現状、今後の動き

mixiはだいぶ機能が充実してきた感があります。

greeも独特の機能が増えてきたか。

orkutは噂によるとマルチバイト対応を急いでいるとか。検索エンジンとの連携は確実に行われるそうです。

今後の動きについて意見のある方はいらっしゃいます?

僕は、友達の登録がだいたい終わった後にもサイトに訪れたくなるような強い吸引力を備えたところがぐっとユーザを獲得するかな、と考えています。それがなければorkutのようにインターナショナルで大手がやっているところがこのままユーザ囲い込むと。

人気の記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. 宙蔵 より:

    SN的な仕組みというか機能的な面には興味や欲求があっても、特定のSNSのサイトにログインしないと使えないという点で面倒と感じるひとも少なくないような気がしてます。

    既存のSNSではない各種サービスなどが、FOAFとか何かしら共通の仕組みで、SN機能を取り込むような状況になれば、また違ってくるのかも知れませんけど、個人的にはそれはなさそうな気がしてます。

    ごく個人的には、結局はいわゆる出会い系の場合のように(謎)、ある程度、目的別に分かれていくような気もします。

  2. Nobi より:

    自分のBLOGにも少し書いていたのですが

    http://nobi.cocolog-nifty.com/nobilog2/2004/04/mixideja_vu.html#comments

    宙蔵さんも書いているようにFOAF(http://www.ldodds.com/foaf/foaf-a-matic.ja.html )みたいな分散型の人データーが広がり、いずれ各社のSNSがこのFOAFのビューアーや付加機能みたいに発展してくれるのが理想という気がします

    ちょうど同じHTML+JPEG+GIFでも、Internet ExplorerやOpera、Safariといった違うWebブラウザーで見れるように、FOAFの基本情報に対してA社のSNSサービスに登録していると写真コミュニケーションの機能が追加される、B社のサービスを利用すれば日記とコミュニティー機能が、C社はオススメみたいな感じで… 

     各SNSは、FOAFに対する付加情報だけを管理していて、あとはFlashだかJavaだかのプラグインみたいなビューアーを、見る人が好みにあわせて付け加えていく? (アプリケーションはWebブラウザーでなくてもいいかも)

     いずれにせよ基本プロフィールの入力は1回で済ませたいし、SNS各サービスが提供するユニークな機能はどれも生かしてあげたいです(って欲張り過ぎ?)

  3. 宙蔵 より:

    そうすると、ひとつ自分のメインのプロフィールになるものは、有効範囲の広さの点でおそらく最強だろうOrkut有利ですね。と思います。

    β取れたらたぶん、Taizo Nabekura をGoogleで検索したら、orkutの僕のプロフィールが見事に引っかかってくるわけですよね?

    FOAFはちょうどまさにRSSのように利用されるところまでは想像できるんですが、結局自分のそれの管理上の問題で、ウェブサイトのRSSとは違った部分を、どうすればいいのかなぁとか分からないでいます。

    複数プロフィールを使い分ける点が諸刃の剣というか。

    個人的な願望込みの話ばっかで申し訳ないんですが、FOAFある程度普及したら、既存のSNSがFOAFを吐き出すようになって、結局通常のWEB検索がそれらを拾う…とか想像するとアレ?Google+Orkutじゃん、それ。みたいな。

  4. googleで個人が検索されるようになったとき、やはりその人のネットワーク(人脈)も検索結果に出てくるようになるんですよね。

    うーん。日本人ってそういうの受け入れられるのかなぁ

  5. tadashi より:

    orkut は、Gmail との関連でどうなるかが気になります。

  6. MSがwallopというサービスを作っていて、Longhornには乗るそうです。MSN Messengerとそのまま連携してしまうあたり、結局いつものようにMSがごっそり持っていく、というようなシナリオが見え隠れします。

    現状のSNサービスのようにブラウザ内でしか使えないもの、また新たにフレンドリストを作らなければいけないものよりもすでにデスクトップに居場所を持っていてしかもフレンドリストもできているメッセンジャーと連携するというのは非常な強みでしょう。

    だれかwallopの詳しい情報を持っている方はいませんか?

  7. たっつー より:

    各社生き残りをかけて、他のSNSと連携してくれんかな?

    他のSNSのユーザを友達として登録できたり、

    別のSNSまたがったコミュニティとかなど等。

  8. 宙蔵 より:

    MicrosoftやYahooの考える先と言うのは、既存のサービスで提供しているアカウントの機能強化的な実装としてのSNSの吸収みたいに思えますね。

    実際にYahooのSNSというのが、どう実装されるかまだ正確には読めないんですが、My Yahoo!で一括管理できるような各種のサービスを利用するアカウントにSNS上の個人単位としてのプロフィールを付属できるような感じでしょうか?

    そうすると一気に利便性・機能性がアップしますよね。

    たとえば、ヤフオクでSNS機能をONにしてるユーザーからは、他者の信頼具合がより計りやすくなるでしょうし。

    むむむ

  9. ミカ より:

    Amazon Web Service のように、(暗号化したSOAPメッセージあたりが行きかう形であれなんであれ)何個かのSNSに情報を開放するためのAPIとかが実装されるようになるかも知れません。例えば、「よびとま」会員であれば、orkut.com と同期できる、とか。Amazonと連携とか。何個もIDとパスワードを管理するのはうざいので、合従連衡をしてくれる事を望む。

    大体、コミュニティ機能なんて「おまけ」であって、<Who is Mr.X>が判るようなものであれば、それだけで大きな価値であるように思う。コミュニティは、外部性を有して(会員認証のためのAPI実装とか)いれば、コミュニティ自体がどこのURLにあってもいいわけだし。社会全体として大きな「基盤」があるといいなあ、とは思います。

    ポイントは、「Web of TRUST」 — 今の時代ほど、「自分が誰であるか」「どんな属性であるか」「信頼できる人であるか」を証明する必要がある時代はないような気がします。

  10. ミカ より:

    ひとまずExcelか何かでSNS管理ツールが欲しいと思う次第です。

    友達の属性やメモなんかをクリッピングしたい。

    (でないと忘れてしまう・・・。脳みそ小さすぎなようです)

  11. 739 より:

    http://www.commit4u.jp/

    紹介制ですらない。

  12. itojun より:

    orkut、最近反応が遅くてつかいものになりません。

    面識のないyahoo.comアカウントのひとからのfriend requestも(悪いけど)うざったい。

  13. 推定日本人 より:

    紹介制は穴だらけではあるけども、

    変な人たちを予防する抑止力にはなっている気がする。

    グリーは申し訳ないけど、mixiより魅力が薄いなあ。

    ということで、livedoorフレンドパークコミュ作りました。

    http://mixi.jp/view_community.pl?id=34590

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です