perl5に未だに馴染めない人々

人気の記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. usay より:

    ワタクシは、4->5の過渡期にPerlはじめたんで微妙なとこですね。

    WSにPerl5は同居してたけど、勉強は赤ラマ本で。

    (まあ、当時青ラマの訳本はなかったけど)

    でも、いまはすっかりPerlのOOやmyやハッシュに馴染んでます。

    しかしながら、一点だけ馴染めないことが。

    青ラマ青ラクダの章構成は、どうも馴染めん。

  2. K.Matsudo より:

    そういえば、気がついたら馴染んでいましたね。

    変数に「my」をつけ、「use strict」して、

    サブルーチンの引数・戻値にリファレンスを使い始めて、

    サブルーチン群を「.pl」から「.pm」にして、

    「require」の代わりに「use」を使って呼び出し、

    気が付いたらOOPの作法に従っていると言った感じでしょうか?

    mod_perlで開発したことのある方は、

    やっぱり、強制的にperl5+OOPですか?

  3. perl5が動かない(というかportingされてない)OSでずっとperl4を使っていたのでなかなか馴染めなかったです。

    知らない機能が多いのでいまだに4の文法で書いていて

    若手の技術者に5での書き方を教えてもらうことが多いですね。

    でもそれはあとから見ると自分じゃメンテできなくなるという…_| ̄|○

  4. とおる。 より:

    普通の OO 的な書き方だと

    $object->method ($param)

    と書くところを、

    method $object $param

    とかけるところが好きです。

    でも、ラクダ本みて理解するまでは意味がさっぱり分かりませんでした。

    意味なく括弧をつけると、Scheme 風に!

    (method $object $param)

  5. gyu より:

    すいません、本当にどうでもいいことなのですが。

    > 「OOP? 大嫌いだ」

    > 「リファレンス? 使ったことない」

    > 「ハッシュ? 連想配列と呼べ」

    > 「my? myって何だ」

    爆笑しました。w

    秀逸です。

    「There’s More Than One Way To Do It」

    ですから。w

    と言い切ってみる。

  6. mad-p より:

    Perl4派の人でも「qw()」とかは使ってるんでないかな。

    日本ではJperl5がなかったためにPerl4→5の移行が遅れたと

    言われています。かくいう私もそのひとり。

    Perlの本なのに表紙がラクダじゃなくてサルのやつがありますが、

    あれの執筆過程で「Jperlのappendix消そうか?」「いや、作る!」という話があったとかなかったか(笑)。

    Perl6方面はもう全然追えてないなあ……。

  7. あ、サル温泉本だ!(たぶん、こう読んでるのは自分だけ?(笑))

    あの本は、当時初心者だった自分のPerl学習のなかで最も役に立ちました。

    持ち歩くのにもちょうどよかったので、読みつぶして2冊買いました。

  8. え、jperlは5.005まではあったと思いますけれど。

    jperlが無くて普及が遅れたのはPerl5.6じゃないでしょうか。

  9. mad-p より:

    jperl1.4@4.036の後、perl5.002までjperlがないブランク期間が2年ちょっとありました。

    言われてみればPerl5.005→5.6も確かに遅れがあったような気がします。ただ、5.005→5.6移行の動機はunicodeサポートで、5.6.1になるまで日本語でまともに使うのは難しかったんです。他の要因で移行する人は、jperlからjcode.plやJcode.pmに書き直していたのではないでしょうか。

    そんで今、Jcode.pm→Encodingと書き直して5.8へ移行する必要があるわけですが、またしても日本は取り残されてる?

    さらにその次はPerl5.8→Perl6が待っていますが、こっちは5.8のunicodeに慣れていれば問題はなさそうです。そもそも、Perl6に移行する必要を感じる人の方が少ないかもしれませんけど。

    jperlのトピ立てた方がよかったですね……。

  10.  あ、そうだったんですか>jperlがないブランク期間が2年ちょっと

     僕がPerl4を使っていたときもPerl5を使っていたときもjperlがあったので……。

     そういえば、確かにその間はたまたま1〜2年くらいPerlでコードを書いてなかった気がします(苦笑)。

     僕はWin32環境でPerl5.005のコードを書く機会が多かったので、結局Perl5.6には移行できませんでした。

     5.8になってからはShift_JISでもコードを書きやすくなったんで移行しましたけどね。

    (なので、Encodeモジュールよりはencodingプラグマのほうが重要っぽいです。まあ他にもopenとかbinmodeとかいろいろありますが。Jcodeから移行するならJEncodeモジュールが便利そうです)

  11. Go Hey! より:

    今日このコミュニティに入ったら、うれしいスレッドを見つけました。

     昨日もdbmopenと書いてシステムの管理者からtieを使えと怒られました。でもShift JISのjperl4の方が、なにかと便利なときがありまして。ほぼ10年まえに作ったjperl4のプログラムにいまだに食わせていただいてます。

    じつは昨年、意を決してperl5.8.4を作ったのですが、Shift JISで入出力しようとするとなんかへんでねぇ。そのままほうり出してしまいました。

    でもuse strictはうれしいなぁ。

  12. 頼人[yori] より:

    今なら「Perl5.8に馴染めない人々」がいます。

    use encoding “euc-jp”,STDOUT=>”shift-jis”;

    utf8::encode($hoge);

    等を見ると頭が痛くなるような。

  13. Go Hey! より:

    > use encoding “euc-jp”,STDOUT=>”shift-jis”;

    > utf8::encode($hoge);

    悪魔の呪文だ!

    違うかdaemonの呪文かな?

  14. walrus より:

    …うううっ、ついに該当してしまった。<5.8に馴染めない

    良いんだ!

    encodeなんか使わなくても、Jcodeモジュールがencodeのラッピングしてくれるんだから!

    現実問題として、レンタルサーバが未だに5.6すら入れてくれないので5.8に馴染んじゃうわけにいかないというのもある。

    blog隆盛に合わせてGDなんかは入れたくせにさ〜。

  15. てぶくろ より:

    部分的にperl5な表記を使ってた程度なのですが、

    今度OOなやり方で仕事をする事になってしまいました。

    ・perlはだいたい知ってる

    ・他言語を含めOOPはさっぱりワカラン

    という人向けの、perlでOOPの良い解説書がありましたら

    教えてください。

  16. こんにちは。初めて投稿します。

    >てぶくろさん

    一ヶ月前のレスなので、もはや時期を逸してるかもしれませんが・・・

    自分はオライリー社の「実用Perlプログラミング」を読みました。

    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4900900826/qid=1115900320/sr=8-5/ref=sr_8_xs_ap_i5_xgl14/249-0977126-4081147

    「クラスの作り方、使い方」のサンプルコードが結構豊富に載っていたと思います。

    確か架空の会社の社員情報管理のプログラムを例題として使っていたはずです。

    また、書籍ではありませんが、自分は以下のサイトに何度もお世話になりました。

    http://www.pure.co.jp/~learner/program/Perl_oo.html

    「オブジェクト指向」のカケラもわからなかったので、このページを印刷して通勤中に読んだりしました。

    こちらもコード例が豊富で、具体的だと思いました。また、解説もとても丁寧だと思います。

    以上、自分が教材にしたものを挙げてみましたが、「実用〜」のほうは自分には難解で半分も読めていませんし、「オブジェクト指向」の理解に関しては、クラス図の読み書きもできなければクラス設計もできない、UMLもわからない・・・といった惨状です(苦笑)

    しかし、それでも「習うより慣れろ」で、半ば無理やりcgi-lib.plや&init_form()からCGI.pmを使うように移行したおかげで、モジュールの利用くらいはなんとかできるようになりました。

    「記法ルールを覚えるだけならオブジェクト指向もそんなに怖くはない」というのが個人的な感想です。

  17. kins より:

    > 今なら「Perl5.8に馴染めない人々」がいます。

    馴染めないのはその人のせいではないと思います。

    文字コードまわりの変更は失敗だと思います。
    今までのコードや知識が否定される類の拡張はだめだと思うのです。

    でも工夫して、今までどおりスクリプトを書いていきましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です