めぞんで好きなのは

人気の記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. より:

    僕的には、あのじれったい感じは全体を通して好きですけど、

    しいて言うなら、五代くんが保育園を首になったのに、

    毎朝響子さんが弁当作ってあげたりしてくれてるところ。

    五代くんの苦悩が伝わってきていいですね。

    それから最後のあたりは高橋留美子の話の語り方のうまさが

    十分に堪能できて好きですね。

  2. KUNTA より:

    はじめまして.

    アニメだけで言うと,響子さんが昔のアルバム写真を見て,

    高校時代の頃を懐かしむシーンかなぁ.

  3. 人生26年間生きて生きてやっと先月初めて出会いました。

    めぞん一刻。。。

    「お願いだから私より一日でも長く生きて」

    涙…

  4. 出会ってからはや15年以上。

    ぎりぎりラスト数巻分だけはリアルタイムで読めて幸せでした。

    >「お願いだから私より一日でも長く生きて」

    惣一郎さんのことがあるからこそ重い言葉ですね。

    号泣。

  5. yoshi より:

    はじめまして。

    1つになんて決められない、ってのが禁じ手だとすると(笑)

    「ほんと、すぐだまされちゃうのね」

    のファーストキスのところでしょうか。:)

  6. はじめまして。宜しくお願いします。

    今、文庫で読み返していて、現在3巻まで読んだのですが、

    五代くん視点で読んでる私としましては、3巻まででは、

    3巻の「キッスのある情景」が好きです。

    管理人さんの夢に五代くんが登場し、その夢が管理人さんの

    意図的な行動によって実現する。一つの形として二人の関係が

    少し近くなったような…。

    「わざとじゃないって、わかってくれたかしら…」ってところでしょうかねぇ〜。

    確かに、1つに決めるのはなかなか難しいですよね。

  7. しんのすけ より:

    はじめましてー。

    めぞん一刻すきだったなー。

    好きな場面はたくさんあるんだけど、

    どこか1つっていわれたらあそこかな。

    最終話の1番最後。

    ラス前のページでの「ここはね…」に続くセリフ。

    最後のページをめくったら、涙で前が見えなくなりました。

    「パパとママが初めて会った場所なの… 」

    やばい、思い出しただけで涙が、、、(^^;

  8. しんのすけ より:

    遅ればせながら、はじめまして。

    僕はやはり後半の展開が好きです。特に

    こずえちゃんとの仲を管理人さんに誤解されて「ほんとにすぐ騙されちゃうのね」のところ。

    あと、結婚を決めたこずえちゃんと駅のホームで別れるシーンは描写が素晴らしいと思います。こずえちゃんの「さよなら」の一言に色んな想いが詰まっててグッときます。

  9. あえて本編の流れと関係ないところを選んで、

    「一刻館の昼と夜」

      (管理人さんを含みコスプレする話 笑)

    「梅酒ばばあ」

      (五代のばあちゃんがそういちろうと梅酒飲んでるところ)

    が、いいかなぁーと。あれを見ると、一刻館に入居したい!と、いつも思います。

  10. 「ぼくのたみにみそしれ、るっ…」

    すみませw

    名シーン多すぎてはっきり言って決められませんし、あげたらキリがないので、やはりここは最後、結婚式で音無のじっさまが言った

    「響子さん、きみはこの日の為に生まれてきたんだよ」

    ですかね。

    なんか今までのもどかしさやすれちがいや苦悩を全て集約して完結させてくれた気がします。

    涙でてくるよ、マジで…

  11. クーンさんとちょっとかぶってますが、管理人さんが高校生活をなつかしんで、制服を着ているところを住民に発見され、みんなでコスプレ大会になったとこが面白かったです。

    最後に賢太郎が管理人さんはまともだと思ってたのにとしょんぼりしてるところが印象的。

  12. 北神 鳴 より:

    「響子さん好きじゃあああああああああああああああ」

     と、夜中に叫ぶシーン。

     四谷さんがうそつかなければいい関係になったかも。

     もしくは、あのまま五代くんがやっていたら・・・・・。

  13. 北神 鳴 より:

    はじめまして。。。

    私の好きなシーンはやっぱり五代君の墓前で惣一郎さんに結婚を報告するシーンですね。

    五代君の本当のプロポーズはここではないかと思うし、響子さんへの憧れからの成長に乾杯てな感じで当時は涙無しでは見られませんでした。

    リアルタイムで読んでた作品なんで1シーンに絞るのは非常に厳しいですよね。皆さんも結構悩んでるようですね。

    でも、この作品に出会えて幸せですね。

  14. 有馬皐 より:

    あなたもひっくるめて響子さんを貰います

    いい男になったな

    懐かしのアニメ系の番組で感動のシーンに

    「1日でいいから私より長生きして」のシーンが選ばれてたけど

    自分はココが一番っす

  15. んご より:

    はじめましてー。

    僕も「あなたもひっくるめて響子さんをもらいます」

    のとこが、ぐっときましたねー。

    五代君の器の大きさを感じました。

  16. おだゆ より:

    初めまして。本当に素敵な作品で、名場面と、名言をわけても山の様に出てきますね☆

    私はこずえちゃんが、「これ、のぞいて」とグーを作って「五代さんそのまま目を閉じて」で!!!!!!!!キス♪

    を響子さんに見られていて、帰ってから怒ってる響子さんが、〜

    のところが大好きです♪実際にやってみたいですよね☆

  17. 四谷さんとバトっていたのに、いつのまにか馴染んでいる二階堂。

    「貧乏がしみついたようなやつらだし」

    初出あたりはまともキャラだとおもっていたのに。

  18. Bun より:

    五代君が屋根の修理をしている響子さんに

    本音をぶちまけてケンカをした所が好きです。

    その後に響子さんが意地張って、助けを求めなかった事に

    五代君が怒ったシーンも「男だ!」って思えた良かったです。

    でも、入院中に

    「あの時怒った事、根に持ってるのからお見舞いに来ないのかな?」

    といじけているのが「あぁ、五代君だ」と思えて

    何故か安心しちゃいました(笑)

  19. ベルゾー より:

    サックゾー「五代君がキャバレーのバイトをやってホステスさんの子供たちの面倒を見たところとか、のちに店の兄さんが響子さんの親父と一刻館で酒を酌み交わすところなんかも良かった。」

    咲子「温泉旅館で2人きりになったのに何も無かったってのもあったわねえ。」

    サックゾー「五代君はぶつぶつ考えていて電柱に激突、見ていた主婦がやーね若いのに、なんていうのも笑えた。」

    咲子「そういえば五代君の教育実習の生徒も積極的だったわねえ。」

  20. Tetsushi より:

    最後の方で朱美さんと五代が響子さんに誤解されて

    茶々丸でケンカになるシーン。

    「やましいことがないなら、なぐりなさいよ!」

    この後アレですもんね(^。^;

    あと、一緒に朝食を食べた後の、

    「もうあなただけなの」とかもキマシタ。

  21. moaiface より:

    最終巻で五代君と響子さんのおつきあいが管理人室の前で

    他の住人にバレるシーンがありますよね?

    バレる直前に二人が小さなけんかをしているシーンが好きです。

    喧嘩してても楽しそうな響子さんの表情や喧嘩になっても動じない五代君を見ると、いままでの二人の時間が凝縮されているような気になります。

  22. けん1 より:

    響子さんの傷心旅行中に五代君と旅館でひと時を過ごしたシーンが好きですね。

    結局、続きはいつもの展開でなかったのですが、

    ぐっときました。

  23. はじめまして。

    僕が好きなのは、

    愛蔵版8巻の幼稚園(保育園?)をクビになったのに

    響子さんがお弁当作ってくれて、

    行く場所も無く公園で弁当箱を広げるシーン。

    隣に座った耳の遠いばあさんが隠し味。

  24. ユージ より:

    ああ、掲示板読んでると読み返したくなってきた・・・・。

  25. お繭様 より:

    はじめまして。

    朱美さんが酔っ払って五代君と響子さんにキスして、

    二人とも悶々とした次の日を過ごして、

    事故ではじめて二人がキスしちゃう話が好きです。

    五代君はいつものことですけど、

    特に管理人さんがいつになく悶々しすぎでかなりカワイイッス。

  26. お繭様 より:

    >tetsushiさん

    私もそれ大好きです。茶々丸を去ってゆく響子に朱美が放つセリフが格好良かった!けど覚えてません。なんでしたっけ?^^;

  27. こすけ より:

    はじめまして。

    今ふと思い出したんですが、八神が五代に積極的にアタックしてた頃に、響子さんがニコニコしながら竹箒を折ったシーンとか結構好きかもw

    当然、最後の方の展開もかなり好きなんですけど(^^)

    しかし、ここ見てると、どんどん読み返したい気分になってきました。

    ビッグコミックコンパクトも買っちゃいましたけど、

    今度実家帰ったときに読み返してくるか。

    >豆(まめ)乳子(ちちこ)さん

    ええと、「好きな男に手も握らせてくれないような女から、男取るほど物好きじゃない」とかいうやつですかね??なんだか、微妙に違いますけど(^^;

  28. らひーむ より:

    逆に、三鷹さんの結婚はかわいそすぎる・・・(^^

  29. Tetsushi より:

    >豆(まめ)乳子(ちちこ)さん 、こすけさん

    そうそう、それですね!あの時ふと朱美さんは五代に

    興味あるのか?とも思ったけど、茶々丸のマスターと

    結婚しちゃうし。もっと恋話があってもよかったかなとw

    確かに三鷹さんの結婚は可哀想なものがあるなぁ。。

    マッケンローのせいだw

  30. 三鷹「マッケンロー!お前なぁ。責任取ってくれぇぇ!」w

    一番好きなシーンは五代くんの大学合格した時です。

    番号が4989・・・。実に五代くんらしい!

    何回読んでもいいですねぇ☆

  31. 液体スープ より:

    >三鷹「マッケンロー!お前なぁ。責任取ってくれぇぇ!」

    その後のマッケンローの「ぽんっ!」が好きです。

    高橋さんは、犬のしぐさを良く見てるなぁと思いました。

  32. 液体スープ より:

    好きな場面は多々ありますが

    印象的な(いろいろ想像してしまう)場面をいくつか

    五代君が酔っ払って「響子さん好きじゃ〜!」と絶叫した翌日

    響子さんが「だめだわ・・・女ってだめだ」とつぶやいているシーン。

    何が言いたかったんだろう・・・

    五代君が骨折して入院したときに

    響子さんがこずえちゃんのマフラーを持ってきて

    「やきもちの罰なんです」

    どういう気持ちだったのかなあ。

    あと、八神さんが(ラストシーン以外で)最後に登場するシーン。

    一刻館の前で八神さんが「弱虫!・・・弱虫!」と

    言い捨てて去っていく、

    それに響子さんは「・・・・」

    何を考えてたんだろうな〜。

    このような謎のシーンがとても意味深で好きです。

    五代君は、こずえちゃんと最後まで別れないなど優柔不断振りを発揮しているわけですが

    響子さんだって煮え切らなかったわけだよね。

    本当にすきなのは五代君ってことは第1巻から分かるわけだけど

    それをはっきりさせない。

    五代君に「好き」と言わないだけじゃなく

    自分の心のなかでもそれを認めようとしない。

    もちろん惣一郎さんへの想いがそれを正当化させちゃうわけだけど

    それはものすごい葛藤だと思うのですね。

    そのへんの苦しい心のうちが表現されてるのかなあと。

    そう考えると、響子さんにまっこう勝負を挑んだ

    八神さんの存在はとても大きいです。

  33. 液体スープ より:

    はじめまして、皆様のカキコ見てたら

    読み返したくなりました!(^^♪

    私の一番すきなのは五代君が保父さんの試験前、

    三鷹さんにケンカを吹っかけるあたりです。

    なんやかんやでケンカせず最後には酒を飲む始末

    そこで三鷹さんが『何やってんだ!落ちるぞ』

    と言った返しに

    『落ちない!僕は響子さんが好きなんだ! 

     響子さんのために絶対受かる!』

    と言ったシーンです。

    好きな女性に対してここまで真剣になれるのかと

    読んで感動しました(^^♪

  34. yom より:

    私は、五代君の大学生時代のエピソードが好きですねぇ。

    「キャンパスドール」とか、「キッスのある情景」とかは、特に好きです。

    どちらも、ストーリーの内容に密度がありますし、絵も好きです。

    五代君と朱美さんのキスシーンでの響子さんの「うあああ」のシーンは何回見ても笑えるし、人形劇の時の五代君の「あっ胸が・・・」 「あ、もうあかん」とかもいい。

    ドキドキ感もあって、久しぶりに読み返して見ましたけれど、当時の気持ちを思い出してしまいました。

    コミカルでいて、しっとりしていて、読後感も自分が当事者になった気分で居られる、そんな感じです。

    本当、五代君がうらやましいと思ったものです。

  35. ebiちゃん より:

    名場面ですか♪

    自分では、こずえちゃんに五代君がだまされて

    キスされちゃうシーンでしょうか

    グーの中をのぞいて・・・

    そのまま、目を閉じて・・・

    から、キスされてしまう。

    たまたま、それを響子さんが見てしまい、

    やきもち焼くのがまた可愛いなぁと

    自分はこの手法を、過去に真面目に

    使わせて頂きました。

    (成功したので記憶鮮明です)

  36. みなさまはじめまして♪

    私も、えびちゃんさんの言うシーンが好きで、そのあと管理人さんに五代君が詰め寄られて、結局管理人さんにまた騙されてキスされちゃうシーンも好きです(´∀`)

    そのあとの管理人さんの言葉にグッと来ました。

    ふたりともかわいらしーですよねえ〜。

    それから、名場面ではないんですが、四谷さんがどっから取ってきたんだっていうようなでっかい丸太で五代君の部屋の壁をぶち抜くじゃないですか。何度も(笑)

    で、四谷さんの部屋の押し入れの中に五代君が隠れるっていうシーンがあったんだけど、その場面でちゃんとでっかい丸太が書いてあるんですよ〜(笑)

    高橋留美子先生はそういうところも細かくて笑えるし、大好きです♪

  37. でむ より:

    ああああ〜。

    たまりません(笑)

    「本当にだまされやすいのね」

    でしたっけ?(今確認できないので)

    僕も、このシーンが一番かなあ。

    あとは、初めての一夜の朝。

    「本当はね。ずーっと前から五代さんの事が好きだったの」

    ってとこ。

    超かわいいです><

    その後の「忘れちゃった」ってセリフがまたキュンッときます。

  38. ただのハエ より:

    もう最後らへんなのですが、

    結婚式の二次会で「茶々丸」でみんなに囲まれて

    五代くんと響子さんが挨拶するシーンが好きです。

    あ〜やっとって感じで。

    二次会が茶々丸っていうのも庶民的で良い。いい味でてます。

    二人が見つめ合ってるところなんかこっちまで幸せな気分になります。

  39. Moo より:

    響子さんと五代くんのやりとりなども筆舌に尽くしがたく好きなのですが、なかでも好きなのは一刻館での住人達による、

    愉快でほのぼのとしたあの雰囲気がだいすきです。

    自分が初めて一人暮らしをする時あんな愉快な生活を夢みたものです。

  40. パルコ より:

    アタシも響子さんと五代さんが初めてキスしちゃったシーンが好きデス。

    何とも言えない間、とか最高でした。

    有り得なさそうだけどそこがまた良い??

  41. 初めまして、宜しくお願いします。

    ストーリーで一番覚えているのは、五代君が

    三鷹さんと響子さんが結婚すると勘違い、家出した所です。

    最後に泣きながら帰って来た所が好きです。

    あと、この度”響子さん限定”でコミュを作りました。

    此方も宜しくお願いします

    http://mixi.jp/view_community.pl?id=169477

  42. なっくる より:

    私も五大くんが骨折して入院する辺りが好きです。

    響子さんが屋根から落ちて、五代くんが、

    「なんで助けてって言わなかったんだ!!(パチン)」

    って言うところ、号泣しました。

  43. より:

    お父さんに「管理人やめろ」といわれ、

    「やめない。」と脚を広げて反抗してる響子さんはいかがですか。

    響子さんは実家に帰るとものすごく子供になりますよね。

  44. より:

    はじめまして。

    オーソドックスですが、

    「私より少しでも長く生きて」っていうシーンが好きです。

  45. マチャアキ より:

    お初にお目にかかります。

    好きな場面はいっぱいあるけど、印象に強かったのは「坂の途中」の最後のシーンです。

    五代君と惣一郎(犬の方)が上り坂を歩いているところを、後ろから響子さんに声をかけられて、一緒に振り返る場面。逆光で五代君の顔がよく見えないで、響子さんが(五代君のことを)惣一郎(元・ダンナの方)と一瞬錯覚して「ドキッ」。

    ちょっとせつなくて、また、シンミリしてしましました。

    絵的にも、すごく気に入ってるシーンです。

  46. サブちゃん より:

    はじめまして〜〜^^

    好きな場面はどれが1番と決めづらいですが、五代くんと響子さんの結婚が決まったときに五代君が惣一郎さんの墓前で

    「あなたもひっくるめて、響子さんをもらいます」

    って、言った場面です!

    これからよろしくお願いします。

  47. 私もどれが一番と決めづらいのですが、

    響子さんが「ずっと前から五代さんのことが好きだったの」って言ったところが特に好きです。

  48. 機能別ヘ より:

    はじめまして〜

    おらも、五代君の入院あたりがいい感じですね!

  49. キャデ より:

    おばあちゃんが来て、五代がいく所、どこにでもついてくる…/おばあちゃんの同窓会とかそんな所も楽しかった。

  50. あいまーに より:

    八神さんの場面が好きです。テレビ版ではすべてカットされちゃったけど。

  51. taken より:

    五代がキャバレーの呼び込みをしてるのが判明した後

    響子さんが「いろいろあったんだろうな」というところ。

    惚れた目ですよね。

  52. arch1tect より:

    こずえちゃんにキスされたのを目撃され、「どうしてキスしたんですか」と問い詰められる場面です。

    五代くん的には怪我の功名が訪れるわけですけど^^

  53. マナナ より:

    はじめまして。

    初めての書き込み!

    私は、14巻の朱美さんのセリフ

    「お勘定。

    みっともない顔・・・

    ろくに手も握らない男のことで、

    泣くわ、わめくは、

    どうなってんの。

    あんたみたいな面倒くさい女から男とるほど、

    あたし物好きじゃないわよ。

    バカ。」

    その後

    五代君にコートを届けさせる

    そんな、シーンが凄く二人への愛情を

    今感じるかな。

    昔は自分は小学生の子供で、響子さんが好きだったんだけど、

    今はそんな朱美さんの

    いい女を感じます。

    どのキャラもどのシーンも味があって、難しいよん!

  54. はじめまして

    はっきり申し上げてすべて!!!!!!!!!

    なのです

    決められない。

    けど印象に残ってるのはPart77『春の墓』で響子さんが

    『総一郎さん・・・どうして死んじゃったの?生きてさえいてくれたらこんな思いしなくてすんだわ・・・・・』

    と涙を流すシーンです

    もう哀しくて泣きそうでした

  55. ×総一郎→惣一郎

  56. マーチン より:

    三鷹宅を見舞った管理人さんと偶然の抱擁を見てしまった

    五代君が激しい自己嫌悪に陥る所・・・切ないねぇ・・・。

    でも6巻あたりのユルイ日常も捨てがたいっすね。

    季節感が非常によく描かれてるので・・・・。

  57. あきら より:

    プロポーズのシーンです。そこまでのコメディタッチのところも、シリアスなところも、二人の周りのキャラクターたちもなにもかもが、このシーンのためにあったと感じました。

    五代の気持ちと言葉、それに答えて響子さんが振り向く時に言う台詞のシーン。言葉も、二人の表情も、コマ割りまでも、あのシーンに感動します。

    その次は骨折あたり。中盤の山場とクライマックスでは、作者の思う壺なのでしょうけど(笑)

  58. ありきたりですが、響子にとってぬるま湯のような五代、三鷹との三角関係にメスが入っていったあたりがいいですな。

    三鷹の強引なアプローチにドキドキ感がありました。

  59. スパモグ より:

    八神の出てくる話はオモロイです!

    アニメの八神の声優さんも良かったです。

    最近、結婚されたみたいですね。 おめでとうございます!

  60. 機能別ヘ より:

    はじめまして

    漫画で初めて泣いたのが めぞん でした

    泣いたシーンではないですけど、

    三鷹さんがホテルの部屋を取り管理人さんを口説くシーンが

    くさすぎました。

    「カチャ・・・  君の心もこんな風に開けたら・・・ 」

    くさい

  61. 機能別ヘ より:

    三鷹さんが五代君とケンカすることになったっけど

    試験が明日だと分かって返すものの、

    そのあと、「くそっ、虚しい」みたいなこと言いながら

    階段に座ってヤケ飲みしてるとこ。

    お酒飲めたら、俺実際にやりそうw

    ヘンなシーンでごめんなさい。

  62. 機能別ヘ より:

    五代君の新潟の実家に響子さんを連れて行った回が好きですね。

    おばあちゃんやお父さん、お母さんが響子さんに深くおじぎしていたのに感動しました。

  63. 機能別ヘ より:

    二人が始めて結ばれた後、住人に見つかるところ。

    からかったりしないのに・・・だっけ?

    遅すぎるくらいですよ。とかね!

  64. あっ、初めまして、なんか好きなシーンみんな書かれてるな〜…。

    そんじゃこれかな〜、五代君が商店街でコロッケかなんか買って、夕焼けの坂を一刻館へ帰ろうと登ってる途中に惣一郎(犬)さんとじゃれあっている所を響子さんが見て、惣一郎(人)さんと五代がダブって見えたシーン。(アニメですけど)

    あと惣一郎さんの化石を電車に忘れ探しまくる話、クリスマスパーティー(でしたっけ?)抜け出しての五代と響子さんのシーンは雪が良い演出になっていて好きでした。

  65. >リックさん

    横からごめんなさい。

    あのシーンは僕も好きです。

    あの二人仲がいいんだか悪いんだか(笑)

    腐れ縁って感じで好きだなあ(笑)

  66. 初めまして〜好きなシーンはもうほとんど書かれちゃってるので・・

    「くらえ塩漬け犬!」

    いつもカクテルはソルティドック飲んでます(w

  67. スヌーピー より:

    わたしも入院の時。好き。

    じれったーーーいっておもうけど、好きっていうのが

    バレバレ>管理人さん

  68. あひる より:

    朱美さんの

    「お勘定」

    です。かっこええ…。

    コマのアングルも斜めになっていてすごくかっこよかった。

  69. なま より:

    響子さんにひっぱたかれた後に、キャバレーでウルトラマンのお面をかぶりながらの『とにかく、保父になろう』という台詞にじーんと来ました。

  70. hirootus より:

    温泉旅行の五代君が響子さんの肩を後ろから抱く所です、子供の時にこれをみて、なぜか切なくなりました。

  71. kurisu より:

    はじめまして〜。

    めぞんで好きなシーンですか、大体好きなんですけどしいて言うなら

    五代君の妄想シーンですかね?w

    特に「草葉の陰から」のは好きですw

    アニメでは五代君の妄想は大半カットされてて残念でした。・゚・(ノ∀`)・゚・。

    へんてこなシーン上げてスミマセン<(_ _)>

  72. りょ〜ぉ より:

    はじめまして〜

    懐かしさのあまり、月2回発売のビックコミックコンパクトにて

    再読しはじめてしまったのですが、先週発売分での130話「なにも知らない子供たち」で、ホステスかすみに、太郎と花子を押し付けられ?一刻館に連れてきて、朝、響子さん、一の瀬さんとの会話

    一の瀬さん:「次から次へとよく苦労をしょい込む男だねー」

    響子さん「でも…五代さんらしい…」

    ダメなトコも「らしい…」で微笑みになってるシーンが

    くすぐったい感じでよかったです。

  73.  : より:

    キャバレーの上司の台詞。

    「男と女はよー、追っかけた方が負けなんだぜ。逃げて逃げて逃げて…」

    追っかけてくれなかったら?という五代君に対する答えが素敵。

    「そん時は潔く!!全速力で駆け戻って土下座するんでえ!!女なんざ単純だからイチコロだぜ!」

    真理だと思いました。本当にその通り。

  74. 好きなシーンということで突っ込ませてもらいます

    好きなシーンは最後こずえちゃんと五代くんが別れるとき、

    「ねえ、どんな人?五代さんの好きな人って?」〜五代くんが上を見上げて響子さんのことを想うところまでが一番すきです。

  75. 好きなシーンといえば、管理人さんが足を挫いたかなんかの時の話とか好きです。

    皆がバラバラに見舞いの品(食べ物)を持ってくる話です。

    腹いっぱいのはずなのに、にっこりと笑って平気な顔をして料理を平らげる響子さんに惚れました。

  76. シネマ より:

    好きなシーンはやっぱり最後の五代くんが惣一郎さんの墓に見舞いに行くシーンです。

    もう感動しました!

    「あなたもひっくるめて響子さんをもらいます。」

    ほんと感動的な言葉です!!

  77. 機能別ヘ より:

    か、感動じゃね!

    あたしも好きよこのしーん!

  78. 赤雷 より:

    はじめまして。

    確かクリスマスに五代が友人達とバイト中、弁当を見て誰かが漏らした一言。

    「みんなビンボが悪いんや・・」

    妙に感情移入してしまったのを覚えています。

  79. ティオ より:

    はじめまして〜。

    私もシネマさんと同じでそのシーンが一番心に残ってます。

    「そんな言葉がよく出たな〜」と思いました。

    最初はダメキャラだった五代君も成長した!って実感した

    エピソードでした。

  80. ティオ より:

    逆に苦手な展開なんでスけど、サラダちゃんに驚いた三鷹さんが管理人さんに抱きついて、それを見た五代君が誤解して坂本んちに引きこもってから、休暇を取った管理人さんに出会うまでの展開がいまいち好きになれないっス。

    特に、こずえちゃんに管理人さんと三鷹さんが結婚するって話を聞いたあたりの五代君が1番ダメっス。

    「こんな俺なんか、響子さんが選ぶわけなかったんだ……」

    ヤキモキが止まりません?(> <)/

  81. 匿名 より:

    響子さんいいけど朱美が好き。

  82. 匿名 より:

    一刻館付近の丘から見える夜景がきれいですね☆

    響子さんもだけど…

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です