我ら、映画仲間。

人気の記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. kee より:

    この間、やっと Kill Bill を観ました。1、2続けて。

    いやぁ、もっと早く観れば良かった。

    面白かったですぅ。

    あそこまで自分の世界観を貫いていると、

    こちらの好き嫌いなど関係なく、入り込めますねぇ。

    魅力的な役者さん揃いだったし。

    すてきすてき。

  2. バクスター より:

    おお! キル・ビルですか! 1と2を続けてみたのは、正しい選択ですよね。僕なんかは、両方とも劇場まで観に行ったにですが、特にvol.1を観た時なんかは、アドレナリン全開で、メチャクチャ興奮しましたよ。公開当時、「タランティーノは本当の日本を理解していない」なんて、某若者向け情報番組の、名ばかりの映画評論家とやらが、こんな的外れなことをいって、いい気になってましたが、その程度でテレビのコメンテーターが務まるなんて・・・と呆れた記憶もあります。タラちゃんは、最初から真の日本を撮るつもりなんかなかった。keeさんの言うとおり、自分の中の日本を具現化したに過ぎないのだと思うんです。本当にグレートです。

    演出はもちろん、脚本もぶっ飛んでましたが、最高。

    そしてキャスティングも玄人好みで、さすがタラちゃん。俺が見たい映画は観客が観たい映画とばかりに、見事な配役でありました。

    それから何と言っても、1・2共に最も突出しているのは、今回も選曲ですね。僕なんか、彼の映画のサントラ、全部持ってます。

    梶芽衣子の『怨み節』で大団円だなんて、タラちゃん、お前どこの国の人間だよと突っ込みを入れたくなるくらい、笑えました。

    さて、kee様。以前、メールしたテレビシリーズの『24』って、もうご覧になりました?「映画仲間」だって言っているのに、いきなりテレビかよって、突っ込まれそうですが。ちなみに、僕は現在サード・シーズンが続々リリースされているので、三たびハマっております。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です