自己紹介がてら、マイフェイバリットなど

人気の記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. G6 より:

    あー。おれも「ムッシュムニエル」です。子どもの頃読んで惚れた!

  2. ぶたのたね。

    出会いは私も「ムッシュムニエル」のサーカスでした。

    続編を見つけたときはテイストが違ってびびりました。

    ピクルス街異聞がずっと欲しいんですがなかなかみつかりません。

  3. はじめまして〜。

    「やっぱりおおかみ」が好きです。

    全体の色合いも、寂しさ漂う雰囲気も。

                 け。

  4. ヒ口コジ より:

    そっか、最近は「ピクルス街」も珍しいのか・・・

    「ピクルス街」実は「ムッシュムニエル」と話がシンクロしてるんですよね。

    佐々木マキ作品は点数多いけど絶版になるのも早いので

    「見つけたら買え」ですね。

    普通に売ってるものを、なんとなく買ってなくて後悔した、とかよくあります。

  5. ヒ口コジ より:

    はじめまして♪

    「やっぱりおおかみ」は小学生の頃から

    気になってました。

    いまでもいいですね!

    他におすすめのお話があったら

    教えて下さい♪

  6. らぶーん より:

    初めまして。

    あえて挙げるなら「ぶたのたね」

    ぶたのまん丸なおなかがたまらない。足の遅いおおかみもラブリィ。

    小学生だけでなくそのママさん達にも受けたよ。佐々木マキは偉大です。

  7. サルマタ より:

    はじめまして。

    5年くらい前『変なお茶会』を読んだのが最初の出会いです。

    それまでまったく知らずにいたのを後悔しました。

    『変なお茶会』は友人へのプレゼント用に数冊まとめ買いしました。

    ついでに、佐々木マキさんが男性だと知ったのもつい最近のことです。

    なにかの雑誌で見たのですが、その時はブッたまげました。

  8. mapico より:

    はじめて佐々木マキさんの絵を見たのは10数年前、

    「おとうさんがいっぱい」という小学生向け文庫本の

    挿絵でした。

    子ども向けの割にはどんよりとした話なのですが

    (こちらもすごくイイ内容)、

    ほのぼのとしてるのにちょっとコワイ感じの絵柄に

    すっかりマイっちゃいました。

    昔ガロでマンガを描かれてたらしく

    単行本を探しているのですが、お目にかかった事はありません。

    ヤフオクとかで探せばあるのかな?う〜ん、読みたい〜!

  9. annninn より:

    「ムッシュムニエルをごしょうかいします」を小学校の保健室で読みました。

    大人になってから「やっぱりおおかみ」を発見しました。

  10. 深町 より:

    一人っ子でカギっ子だったボクの心の支えが

    「やっぱりおおかみ」でした。

    大人になってから読み返してみて、

    あのラストが、実はかなり怖いものだと気づいたのは私だけ?

  11. 深町 より:

    最近、これ読んだことない大切な友人に

    「やっぱりおおかみ」を教えたとき

    「おおかみは結局独りなんだけど、それでもまぁいっか、みたいな本」

    と説明しました。子供のための本なのに

    分かり易い結論を出さないまま終わらす、というのが

    反道徳的でユニークで衝撃的。

  12. 深町 より:

    「やっぱりおおかみ」のラスト、

    有馬さんの言う通り「ま、孤独も悪くないさ」みたいに僕もずっと解釈してたんですけど、

    大人になってよりルサンチマンを深めてから読み返してみると、

    「自分は狼なのだから、羊やら牛やら豚と親しくなろうってのがそもそも間違ってたのだ。あいつらは本来、俺が狩るべき対象なのだ」と、

    「そう思ったら、なんだか不思議と愉快な気持ちになってきた」なんてことをうそぶきつつ、

    友達改め獲物に溢れかえった街を見回している……

    という、恐ろしく大薮春彦ライクな、背筋も凍るエンディングに思えてきてしまいました。

    結構有馬さん好みじゃないこれ?

    ま、あくまで受け取り方のひとつとして。

    少なくとも、そういう解釈にも開かれた作品であるのは間違いないと思います。

  13. はにー より:

    はじめまして。

    子供の頃に読んだ「すてきなバスケット」が最初の出会いです。

    大人になってからは、本のタイトルも作者も忘れてしまい、

    ずっと気になっていたのですが、

    ある日古本屋で「ぶたのたね」を見つけ、「これと同じブタだ〜」と思い、

    調べたらこの本だとわかりました。

    残念ながら絶版なのですが、図書館で読むことができました。

    とてもカワイイ絵本です。

  14. 「ムッシュムニエル」と「やっぱりおおかみ」

    もものりくんってお化けがでてくる絵本も好きだす。

  15. はじめまして。

    ガロに1968年に掲載された『うみべのまち』というのを

    1989年に『’60年代傑作集 マンガ黄金時代』という単行本の中で見つけ

    好きになりました。この本には他に手塚治虫、白土三平、つげ義春など

    スゴい方々が名を連ねているのですが、この『うみべのまち』には

    かなりの衝撃を受けました。

  16. 軽茶 より:

    ムッシュムニエルがとくに大好きです。

    奇妙でちょっと不気味な独特の世界がすき。

    とぼけた顔がかわいいですよね。

  17. 軽茶 より:

    おはようございます。

    僕は、村上春樹さんの小説のカットという、一番ミィハァなところから、佐々木マキさんにめぐり合いました。

    とても気に入っているのが、「パン屋再襲撃」という短編小説にかかれているカットです。とても良いセンスです。

  18. 軽茶 より:

    有馬さんお久しぶりです^^

    今日初めてミクシたんですが早速こんな所でお会いするとは

    いちおー「天国で見る夢」からのリヤルタイマーとゆうことでよろしく^^

  19. 初めまして〜

    最初に買ったのが「ちいさなクリスマスのほん」。

    なかでも「くまの木」がとても気に入ってます。

    風刺に富んだ作品も勿論良いのですが、純粋に幼児向けのものに惹かれてしまいます(^^;;

  20. ナツ@RED RAW より:

    はじめまして。

    「やっぱりおおかみ」は、俺の人格、人生を形成しました。

    読んだ瞬間から、そのまんま引き摺っていきてます。

    以来月に一度は月に一度は読み返し本はぼろぼろ。

    呪いですわ。自分で呪いをかけていたようなものです。

    10年程前にそのぼろぼろの本を捨てちまったのは、

    作者とはもちろん別人ですが、佐々木マキという女性でしたよ…。良くある名前で今まで3人会いました。

    どうぶつ占いが おおかみ だったときは膝を付きました。

    全部都合のいいようにとってます。

    いつからか、あのおおかみになりたくなってた。

    ハマリ過ぎの一例です。

    作品の評価をできる身じゃありません。

    とらわれちゃってます。この歳になって、抜け出すのはもう無理ですね。

  21. SI より:

    やっと、書き込めます!はじめまして。

    学級文庫(懐かしいひびき)にあった、「ムッシュムニエル」が

    最初の出会いです。

    その後、図書室で読んだ「日ようびが十回」という本がアタマから

    離れず、その挿絵も佐々木マキ氏でその世界感に結構影響受けて

    ます。

    「日ようびが十回」誰か読んでいませんか〜?

    語れる人がいないんです。復刊希望です!

  22. aki より:

    はじめまして。

    僕もvacuusさんと同じく、村上春樹さん経由です。

    「カンガルー日和」という単行本が特にお気に入りです。

  23. はじめまして!

    SIさん

    私は「日ようびが十回」を子供の頃に呼んで以来、佐々木マキさんのファンです!

    その本は、今でも大事に持っています!私の宝物です。

    その時、親から、「この佐々木マキという人は漫画家なんだよ」と教えられましたが、当時はよく理解できず、二十代になってから、ガロ時代の台詞の無い佐々木マキさんの漫画を読んで圧倒されました。

    以来、少しずつ集めていますが、古い物はなかなか見つけられず悔しい思いをしています。

    おすすめサイトは、みなさん御存知かもしれませんが、

    http://www1.plala.or.jp/UMIBE/



    http://www.picrus.net/roberta/

    です。

  24. SI より:

    大河原さん

    すごいです!

    ここで「日ようびが十回」の話ができることが夢のようです。

    しかもお持ちでいらっしゃるとは!うらやましい。

    地元の図書館と、出身小学校でしか本を見たことがありません。

    あのお話って、作者は別の方だけどすごく世界観が不思議なお話ですよね。あ〜読みたくなってきた。

    映像化がひそかな野望です…

  25. KRAZY KOOL KAT より:

    はじめまして。

    悩みましたがやはりムッシュムニエルかな。

    読んだのは絵本が先でしたが、漫画版の

    あのシュールさもたまりません。

  26. nope より:

    こんにちは、はじめまして。

    私も学生時代に村上春樹で知ったミーハーです。

    子供ができてから無理矢理子供に「ねむいねむいねずみ」を揃えてあげました。

    他のってなかなか売ってないですよね・・。

    (SFまんがみたいなのを一冊だけ持ってますけど)

  27. アヤボンヌ より:

    はじめまして。

    子供の頃『ムッシュムニエル』を読んだときには作者は外国人だと思ってました。

    大人になった今も不思議な佐々木マキワールドに魅了され続けてます。

    一番印象的だったのは『いとしのロベルタ』です。

    今は復刊されましたが、それまでは図書館で何度も借りて読みました。

  28. niki-flower より:

    はじめまして。

    「ムッシュムニエルとおつきさま」が大好きです。

    幼児時代が蘇ります...

  29. niki-flower より:

    はじめまして。

    なんだっけなぁ、あ、「いとしのロベルタ」!

    すごくスキです。先日、トムズ・ボックスっていう吉祥寺にある小さな絵本屋さんに行って、購入しました。太田大八って人の絵本も好きです。

  30. てつ より:

    はじめまして

    私が好きな本は、変なお茶会・あそぼうよセイウチ・やっぱりおおかみ等です。ガロ連載当時の漫画も大好きです。

    大河原さん、ご無沙汰してます。サイト紹介頂きありがとうございます。

  31. 軽茶 より:

    わーい^^ てつ THUNDER!

    こうなるとやね 早く出てきなさいよ>もうお一方^^

  32. いぬかわ より:

    はじめまして,いぬ です。

     『変なお茶会』ははずせませんね,やっぱり。シュールでナンセンスなコミック作品も好きです。

  33. てつさま

    あ、いらしてたんですね!こちらこそすっかりご無沙汰してしまって。

    その上勝手にしちゃって…。もうしわけないです。

    最近、村上春樹さんの「ふしぎな図書館」を買いました。

    これは、佐々木マニア必携かもしれません!

    佐々木さんの絵が!満載です。

  34. チャマ より:

    「ピクルス街異聞」。。キャラが危なすぎます。。

    夢にでてきます。。

  35. ヨーコ より:

    僕は小学校1〜2年くらいの頃ガロを親に毎号買ってもらってました

    その中でおおかみが出てくるやつが一番好きだったです

     

  36. ヨーコ より:

    はじめまして。

    私が初めて彼の作品に出会ったのは

    小学校低学年だったか、その前だったか。

    『サーカス』という絵本作品です。

    (『ムッシュ・ムニエルをごしょうかいします』に収められてます)

    あのナンセンスっぷりにヤラレました。

    で、再会したのが高校生の頃。

    文春文庫の60年代マンガのアンソロジーに収められている『うみべのまち』です。

    衝撃でした。

    こんなマンガがあるのか、と。

    はじめはこの2つの作品が同一人物のものとは思えませんでしたが

    それを知ったときは「三つ子の魂…」と思いました。

    私にとってこの2つの作品はフェイバリットというか、特別な存在の作品です。

  37. 草太郎 より:

    はじめまして、草太郎と申します。

    一番好きな作品は、ガロ(1967.11)の「天国でみる夢」です。ポップでメルヘンでアヴァンギャルドなところが好きです。

    あとは、「やっぱりおおかみ」とか「ムッシュムニエル」とかも好きです。

    自己紹介というか宣伝になりますが、現在僕は佐々木マキさんのファンサイト「いとしのロベルタ」( http://www.picrus.net/roberta/ )というサイトをほそぼそとやっています。

    佐々木マキさんの発表作品の掘り起し・洗い出しを目的としてやっているので、もし皆様の中で埋もれている発表作品などについての情報がある方は教えていただけるとうれしいです。

    『「け」おおかみ』に匹敵するほどの友人の少なさですが、どうぞよろしくお願いします。:-)

  38. Kuro より:

    はじめまして

    ”け”おおかみの

    絵本の原画の展示をみていらい、マキさんの

    ファンになりました。 よろしくです。

  39. ピョートル より:

    私も「ムッシュムニエルのおつきさま」が大好きで子供の時、よく読みました。

    呪文の「ムーンライト・ジューンブライド・アラビアンナイト!」って今から考えるとゴロだけやん。と思いました。面白い。

    「ほむんくるす、ほむんくるす、うまはきゅうりのさらだをたべない。」とか…。呪文が魅力的です。

    最近、ムッシュムニエルシリーズやその他の本を買いあさってます。

    「ふしぎな図書館」もとてもよかった!

    ああいう世界大好き。

    村上春樹の文章と佐々木マキのシュールな絵にぐんぐん引き込まれました。

  40. ピョートル より:

    「変なお茶会」が好きで何度も読んでました。

    岩山から天然のココアが湧く!!

    漫画家の人だったのですね。

  41. やホイ より:

    佐々木マキさんの作品は、

    幼稚園の頃「山からきたペンギン」という絵本が

    大好きで、よく読んでいました。

    大人になってガロを読んだ時、素敵なイラストで

    佐々木マキさんの漫画に魅かれ、草太郎さんの

    「いとしのロベルタ」サイトで、幼稚園の頃好き

    だった絵本を書いている方と同一人物であること

    を知りました!

  42. かみじ より:

    はじめまして。

    生まれて初めて買ってもらった絵本が「やっぱりおおかみ」で、

    それ以来自分の大好きな本です。

    おおげさですが、人生の道しるべみたいな本です。

    もちろん、ムッシュムニエルシリーズも大好き。

    「僕のスクラップ・スクリーン」っていうエッセイもおもしろかった。

    人に借りて読んだから、持っていないのですが。。。

    草太郎さんの「いとしのロベルタ」サイトで、佐々木マキさんの誕生日が、

    私の息子の誕生日と同じだとわかってうれしかったです。

  43. ポンテオ より:

    はじめまして。

    初めて読んだ佐々木マキさんの漫画は文藝春秋ビジュアル文庫の『マンガ黄金時代』に収録されていた「うみべのまち」でした。それ以前にも読んだ記憶はあったのですが、名前と作品を一致させて能動的に読んだのはそれが最初です。

    絵本の方は読んだことがないのですが、ガロに載った作品は結構多く読みました。一番好きなのは「ピクルス街異聞」ですね。同じ号に載っている他のマンガがどんより曇っている中でこれだけが青空のような爽快感があって、雑誌で読むとギャップがすごいです。他は「天国で見る夢」かな。「素浪人錯乱」みたいなのも好きです。題名のネーミングセンスが優れていると思います。一度聞いたら二度と忘れませんからね。すろうにんさくらん。

  44. 本日、本屋さんで「アンデルセンの絵本 絵のない絵本」を見つけました。原作はもちろんアンデルセンで、翻訳というか、文は、「魔女の宅急便」の原作者の角野栄子さんです。

    去年に出た絵本で、2400円+税ですが、中を見ると佐々木マキさんの様々なタイプの大きな絵が満載で、思わず衝動買いしてしまいました。

    みなさまは御存知でした?

  45. 草太郎 より:

    ぼくも「アンデルセンの絵本 絵のない絵本」読みました。

    色画用紙の貼り絵とか、油性マジックで描いた絵とか、クレヨン(パステル?)で描いた絵とか、いろいろな色のクレヨンで塗りつぶした紙を裏にしてなぞって色を押し付けた絵とか、小学校の図工の授業のようなイラストがけっこうならんでいます。

    でもやっぱり僕が一番好きなのは、「第10夜」の絵です。:-)

  46. かな より:

    はじめまして

    「ピクルス街異聞」好きです。私は単行本でしか読んでないのですが、おさめられている短編みんな好きですね。

    絵本だったら「やっぱりおおかみ」です。マキさんの絵本いろいろ読んだけど、ストーリーも挿絵もこれが一番かなあと思います。おおかみの独白調がすごく素敵。ちょっとほろりとしちゃうし。

    あと村上春樹の「カンガルー日和」のマキさんの挿絵が、絵としては一番好みかな。線画でシンプルな絵だけど、意味深な世界観が大好きです。

  47. ぱら より:

    はじめまして。

    絵本作家としての佐々木マキしかしらないです。タイトル忘れちゃいましたが、紅茶のお話とか絵が凄くよかったです。

    それと、ナンセンスの絵本です。元々エドワードリアの絵本がほしかったのですがこちらは絶版で、佐々木マキの方に手を出しました。

    マンガチックだけど、やわらかく丸い絵が好きです。

  48. ぱら より:

    はじめまして、

    私は父の影響で佐々木マキの絵本で育ったと言っても

    過言でないくらい、物心ついたときからそばに佐々木マキの

    絵本がありました。その中で印象に残っているのは

    『不思議なバスケット』『のんだくったわらった』

    『ぼくがとぶ』あとはムッシュムニエルシリーズでしょうか。

    ビンに入れられてしまうのが幼心には恐怖でした。

    私はなぜかずっと佐々木マキを女性だと思い込んでいて

    (丸みのある絵のせいでしょうか)おとなになってから

    『やっぱりおおかみ』を読み返してこれは男のダンディズム!

    完全に男性の視点だと思ったんですよね。

    でもこのトピを読んでみて色々な解釈があって

    佐々木マキはやはり奥が深いなぁと感じ入った次第です。

  49. フカキ より:

    はじめまして。

    私は佐々木マキ全集を父の実家で読んで以来ファンになりました。

    小学生にはナンセンスでシュールなあれがよくわからなかったのですが、成人してからあれを読み直してひどく心に来た感じがしました。

    うみべのまちが大好きです。

  50. てつ より:

    はじめまして。

    実はあまり作品を知らないのですが、『変なお茶会』がとても好きです。

    「山からココアが沸く」ところが特に。

  51. てつ より:

    フカキさま

    はじめまして

    佐々木マキ全集ってとても気になります。

    作品集の事かな?または全集が出てたんでしょうか?

  52. フカキ より:

    てつ様へ。

    すいません、今現物を見て確認したら

    「佐々木マキ作品集」でした。

    青林堂から出ている現代漫画の発見シリーズ5のものです。

    確認せずに思い込みで書き込んでしまい申し訳ありません!

    以後気をつけます。

  53. てつ より:

    フカキさま

    ありがとうございます。

    ごめんなさい、全集があったのかと思いました。

    お父様が読まれていたのでしょうか?羨ましいです。

  54. はじめまして。

    たまたまどこだかで佐々木マキさんのことを知ったあと、

    「Dr.イソップ」や「道徳マンガ」の収録されていた選集を

    見つけ、なんとなく読んでみたのが始まりでした。

    病み付きになる独特のノリがたまらないです。

    私は現・管理人なのですが、もっとお詳しい方に

    管理人を代わっていただきたいと思っております。

    先着順で権利をお渡しいたします。

    やりたいと思われたら、この自己紹介トピックでも、

    新しく作ったトピックにでもよいので、ご一報くださいませ。

    http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=1145946

  55. あしか より:

    はじめまして。

    いっぱいファンの方がいらっしゃってすごく嬉しい!

    私も少々の頃から佐々木マキの絵本をボロッボロになるまで読んでいました。今も大事にとってあります。

    「すてきなバスケット」「ムッシュムニエル」もう大好きで。

    大人になってから絵本をはじめ、マンガやエッセイなどものんびり収集しだしました。今のところ30冊くらいあるかな?

    大人になってからのヒットは「いとしのロベルタ」「とりどりのとり」画面の端々まで堪能してます。

    あの世界観はたまらない〜。

  56. shiba より:

    単行本『ピクルス街異聞』を5000円(中古)で購入したのですが、これって妥当な値段ですか?

    高いですよね。

  57. わに より:

    はじめまして。

    好きな絵本は

    「山からきたペンギン」です。

    というか、これと最近の「ふしぎな図書館」しか持っていません。

    線のタッチが好きです。

    ちなみに、私も女性だと勘違いしていました(汗

  58. わに より:

    はじめまして。

    「佐々木マキ」まだまだよく知らないのですが、

    「原民喜のガリバー旅行記」をカウブックスで購入。

    挿絵が佐々木さんでした。

    それから、「ふしぎな図書館」これは羊男というのが気になり

    買いました。そして、たまたま知人からいただいた絵本の中から「なぞなぞライオン」というのを発見。これを読んでなんとなく佐々木ワールドを感じたのでした。

    この程度ですが”懐かしい羊男も登場”というのがひっかかります。どの作品に載っていたのでしょうか?

    情報おまちしております。

  59. てつ より:

    わにさんへ

    ”懐かしい羊男も登場”は多分「羊男のクリスマス」と言う佐々木マキ、村上春樹共著の絵本がありますが、その事だと思います。

    「羊男のクリスマス」は講談社文庫からも発売されていますので、本屋さんで見つけてはいかがでしょう。

  60. わに より:

    てつさん、情報ありがとうございます。

    これから「佐々木ワールド」へどっぷり

    つかっていきたいと思います・・・!

  61. ウサミン より:

    はじめまして。佐々木マキのとぼけた絵柄が大好きです。

    じぶんのお気に入りは「ぼくがとぶ」です。

    小さい頃から機械好きで、こどものともよりかがくのともが好きだったぼくは、この本の細かくか書かれた飛行機の部品をひとつひとつ見ていくのに没頭したものです。

  62. くま より:

    「ぼくがとぶ」「やっぱりおおかみ」

    家の者が寝静まったあと、この2冊をぱらぱら

    めくりながら深夜の独り酒をやるのが好きです。

    「ぼくがとぶ」は、初出の「こどものとも」版が

    ハードカバー版になって一般販売されたときに、

    文章が大幅に削られました。

    あれはまずかった。情感も大幅に削られた気がして

    僕は改悪だったと思っています。

  63. takutaku より:

    「ぼくがとぶ」か「おばけがぞろぞろ」だなあ。

    「ぶたのたね」もいい酒の肴です。

  64. はっちゃん より:

    はじめまして。

    幼稚園時代に「こどものとも」版『すてきなバスケット』で初めてマキさんの絵に出会い、同じくこどものとも版『ムニエル』を手にして以来のマキさん好きです。

    好きな作品は「おおかみ」「ムニエル」「ぶたたね」「バスケット」などなどなど。ちょっと前に、マキさん直筆ぶたイラストサイン入りぶたたねを手に入れてものすごく感激しました!

    マキさんの作品は絵も世界観も素敵で大好きです

  65. オグナ より:

    はじめまして☆

    佐々木マキさんの作品だいすきです。

    特に好きなのは絵本は『やっぱりおおかみ』です。

    あと、作品集に収められているマンガの『17』が

    とても好きで頼まれてもないのに

    友達にコピーしてあげちゃいました!

  66. オグナ より:

    部屋の大掃除をしていたらみつけました。

    まだ中野のまんだらけが一店舗しかなかった頃に、がんばって探して入手したものです。

    主に70〜80年代の作品が収録されていて、巻末には例によって村上春樹の寄贈文があります(笑)。

    中でも「Dr.イソップ」はちょっと変わった作風で楽しめました。

    佐々木マキさんの絵は、一見無機質でドライなように見えるのに実は生温かいイメージを喚起させるところが大好きです。

  67. hyo-tan より:

    はじめまして。

    てつさん、草太郎さんにかくれてこっそりひっそりファンサイトをやっているhyo-tan(ひょーたん)と申します。

    (お二人にはとってもお世話になってます!)

    http://homepage3.nifty.com/hyo-tankan/ms/top.htm

    はじめての出会いは3歳ころの「やっぱりおおかみ」です。

    その後、福音館の月刊誌「たくさんのふしぎ」、三田村信行さん作「おとうさんがいっぱい」の挿絵などで、馴染みを深めていきました。

    お気に入りの作品はいくつもあるのですが、個人的に思い出深く、かつ影響を受けたナ、というのは15歳の時に買った

    「たわごと師たち」

    です。

  68. acha より:

    はじめまして。

    私もフェイバリットは

    「ムッシュムニエルをごしょうかいします」です。

    ひかりのくには幼稚園で毎月全員に配られる絵本で

    その中の1冊がこれだったのですが

    子供心に、不思議で話が少し難しく、でも絵は可愛くて

    大人になったらこの本が好きになるんぢゃないかなと思い

    ずっと大切に保管していました。

    まさにその通り好きになりました。

    そのおかげかどうか解りませんが

    「昭和80年までのソフトカバーのひかりのくに」限定で

    絵本を集めています。

  69. 機能別ヘ より:

    こんにちは。

    『変なお茶会』『やっぱりおおかみ』

    『ムッシュムニエルをご紹介します』

    だいすきです♪

    こないだ古本市みたいので佐々木マキさんの

    『やまからきたぺんぎん』を発見しました。

    こちらも相変わらずかわいい絵でよいおはなしでした☆

  70. 機能別ヘ より:

    はじめまして。

    20年以上前、古本屋で立ち読みした「ガロ」で衝撃を受けて以来です。

    やはり『ピクルス街異聞』。絵をマネしようと一所懸命練習したものです。

    『変なお茶会』や『ムッシュムニエルをご紹介します』とかとか挙げていくと

    全部になってしまいますね。

    あと『日よう日が十回』も大好きです。

  71. linares より:

    はじめまして。

    私は、小学生の頃、文庫版の、おとうさんがいっぱいで佐々木マキさんを知り、シュールな絵に惹かれました。

    今でも大好きです。

    眺めていると、不思議な感覚になります。

  72. しろくま より:

    マキさんの、あのナンセンス加減が大好き。

    作品ではやっぱり「やっぱりおおかみ」が好きです。け。

    「日よう日が十回」というのは知りませんでした。>たもちさん

    本屋さんにあるかしら。

  73. 機能別ヘ より:

    >polar bearさん

    『日よう日が十回』は最近は本屋で見ないかもです。

    絵本でなくて、新冬二さんの児童文学に佐々木マキさんが

    挿絵を描いているものです。とてもいい雰囲気の文と絵です。

  74. てつ より:

    新刊「また ぶたのたね」佐々木マキ・作

    税込価格 1260円 12月中旬発売!

    絵本館のHPに載ってました。

  75. oguken より:

    はじめまして〜。

    マキさんを知ったのはシリーズ1作目の「ねむいねむいねずみ」。

    子供の頃は何度も何度も読み返してました。

    もちろん今でも好きですが、

    やっぱり「ピクルス街異聞」ですね〜。

    あと、「ぼくのスクラップ・スクリーン」も大好きです。

  76. oguken より:

    はじめましてー

    ぼくは「やっぱりおおかみ」がいいですね

    どのページを切り取っても飾っておきたくなる絵が

    気に入っています。

    ひとりぼっちの時に読んだら元気になれたりする効能もあります。

    僕は一人ぼっちのバイブルと思っています。

    他には「ねむいねむいねずみ」や「たわごと師たち」なんかも

    面白いですね。

  77. こぼうず より:

    始めまして〜〜

    私ががすきなのはガロに載ってた

    『ディンドンサーカスです』

    ぶあつい佐々木マキの本(青林堂だったのかな??)を買って

    高校時代は何かあるとそれを見ては線画を真似てイラスト描いていました。佐々木マキさんのイラストは太い線のタッチのイラストで独特の影の書き方が大好きです。どことなく外国風味で・・・・

  78. ムッシュムニエルまだ家にあります。

    高校生の時『風の歌を聴け』買ったのも

    なんかみたことある絵だな〜って表紙で買いました。

  79. ゆかりん より:

    はじめまして♪

    私は、ムッシュムニエルがすきです!!

    多分幼稚園のときに買ってもらったのですが、あの独特な絵はすごく衝撃的でした☆

  80. 機能別ヘ より:

    はじめまして。

    「ムッシュ・ムニエルとおつきさま」を読んでマキさんの世界にはまりました。大好きです。絵本では「おやつですよーっ」が好きです。

    「●ねずたんとねこたん●」というブログで、マキさん作品の他、本・映画・美術・音楽など色々な自分のお気に入りを紹介しています。絵本が多いです。よかったら覗いてください。

    http://yangyangren78.jugem.jp/

  81. カル より:

    青林堂の「ピクルス街異聞」には、A5版のものと、B5版のものが

    あるそうなんですが、本当ですか?

    詳しくご存知の方、色々教えて下さい。装丁とか違うのでしょうか?

  82. イマジソ より:

    >カルさん

    確かに両方あります。

    基本的にはA5版のものはB5版を小さくしたもので、デザインなどもかなり近かったと記憶していますが、

    背表紙のフォントと、カバーの手触り、それに紙質が違ったと思います。

    今、手元にはB5版しか無く、きちんと答えられず恐縮ですが、取り急ぎ。

  83. jun t3da より:

    はじめまして!

    佐々木マキさんの絵本との出会いは、

    たまたま寄ったブックオフで産まれたばかり娘のために、

    なんとなく手にとった「でてきたよ」という本です。

    コップからカバがでてきて、

    カバからカバンがでてきて、

    カバンからタコがでてきて、

    タコから自動車がでてきて…という、

    不思議に面白い内容で、

    今でも一番好きな絵本です!

  84. あっちゃん より:

    はじめまして☆

    佐々木マキさんの作品は、面白くて、奇妙で、かわいらしくて、シュールで、不思議で・・・すごく惹かれます(^-^)

    ただ、手に入りにくい作品もたくさんあるので、いろんなお話ができたらなと思います(*^-^*)

    よろしくお願いします(^-^)

  85. おもとなほ より:

    初めまして。

    「やっぱりおおかみ」が好きです。

    昔好きだった男に、このオオカミに似てるねって、いったら

    「けっ」

    って、言われちゃいました。

    やっぱ、似てた…w

  86. ポエム主任 より:

    はじめまして。

    私も「やっぱりおおかみ」が(ン10年間)ずーっと好きですねー。

    読むだけと思ってコミュに参加したのですが、ついつられて書いちゃいました。

  87. ポエム主任 より:

    はじめまして。

    小学校以来のファンです。

    『やっぱりおおかみ』が私の人生観を決定づけたといっても

    過言ではないでしょう!!!!

    トラウマな一冊です。

    「け」

  88. tab より:

    私も「ムッシュムニエル」です。

    何か共感出来るモノが、あって。

  89. tab より:

    初めまして。

    てつさんの紹介でmixiに参加させていただきました。

    出会いは『ムッシュムニエルのサーカス』からです。

    子育ての最中で、子ども達が大好きでした。

    で、遅ればせながら

    これから深〜いお付き合いをさせていただこうかと。

    >ひとつに絞れないんですが…

    私も同じ思いです。

    沢山は知らないのですが『ぼくがとぶ』も好きです。

  90. 機能別ヘ より:

    はじめまして!

    ちっちゃい頃から佐々木マキさんの絵本が大好きです!

    特に、

    「おばけがぞろぞろ」

    「たわごとしたち」

    「ピンクのゾウをしらないか」

    が好きです★

    よろしくお願いします★

  91. ナツ@RED RAW より:

    やっぱり

    ですね

  92. ナツ@RED RAW より:

    そういえばココ、前にも書き込んだんだった。

    「ぼくがとぶ」も好きでした。

    佐々木マニアでも絵本コレクタでもないので、ここで「アレも佐々木マキだったんだ」ってビックリする事あり。

    何を隠そう

    フェイバリットである

    「おおかみ」と「とぶ」がどちらも「佐々木マキ」の絵本だと知ったの三年前。

    おおよそ二十五年?気付かなかった。

    並べても気付かなかった。

    それぞれ「佐々木マキ」ってさ知ってたのに…。

    そんくらい別物なのかなあ。

    性格・人生は「おおかみ」で

    趣味は「ぼくがとぶ」に影響され。

    飛行機でなく単車ですが。

  93. りお. より:

    ぼくがとぶ、私も大好きです!

    なぜあれが絶版になるのか分からないなー。

    どのほんもそれぞれに好きですけれど、

    ぼくがとぶ、飛びたかった人たちは

    いろんなロマンが詰まっていて

    開くといろんな香りがしてきます。

  94. アサミ より:

    日よう日が十回!!

    すごいすきでした〜。。。

    今もうれつに欲しいです。

    どこかで見かけた方いたら教えてください〜

    ぜったいいつか手に入れたい〜

  95. nao より:

    はじめまして。

    My Favorite はやっぱり「やっぱりおおかみ」です。け!

    お墓の碑銘にならんだ名前にも「おお!」と思った記憶があります。

  96. smile より:

    はじめましてぃ☆

    あたしは小さい頃の愛読書ムッシュ・ムニエルのサーカス

    が大好きで今はぶたのタネにはまってます。

    よろしくで〜す!

  97. めめ より:

    初めまして(^^)

    現在保育園に勤めていますが、以前幼稚園に勤めていたときに

    佐々木マキさんにはまり、これでもかっ!というくらい(笑)

    自分のクラスの子に読み聞かせしておりました(^^ゞ

    原点は、「ムッシュ・ムニエル」。

    昔は、一冊に三作入っていたので、一作づつ、大事に読んでおりました。

    特に「サーカス」が大好きで、私も熱が入っていたせいか(?)

    やたらサーカスの部分を読んでいたような(笑)

    同窓会で会った、当時の教え子ちゃんたち(もう高校生)に、

    「あの絵本覚えてます」といわれて、うれしくなってしまったりして(´▽`)ゝ

    今の園でも、ムッシュ・ムニエルは不動の人気でーす♪

  98. りょこ より:

    はじめまして。

    小さい頃おばの家にあった「いちごえほん」に掲載されていた、大好きな話の挿絵が佐々木マキさんでした。

    でもその絵が佐々木マキさんのものだと知ったのは

    「羊男」に出会ってから。

    今は娘に娘に読み聞かせしてあげてますv(。・・。)♪

    「ぶたのたね」がお気に入りです。

  99. マリヤ より:

    はじめまして。

    ほんとたまらなく佐々木マキさん大好きです。

    我が道をよろよろ進む感が好きなのかしら。

    絵の線も、はっきりとしつつ、独特のゆれが好き。

    ムッシュムニエルも、ねむいねむいねずみも、

    「け」も、羊男も、不動ですが、

    あえてあげれば、『変なお茶会』が一番好きです。

    なにしろ、布張りですもの。

    装丁も楽しいところに、さらに惹かれてしまう。

    原画展、行ったことないので、行ってみたいです。

    みなさまのお話も聞いてみたい。

    よろしくお願いします。

  100. ★hana★ より:

    初めまして。

    『ぶたのたね』と『くりんくりん ごーごー』です。

  101. きのこ より:

    はじめまして。

    私が佐々木マキさんの本に出逢ったのは高校生の時(約6年前)です。美術の先生が思索ナンセンサス絵本(記憶があやふやで題名が間違ってるかもしれません)を持っていて見せて貰ったのがきっかけでした。その本がどうしても欲しくて探しに探したのですがすでに絶版でしかも出版社もなくなっていました。

    それからは絵本を集めています。

    お気に入りは『ムッシュムニエル』と『ピンクのぞうをしらないか』です。

  102. ケムリ より:

    小学校2年生の時に「マンガ黄金時代60年代傑作選」という本で「うみべのまち」を読みました。収録されているどのマンガよりも印象に残り、その後しばらく夢にみたものです。それからファンで村上春樹氏の作品に出会ったきっかけも「羊をめぐる冒険」文庫版のカバーでした。

  103. MAQ より:

    「うみべのまちでぼくらはなかよしだった、か」

    ですね〜

    私も衝撃受けました。

    村上春樹さん作品のカバーで再会したときはうれしかったです。

    「佐々木マキ作品集」を神保町で探さねば、と思っているこのごろです

  104. 三輪 より:

    はじめまして。

    幼稚園のときに読んだ「まじょのかんづめ」好きです♪

    最近佐々木氏を調べたら、すごい面白そうな人じゃないですか! 今からはまる予定ーーー

  105. ユミ より:

    はじめまして☆

    村上春樹経由ではまり、保育士という立場を利用して、読み聞かせは「おばけがぞろぞろ」や「ねむいねむいねずみシリーズ」など読みまくってました^^;

    このコミュで初めて男の人だと知って、かなり衝撃を受けているところです@@;

  106. 内容 より:

    こんにちわ☆初めまして(*^ー^*)佐々木マキさん初心者ですが、絵や内容が大好きです!初めて出会ったのが「ぶたのたね」!!!あの笑撃は今でも忘れられません(笑)。「まじょのかんづめ」や「やっぱりおおかみ」も最近見ました♪ お話の最後にもある意味惹かれます・・・。

    これから徐々にレパートリーを増やせたらなぁ〜と思っています★保育者を目指していて、児童館で読み聞かせもしているので、読んだ時の子どもの反応も書けたら書きたいと思っています(^o^)丿よろしくお願いしますね^^

  107. ナガオ より:

    初めまして♪

    私は、学生のときに佐々木マキさんの作品に

    出会いました。

    初めて読んだのは、「ぶたのたね」

    かわいいですよね〜(^^)

    お気に入りは「とりどりのとり」です。

    勤めている幼稚園に「どろぼうたちのよる」という本があり

    子ども達と一緒に読みました。

    とても好評で、何度も「どろぼう読んで〜」と言われます。

    実際、私も何度読んでもおもしろいなぁと思っています。

  108. キナー より:

    母が佐々木氏のファンで、小さい頃は佐々木氏の絵本に囲まれていました。

    本当に大好きです。

    「変なお茶会」から一番好きです!

  109. 匿名 より:

    初めまして。見つけたので思わず入ってしまいました。

    お気に入りは「アンリとアンヌのバラード」。

    「ヴェトナム討論」は、衝撃的でした。

    ガロ時代の作品が大好きです。

  110. 匿名 より:

    >Kさん

    奇遇ですね!

    わたしも『アンリとアンヌのバラード』が大好きですー!

  111. kie より:

    子供の頃読んだ「やっぱりおおかみ」が好きです。人格形成にかなり影響を与えていると思います。

  112. ari より:

    はじめまして。

    私も「やっぱりおおかみ」です。

    これ、オランダ人の友人に見せて感想聞いたら、少数民族問題の話だと思うと言ってました。でも、それだけじゃない普遍性がありますよね。洗練された絵と暗い話が見事に融合してると思いました。他の絵本も勿論好きですけどねー。

  113. annninn より:

    やっぱりおおかみ
    ろっくいずでっど
    墓場の文字を大人になって認識

  114. smile より:

    あたしは「ぶたのたね」にはまりましたぁ〜♪

    走るのがおそいオオカミの設定がなんともたまりません。

  115. 匿名 より:

    はじめまして。

    私も「やっぱりおおかみ」です。

    家族の誰かが、「けっ」と言うと、

    「やっぱりおおかみ」と絶対に言ってしまいます。

    とんかつ100枚食べたいなぁ〜。

  116. マンボ より:

    ふと「やっぱりおおかみ」を思い出して「け」について日記を書いたすぐあとに、このコミュを発見。迷わず参加させていただきました。

    「やっぱりおおかみ」「ムッシュムニエルをしょうかいします」に子供ながら、ガ〜ンとやられました。

    佐々木マキさんの絵本や絵には詩がありますよね。

  117. 匿名 より:

    はじめまして。

    小さい頃、ムッシュムニエルが大好きで、

    両親に「読んで読んで」とせがんでいたそうです。

    毎回読むのが面倒だったウチの親は

    カセットテープに吹き込んだモノを聞かせていたそうです(笑)

    高校生の頃に再びムッシュムニエルの絵本と出会い

    懐かしくて即購入。

    それ以来、佐々木マキさんの世界にどっぷりです。

    今は3カ月の娘が大きくなったときのために

    ちょっとずつ佐々木マキさんの絵本を買い集めています。

    「ふしぎなバスケット」が欲しいけど、絶版なんですよね〜。

    1番好きな作品はやっぱりムッシュムニエルシリーズですが、

    ぶた関連のお話も好きです。

    よろしくお願いいたします。

  118. shachi より:

    はじめまして。

    佐々木マキさん、小さい頃からずっとファンです

    リコママさんと同じく、「ふしぎなバスケット」が

    忘れられなくて 復刻を待っていたところ

    昨年手に入れることが出来ました。

    あれもこれもみんな好きですが

    私が一番好きな本は「ぼくがとぶ」です。

    長男は「やまからきたぺんぎん」です。

    二男は「ねむいねむいねずみ」シリーズがお気に入りです。

    よろしくお願いします☆

  119. 匿名 より:

    はじめまして。

    私は「怪盗スパンコール」がすきです。

    小さいときに佐々木マキさんの作品に出会いたかったと

    後悔しているくらいはまっています。

    どうぞよろしくお願いします。

  120. 匿名 より:

    「やっぱりおおかみ」に衝撃を受、け、ました。

    「いとしのロベルタ」も母親受けしなさそうなところがイイ!

  121. 匿名 より:

    ガロに描いていた頃の、渦マキ的、迷宮的、反復的、無時間的、無重力的、無倫理的、絵空事的佐々木マキマンガが大好きです。

    マンガ史に燦然と輝く超新星爆発のごとくマバユイ異次元空間マンガでした〜。

  122. 4歳のとき「いとしのロベルタ」親に頼み込んでかってもらいました。

    親は複雑なかおをしてました。

    わたしの佐々木マキデビュー作なのであれが一番印象に深いです。

  123. 匿名 より:

    「ピクルス街異聞」読みました。面白かったです。

    佐々木マキさんのファンサイトなどに紹介がある、

    「佐々木マキ作品集」も読んでみたいです。

    この本売っているところ見たこと無いです……

  124. てつ より:

    かいこ様

    ヤフオクで出品されてますね。

    多分最終で7000円くらいになると思いますが・・・。

    http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k48766133

  125. 匿名 より:

    てつ様

    ありがとうございました。

    これはヤバそうな漫画ですね。

  126. こずみ より:

    はじめまして。

    一番は「やっぱりおおかみ」です。

    ずっとずっと欲しいと思っていて、いろんな本屋にいくたびにチェックしてきましたが昨日ようやく出会うことができました。うれしい・・・・

    注文すればいいんだけど、まぁいつか出会だろうと楽しみにしていた本でした。

    子どもの頃に読んだこの本が佐々木マキさんだったと知ったのは最近のことで、いつものひょうひょうさだけではなく、クールで孤独感が前面にでてるのが好きです。ガロの頃のマキさんの作品はまだ読んだことがないのですが、若い頃のマキさんを感じる絵本です。

    「どろぼうたちの よる」というショートストーリーもすごくいいです。名前だけでもわくわくしますよね☆

    今のマキさんの活動情報を知りたくてコミュ参加させてもらいました。よろしくお願いします。

  127. 匿名 より:

    はじめまして(*゚∀。)ノシ
    私は「ムッシュムニエルをご紹介します」が1番好きですハート

    まだ少ししか読んだことないのですがマンガも大好きです♪
    「佐々木マキのナンセンサス世界」が欲しくて探しているのですがなかなかみつかりません。どなたか情報をお持ちでしたら教えてください(*′A`pq)+゜

  128. 匿名 より:

    はじめまして。

    私は小学生の頃読んだ「お父さんがいっぱい」でどっぷりはまりました。

    内容のミステリアスさと佐々木マキさんの絵がすごく印象に残ってます。

    一番のお気に入りです。

    村上春樹さんも好きなので、羊男などで佐々木マキさんの絵が登場した

    時は本当に嬉しく思いました。

  129. 匿名 より:

    はじめまして

    佐々木マキさん大好きですハート

    大好きなのは

    『佐々木マキ ナンセンサス世界』

    廃版になってしまっていて

    どこを探しても見つかりません涙

    もしご存じの方がいらっしゃったら

    教えてくださいexclamation ×2

    お願いしますわーい(嬉しい顔)

    『お父さんがいっぱい』

    『羊男シリーズ』

    このコミュ見つけて

    こんなにファンの方がいるんだ〜って

    とっても嬉しいです・・・。

    ぜひお友達になってください揺れるハート

  130. 匿名 より:

    はじめまして!

    あまり詳しくないのですが

    小学生のときから好きで

    いろいろと読みあさりましたダッシュ(走り出す様)

    ゆかさんの

    「佐々木マキのナンセンス世界」

    一度地元の図書館で

    見た事があります。

    それで書き込みさせていただきましたあせあせ

    このコミュで

    もっと佐々木マキさん

    詳しくなりたいと思いますexclamation

    よろしくお願いします

  131. カズミン より:

    初めまして。
    20年来のファンです。
    佐々木マキさんは全て好きですが、なかでも「ぼくのスクラップスクリーン」が大好きです。
    (残念なことに絶版になってしまったようです…。今でも手に入るでしょうか?)

    まだまだ佐々木さんのこと、知らないコトって沢山ありますね!
    よろしくお願いします☆

  132. 匿名 より:

    はじめまして!

    私は「おきなポケット」の中で連載してた「怪盗スパンコール」が好きです(´∀`)

    よろしくお願いします☆

  133. 匿名 より:

    初めましてexclamation ×2

    「ぶたのたね」か「やっぱりおおかみ」ですね☆

    仲良くして下さい<m(_ _)m>

  134. スマイル より:

    はじめまして☆

    2つに絞って「まじょのかんづめ」と「羊男のクリスマス」です。

    仕事の研修で佐々木さんにお会いした時、サインとイラストをお願いしました。

    「羊男を描いてください」と言うと、すごく困って「どんなのだったっけ・・?」しばらく考えておられました。(笑)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です