

    “−恋の片道切符。”

    別に有り触れたコトバなんスけどねー。

    なんか、魚喃キリコ先生に言われると、ドスッとどっか刺されるような…

    背中かお腹あたり…

  170. 匿名 より:

    空が青いよ ハニー(架空)

    strawberryshortcakesの鈴木サン

    鈴木サンが好きなだけです。

  171. 匿名 より:

    あたし…

    ハギオに

    どんどん見透かされて

    嫌われていくのとか

    ハギオが

    いなくなるのが

    こわいよ

    …だから もう

    ここで

    やめたい

    いま好きな人がいるけど

    その人はわたしとのことは

    全然頭にない様子で

    でもカラダの関係はあって

    そして私はどんどん好きになって

    この言葉胸に刺さりました。

  172. 匿名 より:

    ハルチンの、むっかー度がMAXに達したってとこ好き

  173. 匿名 より:

    ・まァ、これもいいかなってことで

    真理のセリフ

    「本気で好きなひとばっかりに一生懸命になってると苦しいしつかれちゃうけど、他にも逃げ場があればよゆうができて楽じゃない」「人生は気が遠くなるほど長いけど、その間にキレイなのはほんの一瞬。だから私は後悔しないために今しかできないことをやれるだけやっとくの」

    真理ちゃんは遊びすぎがバレて本命彼氏に振られちゃいましたが、この考えは共感できるな〜、と。

    ・休日

    彼氏がぶっ壊れてしまった

    前の彼女から「ケッコンします」のハガキが届いたのだ

    なんでそんなもん送ってくんだよ

    この男はべつにもー

    テメーのもんじゃねーだろーと言ってやりたい

    ・大切な帰るべき場所

    ねぇ 淋しいから会おうって言ったの?

    あたしいまその娘のかわり?

    2年前もその娘と比べられて見下されて

    それで今度はその娘のかわり?

  174. 匿名 より:

    「南瓜とマヨネーズ」は個人的にどれも心が痛くなる言葉やシーンだらけなのですが(ゆえに一番好きな作品)

    せいちゃんを大切にしてあげたいのに

    せいちゃんのことがとても大切なのに

    やましいからくるしくて

    大切にしてあげたい せいちゃんのことが 見れなくなる

    せいちゃんといると くるしくて

    逃げ出してしまいたくなったりする

    ハギオを忘れられないのも、せいちゃんへの気持ちも

    どれもこれも、真実の感情。

  175. 匿名 より:

    一杯ありずぎて悩みますが、最近のものの中からだと

    「strawberry short cakes」

    第14話

     

    あたしなんか 生きてても忘れられるだけだけどさ 死んだら

    死んだら 菊池はずっと あたしのこと忘れらんないよねェ

    死にたいなァ

    第20話

    ねぇ きっと

    誰よりも 何よりも さ

    あたしを大切に

    していなかったのは

    あたし自身だったの

    かもしれない

    これからは 

    あたしは

    あたしのために何かをーーーーーー

  176. アスコ より:

    コスタリカアミーゴ
    ハップン!!!
    (ハルチンより)

    皆さん切ない系なので
    ハズしてみました
    (^_^;)
    初めて読んだ時
    ツボにハマって
    のた打ち回って笑い転げました☆
    何度読んでも笑えます♪

  177. 美和 より:

    かわいく光る星たちだハニー(幻想)

  178. 美和 より:

    >アスコさん

    あたしもです!

    凹んだ時は、「ハルチンP40」と決めていますww

  179. 匿名 より:

    『青色が遺したものへ』

    に1番泣きます。いつ見ても泣く(ノ_・。)

    アツの彼女が本当にステキ☆いさぎよくてカッコイイけど、あの決断の裏の心境とか葛藤をイメージして、ハッピーエンドを祈って何回も泣いちゃいます。あんな愛の深いオンナになりたい。

  180. 匿名 より:

    短編集の痛々しいラヴの

    最初から

    まけているあたしに

    ハギオはそんなにも勝ちたいんだろうか

    が、凄く記憶にのこっています

  181. 匿名 より:

    印象的でかっこよくて切なくて残る言葉は皆さんと重複してしまうのでおいとくとして。

    私の好きな台詞は

    短編集の『痛々しいラヴ』の

    始発の電車の中で

    あたしのイイ顔でも

    思い出しとけバカ男

    ってのが好きです。

    こういう言い回しは本当にぐだぐだに、こういう状態にならんと出て来ないですよね。と思いました。

    むしろ、わかるわかる、みたいな笑。

  182. nana より:

    「あたしたちはセックスだってしたことあったのにね」

    うろ覚えですが、強烈。心情があまり痛い。

    あと、「strawberry short cakes」より

    「菊池が触ったあたしの身体に誰もさわるな」

    と、

    「あたしがこうなるまでの過程には あなたがとても必要だった」

    両方ともそれぞれの相手に対する愛を思わざるを得ません。

    正直、泣きました;;

  183. 匿名 より:

    こんな私は死ねばいい

    死ね

  184. 匿名 より:

    **************

    いくらどんなに気丈にふるまって強くあろうと思っても

    少しでも隙をみせると怒りや憎しみが

    体の中からいっぱいに 噴出してくる

    必死でもがく

    私の心が

    安らかでありますように

    強くありますように

    **************

    すでに皆さん、この台詞をあげてくださっているのですが、

    このシーンのように、今私は嫌な事に誰かを憎んだり

    行き場所のない怒りが涙となって出てきます。

    そして、最後は、優しい自分になりたい、こんな自分は嫌と

    思い、心穏やかになりたいと切に願っていました。

    私と同じ考えがそのまま描かれているのにショックを受け

    そして、肯定された気がして、自分を大切にしてあげようと思いました。

  185. た子 より:

    nanaさん>

    あたしたちはセックスだってしたことあったのにね

    これ痛いですよね、同感っす;

  186. なんぷう より:

    [strawberryshortcakes]

    自分がどこにいるのか

    誰に何をどう求めているのか

    なにもかも

    わからないのは疲れるけど

    考えるのはたぶんもっと疲れる

    * 

    感情は言葉にして吐き出さないと

    勝手に出口を見付けてしまう

    塔子はいいな

    東京にいる存在価値があって

    今のあたしの心境・・・

  187. なんぷう より:

    『誰の事も 好きでははないハギオは、

    そんなにも

    あたしの事が 嫌いなんだろうか…』

    もーっ、鳴咽でした…

  188. なんぷう より:

    【ハギオ】。

    自分の中で印象的だった言葉なので
    一字一句正確か分からないけど

    『ハギオの為だったら何だって出来るのになー』

    ダメなヤツだと分かりつつも…

  189. なんぷう より:

    きっとあたしはこれから一生

    2番目に好きな人を

    愛したままで暮らすんだ

  190. 匿名 より:

    先日、

    blue、strawberry shortcakesに続けて、

    短編集と、南瓜とマヨネーズ、買いました。

    …すこし話が逸れるのですが、village vangardの南瓜とマヨネーズのポップに

    「何が南瓜とマヨネーズなのか。これが分からないあなたはまだまだ甘ちゃんです。」

    みたいなこと(不正確)が書いてありました。

    正直、僕にはまだ分かりません。

    ただ、読んで、何度も読むのをやめようかと思うくらい、グサグサときました。

    綺麗なだけではない、綺麗なだけでは済まされない、僕の中の大切な思い出たちを、うまい具合に引き出されました。

    読んで少し辛くなる。

    けど、

    最後まで読むと、どこか、

    冷たすぎないおいしい水を飲んだような…

    そんな気分になる。(分かりにくくてすみません…)

    僕に、とって魚喃キリコの作品は、こんな感じ☆

    他ではきっと味わうことのできない大切な大切な作品たちです。

    一番最初に読んだのがblueだったのですが、

    正直、女性に嫉妬しました(笑)

    blue、の、本質的な部分に感動することができるのは、

    おそらく女性だけだろうと感じました。

    セリフ、シーン問わず、

    僕にとって、blueが一番です。

  191. 匿名 より:

    ねぇ誰よりも 何よりもさ
    あたしを大切にしていなかったのは あたしかも知れない。

    ストロベリーショートケイクスより

  192. 匿名 より:

    「Water」から

    ねえ、生きてるの?

    死んでるの?

    なんにも考えることができないなんてあたしは君たちのことがうらやましいよ。

    みんな死ね。

    その顔めいっぱい歪ませて シアワセな奴みんな死ネヨ

    トゲトゲのたくさんんが消せない。

    ヒトのことがねたましくて消えない。

    誰かタスケテヨ。

    「フラウ」より

    ねえ

    生きてるんだよね

    それでも生きてるんだよね。

    涙がでてくるよ。

    君の知らない僕が君の気付かない場所で

    君の無事をこんなに有難く思ってるよ

    苦しかったの?

    切なかったの?

    そしてその傷はいえた?

    「きっと大丈夫。」

    「全てが君の見方だよ」

    明日朝早く

    君に手紙を書こう

    「ポリエチレンより愛を込めて」より

    サン

    ニー・・・イチ・・・

    ゼ・・・

    「ダンッ」

    「あるヒトツの窓の中に」より

    「なんにも考えることができないなんてあたしは君たちのことがうらやましいよ」ってすごい共感した言葉でした。

  193. ジミー より:

    前にも既にあげられてますけど、

    短編集「水槽」の

    繰り返し 繰り返し

    僕らは お互いがお互いを 

    ここにいてくれたらいいと思う

    というラストがすごく胸に沁みました。

    それから、同じく短編集「ある女のコのお誕生日」の

    まさか自分がこんなに年をとるなんて

    そしてこの先も死ぬまで永遠に年をとっていくなんて

    なんだか自分の意に反して激流にドードー流されてる気がするッ

    おっかねーッ

    っていうのにものすごく共感しちゃいます。。

  194. もめん より:

     ストロベリーショートケイクスで

     ちひろと搭子がお互いの事を

     『大嫌い』と言って別れるところ…

     それはお互いの事を認めた上で口に出来た

     正直な気持ちだと思う。

     人間は自分の大好きな人達だけと

     生きているんじゃない。

     今の自分があるのは好きな人、嫌いな人

     たくさんの人との出会いがあるからだ。と俺は思う。

     

     自分の人生を誰かのせいにして生きている。

     その度に自分の事が嫌いになる。

     そんなことを繰り返してる時期にこの本に出会いました。

     人は一瞬で強くなったり、弱くなったりしてしまいます。

     そんな時この本を思い出してしまう。

     

     たとえば今『どんな人になりたい?』とか聞かれたら

     『搭子』みたいな人って言っちゃいます。男なのによ〜

  195. もめん より:

    「ストロベリーショートケイクス」より

     なぜか涙が止まらなくなっていた〜

     あたしの心が安らかでありますように 強くありますように

    のくだりが サイコーにぐっときました。

    くわえ

    「あたし 恋がしたい んじゃなくて

     恋をしている相手に息も止まりそうなほどに強く抱きしめて

     ほしかったんすよっ!」

    も 上位にいます。

    これ読んで 一瞬自分を嫌いになったりしてましたーー。。。

    なんとなくですけど。

  196. 匿名 より:

    ストロベリーショートケイクス

    神様

    ほんとは
    あなたなんていない。

    同じ事考えてた自分の心に綺麗に刺さりました。ここを読む度苦しくなります。それと同時にそう考えてる自分を許してくれてる気がしちゃいます。

  197. 匿名 より:

    バカなあたしはバカだから

    いつも気が付くと

    このヒトの口の中の

    舌の動きを見ていてしまう。

    ……本当はいちばん

    マズイのに

    ねぇタクジ

    あたしあんたのこと

    好きだよ

    ケーベツしてもいいよ

    おこりたきゃおこって

    sweet

    今この状況です。

    とは言ってもあたしは想いを伝えられてませんが。

  198. 匿名 より:

    「なにがあったか知らないけど元気だしてよ。

    チーチャンならきっと幸せをつかめるからッ」

    ハルチン

    凹んでる時に、この文を読んでなんかいいなぁと思いました。

  199. 匿名 より:

    『短編集 幸せに眠る』ラストシーンより

     あなたがいると あたしはとてもいい。

       “おやすみね

          明日も元気でいますように”

    いいなぁ…(v_v,,)

  200. 匿名 より:

    strawberryより
    「わたしって東京に居場所あるのかな…」

  201. 匿名 より:

    ハルチン
    「両足の靴下を片方の足指で一緒に丸める」
    得意になりました。

  202. ぷちゃ より:

    BLUEで

    ずっと心の中では「まさみちゃん」て呼んでて

    でも実際は「遠藤」としか言えなくて

    最後の最後でやっと「まさみちゃん」て呼んだ場面。

    あとは、何度もでてるけど、

    「最初から負けてるあたしにハギオはそんなにも勝ちたいんだろうか

    誰のことも好きじゃないハギオはそんなにもあたしのことを嫌いなんだろうか」

    …この話は本当に痛くて、でも好きです。

  203. 匿名 より:

    アタシは。。。『きみでよかった』の文章全部!!!

    あの独特な感じ。まさに魚喃ワールド!!!!!!!!!!!!

  204. 4-477:00198 3 より:

    「椎名さんなら、さっき四階(うえ)でタバコ吸ってんの見たけど」

  205. 機能別ヘ より:

    恋なんてどうせたかがサッカクだ

    たかがサッカク ぶっこわれても全然平気

    だったら行くしかないでしょー

    今度恋したらこの感じでいきたいすー

  206. 美和 より:

    ハルチン

    「今いく!今いくから」

    無敵の名言w

    コスタリカアミーゴハップン!!

  207. 匿名 より:

    strawberry shortcakesの秋代のセリフ★

    「あたしが死んだら泣く?」

    すごく好きだった人に聞いてしまいました。

    とても印象に強いデス

    なのであたしゎ今生きてます

  208. 匿名 より:

    こんな私は死ねばいい

    死ね。

  209. 匿名 より:

    たくさんありすぎて迷うけど、魚喃さんの作品は意味深なとこが多くて、それが、すごい想像力をあおって、未だに気になってるシーンがあります。

    痛々しいラヴ

    キヲクより

    『やっぱりあたしはナツヲじゃなくちゃイヤなんだと わざとつぶやいたら涙が出た

    2年前の最期とかわらず たくさんたくさん涙がでた』

    なんで最後 ではなく、最期なんでしょうか。

    ナツヲは生きているんでしょうか。

    あと、Waterの ヨルとハルとラヴ より 最後のシーン

    『髪がもっと伸びたらいい

    誰にも真似できないくらいに

    だって 長い長い髪の毛を残しておけば

    あたしは勝てるじゃない

    ハルの部屋に来る

    ハルのお気に入りの女を

    かなしくさせることができるじゃない

    ねえハル

    そうでしょう?』

    これ読んで5年、髪の毛切りませんでした。

    そうでしょうがいつのまにやら口癖になってしまいました。

  210. 煙花 より:

    必死でもがく

    あたしの心が安らかでありますように

    強くありますように

    まさにそんな時期があった…。

  211. 匿名 より:

    既出ですが、Waterの「フラワ」

    トゲトゲのたくさんが消せない。

    ヒトのことがねたましくて消えない。

    みんな死ね。その顔めいっぱい歪ませてシアワセな奴みんな死ネヨ。

    痛々しいラブの「あの昼間のこと」

    会っただけで妊娠なんかするわけないけど「死んじゃったんだね」ってそう言ったらかなしくなった

    返すものも

    あなたのことも

    もうなにもないけどただね

    ただたまにね

    あの昼間の夢を見るんだよ

    他は「キヲク」「ヨルとハルとラブ」ですほっとした顔

    ストレートな感情剥き出しの表現が好きです。人間らしくて共感できます。

  212. ひろみつ より:

    「痛々しいラヴ」の女性が下を向いて髪を結う、

    あのオレンジの中表紙があまりに好みすぎて、

    魚喃さんの作品を買い始めるきっかけになりました。

    今でもやっぱりあの表紙の絵がどの絵よりも好きです。

    中身よりも絵が好きなのがずっと先行してたと思います。

    ですが最近しょっちゅう頭の中でリプレイされるのは、

    「ストロベリーショートケーキ」のちひろちゃんの、田舎に帰る直前の台詞。

    「あたしは

    なんであの田舎を嫌うことしかできなかったんだろう」

    私自身は東京育ちで田舎と呼べる田舎もないですが、

    どこかに帰りたい気持ちでいっぱいになる台詞です。

  213. ひろみつ より:

    ストロベリーショートケーキの

    ちひろちゃんは、あんまり人気ないみたいな感じがしますが

    うちは結構好きです

     

    なんで私のことわかってくれないの?とか

    さみしいから違う人に寄り添っちゃう、でも私のせいじゃないとか

    結構気持ちわかります

    でもやっぱ一番は

    塔子の

    「私の気持ちが安らかでありますように」の場面のセリフ

    あれは、シゴトできつかった時に読んで

    そうか、自分もこう言いたかったんだ!と号泣しました

  214. 匿名 より:

    私は短編集の「痛々しいラヴ?W」のハギオとの最後のやりとりが大好きです。
    最後に抱っことキスをおねだりするシーンが切なくて大好きです。

  215. 匿名 より:

    痛々しいラヴ?Xより

    秋代さんと菊地のやりとりのなかで

    【…友情が壊れて恋になるんじゃねーかよ】

    【ま、いいほうに転がればの話だけどさぁ】

    ってところが大好き。

    今のところ口癖のように言ってます、じぶんに。

  216. 7時3分 より:

    一番好きなものを選ぶのは難なので、

    ここではまだ出ていなそうなことばをWaterのflowerより

    “無音テレビのチカチカ。

    古時計のカチカチ。

    たかまったエゴイズムのかたまり。

    かたまったエゴイズムのたかまり。

    ねえ、考えてたら思ったんだけどね

    それでもちゃんと僕はここに居て

    僕は僕で他の誰かじゃないよ。”

  217. 匿名 より:

    皆さんキオクのお話なさってますが、実は嗅覚を司る脳の部分と、記憶を司る脳の部分が隣り同士だから、ふと嗅いだ事のある香りを嗅ぐと記憶が思い出されるんだそうです。
    そんな話を、みなさんのレス見て思い出しました。

  218. 匿名 より:

    カボチャとマヨのコマの画なんだけどベランダで洗濯物かけるやつ、靴下とかパンツとかたくさん干せるやつ、ピンチ?パンチ?
    がね、何か好きなんです。

  219. 匿名 より:

    南瓜とマヨネーズの最後のところ

    わたしたちのこのありふれた平凡は

    本当はとてもこわれやすくて

    なくさないことは奇跡

    ってとこ

    本当にそうだなって思って

    手帳に書き留めました。

  220. 匿名 より:

    愛してるよ

    愛してるよ

    愛してる

    淋しい

  221. 匿名 より:

    ずるく

    きたなく

    とても

    甘い

  222. 匿名 より:

    公園で花火する女の子の話が好き

  223. 匿名 より:

    「南瓜とマヨネーズ」

    わたしたちの この ありふれた平凡は 本当はこわれやすくて なくさないことは奇跡

    この作品自体がめちゃめちゃ好き。

    でも あたしには せいちゃんより ハギオ的 忘れられない大好きな人がいます。。

  224. 匿名 より:

    短編集の中の痛々しいラヴVIの中江君が
    「オレもうオマエとはしない」
    「最初を知ってるだけにいろんな男の存在が見えてなんつーかシット?」
    「なんかそうゆう感情が自分でウザったいからもーオマエとはしない」
    って言うところ
    私は女だけど何となくあー分かるかもって思った

  225. 匿名 より:

    ●strawberry 1話

    あたしのことをバカにするな

    今までさんざん

    プレッシャーや不安とたたかって

    それでもそれでも

    一生懸命にがんばっている

    あたしのことをバカにするなよ

    ●21話

    愛情でも 利用でも

    馬車ウマのように

    あたしを働かせて

    あたしの仕事を軌道に乗せてくれたのは

    あなただものね

    ――憎みつつも 感謝している

    あたしがこうなるまでの課程には

    あなたがとても必要だった。

  226. 匿名 より:

    ストロベリーショートケイクスの,秋代さん。

    菊池が触った あたしの体に 誰も 触るな

    ―――あたしなんか 死ねばいい

    ってところ。

    秋代さんの話は全部だけど。また最近読んだら泣けました。

  227. 匿名 より:

    短編集

    痛々しいラヴ?

    きっとあたしはこれから一生

    2番目に好きな人を

    愛したままで暮らすんだ

    キャンディーの色は赤。

    水中遊泳。

    指輪をさわって

    「バイバイさようなら。」

    同じ気持ちです。

  228. 匿名 より:

    (くちづけ)

    なんにも知らないで 

    あたしの 

    くちづけまみれになるといいよ。

    (color color)

    目が覚めたら 

    真赤な夕焼けが待ってるよ 

    そしたら空は  

    ちょっと 君に 

    かしてあげるね 

    (水槽)

    やめるなら 今だよ 

    きりだすのは 君のほうだよ 

    (夜、一瞬ひとりぼっちじゃ

    ないということ。)

    ものすっごいキスをして

    ものすっごくヤろう 

    (同棲破局。)

    アンドゥトワァー 

    みっつかぞえて 

    いちにさーん 

    せなかを向けて 

    わたしたち、お別れ、なんですね。 

    (歳上女の歳下男。)

    愛してるよ 

    愛してるよ 

    愛してる 

    − 淋しい。

    いっぱいあります 

    すきすぎるッ

  229. 機能別ヘ より:

    大切なヒトがいるのに
    その一つ前に
    大好きだったヒトに
    会ってしまったら
    一体あたしは
    どっちを大切にしたいのか
    わからなくなった

    痛々しいラブ
    【大切な帰るべき場所】

    あたしはこうゆう経験ないけど、なぜかすごく共感できました。

  230. ゆり より:

    blueの37ページ、遠藤が「もう忘れちゃったし」と俯くシーンというか、カットが好きです。

  231. ゆり より:

    わたしは、『ストロベリーショートケイクス』の、276ページと277ページです。
    ヒョロリが死んじゃって、公園で秋代さんが涙を流しながら「お まつりすんだー原っぱ…にー…」って唄ってるシーンが一番好きです。
    秋代さんの孤独感や喪失感がギッシリ詰まっていて、何回読んでもここで泣いてしまいます。切なくて、悲しくて、胸が痛くなります。

    好きです、魚喃さんの世界。

  232. ゆり より:

    わたしは短編集のなかの

    こんなふうな夜のなかで

    のなかで彼女のいるりょうくんを好きになったのぞみの話
    最後の言葉

    夜のなかを2人で
    2人きりで歩く時に
    キスをしたくなるような
    キスをしてしまいたくなるような
    こんな夜のなかで
    あたしはミナちゃんになりたかった

    が好きです。
    こんな気持ちになった夜があります。とても共感

  233. ノノカ より:

    「ストロベリーショートケイクス」の秋代さん。

    私あの人がすき

    私あの人が好き

    どうにもならなくって泣きたくなるよ

    ・・・が好きです。せつなすぎる。

  234. 匿名 より:

    ストロベリーショートケイクス  ちひろ

    最後のほうで、夢で昔を思い出すシーンから、ちひろが塔子とバイバイするまでが好きというか…

    ちひろの田舎ってたぶん、新潟。

    あたし、名前も田舎も一緒で、今の状況も少し似てて。

    思い入れが強くなっちゃうの当たり前ですよね。

  235. 茉莉 より:

    短編集の

    <幸せに眠る>

    、、、

    最後、、、

    目を閉じてみる。

    眠たい。

    そしてキミのニオイ。

    (*´_`*)

    <水槽>

    、、、

    最後、、、

    繰り返し 繰り返し

    僕らは

    お互いがお互いを

    ここにいてくれたらいいと思う

    これは

    すごい共感した、、、

    <鈴木さん>

    (*^ロ^*)

    字がいっぱいのところ。

    「今何やってんの?」って

    質問されたら

    「電話待ってんのッ!!!」って

    言いそうあたし

    「本読んでた」とか

    「ごはん食べてたよ」とかみたいにさ

    、、、

    のところ★

    鈴木さんすき♪

    ななさんのお話は

    共感するし

    ほほえましいし

    大好き♪

  236. 茉莉 より:

    blue

    「会っちゃったらよけー悪いほうに行っちゃうって

    自分のことだからあのコが一番わかってると思うんだけどさー

    でもー

    頭でそんなことわかっててもどうしようもないってゆうさァ

    そーゆー気持ちが人を好きンなるってことなのかねェ」

    そーゆう状態になる気持ちもわかるし

    そーゆう風に思ったこともあるなぁ、と思いました。

    うーーん、、リアル。笑

  237. 匿名 より:

    あたしをバカにするなよ

  238. 匿名 より:

    『あたしなんか生きてても忘れられるだけだけど

    死んだら菊地はずっとあたしのこと忘れらんないよね』

    全く同じこと考えてたから、これ読んだ時涙が止まらなかった。

  239. 匿名 より:

    自分が
    苦しすぎるから

    あたしと同じだけ
    誰かにも
    苦しんで欲しかった

  240. 匿名 より:

    愛してるよ
    クソッたれ

  241. 匿名 より:

    自分が
    どこにいるのか

    誰に何を
    どう求めているのか

    なにもかも

    わからないのは
    疲れるけど

    考えるのは
    たぶんもっと疲れる

  242. 匿名 より:

    誰が、誰を愛したって たぶんぜんぶ、まちがいじゃない。←この言葉すきですハート

  243. より:

    …あたしでイッたクセに

    ですかね。

  244. 匿名 より:

    ぼくはぼくで幸福で
    君に好きなひとっていうのがいるようになって
    また何年かして会っても
    いとしいぼくの泣いた顔なんかみせてあげないよ。

    そんなふうに思ったんだ。

    そんなふうに思ったんだよ。

  245. ゆーみ より:

    最初から

    負けているあたしに

    ハギオはそんなにも

    勝ちたいんだろうか

    イタスギマス…

  246. 匿名 より:

    原画を無くされた時の

    『泣いて謝れ。』

  247. 匿名 より:

    ごめんね、すきになっちゃった

    なんだったかな

    (´・ω・`)

    セリフじゃなくて

    回想シーンのひとつペンギン

  248. 匿名 より:

    なんにも考えることができないなんて

    あたしは君たちのことがうらやましいよ。

    「Water.」のフラワの一節。

    胸ぐらつかまれたような衝撃でした。

  249. ブライス子 より:

    どうもです。

    南瓜とマヨネーズ

    そいつ「楽しいから好き」って言ってたってゆってたけど

    そうゆうのって“好き”ってゆうかなァ

    そいつサッカクしてんじゃない?

    あんたを好きってことがサッカクだって言ってんじゃなくて

    そいつの“ひとを好きになる”ってゆうやり方がアンチョクってゆうかさァ

    そんであんたも

    今のそいつを好きなんじゃなくて

    過去の自分のために 今 そいつと会ってるんじゃない?

    この件にガツンと何かがささりました。

    やられましたァ。

  250. みっちゃん より:

    たぶん短編集で
    鈴木さんが

    「たとえばひとから“今何やってんの?”って質問されたら“電話待ってんのッ!!!”って言いそうあたし」

    って悶々としてるところ
    わっかるなぁ〜!
    って思った。

  251. mamoco より:

    blue

    葡萄がゆっくり腐っていった。

  252. Hi ! China より:

    >姐さんに一票

  253. 匿名 より:

    ストロベリーショートケイクスの

    感情は言葉にして吐き出さないと
    勝手に出口を見付けてしまう

    がうまく気持ちを伝えられない自分に強く染みました

  254. 匿名 より:

    ストロベリー 156P
    ちひろちゃんが同僚に陰口をたたかれていて、指輪を中指から薬指にはめ直したシーン。

    その後彼氏の帰りをずっと待っていて‥

    あたしの居場所が

    どこにもない‥

  255. 匿名 より:

    たぶん痛々しいラヴに入ってた話だと思うんですけど、キョーコちゃんって話の

    私は勝ったって思ったんだ

    って台詞が好きです。うろ覚えですが…。

    そのあとのキョーコちゃんの言葉も可愛すぎて、きゅーんってします。

    本当に魚喃さんはリアルな感情をかくのが上手いッス。

  256. 匿名 より:

    既出でしょうがストロベリーの塔子

    「必死でもがく

    私の心が安らかでありますように 強くありますように」

  257. 匿名 より:

    strawberry shortcakes から

    あたしは菊池にとってどんなにチンプか

    菊池にとってのあたしの価値なんて

    きっとゼロだ

    っていうところ。

    彼にとってのアタシの価値なんてきっとゼロ。

    アタシもそういう恋愛をしてきました・・・・。

  258. 匿名 より:

    『愛してるよ、愛してるよ、愛してる 淋しい』

    間違ってるかもだけど…

  259. azukimame より:

    「あたしなんか死ねばいい」

    しょっちゅう心ン中で言ってます。

    でも、

    あたしが死んだら泣く?

    って、

    好きな人に聞ける秋代は、

    かっこいいというか強いってゆうか、

    かっこいい、なぁ。。。と思う。

  260. 匿名 より:

    あたしでイッたくせに。

  261. 匿名 より:

    【キャンディの色は赤】の【恋するマリー。】の中の

    「飽きたりしないッッ
    てゆうか
    むしろ飽きたいよ
    そのくらいずっとずっと一緒にいたい」

    同じ気持ちです。

  262. 匿名 より:

    「ねぇ、キクチ。私が死んだら泣く?」

    凄く泣けます。

    映画ではこのセリフなくて残念でした。

  263. 匿名 より:

    南瓜とマヨネーズの

    「髪長くなったね」

    「また切ってよ」

    「うんいいよ」

    のあんま顔見ながらしゃべんないとこが感動してしまいます。

  264. 匿名 より:

    うろ覚えですが、
    ハギオと東京タワー行って、眺めてる時指が触れて、
    『なんでもない』
    と自分に言い聞かせてるシーン。

    甘酸っぱい

  265. 匿名 より:

    「あたしの事をバカにすんなよ」

    小さくて儚い

    自分への自信が崩されそうな時の

    心の悲鳴。

    By strawberry shortcakes.

  266. 匿名 より:

    先日,「短編集」を久しぶりに読んで,その中の「痛々しいラヴ?」から。

    お腹の中にあるものは

    簡単に消えてしまうけれど

    気持ちはいつまでも残る

    っていうところ。

    ハギオの子を堕ろしたの,つらかっただろうな・・・。

  267. 匿名 より:

    へにこさんのコメ共感しました。
    読んだときトイレで号泣しました。

  268. 匿名 より:

    これまたうろ覚えですが、
    「親から仕送りもらってろくに大学も行かず。」

    『それに加え洋服バカ!』

    「そうそう!」

    リアル。
    こんな奴いたなぁ。と思いました。

  269. 匿名 より:

    はじめまして

    好きなトコは色々見てみなさまとおんなじでしたので

    あえて

    うつむいてウカウカ歩いてたら突然

    天空から10tのエメラルドが目の前に降ってきて

    行くてをはばまれてしまったような、

    そんな恋がしたい

              strawberry shortcakes

    なによりも

    331ページの最後のコマ

    菊地の顔が

    大好きです。

  270. 匿名 より:

    既出ですが

    「あたしでイッたくせに。」

    もう!ほんとに!!

  271. 匿名 より:

    ハギオに結婚するんだって言ってたのとか

    安っぽい香水の匂いがする幸田のエリちゃん

  272. 匿名 より:

    君の真似してマーチンの靴を履いただけ

  273. 匿名 より:

    痛々しいラヴの「休日」の

    やな女
    顔も見たことない人間を
    こんなに憎いと思ったのは
    初めてだ
    死んじゃえばいいのに

  274. 匿名 より:

    キャンディーの色は赤。の『ラブレター。』

    誰も信じれなかったあたしが

    命がけで信じた時間をかえせ。

  275. 匿名 より:

    「あたしでイったくせに」ですね。

  276. 匿名 より:

    そンだけだけど   今日もいい一日だったなア。

  277. 匿名 より:

    『日曜日に風邪をひく』の篠崎が阿部のお見舞いに行く話の始終が凄い好きです

    特に後半の告白→『好きにならないと思う』→裸足で玄関先まで出て礼を云うくだりが

    切なくてたまらないです

    台詞とかではないのですがとにかく始終まですべて気に入り

    何回も読んでしまいます

    2人とも切ない…

    篠崎さんも可愛いのになあと(´・ω・`)

    恋愛下手過ぎる私にとって篠崎のあの行為を取れる勇気が素晴らしくうらやましく感じられました…

  278. あき より:

    ねえ桐島

    桐島ー…

    (「blue」より)

    春に読みたくなる

  279. tama より:

    基本、苗字で呼びあうとこ。
    実際にそういう女の子とお付き合いした事あったが、違和感あってダメだったけど(笑)

  280. 匿名 より:

    いくじなしはボクとキミとどっちだったのかな。

  281. 匿名 より:

    『痛々しいラヴ』の『休日その2』

    「確かナスがあったはずダ」

  282. 匿名 より:

    *幸せに眠る

    、、、

    目を閉じてみる。

    眠たい。

    そしてキミのニオイ。

    *水槽

    、、、

    繰り返し 繰り返し

    僕らは

    お互いがお互いを

    ここにいてくれたらいいと思う

    *鈴木さん

    、、、

    「今何やってんの?」って

    質問されたら

    「電話待ってんのッ!!!」って

    言いそうあたし

    「本読んでた」とか

    「ごはん食べてたよ」とかみたいにさ

    、、、

  283. 匿名 より:

    『なんて

    かわいいんだろゥ』



    あたしはいつも思っている。

    こーいう夜、いいなあ(´・ω・`)

  284. 匿名 より:

    連コメ失礼します(´・ω・`)

    『いいよ

    しても

    明日セキ入れに行く?』

    負けてもいい

    云われてみたい…(´д`;)

  285. imim より:

    「嗅覚からの記憶は鮮明だからね」

    それこそ読んだ記憶はもう10年以上も前か。台詞あってるかな〜

  286. 匿名 より:

    「ブスに女を感じるのも憎ったらしくていいぞ」

    可愛い妹にコンプレックスを感じてた主人公が彼氏に聴いた、皮肉めいた質問に対する答え

  287. オカ より:

    なんかおかしいね、こんな風に平和になるなんてサ。

    時間って、経つんだなァ。

    「13年間。」

  288. 匿名 より:

    台詞ではないですが、菊池の部屋から出て行く秋代の背中。

  289. 匿名 より:

    憎みつつも 感謝している

    あたしがこうなるまでの過程には

    あなたがとても必要だった

    ひとつの恋に区切りをつけるたびに

    この言葉を思い出します。

  290. shin より:

    > 二階さん

    言葉以上のものを物語っています。そして最終回の秋代の覚悟は胸に突き刺さります。

    痛々しいラブのラブホから出た後の

    「このお金で映画でも行こっか」

    と言われた時の女の子の表情。

    いつかあんな顔させてみたいです。

  291. shin より:

    今確認したら

    ヒマだったらそれで映画でもいかない?

    でした。

  292. ひゃく より:

    みなさんのコメント読んでて、すでに泣きそうです。

    わたしは「strawberry shortcakes」の、

    「‥今まで」

    「ずっとそうだったの?」

    このシーンに、なんか猛烈に泣けました。

    なんかいまだに忘れられない。

  293. 匿名 より:

    私が好きな台詞は

    キャンディーの色は赤 から

    あたし、なにをしてるンだろう。

    うけいれてしまうという弱さ。

    傷つけてくるしめることのこわさ。

    あたし、なにをしてるンだろう。

    きちんと、

    選び進むということの強さ

    (をもてたらいいのに)。

    原文のままなので読みにくいかもしれませんが

    あしからず…。

    人生はいつも選択の連続

    自分が正しい答えをきちんと選べているのか不安になる

    その度にこの言葉を思い出します。

  294. 匿名 より:

    あたしは好きな場所しか好きじゃないし、好きなヒトしか好きじゃない。だからテメーの住み家は腐ってると思うしテメーは死ね。

  295. 機能別ヘ より:

    短編集【痛々しいラヴIV】

    きっとあたしは
    これから一生
    二番目に好きな人を
    愛したままで暮らすんだ

    この想いを内に秘めたまま
    それでも前に進むんだ*

  296. 匿名 より:

    アヤさんと同じです。

    二番目に好きな人を愛したまま暮らすんだ。

    胸に響きます。

  297. 匿名 より:

    目が覚めたら
    真赤な夕焼けが
    待ってるよ

    そしたら空は
    ちょっと
    君に
    かしてあげるね

  298. ブラウン管の中で動かない私を、ハギオはズタズタに引きずりまわしてすんなり勝ってしまった。

    痛すぎます。

  299. 匿名 より:

    うろ覚えだけど、

    神さま。
    本当はあなたなんかいない。

    こんな文を読んで、「あぁ…」ってなりましたね。
    これ何だったかなぁ?

  300. > さやかつらさん

    ストロベリーショートケイクスでの秋代の言葉ですね。

    ストロベリーショートケイクスはいい意味でも悪い意味でも素晴らしい言葉が有りすぎて選べないですね。

  301. 匿名 より:

    > 熊@療養中さん

    あぁ!そうだ!
    秋代さんでしたね。思いだしました。
    ありがとうございます。

    秋代さんの尖った純粋さが好きなんですよねぇ。

  302. ねも より:

    シリアスなのも好きですがコミカルなので好きなのを。

    「イカス女」(『Water.』)

    「休日 その2」(『痛々しいラヴ』)

    「サルとわたし」(単行本未収録な気が)のオチが好きです。

    でも一番好きなのは『ハルチン』の

    「あのさチーチャン ブリティッシュってどこ?」です。

  303. 匿名 より:

    「ガーン、自爆」のコマがすごく好きです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です