印象に残る台詞・シーン

人気の記事:

コメント

  1. KAZ より:

    こちらのトピックに書き込ませてもらうのは今回で初めてです

    m(_ _)m

    印象に残ったシーンは管理人様のZENさんと全く同じ箇所です。

    あの双子のエピソードの終わり際のやりとりは何とも言えないものがありました。どうにもならない理不尽なことって言うのは往々にしてあるものだ、ということは重かったです。

    たいていの作品では理不尽な出来事もどうにかなってしまうものですが…。

    あえてあのエピソードでああいった終わり方をしたのは印象深かったです。

  2. KAZ より:

    双子のエピソードは残虐だけど物悲しいものがあった為か酷く印象に残ってます。

    願わくば、あのような子供達が本当にいませんように。

  3. 双子のエピソードは物悲しいものでしたね。

    私があげるのは打って変わって第一話。ロックの提案に答えるダッチです。

    「・・・まったくとんでもねえ野郎を拾っちまったなァ。イカれてるとしか思えねえぜ。」

    「だが面白え。面白えってのは大事なことだぜ、ロック。」

    「やったろうじゃねえか。」

    「面白い」という理由で奇策を採りあげてしまうダッチらしい言葉です。ロックという参謀の作戦を採用する「将軍」ダッチの肝の太さと度量の広さをうかがわせる台詞だと思います。

  4. いきなり台詞を

    『俺はもう謝らないし、謝る理由も無い、そう言ったんだ』

    温和なロックがぶちきれるシーン

    ものすごいカッコ良かったですね。

  5. プルケ より:

    双子のエピソードと言えば、バラ姐御が兄様(か、姉様、どっち?)に放った

    「跪け」

    の一言が印象的です。

    あれにはしびれた。

  6. プルケ より:

    ロベルタの

    「生者の為に施しを 死者の為には花束を(以下略)」

    が好きですね。

    と言うより、この話でラグーンを買い始めましたよ…

  7. 最新のアル より:

    双子の

    「さあ兄さま、どうぞ姉様に。」

    「ええ、兄さま。」

    結局この双子は男女だったのか、男男だったのか

    わかりませんでした…

  8. ヒロ より:

    初めまして!初カキコですw

    自分が好きなシーンは2巻でレヴィとロックが言い争いをしている時の、

    「お前に俺の、何がわかるんだよ。」と

    「ロビン・フッドがいねぇなら、ロビン・フッドになればいい。

    泣き寝入りして文句たれて生きてるよりゃ、よっぽどマシな生き方だ!」

    です。あのエピソードでロックをマジでかっこいいやつだと思いましたw

  9. ケツメド より:

    「アーメン・ハレルヤ・ピーナッツバターだ」

    俺も彼の様に有りたいものです。

  10. ケツメド より:

    「ロック。あたしは今テールライト並みに真っ赤っ赤になる寸前なんだ。

     そいつが灯っちまったが最後、お前のケツ穴を増やす時にも警告はしてやれねえ。」

    ブチギレ寸前で銃もカタカタいってんのにこの言い回し。

    こういうところでのこういう台詞回しがこの漫画の醍醐味だと思うのですよ。

  11. 機能別ヘ より:

    はじめまして。そしてよろしくです。

    自分が好きな台詞は

    「カラシニコフの裁きのもと、5.45ミリ弾で奴らの顎を喰いちぎれ!!」

    理由はわかりませんが、熱い台詞です。

  12. sod より:

    はじめまして。宜しくお願いします。

    印象に残った台詞はですね…多数あるのですが

    あえて選ぶとすると、2巻のバラライカの台詞

    「魂にも脂肪は付くものだ、我々の魂にもな」

    ですかね。

    バラ姐さんはいい台詞が多いですねぇ…。

  13. sod より:

    はじめまして。

    自分的には今まで上がってる台詞にくわえて、

    『…………いらないよ、ダッチ。

     いいんだ、このままで。

     空を仰いで―――

     海を眺めて…眠るんだよ。』

    かな。切ないんだけど、何処か優しい…ロックらしさが出ていて。

    トピックの立て主のベニーのシーンも含めて。悲しい話ですよね…。

    バラライカの姐御、ダッチ、レヴィ…皆良いキャラだ!

  14. 4巻の後ろの方で「チャカ」がルガースーパーブラックホークをダブルアクションで撃っているシーン。

    え〜っと・・・あれ? ブラックホークってたしか。

    と疑問に思いましたよ。

    あ!もしかして目にもとまらない早さでハンマーを起こしてるのか!?

  15. ともやん より:

    「―――不肖、鷲峰組若頭代行、松崎銀次。

    七生を以って御身御守護を―――勤めさせていただきます。」

    「和」の格好良さを一番感じさせてくれたシーンだと思います。

  16. 機能別ヘ より:

    はじめまして

    4巻冒頭のイブラハの台詞より

    「・・・・・・俺たちの仕事は

    職業じゃない、生き方だろうタケナカ

    ならば譲れぬ時もある!」

    ブラックラグーンには悪党の生き様を

    表した格好いい台詞が多いですね。

  17. はじめまして。

    自分の中で気に入ってる台詞はたくさんあるのですが、そのうちの一つとして2巻86ページから88ページにかけてのブリッツ・スタンフォードとレヴィの会話があります。

    ブリッツ

    「見よ!我が輩の誇るこの銃をッ!名付けて鉄血帝国ルガー・スペシャル!!ルガー・アーティラリー・ロングをベースに(省略)」

         ↓

    ブリッツあっさり撃たれる。

    レヴィ

    「一ついいことおせえてやるよ。こんなもんはな、撃てて当たりゃいいんだよ」

    彼女らしい台詞だと思います。自分としてはブリッツみたいなのは嫌いじゃないですけどね。しかしレヴィも自分の銃はカスタムしてたはずですが…。

  18. より:

    はじめまして〜

    印象に残ったセリフはバラライカがらみでいっぱいありますが、

    とりあえず、

    「『ホテル・モスクワ』は行く手を遮るすべてを容赦しない。

     それを排撃し、そして撃滅する。

    親兄弟、必要ならば飼い犬まで」ですね。

    4巻でも、似たようなセリフがありますが、バラライカ姐さんが言うと、

    凄みがありますね〜。

  19. でびるk より:

    はじめまして。

    好きな台詞はちょっとうろ覚えですが

    バラライカ姐さんの

    「ほう、それがお前らの宗教か。

    だがな答えはただ一つ、『死人に口無し』だ」

    というか、公園に誘き出して双子を殺すまでの

    一連の流れが全て好きです。

    姐さんの真骨頂だと思います。

    番外

    ラッキーなことがあるとつい

    「アーメンハレルヤピーナツバター」

    現実逃避がしたい時

    「ヌーディストビーチが見えるうぅぅう!」

    と呟いてしまう(汗

  20. でびるk より:

    はじめまして。

    私のお気に入りセリフはコレです。

    「プレイメイツだ!」

    「90年からのプレイメイツが100人いるぞ!!」

    「プレイメイツ軍の襲撃だァッ。」

    こんな軍隊ならいつでも襲撃してもらいたいです。

    ラス・メイヤーと同じくらい幸せになれそう。

  21. 機能別ヘ より:

    はじめまして〜

    心に残るセリフは・・・バラライカ大尉の

    「跪け」

    あの氷のような視線、台詞、とてもいいです・・・(´▽`)

    そしておまけページの

    「パチンコ玉」詰めたら殺すわよ

    もバラライカ大尉の味が出ててよかったかなーとおもいますw

  22. リキュール より:

    「こういうのはな、ビビったら負けだ。」

    「な?」

    3巻より。

    鉄火場をくぐり抜けてきた張さんの凄みが伝わってきます。

    直前のページで、ティ・ロンのような強面の男に

    両手に銃を持ったまま、煙草の火をつけてもらっているシーンも好みです。

    クマノテツさんのお挙げになっている台詞も、大好きです。

  23. >19むつきさん

    「永遠に生きた者はいない」だ

    でしたっけ?

    うろ覚えはお互い様ですが

  24. ライラプス より:

    はじめまして、

    「とんでもねえのを、拾っちまったぜ」

    ダッチがロックを認めたとも言うべき一言で好きです

  25. 機能別ヘ より:

    はじめまして。

    好きなセリフは2つ。

    1つはリキュールさんと同じく

    張さんの台詞。読んだ直後、

    「男達の挽歌」をレンタルに行きました。

    もう1つは

    4巻のタケナカさんのラストの台詞、

    「もちろん。死ぬまでには次がある。」

    酸いも甘いも噛み締めた、

    静かな闘志を秘めた一言っぽくて好きです。

  26. バソ@83 より:

    みなさん なかなかいい趣味してますね

    好きな台詞・・・・・・ありすぎです

    たとえばネオナチのお偉いさんとダッチのやり取り

    ・・・・・最高すぎ(w

    あと張の旦那がラグーンに来たときの会話

    ・・・・・・「さっきからまってるんだが、コーヒーの一杯も出ないのか、この店は。サービスが悪いぞダッチ」

    たまにもじって使ってます(w

    あとタケナカがイブラハに

    「遊びなんだよ イブラハ。そうでないことがこの世にあると思うか。面白くなってきたんだ、お前ももう少しは楽しんでみろよ」

    なんか渋すぎ

    まだまだあるけど最後に 良くサバゲーでも使ってます

    「こんなもんはな、撃ててあたりゃいいんだよ。」

    なんかこれにつきますわ

  27. より:

    「正常位じゃ誰もイけねぇんだよ、ロック」が一番印象に残ってます。

    前後のセリフと相まってラグーンの世界観を端的に表す最高のセリフだと思います。

    普通じゃ満足できない、快感を得られない。よくよく考えりゃ誰もがこういう一面は持ってるんだろうなーと考えさせられる。

    ちなみに私はラグーンのせいで普通の漫画じゃもうイけなくなりました。

  28. DOM より:

    「聞く事など何もない、知りたい事は知っている。」

    「祈れ。生きている間にお前が出来る事はそれだけだ。」

    バラライカ姐さんは名台詞の宝庫ですねぇ。

  29. DOM より:

    タケナカの去り際の捨て台詞

    「俺の仕事はな、公共の敵(パブリック・エネミー)さ」

    が渋すぎました。

    抱いて。

  30. Hyshry より:

    「さて、黒人君。すばらしい仕事だった。アーリア人なら鉄十字を送るところだが。」

    「いらんね。欲しいのは金だけだ、ゲシュタポめ。」

    「正直でけっこうだ、偽善は世を腐らす。君のような手ごわい劣等が、地上から一掃されることを願っておるよ。」

    「ご親切にどうも。あんたが地獄に落ちますように。」

    ダッチいいなぁ〜

  31. ち さ と より:

    どうもはじめましてー

    好きな台詞は4巻の

    「あたいらから見りゃ、普通の家さ。」

    「盗みも殺しもせず、ここまできてんじゃねェか。」

    いつだって自分が居るのはくそったれな上げ底の地獄。

  32. zero より:

    こんばんわ。

    個人的にはレヴィがルアクの船団を

    壊滅させた時の

    「あったりめぇよ」

    が大好きです。結構凄いことをやらかしてるのに

    そういって流すあたり、しびれました。

  33. こんばんわ、初めましてー。

    俺の好きな台詞はですね

    単行本2巻のラストくらいの、張の旦那とバラライカの会合での旦那の台詞。

    「俺には道徳やら正義ってものは、肌に合わん。その手の言葉と尻から出るやつは、びっくりするほど似てやがる。そのガキ共に同情するのは、ミサイル売って平和を訴えてるど阿呆共とどっこいだ。」

    っていうのです。

    なーんか、共感できるんですよねぇ。

  34. より:

    「アーメンハレルヤピーナッツバターだ」

    何でかこれが一番印象に残ってます。何でだろう。

    あとバラライカねぇさんの「行こうか、諸君。撃鉄を起こせ」

    。バラライカねぇさんの言葉はだいたい好きです。

    zeroさん同様、私も「あったりめぇよ」にしびれましたv

    レヴィの「ルート66をイエス様がチョッパー乗ってぶっ飛ばしたつっても信じるぜ!」とか(笑)あ、ダッチの「花壇を荒らしたのはどこのどいつだーっ!」!!

  35. 機能別ヘ より:

    みなさん始めまして ゆうじと申します。

    「あったりめえよ」ってのは、ダイハード1のマクレーン刑事(ブルース・ウィリス)の名台詞ですよね。おそらく広江さんもそれを意識しているとは思うんだけど。。。

    このまえ、「・・・こいつはいったい何の冗談だ?」って日常生活の中で言えました。

    よく言えた!俺!

    と自己満の世界にどっぷりつかりましたとさ。

    「てめえのお味噌が何色かここでぶちまけてみるか?」とかも言ってみてぇ!

    「俺たち月まで吹っ飛ぶぜ」なんてのも小粒でもピリリと効いてますよねぇ。

    はーやーくー5巻出ないかな〜〜〜〜。

    4巻の終わりって最高に次が気になる終わり方してますよね!

    (↑単行本しか読んでない男)

    では皆様、御機嫌よう。

  36. ケン より:

    こんにちは。はじめまして。

    「ですだよ」がスキです。

    あと「天使を呼びましょう」も。

  37. ケン より:

    はじめまして〜。

    個人的には2巻の

    「…それしかやり方を、知らねぇんだよォッ!!」

    がいいですね〜。

    好きというか、レヴィさんの表情も相まって悲痛な感じがすごくいいです。

    ロックの言葉に本音見せるしか無くなった、って云うのが。ガチンコ対決は本当に好きですね。

  38. ケン より:

    >小城さん

    同感です〜。俺はその前のロックの

    「ロビン・フッドが居ねえなら、ロビン・フッドになればいい。泣き寝入りして文句たれて生きてるよりゃよっぽどマシな生き方だ!」〜略〜ガツンと来ました(笑)

    あの場面の一連のロックのセリフ、今の生き方に気付かせてくれたレヴィが相手だからこそ出てきた言葉だと思うんですよ。

    あの瞬間にロックは本当のラグーン商会の一員になったんじゃないかと思います。何度読んでもいいですよあのシーンは…

  39. Makoto より:

    こんばんは!

    台詞はロベルタの、

    「サンタ・マリアの名に誓い、全ての不義に鉄槌を」

    シーンは、

    2巻43〜45Pの秘密の小話ですね。

    正反対ですが(汗)

  40. Benjamin@mixi より:

    どうも!!

    好きな台詞は大尉の

    「お願いじゃないの、命令。」

    半ギレしかけている姐御の顔にビビりました。

    あとは巻末のオマケから。

    「パチンコ玉詰めたら殺すからね」

    育児ノイローゼ気味の姐御に大笑いしました。

  41. アッキー より:

    初めまして

    5巻で銀さんが言った名ゼリフ

    「全員仲良く、十万億土を踏みやがれ!」

  42. M氏 より:

    はじめまして

    俺は1巻のバーテンのバオの台詞で

    「とにかく銭作って持ってこい!

    でなきゃこの店にゃもう入れねぇ!!

    来やがったら尻の穴を溶接して

    頭に代わりの尻の穴を開けてやる!!!」

    この台詞は最高ですよw

    っでよく使ってる台詞が

    1巻最後のほうの

    バラライカの姉御の

    「勘違いしないでね?お願いじゃないの、命令。」

    これは自分の誘いを断られたらよくいってます(笑

  43. M氏 より:

    ちィ〜すwはじめまして

    一番印象に残ったシーンは

    2巻?のロックとレヴィの喧嘩あたりかな

    ロックよく撃たれる前に銃を掴んで避けたな〜

    と思ったんですが銃口の近くを握って火傷しないのかな?

    またその後の車内での煙草等のやり取りが

    めちゃカッコええええとおもいましたね

  44. より:

    好きなセリフはレヴィの

    「こんなもんはな、撃てて当たりゃいいんだよ」

    それからバラライカの

    「撃鉄を起こせ」

    です。遊撃隊(ヴィソトニキ)全体が一個のキリングマシーンであるということを印象付けられました。

  45. 5巻のロックとバラライカ姉さんのやりとりо

    「―――望めるのなら」
    「聞くだけなら」

    って所のくだりがすごい好きです☆

  46. 椎椎 より:

    はじめまして。思わずケツの穴が増えます、ブラックラグーン。

    こんなにノリのいいセリフの漫画を読んだのは寺沢武一以来だなあと(寡聞

    で、鮮烈に印象に残ったのが

    2巻187p・張の旦那「俺は時々、どでかいクソの上を歩いてる気分になるよ。」

    3巻46p・大尉「………お前には、理解できんだろうな……」

    鉄人な二人のドッと疲れた一言。あんなに強くっても、とことん非人間的超人に描かれてないところが魅力ですよ

  47. YUTSUKI より:

    ヘンゼルとグレーテルの話で、バラライカとヘンゼル(だよね?www)の会話付近が大好きです。

    えげつないと思われるかもしれませんが、あの場面が一番、会話は少ないけれども多く語っている場面だと思っています。

    姉御にはそこでかなり惹かれました。

  48. どうも〜、初めましてこんばんわ

    ネタかぶりで恐縮ですが…

    1巻128P〜129P のダッチとバラライカ姐さんのやり取り

    「すまねぇ、一つ貸しだ。ことは荒立てるなよ?」

    「あら、それは無茶だわ。私たちのお仕事は、荒立つときは台風みたいに荒立つものよ」

    …姐さん、楽しそうデス。

    2巻130P〜のロックのセリフ

    「俺がこんなに拘ってんのはな、そんな生き方に気づかせてくれた女が、俺を切った連中と……同じ事を抜かしてやがる。俺にゃそいつが、我慢ならねぇ」

    普段穏やかなロックがみせた、激しい想い。秘めた熱さを感じました。

    も一つ、4巻60Pのバラライカ姐さん

    「忠告だけしておく。私がこの世で我慢ならんものが二つある。一つは冷えたブリヌイ、そして間抜けなKGB崩れのクソ野郎だ。」

    姐さん…。貴女にだけは逆らいません。

  49. あお(青) より:

    レヴィ&ロック

    「バカルディ、店にあるだけ持ってこい!!!」

    うろ覚えですけどもー(ぁ

  50. MJ/L より:

    初めまして

    おはようございます。

    印象に残った台詞・シーンですか。

    僕は1巻の「俺はね、もう死んでるんですよ。あんたがそう言った。俺の名はロックだ」ってシーンですね。

    なんだか覚悟を決めた漢の姿ってのを見ましたよ。

  51. MJ/L より:

    し て や っ た ぜ !!

    Very Cool!!

  52. よーどー より:

    いろいろ有るけど、実用的な「魂にも脂肪がつくものだよ」はいい言葉だと思いました。

    パラライカ最高!

  53. 初めまして

    アニメをみてコミックも読もうと思っているのですが、僕はマオ(で良いのかな?)の『全部弁償しろよ!でなきゃ、ケツの穴溶接して頭に代わりのケツの穴あけてやる!』ってやつですね

  54. 初めまして。

    うーん、私が一番印象に残っているシーンは1巻でロベルタが「それではごきげんよう」といいつつ手榴弾を落としていくシーンですね。

    あの構図にしびれてロベルタが一番のお気に入りキャラです。

  55. NA弐 より:

    うーん、印象に残っている台詞ですか。

    1巻のロベルタの台詞

    「生者のために施しを。死者のためには花束を。正義のために剣を持ち、悪漢どもには死の制裁を。しかして我ら―聖者の列に加わらん。サンタ・マリアの名に誓い、すべての不義に鉄槌を。」

    あと、5巻のロックの台詞

    「ロアナプラが歩く死人の街なら、ここは生者の住む場所だ。」

    の二つですかね。

  56. 初めまして。

    最近このコミュニティに入りました。よろしくお願いします。

    印象に残った台詞・・・・色々ありますが、五巻のレヴィの

    台詞、「ロック、あいつを見るな。傷になる」、

    銀さんの台詞「お嬢はよくやった。正直、野郎だって

    ここまでできる奴はいねえ」とか、

    何巻か忘れましたが、バラライカさんの

    「同士諸君、激鉄(漢字違うかも)をあげよ」でしょうか。

    関係ないですが、バラライカさん大好きです(笑)

  57. 秦霞 より:

    はじめまして〜

    私の印象に残ってる台詞は

    3巻♯14でのエダの台詞

    「どッ、どうするさレヴィー!」

    子供に交渉持ちかけられてマジで焦るエダさん最高♪

  58. kaz より:

    ここまで読ませていただきましたが…

    みなさん同じ様なことを感じていらっしゃるようですね。

    私は2巻のロックとレヴィのやりとりがたまらなく好きです。

    3巻のバラライカさんと双子の片割れの所も好きです。

    逃げていた方の双子の最後のシーンも好きです。

    育児ノイローゼの姉御も好きです。

    上げていたらキリがないです…orz

    5巻は何処に行っても品切れで買えません(涙)

  59. モリヲ より:

    ●「お前はいい悪党になるぞ。」5巻byバラライカ

    ●いやいや、姉さんほどじゃないよ。

  60. 惣壱楼 より:

    一巻一話のダッチの台詞

    「ベニー車を!!!」

    これにはまって丸一日くらい大爆笑したました。

  61. kaz より:

    やっと5巻を入手しました(涙)

    モリヲさんの仰っている

    姉御のロックに対するセリフが好きです。

    そのお陰で、今後の展開が気になります☆

  62. ろぅ より:

    初めましてー

    一巻の第一話

    ダッチの台詞で

    「”アメリカン・スピリット”しかねぇが。

     我慢してくれ。」

    が大好きですw

    まさか漫画で同じ煙草を吸う同士に会うとは(つ∀`)

  63. れでぃお より:

    「ジルバだ、踊るぜ」

    最高だな彼女。

  64. れでぃお より:

    第5巻初っ端のレヴィの台詞。

    「Oh yeah !ギターウルフだ。

     こいつは知ってるぜクールな音を出す連中だ!」

    幾らなんでも外人がギターウルフ知ってるとは思えないwww

    けどギターウルフがクールでブチギレた音出すのは同感。

  65. バンチュー より:

    「・・・金は、神か?」

    「力、さ。神よりゃよほど役に立つ。」

    2巻の潜水艦の中だっけかな

    日々思うことを端的に表現する言葉に漫画で出会うとは・・・

  66. バンチュー より:

    5巻の銀さんとレヴィの一騎打ちでの中で銀さんが思い出すあの言葉っすかねぇ〜

    「銀さん、また高市に、出るんでしょう?」

    「お前、生きようとしたな。」

    「遅いぜ、遅い。」

    〜中略〜

    「しくじった。」

    あの言葉を思い出さなければレヴィは死んでたかもと思うと・・・

    でも銀さんが死ぬのはあんまし・・・と思う大甘な自分

  67. lily より:

    5巻の居酒屋のシーンでの「こだわるべきは、地べた這ってくたばることを、許せるか許せねぇか、だ。」が印象深いです。

    あ゛〜!

    雪緒ちゃん・・・。

    。・゚・(ノД`)・゚・ 。

  68. lily より:

    >いのまの紙解き氏

    すいません、どうしてもそれに大笑いする意味がわかりません。
    気になって仕方ないのでこれ読んでもしよかったら一体この台詞の何が面白いのかを御教授願いたい。
    かしこに。

  69. lily より:

    「跪け」

    バラライカ格好いいよバラライカ

  70. lily より:

    「全員仲良く、十万億土を踏みやがれ。」

    素敵です。銀さん

  71. 惣壱楼 より:

    >学生総理さん

    笑った理由、ですね。

    何というかあまりにもおきまりでやられました。

    ちなみにその時は購入後パラパラしていたときでながれも何も解らぬままに目についた台詞が

    「ベニー、車を!!!」だったのです。

    今となってはよく解りませんがとにかくツボでした。

    ベニーって言う名前も含めてとにかくアホっぽく思えたモノです。

    うーむ。いまいち答えになっていない気がしますが。

    よろしいでしょうか?

  72. 惣壱楼 より:

    なんだ、そーゆー事でしたか。
    いや、てっきり広江氏お得意のアメリカンジョークを交えた隠語チックな言い回しかと思ったんです。
    そうか、そうですね、いやホントだ、ははは。
    何回も最初から読み返してしまいました、なんか恥ずかしい…。

  73. 惣壱楼 より:

    ああ、なるほど。

    隠語とかじゃないです。高校生でしたし。

  74. J.K. より:

    お初です。

    台詞もシーンもいっぱいいいのがあるんですが、単行本読んでて音楽の方が気になってしまいました!

    例えば1巻でレヴィが船団を一人で撃破いていく所でレヴィがヘッドフォンで聞いてるのはWhite(Rob) ZombieのElectric Head Pt. 1 だし、狂気の姉弟の片割れ(姉様?兄様?)が船の上で歌うのはmidnight with the star。スゴいです!聞きながら読むと最高です。

    で気に入ってるのはやはり1巻の酒場でのレヴィの台詞

    「ビールなんざ小便といっしょさ、男ならコレだろ」

    とここでロックがレヴィと張り合って行くココがいいですね。ロックの心情の変わって行くきっかけとなって物語が始まって行く大事なとこでしょう!それに小便と書いてピスと書いてあったのも、おお、スラングしってんじゃん!?と妙に感心しました。ちなみに酒を飲む事はPiss up、小便する事をPiss offっていいます。

  75. ましゃ より:

    お初です(^O^)/

    俺的に好きな台詞は4巻P106の

    『心配するな、ロック。

     必ず殺してやる。

     絶対、殺してやるからよ。』

    って台詞です!

    ロックを心配するようになったレヴィの気持ちがよく出てるシーンだと思ったから!

    レヴィもロックを仲間と認めたって事でしょ!

  76. のど より:

    はじめまして。

    一つ一つの台詞が名シーンだと思いますが、一番好きなのは香砂会でのロックとバラライカのこのやり取りでバラライカがロックに向けたこの台詞。

    「悪党だなロック。正しい判断だ。いい悪党になるぞ、…お前は」

    この台詞に隠されたバラライカの真意を考えるだけで一月は悩めます。そして、ロックの覚悟に涙。

  77. 好きではないけれど、とても印象に残った台詞は

    3巻に出ていたルーマニアの双子の片割れが言った台詞で

    「こんなにも人を殺してきたんだ。いっぱい いっぱい いっぱい いっぱい殺してきてる。僕らはそれだけ生きる事が出来るのよ。

    命を、命を増やせるの。」

    「私たちは永遠さ。そう永遠なのよ。」

    と、まぁ色々と考えさせられる台詞だなーと思いました。

  78. 機能別ヘ より:

    バラライカさんの台詞には好きなものが多いっす

    特に気にいってるのが

    「聞くことなど何もない。知りたいことは知っている。

    祈れ。生きている間にお前が出来るのはそれだけだ。」

    最高にクール!!しびれます

  79. 機能別ヘ より:

    5巻のレヴィの台詞でしょうか「生きるのに執着する奴ぁ怯えが出る目が曇る、そんなものがハナから無けりゃな、地の果てまでも戦えるんだ」

    この一言がラストを彷彿とさせて印象が深かったです

  80. ぺんぐぃん より:

    印象に残ったセリフはとても沢山あるのですが、最近では5巻でロックがレヴィと銀さんの対決シーンのところで、雪緒ちゃんに言ったこの言葉です。

    「−雪緒ちゃん、俺は思い違いをしていた。(中略)」

    「ここに君がいるのは、組のためなんかじゃない。

     君は、 銀さんと共に逃げるべきだった。」

    これを読んだ瞬間、実はこのお話は雪緒ちゃんと銀次さんの切ないラヴストーリーだったんだって気が付いて、泣けてな泣けて..。

    この作品はセリフやシーンに隠喩が多いのですが、中でも特に胸に響いた言葉です。

  81. ぺんぐぃん より:

     BLACK LAGOONの台詞は、洒落が効いていてかっこよく、甘すぎず熱すぎず

     本当に全部ぐっときます

     その中でも、双子の片割れを葬るシーン

     「泣くな この馬鹿もん」

     あの、伏せられた姉御の顔

     計り知れない重いものが伝わってきました・・・

  82. 最新のアル より:

    さっきコミュニティに入りました。早速カキコさせていただきます★

    これといって特定のセリフではないんですが、バラライカが女口調から荒っぽい口調に変わる時がすごいスキです。

    カ、カッコイイ!

  83. inkaku より:

    やっぱりアレだね

    「ファックしてやるぜベイビー!」

    が好きですねw

    う〜んCool。

  84. jun より:

    二巻のロックとレヴィのタバコのやり取りかなぁ。

    潜水艦の話からのズレから街中で喧嘩して〜の流れがあったから余計に良いシーンでした。

    それに独特な色気もあってよかったです。

  85. 「姉ちゃん、アタマ下げるね」

    これに決まりです!

  86. MQ より:

    初めてカキコします。

    私も2巻でもパトカー内でのレヴィとロックのやりとりが良いなと。

    あと、3巻のバラライカの双子の片割れに対しての台詞「跪け。」

    (直後に片割れ撃たれる)と、「泣くな。この馬鹿もん。」、

    双子のもう片方の最期の「…きれいだわ、そら。」ですね。

    バラライカは冷徹さと、奥にある何か。

    双子は「今までの綺麗な空を見ることのできない生活」の重さを感じた気がしました。

    ちょっと、数が多いかなー?

  87. より:

    レヴィ「永遠を生きなベイビー」

    俺「はい」

  88. kouhei より:

    僕もMQさんと同じで3巻のバラライカと双子の片割れの最期のシーンともう片方の「…きれいだわ、そら。」はとても印象に残りました。

  89. ひろ より:

    5巻のレヴィのセリフ、「お前、生きようとしたな。」です。絶望の中で見い出してしまった希望。それが判断を鈍らせ、歩く死人同士の戦いに決着をつけた。このセリフは印象深いです。

  90. より:

    「ばーか くそばか ばーか」@レヴィ

    増えることもないでしょうが1票入れますね

  91. 台詞じゃないですけどレヴィの目

    昔を語るときの目(黒眼一色)

    銃をぶっ放して悦に入ってるときの目(四白眼)

    いろいろと目で語ってくれる

  92. けんちゃん より:

    初カキコです。

    シリアスなところでは、2巻のロック「俺は――俺が立ってるところにいる。それ以外でのどこでもない。」

    ギャグなら、同じく2巻ラジカルレヴィちゃん「物事なんでも速攻解決!! 銃で。」

    2巻から3巻双子編終了までが今までの中では一番好きですね。

  93. けんちゃん より:

    初カキコします。

    好きな台詞は2巻の潜水艦内の探索でレヴィがロックに質問したときの答え。かなw

    あと3巻の「ですだよ」姉ちゃんが言った「差したーー刺されることはそうないね。男ってのは・・・」です。

    思わず笑いましたwここは。

  94. お初です〜ちょっと通りますよ(=゚ω゚)ノ

    「姉御、姉御。ありゃ、尻に入れてんのか?」

    「尻よ」

    答える大尉も大尉だwwwwww

    「死にたくなるわ」お疲れさんです

  95. 杉並てんこ より:

    レヴィの「こんなもんはな、撃てて当たりゃいいんだよ」に一票。

    実にレヴィらしといえばレヴィらしい、

    同時に、銃と殺しが稼業の人らしいなと思いまして。

    あと、色々応用して実生活で自分を慰めてみたりw

    例)タオル→巻けて拭けりゃいいんだよ

    ギャグ編はバラライカ母さんの

    「パチンコ玉詰めたら殺すわよ」

  96. hippariudon より:

    こっちのトピックでははじめましてです。

    いろいろあって選べないんですが、何とか3つ絞り込みました。これ以上絞り込むのは私にはムリです。

    1巻

    ロベルタ<「聖者のために施しを、死者のためには花束を。

          正義のためには剣を持ち、悪漢どもには死の制裁を。

          しかして我ら聖者の列に加わらん。

          サンタ・マリアの名に誓い、全ての不義に鉄槌を」

    4巻

    坂東< 「ほな、バイ、ナラ。なァんてな」

    5巻オマケ

    吉田と坂東の掛け合い

    長くてスミマセン。

    最後のは、実際に読んでもらったほうが面白いかも。

    吉田さん、ナム。(笑)

  97. tarrow@KAZEYOMI より:

    僕はアレです。1巻でラグーン商会と「モスクワ」をハメようとした陳に対してバラライカが言い放った一言。

    『馬糞野郎よく聞けよ、聞くことなど何もない、

    知りたいことは知っている。』

    『祈れ。生きている間にお前ができるのはそれだけだ。』

    問答無用な恐ろしさがありますね。

  98. 伊凪 より:

    ラグーンは銃を構えたときの殺し文句(?)が好きですね。

    本が手元にないんで細かくは覚えてませんが、

    「額でタバコ吸うコツ、教えてやろうか?」

    ってセリフがカッコエエエエエ(≧▽≦)と思いましたね〜。

  99. 芋出君5MQZ より:

    9話でのバラライカの姉御の台詞

    行こうか同士諸君!撃鉄を起こせ!

    痺れました。

    職業柄(副業ですが)ついついライフルを手にして撃鉄起こしました。

    エアガンですけどね。本物なら飽きるほど触ったので。

  100. tosh より:

    日本編でレヴィと銀さんのバトルが終わったとき、雪緒が自殺するときのレヴィがロックに言った言葉

      「ロック、傷になる、あいつを見るな。」

    なんというかね、単純にロックを気遣って言っただけではないように思うのです。

    レヴィ自身がすでにその傷を負ってしまっているから、と、思えてならない。

    それと、ロックとレヴィはすでに肉体関係であると思っているのは自分だけでしょうか・・・。

    二巻で喧嘩して警察に捕まって出所した後、そのままはいさよならとはならないと思うし、この二人仲良過ぎではないですか?休日に二人で飲んでたりするし、ロックはレウ゛ィの私室に勝手に入って起こしにきたり、例を挙げると切りがないですが、とにかくぼくにはそう思えてならないのですよ。

  101. Dai より:

    お初です。

    自分のお気に入りは

    1巻のガルシア君売り飛ばしの際に

    レベッカ

    『同情ってなら無しだぜロック。

     正義は無くとも地球は回るぜ』

    何か、やたらと印象に残ってます。

    後は、日本編のラスト

    銀次

    『しくじった・・・・』

    これ、コミックで改めて読み直して

    (直前までのやり取り含めて)深いセリフだなぁと

  102. >toshさん

    私はレヴィとロックは肉体関係まではないと思いますね・・・。

    レヴィがロックを仲間として認めている、ということ、

    しかしロックがまだ自分たちの稼業をやるにしては半人前ということで

    フォローしている、ということ、

    そして自分の心を見透かされたことで(ロアナプラの言い争いで)

    ロックを少しばかり見直しているということ。

    休日に二人で飲んでいるのはダッチ・ベニーは機材のメンテがあるけれど、

    二人は特に用がない、ということ。(銃器のメンテは?)

    ロックがレヴィの私室に入っているのは、ダッチの「下宿に・・・」というセリフからも、

    普段からレヴィがずさんなだけなのでは。

    確かに、エダの追求に「言いたくねえな」と答えているレヴィですので、

    このセリフからは確かに肉体関係にあってもおかしくない、と思われます。

    しかし、肉体関係にあったのなら、レヴィより先にロックがボロを出すでしょう。

    言いたくなかったのは、あれほど嫌っていたロックを反射的に守り、ガードマンを務めてしまった自分に対する「照れ」なのではないでしょうか。

    銀さんとの一騎打ちもロックのおかげで勝てた、と素直に認めていますしね。

    段々ロックに依存し、依存されている自分自身に不可解なものを感じているのでは?

  103. Do! より:

    初カキコです〜こんばんは^^

    私は5巻のバラライカとロックの香砂会での会話

    「貴方の命を助けてあげたわ、それ以上の望みかしら?」

    「望めるなら」

    「聞くだけなら」

    そのまま

    「いい悪党になるぞ、お前は」

    まっすぐ見つめるロックサイコーっ!

    この時の会話のテンポが何故かいつも頭に残ってます

  104. キング より:

    印象に残っているセリフは5巻のレヴィVS銀さんのクライマックスでの

    お前、生きようとしたな。

    このセリフ一帯の流れが、何とも言えなかったなぁ…

    後、バラライカ姐さんと戦闘が絡むと名セリフが大発生ヽ(´ー`)ノ

  105. えのやん☆ より:

    はじめまして!!

    どの台詞もかっこいいですけど、

    エダの「額で煙草吸うコツ、教えてやろうか?」ですかね。

    あと二巻でロックとエヴィのやりとりで、

    「墓になんて書けばいい?」

    「暴力バカにつける薬はねぇ、って書きな。」

    「じゃあなロック。」

    …バンッ!!

    「見ろよ。銃じゃ解決しないこともあるんだぜ。」

    ってところの台詞全部いいっす!

  106. えのやん☆ より:

    3巻,バラライカが双子片割れを狙撃させ,最期を見届けるときの

    「泣くな,この馬鹿もん」

    がいいです...

    この双子も自分達の世界の被害者なんだけど,

    部下を殺した仇でもある.という姉御の葛藤が感じられます

  107. Chal より:

    一番印象に残ってるのは、5巻33話でのロックの台詞。

    「義理じゃない、正義でもない。理由なんてたった一つだ。

      そいつは―――俺の趣味だ。」

    少しでも自分が信じていたモノを”趣味”だと断じる言葉を、

    自分から口にする・・

    この時、ロックが見届ける者として覚悟を決めたのではないかと思いました。

  108. Coo より:

    はじめまして。

    書き込む前に確認というか質問なのですが、ホテルでのレヴィとロックの絡み(ロックが冷房で喉をやられる)シーンはカットもしくは6巻以降の収録になるのでしょうか?単行本で確認しようとしたところどこにも見当たらなかったのですが。

    自分は単行本派で連載は追っかけておらず(サンデーGXを買ったことは一回も無い…はず)なんでこのエピソードをどこで知ったかも不明なんです(単行本に収録されてると思ってました)。というかそもそもこのエピソードは実在するのか?自分の妄想?

    どなたか知りませんか?

  109. >108:Cooさん

    うーん、私はそのようなシーンは覚えがありません。

    ずっとGXは買っているんですが。

    ホテル、ということは日本編でしょうか。

    しかし、ホテルで二人が同じ部屋にいるのは第4巻の

    P.143〜144で、深酒をして寝ていたロックをレヴィが起こすシーン。

    日本編は2005年10月号で完結し、11月号は休載、

    12月号よりロアナプラに戻って新章が始まりますから、

    該当するシーンが思い当たりません。

    ロックがレヴィを呼びに彼女の家に行き、彼女を起こすシーンは

    「タケナカ」編の冒頭にありますがこれではないんですよね?

    ロックが冷房で喉をやられる・・・。(?_?)

    みなさん、思い当たるシーン、ありますか?

  110. Coo より:

    >継サ(つぐさ)さん

    連載にはありませんでしたか。何か別の漫画と勘違いしているのかもしません。それはそれで何と勘違いしているか知りたいところではありますが。もしかしたら「翡翠峡奇譚」とかかな。

  111. ブラックラグーンは名言が多いですよね。

    「・・・金は、神か?」

    「力、さ。神よりゃよほど役に立つ。」

    「・・・貴方は、夕闇にいるから。」

    この二つが好きですね。ロックが闇の世界にいないからこそ言われる、

    さまざまな言葉。胸に残ります。

  112. もそろR より:

    >Cooさん

    遅レスですが…。

    ←これでしょうか。

    おそらく同人誌ではないかと思います。

    生憎この画像しか持っていないので、何処の何という本なのかはわかりませんが;

  113. たける より:

    たしか広江先生の公式ページのリンク先にあった気が…

  114. Coo より:

    〉もそろRさん

    ああ、それですね。同人誌だったんですね。しかしそれを自分は何処で見たのやら。やっぱネット?ストーリーの前部分も見たような気も。

    とりあえずネタ元が分かってスッキリしました。情報有難うございます。

  115. たける より:

    >>112の同人誌の詳細希望したいです。

    広江氏のHPのリンクから行きましたけど見当たりませんでした。

  116. たける より:

    どうも閉鎖されてあるみたいですね

    カヤメルってページだったと思います。

  117. 機能別ヘ より:

    >>116

    ありがとうございますー!

  118. 機能別ヘ より:

    この漫画、ロシア語使いで読んでる人ってどれくらいいるんでしょうね?

    バラライカの台詞のロシア語はかなりきちんとしてるので、なかなか楽しめてます。

    印象深いのは、確か単行本1巻の、バラライカがダッチに電話を入れてる背後で、事務所を爆弾で吹っ飛ばすシーン。「プリクラースナ(прекрасно)」に「愉快痛快」を当ててるのは、マジでシビれました。

    英語で言や”excellent”に近いニュアンスなんだが、この訳は並のセンスじゃ出てこないんで、恐れ入りましたです。ってことで、これも「名台詞」の範疇に入れておきたいな、と。

  119. りゅーせい より:

    この漫画の為にロシア語専攻するかどうか真剣に考えました。

    バラライカみたいに使いたいんですもん!

    結局ドイツ語にしちゃったんですけど・・・

    ロシア語の人に台詞言ったりして遊んでます。

  120. 匿名 より:

    はじめまして。

    タケナカの『Public enemy』

    ってのが印象的です。

  121. ある より:

    飲める場所と、バッティングセンターさえあれば世はこともなし

    あってると思うんだけどこれが好きかな

    特に「世はこともなし」ってのが気に入ってます

  122. 忌 #74 より:

    日本編のラストバトル、レビィの台詞

    「お前、生きようとしたな」

    厳しすぎる向こう側の世界の言葉

  123. 忌 #74 より:

    好きなセリフは・・・

    「三合会は超サイコー!」

    張大哥、超サイコーです(笑)

  124. 「#4 Rasta Blasta PT.3」でバラライカさんが言った台詞

    「あら、そう??
    [ゴゴゴゴゴン](銃撃)
    カン違いしないでね??お願いじゃないの、命令。」

    あの時のバラライカさんは本当に恐ろしかった。

  125. ムサ より:

    双子編ラストの

    「きれいだわ、そら。」

    「空を仰いで-海を眺めて‥眠るんだよ。」

    ここの下りがもう忘れられません!

    悲しすぎる!

  126. haruhi より:

    アニメブララは

    レヴィとロックの煙草ちゅーシーン(火写しの)。

    エロさあふるる雰囲気が凄くよかったと思います。

    漫画は既出ですので中略w

  127. 匿名 より:

    「違うね。これはモノだよ、ロック」

    2巻♯6潜水艦でレヴィがロックに秘密の小話をシーンする。

    レヴィがその考え方に行き着くまでの現実を想像してしまった。

    あとは5巻のチャカがプールにて溺れるシーン。

    あは☆ いい気味。

  128. CAN*TEA より:

    本編のシーンも言わずもがなのかっこよさ、さらにオマケ漫画がまた面白い!

    と前置きはこれくらいにしておいて。

    1巻の六郎のこの一言「オレの名はロックだ」

    かなりイカしてました。

  129. ぺにょぬ より:

    ベニーの

    「連中は僕らを穴あきチーズにできたはずだ・・・」

    ですかね。

    蜂の巣等のありがちな表現では無い所が凄く印象に残ったセリフです。

  130. ミサキ より:

    “綺麗事並べんじゃねェ!手前にあたしの何がわかる!

    なにがわかンだよ?ああ?

    言ってみろよ?てめェみたいな温室育ちにわかることを!!

    どんな暮らしをしてきたか・・・わかるハズがねェンだよ!!”

    “そうだよ。わかるハズがない。

    俺はお前じゃないからな。

    じゃあ訊くけどよ。

    お前に俺の、何がわかるんだよ。

    どんな暮らしをしてたって、生きてりゃそれなりに辛い目にも遭うもんだ。 

    だろ?

    そいつを理解するつもりもないくせに、

    答えに詰まりゃ、都合よく悲劇のヒロインかよ。

    それがお前の一番、卑怯なところだよ。”

    (Black Lagoon#10より)

    ざっくり図星を指されて、参りました。

  131. レヴィの

    『DUM DUM FUCK』 (ロベルタが酒場で銃乱射の場面)

    なんか印象に残ってます…笑

  132. えすだぶ より:

    #28 Fujiyama Gangsta Paradise PT.7より

    レヴィの、”大事なことを忘れてたよ―ここじゃあたしは、あんたの銃だ。”

    “あたしの役目はあんたの生命を護ることで―あんたの生き方を邪魔することじゃねぇものな。”

    ってとこが好きです。潜水艦の一件で険悪な雰囲気になり、そのあと大喧嘩を経て、仲直りと言うか、レヴィがロックを認めた感じではあったんですが、ここではなんかいい雰囲気になってたと思います。

  133. なるなる より:

    「わたしに一杯、あなたに一杯。。」

    ロックが初めてロアナプラのバーに連れて行かれ、レヴィが初めてロックに酒を飲ませた時のカウンターでのレヴィのセリフ。

  134. #21、タケナカの

    「俺の仕事はな、公共の敵”パブリック・エナミー”さ。」

    #28、銀さんの

    「”曽我の助六”が遊びに来やしたよ。」

    「”鬚の意休”はどちらにおいでで?」

    この二つが好きですね。渋い。

  135. 第一巻のお坊ちゃん輸送時の船内でレヴィが一言

    「正義は無くても地球は廻るぜ」

    このセリフ、ココロに残ってます、なんとなく。

  136. たか‐R より:

    #10のラストシーン

    ったくよ、今日はひでえ一日だ。

    まったく

    …のロックがレヴィのタバコに火を移すシーンがかなり好き!!

  137. はく より:

    「ベイビー、ベイビー、いい子にしてたか?

     もう少しいい子にしてたらスイートパイ、

     リコリス飴を買ってやるからよ。さあ、ずらかろうぜ。」

    そして、この直後に血のついた大刀をふきふきしながら、

    「あなたが例のボンクラか」とやってくるシェンホアが大好きです(笑)

  138. nejimaruGT より:

    「差したことはあっても刺されることはそうないね。

     男ってのは・・・・・・

     大体そうよ。」

    三巻のシェンホアさんですね〜。

    確かにごもっともです。って感じで印象にのこってます!ワラ

  139. アリシア より:

    私は

    エダの「額で煙草吸うコツ、教えてやろうか?」

    が一番心に残ってますねw

    一番好きなのはバラ姐ですがw

  140. 匿名 より:

    はじめまして〜。

    三巻の#14

    バラライカ姉さんの一言

    「跪け」

    今年の冬コミに向けて二次創作双子のイメソン作っております!!

    残酷でCool。

  141. 自分は

    1巻の#10の最後

    ・・・ったくよ、今日はひでえ一日だ。

    まったく 

    5巻の#35のバラ姐のやり取りです。

    上の方はあのタバコに火を移すシーンは忘れられないですw

    下の方はシーンというには広すぎるのですがバラ姐のやりとり

    がたまらなく好きですw

    わかりにくくて申し訳ないですが少しでも理解してもらえれば

    幸いですw

  142. 匿名 より:

    初めまして。

    ブラクラは印象に残る良いセリフばかりですが、私はロックの

    「どんな暮らしをしてたって、生きてりゃそれなりに辛い目にも遭うもんだ」

    で、物事の捉え方が少し変わった気がします。

    当たり前の事かもしれない。でも、この言葉を実感から自分の言葉に出来る人は、そうそういないのではないでしょうか。

    この言葉、深いです。

  143. やっぱり潜水艦シーンでしょうか。

    レヴィ曰く

    しゃれこうべと勲章を両手にし

    両方とも・・・モノである。

    価値があるのは・・・勲章。こいつを売れば金になる。

    レビィがどうやって生きてきたのか

    なんとなく分かるシーンですね。

    それを見終わった後、なんか色々考えさせられるものがありましたよ。。なーんてね。。アハアハ orz

  144. 「てめえが朝なに食ったかぶちまけてみるか?」

    「祈れ。生きてる間にお前ができるのはそれだけだ」

    「ママー ママー 炊飯器買って来たのー」

     ↑実生活でも真似しまくってます。

  145. 最近は4巻と5巻を読み返す日々・・・・

    この辺りの話ではレヴィの台詞がストーリーを読み解く鍵に思えます。

    「核爆弾がありゃご機嫌だが政治屋(政治家ではない、注意)しか持てねェ仕組みになってやがる。

    あたしらが持ちゃもうちょいマシな世の中に作り変えてやれるのによ」

    それはテロリストである竹中も同じ思いでしょう。レヴィ達も一歩違えばテロリスト。今は銃を向け合っているけれど・・・・

    5巻、バラライカにいちゃもんをつけたロックに向けた台詞。

    「ここじゃあたしはあんたの銃だ。タラワだろうがアラモだろうが守ってやる自信はある。でもな、

    くたばりたくてたまらねェ奴はどんなにしたって守りようがねェんだよ、

    このアンポンタン」

    5巻を読了しないと、この台詞がラストを暗示している事に気付けません。

    命懸けでバラライカと張り合い、手を差し伸べても雪緒を助ける事は出来ないのです。

    だって、彼女は死にたがっていたのですから。

  146. はせやん より:

    レヴィのヒトゴロシスイッチがONになって瞳がベタ塗りになる瞬間は毎度のことながら「オッ」と反応してしまいますね。彼女が見ている闇が其処に映りこんでいるようで。

  147. 蛇ノ目 より:

    みんな上げるセリフ、どれも心が震える!

    (*´д`*)パッション!!

    自分が選ぶクールなセリフは

    バラライカに銃を突きつけられながらも、啖呵を切るロック

     『貴女は勘違いをしている。

      義理じゃない。正義でもない。

      理由なんてたった一つだ。そいつは—-

      俺の趣味だ。』

    ロックに男を見つけた。

    男って言うか、益荒男w

    雪緒を助けた後、再度公園に向かったレヴィとロック

     『well Rock?』

     『Put on a show for them, revy.』

     『Alright』

     『Now watch those cans very carefully,you brats.

      Those cans… Watch’em close, okay?』

     『Your mommy’s waiting for you.

      Now go home you kids.』

    ロックが夕闇から宵闇に一歩踏み込んだ・・・

    そんなこのシーンが、最高に震えます。

  148. 蛇ノ目 より:

    5巻の#37

    ラストのロックとダッチの会話から抜粋。

    「−−−ダッチ?」

    「ああ 聞いてる。」

    「『人は賽子と同じで、自らを人生へと投げ込む』

    そんなことを言ったフランス人のことを知ってるか?」

    「ジャン・P・サルトル。

    実存主義派の哲学者、

    自由の中の責任と選択に自らをおき、

    社会参加で理論を実践しようとした変わり者で斜視の老人だ。」

    「詳しいな。」

    「俺は意外にインテリなのさ。

    雨乞いから象狩りの方法までなんでもござれだ。

    どうかしたのか?」

    「−−−いや、

    一つ片がついた、ありがとう。」

    「オーライ、

    冷えたバリハイがお前を待ってる、楽しみにな。」

    ダッチがすごくクールに見えた……。

  149. RIu. より:

     今月のGXだと、レヴィの「Let’s Roll!」が、なかなか良い感じでした。

     あの、楽しそうな(?)レヴィの表情がたまりません(笑)。

  150. 匿名 より:

    >ダッチがすごくクールに見えた

     や、ダッチはいつもクールだと思うですよ

    (男性キャラで一番好き)。

  151. 匿名 より:

    「生者のために施しを、

     死者のためには花束を。

     正義のために剣を持ち、

     悪漢どもには死の制裁を。

     しかしてわれら 聖者の列に加わらん。

     サンタ・マリアの名に誓い、

     すべての不義に鉄槌を。」

    「では皆様、御機嫌よう。」

    「いえ、あれは・・私が若様のロベルタでいるために、

     必要なものですから・・・」

    あと「すっこんでろ。」

    「・・・。わかりました、そうします。」

    「ほら見ろ。」の下りが好きです。

    キャラクターではロベルタが一番大好きです。

    そのためどうしてもロベルタ関連の台詞が多いです。

    そこは大目に見てください。

  152. 機能別ヘ より:

    2巻の99ページのダッチ

    「何をやってもすっきりなんぞしやしないってことさ」

    3巻の74ページのロック

    「いいんだ、このままで。空を仰いで―海を眺めて…眠るんだよ」

    4巻の90ページの張さん

    「こういうのはな、ビビったら負けだ」

    って感じですね。

  153. 匿名 より:

    どうも水無月冬弥です。

    ブラックラグーンは、印象深い台詞は多いんですが、僕が真っ先に思いついたのは、

    「跪け」

    でした。

    だめかなあ(笑)

  154. 匿名 より:

    ども、フェラーリン少佐です。

    「祈れ。生きてる間にお前ができるのはそれだけだ」byバラライカ

    「額で煙草を吸うコツ、教えてやろうか?」byエダ

    「吹くなよ、2挺拳銃。お前、筋はいいんだが―まだまだ、脇が見えてない。」by張さん

    あたりが好きですね

  155. 匿名 より:

    「その銃創ではもって10分だ。」

    「お前がこの世を去るその数分を、」

    「サハロフ、メニショフ両名の鎮魂へ当てる」

    「……………………」

    「…………お前には、」

    「理解できんだろうな……」

    「泣くな。」

    「この馬鹿もん。」

    個人的には名台詞に入ります。

    冷酷と恐れられる大尉、同志に対する哀悼の意を込めたとも思われる言葉。

    死に行く子供の泣きじゃくる姿に敵であるはずのバラライカの限りなく優しい一言。

    広江氏のストーリー、コマ使いには脱帽です。

  156. 匿名 より:

    空港にて

    前略

    タケナカ「仲のよかった友人とはケンカ別れになりますし。若え者には

          自分にできんことをおっかぶせようとしちまったりね。

          まったく嫌んなるね、どうにも歳をくったな。」

    日本人旅行客「……次が、必ずありますよ。」

    タケナカ「もちろん。死ぬまでは次がある。」

    日本人旅行客「そうだおじさん! お仕事は何を?」

    タケナカ「”お仕事か”、…そうだな。やっと吹っきれた。」

    タケナカ「俺の仕事はな、

    タケナカ「”公共の敵”(パブリック・エナミー)さ。」

    なんでしょうね。個人的にやけに脳裏に焼きつくんですよ

    この終わり方。この言い回し

    何気ない会話に見えて、それでいて重く響く台詞まわしで終わるのとか

    けっこう多いですよねラグーンは ^^

  157. 機能別ヘ より:

    >156

    タケナカ編は、登場した直後の

    「ボンヤリしてんねェ 交番だよ、交番」

    も良かったですね。意味が分かるのに数日かかったけど(w

    あの台詞を伏線として、最後の「公共の敵」に繋げていく辺りのテクニックは、素直に上手いと思いました。

  158. 匿名 より:

    双子編でのヘンゼルとバラライカのやり取りが好きですね。

    「私達はネバーダイ」と「誰もがいつかは死ぬ」…が。

    人の命を喰らって生きても死は免れない。いつかは死ぬ。みたいな、

    丁度あのロアナプラの町そのものの事を指してるようなやり取りが

    大好きです。

    まぁ、命がいくらあっても足りそうに無いですが。

  159. 機能別ヘ より:

    チャカとレヴィのやりとり

    「Your breath stinks,fuck head.」

    第1巻のレヴィの台詞

    「不憫だろうよ、どっかの変態の慰み者になるかーーー内臓抜かれるかしか先はねえからな。

     でもな、うちらの商売の足しにさえなってりゃあ、そいつは問題なしだ、わかるか? ノープロブレムだよ。

     正義がなくとも地球は回るぜ?」

    がお気に入りですね。

    他にもあるんですが、ありすぎるんで、これくらいにしときます。

  160. 匿名 より:

    タケナカ達にさらわれたロックをレヴィたちが助けに行った時の台詞。

    「ベイビーベイビーいい子にしてたか?もうすこし…」

    が好きです。

    おかげで実生活でも「ベイビー」は非常によく使います。

  161. りりぃ♪ より:

    皆様こんにちは。

    5巻最後より

    「貴方はこれからも、宵闇の中に?」

    「君のお陰だ。俺はそこで、すべてを見届ける。」

    ロックの決意が伝わってきます。

  162. T2 より:

    自分の気に入ってる台詞は、

    「義理じゃない、正義でもない。理由なんてたった一つだ。

     そいつは―俺の趣味だ。」

    ですね。

    後は5巻の微笑みながら言うレヴィの台詞、

    「何言ってるんだ、この野郎。何かくれるのか?「ギブ」だって?」

    果たしてレヴィは意味を分かっててこのセリフを言ったのか、それとも分からなかったのか気になるところですw

  163. 匿名 より:

    「みんな仲良く 十万億土を踏みやがれ。」

    「曾我の助六〜」と言い、銀さんの台詞は、

    芝居がかって良いなぁ…。

  164. 匿名 より:

    「な、る、ほど、なるほど、なるほど」から「いい悪党になるぞ…お前は。」までの下りかな。姐さんサイコーにイカシてるっす(o^-‘)b

  165. フェン より:

    ベニー「そうはならなかった。ならなかったんだよ、ロック。だからこの話はここでお終いなんだ。」

    銀次「誰かが赦すンならね、それもよかったンでしょうや。誰かが赦してくれたンならね。」

    この二つからは何と言うか、それを話す二人の悲しさとやり切れなさが伝わってきて、心に残ってます。

  166. ぱんだ より:

    「だから――この話はここでおしまいなんだ」とか、
    「ホテル・モスクワは行く手を遮るすべてを容赦しない」とか、
    「墓にゃなんて書けばいい?」とかも好きですが、
    何気に一番は

    「人生は楽しまなきゃな……損だぜ日本人」

    ですかね。
    「クール・アズ・キュークだ」と合わせて、焦ってる人を窘める時なんかによく使いますw

  167. ぱんだ より:

    アニメでの印象が強烈だったせいかバラライカ大尉の──

    「跪ずけ!」

    「年かな、少し、疲れた」

    ですかね……。

    後はエロビデオチェック中の大尉の「死ぬわ」も、なんだか好きです……笑

  168. 1巻の最初の方、「俺はね、もう死んでるんですよ。」

     「俺の名は、ロックだ!」

    2巻のロックとレヴィの喧嘩シーンで

    「そんな生き方に気づかせてくれたその女が・・」

    「俺を切った連中と・・同じことを抜かしやがる。」

    「俺にゃ そいつが、我慢ならねェ」

    てかロック、かっこいいわw

  169. より:

    はじめまして。

    #12双子の会話から

    切ない顔の片割れが

    「怒られるのも ぶたれるのも 嫌いよ。

     泣きたくなるもの。」

    というシーン。

    子供らしいセリフなんだけど、

    双子の過去を知ってから読むとやるせない気分になる。

    泣きたくなる、でも泣けない世界で生きてきたんですよねぇ。

  170. ベホ より:

    はじめまして。

    アニメの14話から

    レヴィの

    「パニクってんじゃねぇよ、エダ。

     8万も15万もそいつらの命も、あたいらが全部いただきだ!」

    この辺の会話のやりとりが面白くて、印象に残ってます。

  171. B−MAX より:

    003♯14から

    「泣くな。この馬鹿もん。」

    「少し…疲れた。まったく…」

    バラライカ大尉が見せた人間振りがとても印象に残っています。

    大尉が何かと葛藤している様が悲しさを強くしているのでしょうかね。

    003♯15から

    「…きれいだわ、そら。 どうし…」

    空が綺麗なのがどうしてなのか、撃たれてる自分がどうしてなのかを掛けている所が子供っぽさをつのらせてくれます。何でこんな子が・・・・ロックの気持ちでいっぱいです。

  172. 匿名 より:

    お初ですー!

    やはり印象に残ってるのはあの3人が揃ったときの第一期10話

    ベニー「地球上で一番おっかない女の上位三人だ」

    ダッチ「グラウンド・ゼロって気分だぜぃ」

    コレが好きですね〜微妙に緊張感もあって笑いもあって・・・

    やっぱりグラウンド・ゼロって気分ですね!(ぉ

  173. 匿名 より:

    双子の話のラストのロックの

    「いらないよ、ダッチ。いいんだ、このままで。

     空を仰いで海を眺めて眠るんだよ。」

    双子の話は何回読んでも、やりきれない気持ちになります。

    それと銀次さんの

    「曽我の助六が遊びに来やしたよ。

     鬚の意休はどちらにおいでで?」

    渋いキャラに渋い台詞、最高です。

  174. 匿名 より:

    初めまして!!俺の好きなってか印象に残ったのは

    漫画の第34話子供たちに向かって言った言葉です

     Your mommy`s waiting for you.

    お袋が 待ってるんだろう。

    Now go home you kids.

    とっとと帰りな、ガキども。

  175. 匿名 より:

    自分もB−MAXさんと同じで

    「…きれいだわ、そら。どうし…」

    が一番印象に残ってます。

    双子編は一番好きですが、一番心が痛みます。

    いつも泣きそうになってしまいます。

  176. てー より:

    「カラシニコフの裁きのもと、5.45ミリ弾で奴らの顎を喰いちぎれ!!」

    「7.62mm」でなく、あえて「5.45mm」なところに「AK47」でなく

    「5.45mm」なところに「AK74」仕様を表現しているところに感動。

  177. 匿名 より:

    聖者のために施しを Una vendicion pir los vivos

    死者のためには花束を Una rama de flor por los muertos

    正義のために剣を持ち Con una espode por la jasticla

    悪漢どもには死の制裁を Un castilgo de muerta para los malwados

    しかして我ら Acl llegarmos an elatar los samtos

    聖者の列に加わらん en elatar de los santos

    サンタマリアの名に誓い

    すべての不義に鉄槌を

    ロベルタさん 最高ですw

  178. 匿名 より:

    屍鬼神さん

    (・∀・)人(・∀・) ナカーマです!

    以前、会社のセーバーで伝言板にそれを使ってました。

    同僚に、基督教にでも入ったのか?と笑われましたがw

  179. 機能別ヘ より:

    セリフじゃないけど、第7話の最後のタバコでタバコに火を付けるシーンが印象的でした。

    たしか、慕情って映画だったかにも同じようなシーンがあったような気がするんですが・・・

  180. 機能別ヘ より:

    というか煙草で煙草に火を点けるのは日常生活でちょくちょくありません?

    同性とはしたくないけど…笑

  181. きみのり より:

    >182: 河原(skycrawler)

    ないよwwwwww

    ライター貸すことはあっても、自分の吸ってるタバコで相手のタバコに火を付けるなんて、よっぽど親しいヤツとかだけでは?

  182. きみのり より:

    どうしても火のないときに、自分の咥えているタバコを相手に貸すのならありえますけどね・・・。

    直接口に咥えたまま火をうつすのは、俺も初めて観ました。

  183. 最新の より:

    というか、どうしても火がないのに、なぜ自分の煙草に火がついてるのか。

    って書き込もうと思ったけど、火をつけてからライターをどこに置いたかわからないってことか。

  184. 匿名 より:

    あのシーンでは、パトカーの運転手に火を借りてました。

  185. 匿名 より:

    花火なら火の付け合いは毎回やるんですが。(普通か。)

    名セリフは『三合会はちょ〜さいこー』ですかね。(笑)

  186. 匿名 より:

    >178 てーとく様

    さらに言えばAK−74U「クリンコフ」な辺りが。

    あれならストック畳めばスーツの中に隠せるし。

    某ウサマ・ビン・ラディンも愛用。

    てなわけで「トカレフ!マカロフ!クリンコフ!ヘッケラー&コックで見敵必殺ゥ」と。

  187. U<. より:

    カッコいい台詞、たくさんありますよね!

    張の

    「あせるなよ、2挺拳銃。こういうのはな、ビビったら負けだ。」

    「な?」

    とか好きです。

  188. 匿名 より:

    >U.K様

    初めまして。

    あれで張の旦那が手榴弾蹴飛ばして、「な?」と言った後別な爆発で吹き飛ばされるとさらにチョウ・ユンファ風味が増したり。

    しかしまあ惜しいのがヒズ○ラ編で張の旦那の銃がただのガバだった事。あの悪趣味一歩手前のグリップ付けたターゲットモデルのベレッタが見たかったが、作画の人が死ぬか…

    しかしまあ張の旦那といいバラライカといいあんなクソ暑い中で正装してるあたりスゲえなと。ロックですら背広着ないのに。

  189. U<. より:

    ハートマン先任軍曹様>

    初めまして。そういえば季節感のことすっかり忘れてました。そういえば暑いんでしたよね。笑

    キャラによって服装バラバラですね。。

    でも張の旦那とバラライカにはあのコートを羽織っておいてもらいたいです。

    張の銃はワンオフでなくグリップ付けただけなんですか。

    銃に詳しくないので、持つ所がかっこいいなーとか思ってました。

    シスターの銃もいかついですね。ああいうギャップもこの作品の面白いところなんでしょうね!

  190. ヤッキー より:

    バラライカの

    「ひざまずけっ!」

    の一言に心狙撃されました(*´д`*)ハァハァ

  191. ヤッキー より:

    お初です^^ 

    私はダッチの、

    「アーメンハレルヤピーナッツバターだ」    

    「グラウンド・ゼロって気分だぜ」

    に一票入れます(笑)

    グラウンドゼロは(核爆弾の)爆心地って意味らしいです☆

  192. 匿名 より:

    >U.K様

    初めまして。

    張の旦那はコミックでは双子編の時に部下に銃を借り、「こともあろうにクソったれのハード・ボーラーで撃ち合いだ」となります。

    ハード・ボーラーとは45ACP弾を指す言葉とも言われますが、「ターミネーター」でシュワルツェネッガー演ずるターミネーターが銃砲店から奪う「AMT(アルカディア・マシン&ツール社)の銃身の長いステンレス製のM1911(ガバメント)コピーでしょう。

    http://www.tokyo-marui.co.jp/cgi-bin_ex/openLists.cgi?ctg=ghg&sr=&page=1

    ここの一番下の画像がガスガンのハードボーラーです。

    コルト社の特許が切れたので、銃器メーカーがこぞってコピー品やオリジナルアレンジ版を出しまくってます。

    ロベルタのハンドガンがブラジルのインベル社製のM911だし。

    ちなみにルパン?世の銭形のとっつぁんもガバ使いです。

    (米軍の供与品)

    張の旦那が「ベイブ」っぷりを見せつける「ヒズボラ編」では

    ベレッタの競技用モデルがベースになってると思うのですが、本社のカタログにも載ってないし、口径はレヴィと同じ9ミリパラベラムを使ったモデルだと思われます。

    これについては昔の資料を探さないと難しいですね。

  193. 匿名 より:

    やはりグレーテルたんが張と戦った時の

    「あははッ やるうッ!」

    が好き♪

    単なる姉様スキーですみません…www

  194. 匿名 より:

    バッティングセンターがあれば世は事もなし!!

  195. KAIEN より:

    張兄貴のベレッタは76辺りじゃないですかね?

  196. KAIEN より:

    TVにあわせて日本編読み直したんですが、坂東の兄貴の

    「ほな、さいなら。」

    がいいですね!

    なんかこう男の哀愁が漂っていて。

  197. 「ラクエル・ウェルチとジーン・フォンダが、徒競争をしているッ!!畜生ッ、この俺をどこへ誘うつもりだ!!ひょっとして…ひょっとして…伝説のヌーディスト・ビーチ?!」

    笑っちゃいました。

  198. かとー より:

    ヘンゼル&グレーテルの、あれはグレーテルですね。

    最後に頭を打ち抜かれた瞬間に

    「お空……キレイだわ…」

    印象に残りましたw

  199. コトホギ より:

    馬鹿っぽい(いい意味で)のから一つ。

    本日発売の第6巻から。

    シェンホア「ヤクのやりすぎで、とうとう火星から

    帰れないなったよ」

    レガァァァァァチッ!!

    戻ってきてまた名言の数々をっ!

  200. 「軍曹!ちょっと、トイレ!」

    これで一気に和みました♪

  201. 軍曹、朝食はぬくな。体に悪い。

    が、わりと為になりました…

  202. 「軍曹!ちょっと、トイレ!」は俺も笑いました。

    「敵討ちなどと奇麗事は申しません、これは

    穢れた犬同士の共食いです。」

    このセリフが急上昇でトップに躍り出ました。ロベルタ姉さんかっけえ〜〜〜な。

  203. STEIN より:

    1番が、ヒズボラ編の「そこまで見送ろう。非常口は?」→天帝二丁拳銃抜き→部下の人にタバコつけてもらう

    で2番は「全員仲良く、十万億土を踏みやがれ」です。

  204. 匿名 より:

    「俺の名は?ウィザード?。

      ロットン・?ザ・ウィザード?だ。」

    ・・・・痺れます!!つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

  205. Benjamin@mixi より:

    レヴィがシェンホアに言った

    「Understand you yes?(わかるますたか?)」

    が好きです。

    なぜかシェンホアの喋り方が移ってしまいましたですよ。

  206. KAIEN より:

    なァにがァ?

    あたしゃ希代のトリックスター、

    ガリラヤの湖上を歩く男に仕えてンだ。

    これっくらいの仕掛け、お手のもんよ。

    (・∀・)イイッ!

  207. KAIEN より:

    6巻からだと、

    ロットンの

    「・・・見てた?」

    「・・・決まってた?」

    が最高!

    ロットンのあれは天然じゃなくてかっこつけようとしてやってるのね(w

    その後のシェンホアの

    「・・・馬鹿の親玉にしか、見えなかった。」

    もイイ!

  208. 壱の首 より:

    1巻のバラライカ。

    「はい。 ドロ──────」

    この一連のシーンが好き。

  209. 壱の首 より:

    はじめまして!

    自分はコミックではダッチの

    「アーメン・ハレルヤ・ピーナッツバターだ。」が一番です。(かなりかぶってますが・・。)

    大好きなシェンホワだったら「首と胴が泣き別れても大変ないか?」と「にゃははははは」ですねw

    アニメだとダントツでバラライカ姉さんの

    「跪け!」

    ですね。いきなりテンション変化でマジ惚れです。

  210. 機能別ヘ より:

    すごくたくさん票が入ってるようですが、2巻の潜水艦と屋台でのレヴィとロックの会話がいいですね。

    「正上位じゃ誰もイケねえんだよ」がお気に入りです(笑

  211. 機能別ヘ より:

    ロベルタ可愛いよロベルタ

    インベル二挺買ったのでセリフ覚えんと…

    Una vendicion los vivos. (生者のために施しを)

    Una rama de flor por los muertos. (死者のためには花束を)

    Con una espode por la justicla, (正義のために剣を持ち)

    Un castigo de muerta para los malwados. (悪漢共には死の制裁を)

    Acl llegarmos en elatar de los santos. (而して我等聖者の列に加わらん)

    悪漢共には〜の語呂が微妙なのはご愛嬌?

    スペイン語の巻き舌難しい orz

    サンタ・マリアの名に誓い、全ての不義に鉄槌を。

  212. 匿名 より:

    こちらでは初めまして☆

     今日は単行本6巻を買いに行くので、その記念に(≧▽≦)

    1巻からロックで「俺の名はロックだ。」

        ロベルタで「サンタ・マリアの名に誓い、全ての不義に鉄槌を。」

    2巻からロックで「ロビン・フッドがいねぇなら、ロビン・フッドになればいい。」

        バラライカで「憎悪を込めて殺してやる。」

    3巻からレヴィで「わかるますたか、ですだよ姉ちゃん?」

    4巻からロックと雪緒の会話116P全部。

    5巻からロックと雪緒の会話58P〜66Pまで。

      特に雪緒の「選ぶということは、何かを捨て何かを残す、そういうこと。」

    とまぁ選んでたら切がないです。

    ついでですが、最後ページのおまけは全部吹きました(笑)

  213. かとー より:

    もひとつ投下しますw

    おまけ漫画でヘンゼル&グレーテルとバラライカママの絡み

    バラライカママ

    「パチンコ玉詰めちゃだめよー^^」

    ヘンゼル&グレーテル

    「ちぇー」

  214. 書類運び編のタケナカとレヴィの車のドア越しの会話での張さんからの伝言

    「泰山府君、其は我也」

    ここまで言い切るとは痺れましたw

  215. みずき より:

    初めまして。

    私的には6巻のおまけ漫画の最後の「軍曹、トイレ。」

    です。

    あ、あと、1巻のおまけ漫画より「花壇を荒らしたのはドコのどいつだ〜!!?」

    ちなみに、私はこれでダッチのファンになりました。。

  216. 匿名 より:

    初めまして。

    シンプルですが

    6巻の『“今晩は”が 抜けてるぜ』に一票。

    だけど『世界は本当は…君を幸せにするために…あるんだよ。』は感動した!

  217. 匿名 より:

    4巻より、ヴァシリーと口論になるバラライカ。

    「忠告だけしておく。

     私がこの世で我慢ならんものが2つある。

     一つは冷えたブリヌイ、

     

     そしてもう一つは間抜けなKGB崩れのクソ野郎だ。

     困ったものだ、そうだろう?

     弾にだけは当たらんよう、頭は低く生きていけ。」

    バラライカ姐さんの台詞はどこをとっても痺れますw

  218. コミック1巻 レヴィ対ロベルタの時の

    姉御の「我慢したら」とか「若いっていいわ」

    このへんの流れの姉御のセリフが気に入ってます。

    ときよりしゃべる軍曹のセリフは渋くて良い。

  219. アラスカ より:

    コミックス6巻偽札編のシェンホアの

    「捕まえた、ですだよ?」ってのが好きですねぇ。

    同じ偽札編のソーヤーがロック達を追い詰めたときの

    「さァ、ツかまエた。」も好きです。

    挙げてから気づいたけど、どっちも「捕まえた」だw

  220. ラマン より:

    指揮官「クルッペン・フェラー!  貴君は偉業達成に選ばれた英雄だ!貴君こそ白人種的勇敢さを体現するものである。  このような・・・このような歓喜の瞬間があろうか、私は!私は感動と感涙の中、例える言葉を見つけることができない!」

    ハゲ「感無量であります!指揮官殿!一命に換え、神聖なる義務を遂行致します!」

    「踏歌斉唱!始め!」

    ♪は〜たた〜か〜く〜か〜かげ〜 い〜ざみ〜ち〜を〜あ〜けよ〜♪

    ♪わ〜れら〜と〜つげ〜きぃたい〜が〜 だぁんこたぁるこ〜うし〜んす〜♪

  221. ラマン より:

    キンタマ痛くなるまでファックしてやる!

    wwww

  222. ラマン より:

    銀さんの「全員仲良く、十万億土を踏みやがれ」ですね。

    もうすぐアニメの方で見れるんで楽しみです。

    アニメといえば板東さんの「ほな、バイ、ナラ、なァんてな」がめちゃかっこよくてビビリました。

    日本編は名台詞多いッス!

  223. 言ってるあいだに出口が戦場だ。

    あっちは通行止めになった。

    何気ない台詞が何故か回りくどくてかっこいい。

  224. 匿名 より:

    カラシニコフの裁きのもと、

    5.45ミリ弾で奴らの顎を喰いちぎれ!!

    5.56mmじゃないところがステキ。

  225. 匿名 より:

    普通に格好いいなぁと思ったのが、ロックとレヴィがケンカしたあとでのパトカーのシーン

    レヴィ「火貸してくれ」

    ロック「火なら前に・・」レヴィ「そこにあんだろぉ」

    ロック「あぁ!」

    レヴィ「今日はホント疲れた・・」

    あのシーンカックィです

    タバコとタバコで火を付けるところなんか憧れますね

  226. 匿名 より:

    バラライカさんの

    「祈れ。お前が生きてるうちに出来るのは…それだけだ」

    が一番印象に残りましたw

    バラライカさんカコイイw

  227. ポルポル より:

    おはつです。
    2巻のP116
    レヴィとロックが一緒に飯食ってる場面でロックが箸取った後にシャッシャッ…ってした場面がミョ〜に印象に残ってます(-“-;)
    それ以来真似してますwww

  228. マッスン より:

    6巻のロベルタで

    「サンタマリアの名に誓い、すべての不義に鉄槌を――!!」

    のシーンは、呼んでてゾクゾクしました。

    初登場の時とはまた違う、怒りや哀しみをひっ包めてブチ切れた感じが堪りません!

    バックの猟犬の遠吠えも相俟って頭から離れないシーンです。

  229. 自分は、6巻のP.192のレヴィの

    『Let’Roll!』

    の一言が、たまらなく好きですだよ。

  230. 匿名 より:

    俺は下戸だ

    酒を飲んだら吐く

  231. 匿名 より:

    バラライカさんの言うとおり朝食はしっかり摂るようにしています。

  232. darupo より:

    結構ありそうだと思ったけどまだないこの言葉

    「あんた、面白いことやってたなァ。

    弾だよ、ベイビー。弾を斬っただろう?

    もういっぺん、あれを見せちゃアくれないか、ねェ。

    頼むよ。」

    Cool!

    他にはですだよ語全般と「HOLY SHIT!!」とかエダの「神様に電話で聞いてみな」は結構リアルで使ってますwww

  233. ぐらたん より:

    エダの「ヘイヘイヘイ、バルジ大作戦みたくトイレ休憩とるのか〜い?」が好きっす。

    この間連れと呑みに行った時、くどい奴がいたので、つい言ってしまったら、皆、どん引きでしたwww

  234. ぐらたん より:

    「日本の連中にいくさの作法を教えこめ」

  235. ホリ より:

    ピーナツバターってなんの隠喩なんですかね?^^;

    結構あののり好きだから・・・wきになってw

  236. ホリ より:

    この作者さんはAFとかハードボイルド好きそうですよね。

    俺が気に入ってるのは

    ロックの「俺はもう死んでるんだ」ですね。

    あとはバラライカさんの、日本人に戦争の仕方を教えてやれ(あってましたっけ?)ですね!

  237. ホリ より:

    エダの「神は居ないよ、休暇取ってベガスに行ってる」が妙に良かったです。。。

  238. ロックがチャカをボウリングのピンで殴るシーン(五巻33P)のロックの、

    「ストライクだ。」

    が気持ちよかったですねwww

  239. 偽札編の

    「おいおい、話がまたクソ違うじゃねぇかー」

    っていうエダのセリフですかねwww

    エダはホントいいキャラしてて大好きです。

  240. 機能別ヘ より:

    レヴィとエダとが教会でだらだらしてる場面。

    特に、エダの「神は留守だよ、休暇取ってベガスに行ってる」の台詞。

    あ、もう出てますね。

  241. 機能別ヘ より:

    『お前に俺の、何がわかるんだよ。

    どんな暮らしをしてたって、生きてりゃそれなりに辛い目にも遭うもんだ。だろ?』

    これを目にした時、なんかハッとさせられました。

    自分は自分なりの苦労してるのは、当たり前だと思ったし、もう他人を羨ましがるのはやめよう、と思いました。

  242. 匿名 より:

    ロック『…金は、神か?』

    レヴィ『力、さ。神よりゃよほど役に立つ。』

    …結構しみるw

    既出だったらスマソ。

  243. マイク より:

    「万年セルフ。」

    実際言われたら一番きつい言葉だと思う。

  244. ロベルタの「サンタマリアの名に誓い、すべての不義に鉄槌を」(2種類とも違って良いです!)とバラライカの「撃鉄を起こせ」ですかね〜、やっぱり。

    冷静の中に見える怒りが震えます。

  245. 私の好きなシーンと台詞は双子編の最後にバラライカと双子(男の会話で言った台詞で『それが貴様の宗教か素晴らしい考えだ』あたりの会話ですかね。

  246. ジャンキ より:

    ネタ系なら、日本編が終わって協会で飲んでるレヴィとエダの会話

    エダが最後に「ハハ…お前ぇって奴ぁよー―――――…くたばりやがれっ」

    が笑えましたw

    真面目なシーンだと、やっぱりバラライカ女史ですね。

    『―跪けッ』   俺なら、泣きながら命乞いしてしまいます。

    ぁ、アニメ版しか見たこと無いので、多少セリフが違うかもですネ

  247. 匿名 より:

    どの場面もみんな名シーンだと思いますが、一番好きなのは双子偏の最後、ロックのセリフですね。

    「空を仰いで、海を眺めて眠るんだよ」

    ロックのこのセリフで、双子が救われたような…そんな切なくてジンときたセリフでした。

  248. 匿名 より:

    俺は基本的にほとんどが好きなんですが、そのなかでも気に入ってる台詞と言えば、

    「俺はね、もう死んでるんですよ。あんたがそう言った。俺の名はロックだ」

    「・・・まったくとんでもねえ野郎を拾っちまったなァ。イカれてるとしか思えねえぜ。だが面白え。面白えってのは大事なことだぜ、ロック。やったろうじゃねえか。」

    「…………いらないよ、ダッチ。

     いいんだ、このままで。

     空を仰いで―――

     海を眺めて…眠るんだよ。」

    あともう色々あって語り尽くせませんが、あと好きなシーンと言えば、パトカーの中でロックとレヴィがタバコキスするシーンがエロくて最高です。

  249. So-Fun より:

    243ナオさん250アンデンテさんとほとんど同じなんですが、

    アニメ版のあのシーン、

    前々話からの三話で確実にヤられました。

    ちょうどその頃自分が就活真っ盛りだったので、

    痛いほど心に沁みましたね。

    まぁ安っぽいと言われたらそれまでなんですがね(苦笑)

  250. 匿名 より:

    HEY!HEY!HEY!

    オーライ

    の二つをよく使うようになった。

  251. 匿名 より:

    好きなシーンはタバコキス。

    台詞は、双子偏ラストのロックの台詞です

  252. 匿名 より:

    自分もアンダンテさんと同じで…

    Hey!!

    オーライ

    ファック

    をよく使うようになりました(^^;)

  253. Take_K より:

    「ファックしてやるぜヴェイビィィィィ!!!」

    が何故か凄く印象に残ってます、何故か。

    かなりインパクトありました、勿論アニメ版。

    |-`)ついでにはじめまして(ぇ?

  254. 黒一式 より:

    自分は

    綺麗事

    並べんじゃねェ

    ホワイトカラー!!

    って言うレヴィの台詞です

    自分自身もホワイトカラーでは無くブルーカラーなもんで

    共感しました

  255. 黒一式 より:

    双子編のバラ姐の「もうお終いなんだよ坊や」って言う場面が個人的に気に入ってます。

  256. 匿名 より:

    『正義か、これほど万人に愛される言葉もないな。しかし自分で力を行使するでもなく、他力本願で誰かの死を願う…お前の言う正義も随分と生臭いぞ。血溜まりの臭いが鼻につく、そう思わないか?』
    がかなり印象に残っています。

    あとは、
    『要らんね。欲しいのは金だけだ。ゲシュタポめ』
    とか
    『俺は尻を予告通りローストされかけ、ここに来る羽目になったというわけだ』
    です。

    マイナーですかね?

  257. 匿名 より:

    初カキコです

    ロットンの「女「の子」に目の前で死なれるのは気分が悪い」が好きですね。女の子ってアンタ、子ってッて突っ込み入れてしまいました。

  258. 天パ より:

    ロックと雪緒の会話シーンで、ロックの言葉に対して

    雪緒「貴方はそうやって…

       ずっと夕闇に留まっているから!

       だからッ、言えるんです!!」

    この言葉によって、ロックは自分の立ち位置が半端なことに気付かされるんですね。

    善でもなく悪でもない。

    そんな位置にいるロックはこの言葉によって自分の歩む道を考え決定する。

    それがレヴィとのガンマンショーやバラライカとの2度のやりとりに繋がっていく。

    彼が悪に染まっていく変遷。

    そして雪緒の自害を見届けることでロックは…。

    この話をアニメで見てみたら雪緒の演技ヤバかったです。皆さん是非。

    初カキコなのに長文失礼しました〜ww

  259.  6巻最終話でレヴィがわざと瓶を落としながらの”Let’s Roll”が印象的ですねぇ。

     印象に残ってる「シーン」なら人口声帯落とした直後のソーヤーの一連の反応ですがw

  260. バタール より:

    最近無意識に「ヤー」を使ってる気がします。

    エダが使ってますね。

    後は3巻で張さんが活躍するところですね。張さんかっこいいっす。

    番外編はもう出てるかもしれないんですが

    「軍曹!ちょっとトイレ!」

    「・・・・・・」

  261. 匿名 より:

    こんばんは。初カキコです

    まだまだ自分お子様だからブラックジョークがわからない部分が多々あるけどこのマンガはクレイジーで好きです。

    印象に残っているのはやっぱり姉御の「跪け」ですね。

    あとは雪緒ちゃんと後輩会話での「有栖川有栖」ってのが。

    …自分が好きな作家の名前が出てきたので。

    でもどうゆう関連で出てきているのかがちょっと気になります。

  262. 匿名 より:

    鷲峰編の終わりに雪緒ちゃんが自害するのを察してレビィがロックに

    『見るな!傷になる!』て言った所です

    目の前で多少なりとも情を掛けた人の死を見た事がある人の台詞だなーと思い…レビィの過去が一層気になりました。

  263. 匿名 より:

    はじめての書き込みっす。

    私のお気に入りは
    ダッチの『俺はノーベルヒューマニズム賞をもらえる器だとさえ思ってるんだ。そうだろベニー・ボーイ』
    『あんたがそれだったらガイアナのジョーンズ牧師はノーベル平和賞だ』というロアナプラで暴れた双子の片割れを運ぶシーンで交わしたダッチとベニーのやりとりです。あのホテルモスクワと事を構える事態にもジョークのやりとり。笑えました。

    もう一つはロック。レウ゛ィのパンチをもろに食らっても睨み返し、『ロビン・フッドがいないなら、ロビン・フッドになればいい!』っていう、ロックの覚悟にも似た心の何かが垣間見えたワンシーンだと思います。

  264. 匿名 より:

    「お前って言うな。俺の名前はロックだ。」

    「いい悪党になるぞ、・・・お前は。」

    「この引き金を引いたことは、忘れたりしませんよ。」

    等等・・

    でも一番すきなのは「跪け」ですね。

    シーンでは銀次さんが刀で弾を着るとこ。

    張の旦那が、手榴弾蹴るとこ。

    ギャグやったら、吉田さんと板東さんの漫才!!!

  265. みずーみ より:

    なぜか印象に残って離れないのが、

    三巻の、

    用心棒、「ですだよ」姉ちゃんだ。

    まだ言うか、このクソアマ。

    掛け合いが好きです。

  266. 匿名 より:

    6巻のエダの

    「なァにがァ?あたしゃ希代のトリックスター、ガラリヤの湖上を歩く男に仕えてンだ。これっくらいの仕掛け、お手のもんよ」

    ってのが好きです。既出かな?

  267. 匿名 より:

    6巻の「こっちはな、百万ドルの大仕事だ」と言っている

    エダがカッコイイ(*^_^*)

    アニメでは、双子が「ニヤッ」っと笑ってるシーンが

    好きです。

  268. 匿名 より:

    姉様の「あなたと私は同じものよ」とか好きですねー。

    あとはロックの「俺は俺の立っている所にいる」とかも。

  269. 匿名 より:

    バラライカ「命を乞う時のコツは二つ。一つは命を握る者を楽しませること。もう一つはその人間を納得させる理由を述べることだ。お前はまだ、どちらも満たしていない。」

    おっかないけど痺れます☆

    その後のロックの台詞

    「俺の趣味だ」

    も、かっこいス(*´艸`)

    あと、2巻で長々と銃の説明をして「うるせい。」の一言で片付けられたブリッツ隊長のシーンも好きですが…あれはギャグとして受け取っていいんスかね(^ω^;)

  270. 匿名 より:

    やっぱりBLACK LAGOONは台詞がかっこいいですよね♪

    お気に入りな台詞はほとんど既出です・・・

    ただ、あえて未だ出ていない台詞は

    コミック1巻

    「だまれ四つ目」で『メガネヤロー』とルビが振ってあるのが良いですね。

    この表現は斬新過ぎます☆

  271. 匿名 より:

    初カキです☆   アニメでレビィがナチの船に乗り込んだときの台詞で『まずは、一匹の子豚が死にましたとさ。ブー、ブー、ブー』デス。

  272. 匿名 より:

    はじめましてー

    アニメ化される前からコミックを読んでいたんですが、アニメもかなりよかったと思います(`・ω・)

    さて、私は少し変化球のチョイスを。

    6巻のP170。イエローフラッグの店長バオとレヴィの会話。

    レヴィ「店壊されんのが嫌なら、”銃や手榴弾を持ち込むな”って張り紙しとけ」

    バオ「馬鹿野郎、そんななぁとっくに試してンだよ。その日の午後にゃ丸腰の客を狙って、命知らずの押し込み強盗が軽機かついで現れた」

    レヴィ「どうしようもねえ街だな、ここは」

    レヴィの姉御、同感(;´-`)

    あと1巻、P81のレヴィの台詞。

    「詮索屋は嫌われるぜ、ロック」

    レヴィの姉御、めちゃ同感(´ー`)

  273. 匿名 より:

    シェンホアの

    「差したことはあっても刺されることはそうないね。男ってのは……だいたいそうよ。」

    がなぜか印象に残ってます(笑)

  274. 匿名 より:

    ダッチ「雨乞いから象狩りの方法までなんでもござれだ。」

    用務員のおじさんかっこよすぎます。

  275. 匿名 より:

    はじめましてです。

    一番好きなのは銀さんの

    『全員仲良く、十万億土を踏みやがれ』

    って台詞ですね! 5巻#30と#31

    できたら死んでもらいたくなかったです…

  276. 匿名 より:

    やっぱり1巻

    ガンマンvs不幸な社員

    『『バカルディあるだけ持って来い!!』』俺もその日は飲み明かしたw

  277. 匿名 より:

    『一つだけ本当のこと教えてあげる』

    …惚れました。

  278. 匿名 より:

    「だから?だからなんだよ。無関係も抵抗も関係ねえんだよ。全員保険に入ってんだろ?ならそれでいいじゃねえか。」不機嫌に任せて皆殺しー イッちゃっててCOOLです。

    よろしくやってるだけ〜、と。

  279. 匿名 より:

    チャンさんの

    「こうゆうのは、ビビッたら負けだ・・・。」

    この台詞の後、手榴弾を蹴るシーン

    惚れました。(笑)

  280. 匿名 より:

    アニメ版の最後のシーンでエダに「どうだい?ヤッたのか聞いてんだよ」って聞かれてレヴィが「言いたくねぇ」って言ったシーンが今でも印象に残ってるですますだよ。

    あえて否定しないってことは日本で何か二人にあったんですかね?

  281. 匿名 より:

    アニメ版の双子編のラストシーンですね、

    エンディングも良かったし、なんか泣けてきました。

  282. 匿名 より:

    厄いさん>あのエンディング聞いて俺も感動しました♪
    あとは双子がカリビアンバーを潰すシーンの一言

    「天使を呼んであげましょう」

    あの一言はゾッとしましたw

  283. 匿名 より:

    自分はやっぱり

    「蹄け」

    ですね。その後の

    「歳かな…少し……少し疲れた…」

    も好きです
    姉御も人間なんだなぁと思いました

  284. 匿名 より:

    第二話でレヴィ姐さんがヘッドホンつけて音楽聞きながらカチ込みかけるとこですね。…アレはかっこ良かったです

  285. 匿名 より:

    >>288 人間外の生物だと思っていたのか?

  286. 匿名 より:

    私のお気に入りのシーンは            

    コミック5巻のロックとダッチの電話で特に「人は賽子と同じで、自らを人生へと投げ込む」〜からの会話はなんだか、あの話の最後をしっとりまとめてる感じが好きですの(^_-)-☆

  287. 匿名 より:

    初めまして、霧葉と申します。

    自分はロック贔屓なんで、カッコイイ時の彼の台詞はだいたい好きなんですが(笑)

    敢えて一つ挙げるなら、

    「趣味だ」

    バラライカに銃突きつけられて、睨まれながらそれを言えるところがすごい。

  288. 匿名 より:

    「ああ殺れよ。犬みたいに同じところをぐるぐる回ってろ。ここで俺を殺りゃ、そいつがいい証拠になるさ!」

    「・・・・・・それしかやり方を、知らねェんだよッ!」

    レヴィの苦悩が滲む台詞で好きです。

  289. tat より:

    原作1巻の姉御
    「祈れ。生きてる間にお前ができるのはそれだけだ。」
    シビれたわ〜ε=(^◇^;
    あと双子編のグレーテルが殺された後のロックの締めの一言やね

  290. tat より:

    3巻の大尉殿でしょうか。

    「カラシニコフの裁きのもと、

    5.45ミリ弾で奴らの顎を喰いちぎれ!!」

    カッコ良すぎる・・・

  291. 匿名 より:

    好きなセリフといえば

    『踊るぜ、ジルバ』

    ですね♪
    レヴィに墜ちた瞬間(笑)

    自分でよく使うようになったっていえば
    『復讐など生温い』
    ですが(ぇ)

  292. 匿名 より:

    どうもお初です♪

    好きなシーンは2巻?3巻だったかな?パトカーの中でレヴィがロックにタバコの火を移してもらうところw

    なんか好きです☆

  293. 匿名 より:

    初めまして!

    好きなセリフは沢山ありますが、インパクト強かったのは

    4巻でのバラライカの「どこまで地獄の釜底で踊れるのか、それ以外に興味がないんだよ。」自分のなかではこれが最凶&最高ですね!

  294. 匿名 より:

    好きなセリフと言えば

    アニメ版のロットン君です

    「その命貰い受ける、仔細あってこの狩へ馳せ参じた」

    「俺の名はウィザード… ロットン…ザ・ウィザード…!」

    「お前達には恨みは無いが……――――」

    バン

    「アッ!」

    アホ過ぎw

  295. 匿名 より:

    2巻か、3巻でロックがレヴィに切れたところです。

    ヘイ、ロック!やるじゃねぇか。ベイビー!って思いました。

    「暴力バカにつける薬はねぇって書きな。」

  296. 匿名 より:

    日本編でロックが
    「この引き金を引いたことは、忘れたりしません」
    って言ってましたけど
    香砂会の組長と両角さんはロックに殺られたんかな?(¥△¥;)

  297. 匿名 より:

    「イタ公のはらわたってのは豚と同じ臭いがするらしいわね。本当かしらヴェロッキオ?」

    喧嘩してる相手にサラリと言ってみたいもんです。

    マッキー7さん>きっとあれはロックの考えをバラライカが実行した形で、ロックは自分が引き金を引いたのと変わりない、という考えからの台詞だと思いますよ。

  298. ゆじゅ より:

    「差したことはあっても刺されることはそうないね。男ってのは……」

    数々あるセリフの中でこれをチョイス。

    頷きまくった記憶があります・x・

  299. 匿名 より:

    5巻#37 日本編最終話で雪緒が自害するときのセリフ

    「バラライカへ伝文(ことづて)を。
    『何時か来る所にて
    一足先にお待ち申しております』と。」

    このセリフを読んだ瞬間背筋がひんやりしました…(*_*)

  300. 匿名 より:

    nahoさん〉

    ありがとうございます(〃▽〃)
    やっぱロックは撃たないですよね(^-^)
    銃は持たない主義ですから(=^▽^=)

  301. 匿名 より:

    眠っているレヴィを起こしながら、ベッドの向こう側のブラインドを開けるロック。

    ちょっとドキドキしました。

    「連携は取れるか?言葉が――」

    「No Problem。戦いがおっぱじまりゃ、お互い体は勝手に動く。

     そういう風に出来てんだ、あたしたちは」

    二人の後姿と、その後の共闘にシビれました。

  302. 匿名 より:

    レヴィの

    「―――ここは「地獄のモーテル」だ。でねェと・・・

    ブギーマンに喰われるぞォ!?」の件。

    セリフとは関係ないけど、この回のレヴィのスカート姿にグッときた。

    双子の

    「天使を呼んであげましょう。」のシーン。

    ゾクゾクしたw

    ジェーンの

    「ねぇあなた、気づいてないかしら。あなた、すっごいキュートでセクシーだわよ。」

    最初見た時はそうでもなかったが、このシーンでジェーンをカワイイとおもってしまった(*´Д`*)

    あとはオマケの

    「ヘードロッのッ中ッから生―まれったヘドラ♪鳥ーもー魚もーみーなーごろーし――――♪」

    「物事なんでも速攻解決!!銃で。」

    コレに限るw

    最後にガルシア君の、

    涙目で「・・・連れてって。」の後、ロックがお姫様ダッコ・・・(*´Д`*)

    ロック、俺と変わr

  303. 匿名 より:

    チャカの

    なあ、あのチャンバラ片付けてよぉ、買い手つかなかったらオメェ、朝から晩までバツ食って飛んでる○○んとこ回して・・・

    のシーン。

    放送禁止用語連発で何いってるのか解りませんでした(YOUTUBE)

    あと声優さんがチャカの卑劣っぷりを本当に見事に表現してたと思います(素人の主観)

  304. R-vision より:

    「死ぬまでは次がある」

  305. 京葉 より:

    レヴィより

    「金は…力さ」

    潜水艦での会話より抜粋ですね。

  306. Junia_K より:

    ロックの中指突き立てて

    「してやったぜ!!」

    あとはレヴィ&ロベルタの

    「すっこんでろ!!」

    ですね。

  307. Junia_K より:

    はじめまして。

    印象に残ってるセリフは

    2巻112Pの

    「こりゃいい紅茶ですね、シスター・・・

     、シスター、・・・ええと・・・」から

    114Pの

    「ダッチ坊やもなかなかどうして、ふし穴じゃァないもんだよ。」

    このロックとヨランダの駆け引きが結構好きです。

    レヴィとエダが銃突き付けあってるのに冷静に交渉している姿がカッコイイと素直に感じました。

    ロックの交渉力、洞察力が優れている事を感じさせるシーンでした。

    その他皆さんと同じになるので割愛します。

  308. 匿名 より:

    では、6巻から。

    まず、ロベルタの再出撃(?)シーンの長銃を音を立てて回す部分と、それに付随する

    「汚れた犬同士の喰い合いです」にゾクッときました。

    それと、ファビオラが隠してたショットガンを出すシーンの構図に惚れ込み。

  309. 匿名 より:

    はじめまして、双子とバラライカと張が好きです。(挨拶

    三巻から

    「カラシニコフの裁きのもと、5.45ミリ弾で奴らの顋を喰いちぎれ!!」

    「ああ、まったく、ほっとする。」

    「仕方がないよ姉様。殺すか殺されるかしかないんだ。この世界は、それだけだもの。」

    が好きです。

  310. 匿名 より:

    Calm down,two menのラストシーンで

    ロックとレヴィが煙草の火を移し合う場面ですね。

    間接的ですが、二人が一番近づきあうシーンだと思います。

    あとはブリッツ・スタンフォードが銃を語っている時に

    レヴィが容赦なく打つシーンですねw

  311. 匿名 より:

    「綺麗だわぁ・・・空・・・」

    泣けたorz

  312. 匿名 より:

    張さんとバラライカのやりとりから。
    正義がなんちゃらとかの会話の中で。
    張「その手の言葉とケツから出てくるやつはびっくりするほど似てやがる。」

    …確かに。と(笑)

  313. 匿名 より:

    暴力シスターの

    『額でタバコ吸うコツ教えてやろうか?』

    お気に入りですわーい(嬉しい顔)

  314. 匿名 より:

    張さんとバラライカが雨のなか双子について話すシーン

    後日、双子に似た境遇の子達がネットで見た世界のニュースにあり色々考えてしまった

    ベニーの言う通り

    「そうはならなかった」世界がどこかにあるんだなと痛感

  315. 匿名 より:

    初めまして。

    自分は2巻でダッチとナチ公の絵の奪取の雇主とのやり取り、

    3巻でレヴィが捕まったロックを助けたさいに、
    「baby,baby〜SWEET PAI」の流れ、

    同じく3巻で、双子の歌を聞いたダッチが、
    「歌声だけは天使のそれだな」

    それと5巻で銀さんがレヴィに、
    「運が良けりゃ……、いや、運が悪けりゃ殺り合うことになりやすぜ」

    が堪んないっす。(笑)

    いや〜、よくあんなに巧い言い回しが思い付くもんだ。

  316. 匿名 より:

    「でも、そうはならなかった。ならなかったんだよロック。」

    「十万億土を踏みやがれ」

    定番っぽいですが大好きです。

    あと、6巻頭のエダとレヴィのやり取り。

    「言いたくねぇな」

    って台詞でふわふわしてたCP要素を固め、完全にロクレヴィを意識した(笑)

  317. 匿名 より:

    「道を開けろ、民警ども」

    外ナンバーの車を見かけるたび、思い出します、この台詞。

  318. 匿名 より:

    ご飯時のシーンで「これしかやり方をしらねぇんだよ!」

    特に名シーンって訳でもない気がしますが。

    このシリーズで一番印象に残ってるのがこの台詞ですねぇ。

    やっぱり、個性的なキャラの心の内がかいま見えるシーンってやっぱり良いです

  319. エテ より:

    偽札編でのエダの

    「神様は留守だよ。休暇取ってベガスに行ってる♪」が好きです

    エダのあのおばさんっぽいしゃべり方で言われるとベストマッチしてます

    ブラクラのアニメは原作に忠実な方なのでアニメの方が迫力あっていいですねw

  320. 匿名 より:

    #0でのレヴィ&ダッチ初登場のコマの2SHOT!

    あそこでレヴィのルックスに惚れ、

    続く「膝のあたりを打っちまえ。小鳥みたいに喋り出す。」

    でレヴィのキャラに惚れた。

    ブララグは台詞回しが特に秀逸ですよね。

  321. 月陰の闇 より:

    名シーンというなら、やっぱパトカーの中でタバコの火を分かち合うアレだろうと(笑

     

    別段二人にくっついて欲しいとは思わないんですけど(てか和の中にあって、あくまで個というのがラグーンの真骨頂だと思いますし)あそこは「男と女」のかっこよさを感じましたね。

     

    台詞に関してはむしろイケてないものを探すほうが難しいくらいなんで「これ!」ってのは中々決まらないですあせあせ(飛び散る汗)

  322. 月陰の闇 より:

    レヴィ&ロックのシガーキス。

    ロックが引き金を引く覚悟を固めたとき。

    平凡ですみません。

  323. 匿名 より:

    銀さんの「あんたの言ってることにゃ一ッ欠片も、仁義がねぇ」
    死んだ魚の目シーンの中でも一番印象に残ってます。
    というか銀さんはあのシーンだけだったような気がします!
    キャラ関係無く死んだ魚の目シーンは好きです。何故なら、そこには確実に名言があるから!

  324. 佑貴 より:

    バラライカの

    バンジシールを思い出せ

    敵の大半は子供だった

    魂にも脂肪は付くものだ

    我々の魂にもな!

    後は

    行こうか同士諸君

    撃鉄を起こせ!

    バラライカ最高指でOK

  325. 佑貴 より:

    ロックとレヴィがタクシーパトカーだかで火を移すシーン

    あんなに性描写がないのに良い意味でエロさを感じたのは初めてだったですよ。

  326. 匿名 より:

    レヴィがロックを殺そうとしたシーンです。

    「じゃあなロック、墓には何て書けばいい?」

    「暴力バカにつける薬はねぇって書きな」

    この前後で二人の関係が変わってきたのかなと思います。

  327. 匿名 より:

    初投稿ですすいません。

    個人的には坂東さんの

    「ほな、さいなら。…なァんてな」

    で泣きました。
    日本編カッコ良すぎます!

  328. 匿名 より:

    オレも初投稿です!

    印象に残ってるシーンは

    ジェーンのでる話のラストでエダが言った

    「神は天にいまし、世はこともなし、だ。」

    ですね。

    今後、明かされるであろうエダの身の上に期待大ですね( ̄▽ ̄)

  329. †十兵衛† より:

    生きるの死ぬのはたいし

    た問題じゃねえ。

    こだわるべきは、地べた

    這ってくたばることを、

    許せるか許せねぇか、だ。

    生きるのに執着する奴ァ

    怯えが出る、眼が曇る。

    そんなものが無けりゃな、

    地の果てまでも戦えるん

    だ。

    日々、地の果てまでも戦う

    気持ちで頑張ってますww

  330. 匿名 より:

    好きな言葉・・・

    レヴィとロベルタの戦闘シーンでバラライカの言う言葉

    остановитесь!(動くな!)です

    あとは

    ヘンゼル&グレテール編での

    「ホテル・モスクワ」は行く手を遮るすべてを容赦しない。

    それを排撃し、そして撃滅する。

    親兄弟、必要ならば飼い犬まで。

    印象に残ってます

  331. 匿名 より:

    塾講のバイトをしてるのですが、授業中自然と

    〜〜〜ですだよ

    と言ってしまうんですだよ

  332. 匿名 より:

    葉月さん→もしかして、ロシア語できるんですか?

    英語だと苦しいなりに音読する事も出来るんですが、ロシア語はお手上げです。笑

    バラライカさんが好きなんで、「ダー」だけでも発音できると満足出来るんですけどね…。

  333. 匿名 より:

    >リューリさん

    ロシア語はほんの少しだけですがしゃべれますよ

    ロシア語というよりはウクライナのほうの言葉だけど

    以前キエフに赴任させられてましたのでw

  334. 匿名 より:

    私はヘンデル、グレーテルのラストですね。

    あれは何だか可哀相な気がしてならないです。

  335. 匿名 より:

    はじめまして。

     印象に残っているシーンは、日本編でロックがパラライカに銃を突きつけられてやりとりするシーンです。

    日本編はアクションシーンも全てカッコよくて最高です

  336. 匿名 より:

    すべての話に名シーンがあるから

    どれと聞かれると非常に困ります

    (´・ω・`)

    足りない脳ミソで考えて一番始めに出たシーンが

    偽札編の暴力教会銃撃戦

    ヨランダさんの発砲シーンが出てきたのは内緒・・・

    ( ̄▽ ̄;)

  337. 匿名 より:

    (´ー`)やっぱ双子の散りぎわが一番好きかもです。 あれはふたりとも印象深いセリフ吐いて逝きますからね。反則です。

  338. 既出だとは思いますが

    ・ロベルタのスカートから手榴弾

    なんつーメイドさんだ!と驚きました。

    ・張さんがスーツから二丁拳銃を取り出す場面

    ・その後部下にタバコの火をつけさせる場面

    かっこ良すぎます…。

    あと面白くて印象に残るセリフですが

    ・シェンホアの

    「おう、はじめました。あなたが例のボンクラか」

  339. Hir0 より:

    ベタですが、やはりバラライカの「跪け」のシーンが一番来ましたね。

    あとは「神は天にいまし、世はこともなし」のエダが言ったことかな。

    これエヴァのネルフのエンブレムに書いてあることなんですよね(´艸`)

  340. Hir0 より:

    「金は神か?」

    「力さ。神よりよっぽど役に立つ。」

    ハングリーに生きてないと出てこない台詞だと思いました。

  341. 匿名 より:

    個人的に好きなシーンです。

    1話で、ロックがチキンレースの提案を出したときに、ダッチが言った台詞です。

    「だが面白え。面白えってのは大事なことだぜ、ロック。やったろうじゃねえか。」

    これには痺れましたね。

  342. 匿名 より:

    ウィザードの「あっ!!」

  343. 匿名 より:

    バラライカ姉さん
    「跪け」

    「なんだ、これは。ひどい銃だな…」の場面

    「歳かな、少し…疲れた。」

  344. 匿名 より:

    ♯4

    レヴィ・ロベルタのどつき合い開始時の

    ロック

    「入った 入った」

    バラライカ

    「若いっていいわね――」

    かっこいいシーンもいいけど落とすとこもわーい(嬉しい顔)

  345. 匿名 より:

    双子編で言ったチャンの旦那のセリフ

    「俺には道徳やら正義ってものは、肌に合わん。その手の言葉と尻から出るヤツは、びっくりするほど似てやがる。そのガキ共に同情するのは,ミサイル売って平和を訴えてるど阿呆共とどっこいだ」

    納得でした・・

  346. 匿名 より:

    私的な名セリフはコミック4巻の
    “七生を以って御身御守護を勤めさせていただきます。”

    こんなセリフ中々言えませんよ(笑)

  347. 匿名 より:

    ヒサビに読み直し。

    『俺は、・・・俺の立ってるところにいたい』

    名言ですな!!

    あと最新刊のロックの、

    弾丸ってゆーやつ!!カッコイー!!

    彷徨える青い弾丸チックですな(○^艸^)

  348. 匿名 より:

    やっぱり、偽札編のエダの一言

    「神は留守だよ、休暇とってベガスに行ってる」

    ツボはいりましたw

    どんな神様だよ!w

  349. 匿名 より:

    はじめて書き込みさせていただきますわーい(嬉しい顔)

    一番すきなのは、5巻の100ページ・・・

    姉御の「命を乞う時のこつは二つ。

    一つは命を握るものを楽しませること―

    もう一つは、その人間を納得させる理由を述べることだ。」

    ・・・仕事のクレーマー相手に使ってみてぇぴかぴか(新しい)

    あとは、日常生活で無意識に語尾に「ですだよ。」があせあせ(飛び散る汗)

  350. 匿名 より:

    「ですだよ」はまんがの世界の人間はどうしてみんな同じ言葉しゃべるんですか?という疑問に最高の形で応えてくれた名言だと思います(笑)

    真面目に答えるなら3巻での姉御の
    「少し…疲れた…。まったく……因果な世界だよ」
    ですね。

  351. 匿名 より:

     最新刊のロック。

    「『面白そうだ』−−−そう思ったのさ」

    「分水嶺はもっと先、激突の瞬間に見える分水嶺はもっと先だ」

    ラグーンの登場人物の中で、ロックが一等キレてる奴だと確信した2コマ。

    ロベルタの様な狂気に憑かれているわけでもなく、ただ『面白そう』という理由で「“イーグル・サム”と素手ゴロやる気」のロックは誰よりも壊れていると思う。

  352. 匿名 より:

    俺は張さんが好きなんでやっぱり…………
    「三合会は超サイコー」ですね(笑)
    張かっこよすぎるわぁ〜

  353. ・1巻のおまけ漫画、校務員ダッチ。

    それなんてカールおじさん?更に頭が壁にめり込んでるしw

    ・3巻おまけ漫画、

    ε←こういう目の張さんパパ。

    両者とも渋さ売りだけにその差がwww

  354. 匿名 より:

    この街じゃ靴下脱ぐ間もなく新品の穴をこっさえることになるぞ!

    ルカ曰く、不誠実な金を使ってでも友人は作るべしだ。

    バルジ大作戦見たいにトイレ休憩挟むのか?

    営業時間外だよ。ヨハネ伝大5章でイエスが言ったの知ってるか?厄介ごとを持ち込むな、だ。

    神は留守だよ。休暇取ってベガスに言ってる。

    オプラウィンフリーショーを観てると言っても信じねぇだろ、正解は銃声の後で、だ

    ミリオンダラーの大仕事なのさ。

  355. joy より:

    ところで…もう一つ、いかがですか?

    ロベルタのあのキレた笑顔が相当かっこいい。

  356. Hyshry より:

    ほなバイナラ…なーんてな

  357. 天馬 Lv.2 より:

    「跪け」だなぁ。
    かっこよすぎ。

  358. 匿名 より:

    『誇りはねえのか、お前の脳ん中にはよ!』

    キレたロックが印象的っす。

  359. 2475 より:

    双子編のロックと姉様の会話シーン

    「何言ってるのお兄さん。僕はちゃんとここにいる。

    いつだって姉様と一緒にいるんだ。」

    GX連載時にこのシーンなかったからGX読んでていまいち双子編は意味がわかってなくてコミック買って読み直してたらこのシーンがあって、あ〜そういうことかってわかったのですごく印象深いシーンです。

    ブラックラグーンでGX連載時とコミックが違うのはたぶん双子編だけだったと思う。

  360. 時雨 より:

    バラライカの『跪け』や

    『勘違いしないでね、お願いじゃないの。命令。』もいいけれど

    双子の姉様の

    『ああ、駄目よ、逃げたりしてはいけないの』といって

    銃ぶっ放す所も好きだなァ

    最後に最新刊から、エダの

    『あいつ一人が糞を踏んでズッこけた、『見ろよ馬鹿なやろうだ、ハー・ハー・ハー』それで終わりにゃならないぜ。』

    最高に皮肉でイカした台詞。

    極めつけは、レヴィのあの台詞

    『ずるいぜ……まったく』

    布団叩いて悶絶しちまったよ。

  361. 匿名 より:

    神社で話すロックとレヴィン。鳥居をくぐって現れる銀次さん。
    銀次さんとレヴィンの戦闘シーン忘れらんない(´∀`)

  362. 匿名 より:

    レガーチがラリって

    『忘れてたーーーッexclamation ×2exclamation ×2リバプール行かなきゃーーexclamation ×2ジミ・ヘンドリクスがオレを呼んでるexclamationクリンゴン星人を倒してくれとーーッexclamation ×2

    ピ、ピカード艦長ぉぉぉっexclamation ×2exclamation ×2exclamation ×2

    ってセリフ

  363. 匿名 より:

    最新巻の張さんより。

    「そこには誰もいねえのさ、諸君。」
    「俺も、お前らも、そしてリングもだ」

    ロアナプラは微妙な均衡の上に成り立っているということを改めて感じた瞬間。

  364. 匿名 より:

    やっぱり5巻の銀次との戦い、その後の雪緒の自害のシーンですね。

    戦いの最中の雪緒とロックの会話が、戦いと会話のどちらも引き立て合ってて最高です。

  365. 既出ですが、ロック&レヴィのくわえタバコでの火移し。

    マンガだったら1巻のセーラー服なロベルタさん&校務員なダッチ(笑)

  366. おまけマンガの双子

    おとこー

    おんなー

    なんか残ります

    どっちだexclamation & question

  367. 匿名 より:

    「正常位じゃ誰もイけねぇんだよ、ロック」

    こんな台詞リアルで言われてぇ…

  368. 匿名 より:

    天使を呼んであげましょう。天国はいいところだっていうものね

  369. 匿名 より:

    >>375
    同意

  370. 匿名 より:

    ロックの台詞は心に来ますね。

    「ロビン・フッドがいねぇなら、ロビン・フッドになればいい。泣き寝入りして文句たれて生きるよりゃ、よっぽどマシな生き方だ!」

    「世界は本当は・・・・・君を幸せにするために・・・・・あるんだよ。いいかい、血と闇なんて世界のほんの欠片でしかないんだ、すべてなんかじゃ・・・・・ないんだ!!!」

    「・・・・・いらないよ、ダッチ。いいんだ、ここのままで。空を仰いで 海を眺めて・・・眠るんだよ。」

    「銃は好きじゃないし、持ちなれないものは持たない主義だ。 ただ、この引き金を引いたことは、忘れたりしませんよ。だからこれは、お返しします。」

    「ここに君がいるのは、組のためなんかじゃない。君は、銀さんと共に逃げるべきだった。」

    「お前がもし銃だとすれば 俺は弾丸だ。それはただ、ひとかけらの鉛にすぎない。でも 撃鉄がそいつを叩けば、ただの鉛はどんなものでもぶっ飛ばす力を持つ。俺は お前と出会わなければ、ただの鉛で一生を終えたろう。だが、俺たちは出会った。炸薬はずっと 爆発するのを待っている。そして炸薬に火を付けられるのは 銃だけだ。」

    夕闇にいるロックはかなり特殊な主人公なので引き込まれます。

  371. 匿名 より:

    やっぱりー(長音記号2)

    「私達はネバーダイ、そう、永遠なのよ。」

    「貴方は夕闇に立っているからそんな事言えるんです!!」

    が重いです。

  372. 機能別ヘ より:

    バラライカ姐さんの

    魂にも脂肪がつくものだ

    が、秀逸。

  373. 匿名 より:

    名ゼリフが有りすぎる!

    …とりあえず最新刊より。

    レヴィの

    『鉄火場に付き合う、あたしの立場は?』

    この辺のやりとり。

    …結局何だかんだ言いながら、ロックに付き合うレヴィ。

    『儀式』なんて今更なのに、あえてロックにその言葉を言ってる様に感じる。

    それをお互い解っててやりとりしてる感じが良い。

  374. shizuka より:

    いろいろありますが・・・

    7巻でのロックの「お前が銃なら、俺は弾丸だ」は最高でした!

  375. 匿名 より:

    「すべての不義に鉄槌を」

    ロベルタはかっこよすぎ

  376. 双子編の噴水前の場面が印象的だな。

    バラライカ姐様がちょっと疲れた、と言ってるのがなんとも深い…!

  377. 匿名 より:

    レヴィがロックに弾丸を渡したシーン

  378. 1巻37頁の5コマ目の

    ダッチ「ここで解散ってのはどう…」

    ロック「やめろ馬鹿死んじまうよ!!」

    ブラクラで最初に笑った場面ですw

  379. ラマン より:

    ロベルタの「それでは皆様、ごきげんよう」→手榴弾のシーン

    ブラクラ購入を決めたシーンです

  380. 匿名 より:

    『跪け!!!!』

    『いいんだ、このままで。空を仰いで――海を眺めて…眠るんだよ。』

    のセリフが。

    バラライカさんに惚れたセリフですがやはりあの双子には…生きていて欲しかったような。ロックのセリフで泣いてしまった自分です。

  381. 匿名 より:

    さすことはあってもさされることは…

    のくだりとシェンホアの表情の変わるコマが好きです。

    アニメだと双子編の噴水シーンが凄く好き。

    息遣いとか間が上手く作ってあると思います。

  382. 匿名 より:

    双子編のラストですね。
    ベニーがカッコよかった。

  383. THE LOW より:

    「他人の死を乗り越えるために、いったいいくつ鋼鉄の魂をもっていればいい?

     ・・・そうゆうわけで僕もまた、この街で自分を試すつもりはないんだよ。」

    「ロック、ああゆうものを真っ直ぐ見るな」

    「だから、この話はここでおしまいなんだ。」

    ベニーの言葉って、身の程をわきまえているというか、いい意味で分別ができる大人な発言が多くて好きw

  384. 匿名 より:

    「あせるなよ、2挺拳銃。こういうのはな、ビビったら負けだ。」転がって来た手榴弾を蹴り返して「な?」と言ってのけた張に惚れた(≧▽≦)ハート

    「カラシニコフの裁きのもと、5・45ミリ弾で奴らの顎を喰いちぎれ!!」

    「ロビン・フッドがいねェなら、ロビン・フッドになればいい」

  385. ニコニコ動画の神MAD復活感謝!とゆうわけで

    「キレイだわ・・・空。」

    下ばっか向いてないで私もキレイな空を見上げよう(つ△と)

  386. 「二丁拳銃(トゥーハンド)、お前にもひとつ言っておく。

    何を考えてのことかは知らないが、お前はこいつと同じ生き方をするべきではない!」

    バラライカの台詞。レヴィに何かを諭す、非常に重く感じた一言でした・・・。

    漫画でも印象に残ったシーンでしたが、アニメではさらに迫力がありました。

  387. 匿名 より:

    クールにいこうぜ

  388. 匿名 より:

    結構被る感じなんで
    少し外れて
    「踊るぜジルバ」

    かぶってるかな?

  389. しおり より:

    『跪け』

    この台詞でバラライカにやられました…exclamation ×2かっこよす

  390. 匿名 より:

    ヘンゼルの「だから殺そう、もっと殺そう」

    他にもいっぱいいっぱいあるんですが、これを今思いついたので。

    二人の純粋すぎるセリフはみんな切なすぎます…。幸せな二人を見たかったぁ!!

  391. 匿名 より:

    たらねぇよロック。

    数えるのは足音じゃなく腰についてる拳銃の音だ。

    こんなカンジだったような・・・。

    潜水艦の中でレヴィが言ったセリフです♪

  392. 匿名 より:

    「俺がこんなにこだわってるのはな、俺を連れ出してくれたお前が、俺の上司と同じことをいってやがる。俺にはそれが我慢ならない」 潜水艦後の話ね、だいぶ抜けてるけど。アニメで見て、ものすごく心に響いたな〜ほっとした顔 あと、この会話のすぐ後の「ワトソップ署長」ってのも、なんか頭に残ってる(笑)

  393. 匿名 より:

    「生者のために施しを。 死者のためには花束を。

     正義のために剣を持ち、悪漢共には死の制裁を。

     しかしいて我ら─聖者の列に加わらん。

     サンタマリアの名に誓い、すべての不義に鉄槌を。」

    「アーメン・ハレルヤ・ピーナッツバターだ」

    ですね。

  394. 匿名 より:

    なんならこういうお医者さんごっこもあるのよ

    恐らく何言ってもかぶってるはずなのでこれ
    三巻のおまけの双子がかわいすぎる
    俺を治療してくれ

  395. 匿名 より:

    やったのか?

    日本から戻ったレヴィにエダが言った言葉ですね(笑)

  396. みー より:

    レガーチの

    「ヘイヘイ!そんなに死にてえとは驚きだ!この自殺志願者共め!」

    レガーチのヤバさが好きです。

    あとブリッツ氏とかも

  397. 匿名 より:

    復讐では生ぬるい。

    サンタ・マリアの名に誓い、

    すべての不義に鉄槌を!

    必殺メイドロベルタ、再び!!

    コミックス6巻の帯より

    あぁしびれるるんるん

  398. 匿名 より:

    正常位じゃ誰もイケねぇんだよ、ロック

    レヴィ最強ww

  399. 匿名 より:

    本ッ当最悪な所

    byファビオラ

    よくぞチャイナレイクポンプ(約8kg)をあんなに軽々と扱った!

  400. 匿名 より:

    バラライカがロックに言った、

    「私たちの命は実に軽い。 まるでキャンディーバーの包み紙だ。」

    日本の居酒屋でレヴィにからむロックに言った「オーライ、気にするな」

    8巻っていつ出るんだろう・・・。

  401. 匿名 より:

    ドンドンドンドン!!

    「助けて!誰かいないの!?」

    レヴィ「……呼んでるぜ。」

    エダ「営業時間外だよ。」

    ↑ここからはじまる、教会でのやりとり。特にエダ。

    休暇とってベガスに行く神って…あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

  402. 匿名 より:

    俺は

    ロック「あぁ神様、助けてくれ」

    ダッチ「いい言葉だな〜〜(忘れたあせあせ(飛び散る汗))名言集に載せたいくらいだぜ」

    の流れが好きですわーい(嬉しい顔)

  403. 匿名 より:

    3巻終わりの方にて



    忘れてたexclamationexclamation

    リバプールに行かなきゃーーーッexclamationexclamation

    ジミ・ヘンドリックスが俺を呼んでるッexclamation

    クリンゴン星人を倒してくれとexclamationexclamation

    待ってろすぐ行くぜexclamation

    ぴッexclamation

    ピカードかんちょおォオオォォうッexclamationexclamationexclamation

    久しぶりに漫画で大笑いしましたわーい(嬉しい顔)

  404. 匿名 より:

    今手元に原作が無いんで場所がわからんのですが

    「姐御、ありゃぁケツに入れてんのか?」

    ですねw(合ってる?)

    バラライカさんのあのけだるい顔がツボです

  405. 匿名 より:

    ダッチ

    「ロックが銃を持ってないのは俺達にとって最大級の幸せなんだぜ!」(曖昧ですがたらーっ(汗))

    今後ロックが銃を持つようになったらラグーン商会は・・・・

  406. 匿名 より:

    「運がよけりゃ いや、悪けりゃやり合う機会もあるでしょう」

    日本編が一番好きですexclamation

    銀さんかっこよすぎちっ(怒った顔)

  407. 匿名 より:

    最近のロットンのアホのファビオラを守ったシーンなんだけどアホが際立って思い出せん(∋_∈)
    だから「あそこから登場したらカッコよくないだろうか?」
    これもうる覚え。

  408. 匿名 より:

    やはりヘンゼルとグレーテル編の最後が一番!

  409. 匿名 より:

    5巻、P-108からP-110にかけて。

    公園のベンチ。ラッキーストライクに火をつけたレヴィとロックの会話。

    「レヴィ…忘れたのか、俺はもう死んでるのさ。

    お前と出会った、あの日にな」

    この台詞の後に続くレヴィの表情が…

    日本編はロックが何か言った後の、レヴィの表情が非常に印象的な作品。

    「銀さん」に関しては…

    この人の吐く台詞がいちいち名台詞で、心底惚れました。

    …そこへきて雪緒ちゃんだ。

    「一番鎗、どうかご無事にお務めくださいませ」

    …俺、やっぱり日本編好きなんだなあ…

  410. 匿名 より:

    おめぇさんがた
    やりやがったな!?
    そんなに俺の刀が見たいか
    みんなで仲良く
    十万億土を踏みやがれ!

  411. 匿名 より:

    「お店があって…銀さんがいたら、

    それはたぶん楽しい…と思うんです。

    ………ごめんなさい。

    そんなこと言ってる場合じゃないのに……」

  412. 匿名 より:

    バラライカさんの「ノーワン・リブス・フォーエバーだ」

    レヴィの「お袋が待ってるだろう。とっとと帰りな、ガキども。」

    張の旦那の「あせるなよ2挺拳銃。こういうのはな、ビビったら負けだ。」

  413. 匿名 より:

    はじめましてですだよ

    坂東さんの「ほな、さいなら。・・・なァんてな。」

    と、

    バラライカの「行こうか諸君。撃鉄をおこせ!」

    (あってるかな?)

    これにはグッときたんですだよ。

  414. shimane より:

    TAKUYAさんと
    同じところです!!

    ロックの言葉がすごく来ました←

  415. shimane より:

    ロットン…ロットン・ザ・ウィザード…

  416. 匿名 より:

    426

    細かいようだが

    ほな、ばいなら

    ですよ

  417. 匿名 より:

    『きれいだわ、空』

    『・・・そこには誰もいねえねさ、諸君。俺もお前らも、そしてリングもだ』

    『お前がもし銃だとすれば−俺は弾丸だ。』

    ブラクラはどの台詞も最高にイカしてる!

    ユーモアがありCool!

    最高にイっちまいそーです指でOK

  418. ラマン より:

    あなたの手下は下衆で馬鹿で、おまけに厩舎の臭いがします。

    至極迷惑ですので、二度と私たちの前に顔を見せないでくださいましね。

    byファビオラ

  419. 匿名 より:

    俺の中では、ロックとレヴィの絡む場面は名場面が多いっす。

  420. 黒一式 より:

    サンタマリアの名に近い・・・

    全ての不義に鉄槌をexclamation ×2

    byロベルタ

  421. 黒一式 より:

    俺の店がオープン・カフェになっちまうexclamation ×2

    byバオ

  422. 黒一式 より:

    「十万億土を踏みやがれ」

    by銀二

  423. 匿名 より:

    BLACK LAGOONの登場人物は、背中で演技をする。

    「―たまにゃ御法に触れることもする―そうだったな?」

     …ロック(一巻)。

    「俺の仕事はな、”公共の敵”さ。」

    …空港にて。去ってゆくタケナカの後姿(四巻)。

    「ほな、バイ、ナラ。 なァんてな。」

    …坂東若頭(四巻)。

    「全員仲良く、十万億土を踏みやがれ。」

    …刀を抜く銀さん(五巻)。

    死地へと向かう男たちの背中は、己の感情を雄弁に語るのだ。

    …いや、印象に残る後姿は、なにも男たちばかりでは無い。

    「夕方には船に戻らなきゃいけねえ、さっさとすまそうぜ、ロック。」

    …レヴィ(七巻)

  424. 匿名 より:

    ……「ハートに火をつけて」。

    え?

    ドアーズのナンバーだ、知らねェか。……ロック。

    ドアーズの曲が、たまらなく聞きたくなる、7巻でのやりとり。

    8巻の発売が待ち遠しい…

  425. 匿名 より:

    お前がもし銃なら―

    俺は弾丸だ。

    8巻発売まであと1週間ですね♪

  426. 匿名 より:

    …ですね♪

    七巻、あの辺りのやり取りは、

    超絶的に名場面ですね♪

  427. 匿名 より:

    双子の

    「まずはマカロニから・・・♪」

    みたいな発言。

    殺しをなんとも思ってないというか、狂気を感じた・・・!

  428. 匿名 より:

    2巻

    「お前に、俺の何が分かるんだよ!」

    byロック

    あの前後、一連の台詞に激しく共感。

    ずっと自分の中でくすぶっていたことをロックが言ってくれた。

    同じ思いを抱えている人がいる。

    嬉しかった。

  429. 匿名 より:

    レヴィがロックに弾丸を投げたシーン!

    カッコいいぜ!レヴィ&ロック

  430. エヌ より:

    ロベルタが拷問している時の、

    最後のページの目つきにはやられた。

  431. 匿名 より:

    やっぱり「俺の名はウィザード…ロットン・ザ・ウィザード!」でしょう。

  432. 匿名 より:

    [それがお前の宗教か] [グラウンドゼロって気分だぜ] [そんなに俺の刀が見てぇか] [女やシャブを売るよりは良いでしょう] [ケサンの戦場がピクニックに見えるぜ]

    辺りが特に印象に残ってます。うる覚えなので、微妙に違ったらすいません。

  433. 匿名 より:

    7巻エダの「ヤー、シスター」

    です(・ω・)

    なぜか一番印象に残ってます

    一気にエダの雰囲気が変わったからかな?

    レヴィと絡んでるエダ好きなんで、きっと急の色気にビックリしたんだと…www

  434. 機能別ヘ より:

    「ファックしてやるぜ!ベイビー!」に痺れた

    あと「だまれ そして歩きな」も好き

  435. 匿名 より:

    最近では

    『私の会社を舐めるなよ?チンピラ。』

    ですかね(´▽`*;)

  436. 匿名 より:

    「アーメン・ハレルヤ・ピーナッツバターだ」ですかねぇ。

    「こんなもんはな、撃てて当たりゃいいんだよ」なんかも好きですが、ピーナッツバターには一歩及ばずw

  437. 匿名 より:

    『祈れ。生きてる間にお前ができるのはそれだけだ。』

    使ってみてーこの台詞。そんな時ないんですけどね。

  438. 8巻46頁

    シェンホア「よそ行け、アホちん」

    表情もいい味出してますw

  439. 匿名 より:

    上に同じです

  440. 匿名 より:

    『跪け』

    もちろん漫画Ver.

  441. 匿名 より:

    「そんなに俺の刀が見てぇか…!全員仲良く、十万億土を踏みやがれ。」by銀次

  442. 匿名 より:

    2巻136P

    ロックのくわえている煙草の火を使いレヴィの煙草へ火を付けるシーン。

    奥深くていかにもラグーンらしくて大好きです!

  443. 匿名 より:

    2巻のロックとレヴィのやりとりかなぁ

    ↑アニメでは第7話だったかな??

    あのシーンは良すぎる!! 何回も見てしまうw

  444. 匿名 より:

    アニメ版ロベルタの活躍(?)シーン…

    漫画版だとまだ人の域を出てなかったですが、アニメ版だともはや人外…

  445. 髭仙人 より:

    勇敢なる同志諸君、

    我等にとってサハロフ上等兵、メニショフ伍長はかけがえのない戦友だった。

    鎮魂の灯明は我々こそが灯すべきもの、

    亡き戦友の魂で我らの銃は復讐の女神(ネメシス)となる。

    カラシニコフ(AK)の裁きのもと、5.45ミリ弾で奴らの顎(アギト)を喰いちぎれ!!

    ホテルモスクワの団結力と復讐心が最高に出たセリフだと思います。

    双子事件で姉御に惚れました(笑)

  446. 匿名 より:

    ロットン初登場の時の
    俺は下戸だ飲んだら吐く
    ってのが好きですウッシッシ
    笑える話でもクールに決める彼は最高ですわーい(嬉しい顔)
    あとレヴィに誰だ?と聞かれた後の覚えてないのかって返した時の後ろ二人の反応面白すぎでしたウッシッシ

  447. 匿名 より:

    ひざまづけ!!

    姐御カッコいい〜目がハート

  448. いっぱい、いっぱい、いっぱい・・・

    双子の死に様ですかね。
    何とも言えない感情が。。。

  449. サプライズ より:

    ありきたり?ですがやっぱり  

    跪け

    ですかねーvv

  450. ラマン より:

    捕まえた、ですだよ?

    おう。ガンギマリね。

    よそ行け、アホちん。

    仕事、やるひとー。

    ああ気にしないね、あれはその、少し気の毒な子よ。

    シェンホアサイコーっす

  451. 西だ より:

    一話のダッチ

    「ケツの穴はこえーや、泣きそうだ」

    「だがおもしれぇ。おもしれぇってのは大事な事だぜロック」

    に惹かれました。

  452. 匿名 より:

    私はロベルタの「殺して、殺して、殺してやる。この世にひり出されてきたことを、心底後悔させてやる。」

    ですね

    死ぬほど嫌いな奴に一度言ってやったら顔が恐怖で引き攣ってました。(笑)

  453. 匿名 より:

    やっぱりバラライカ姉さんの「跪けッ!」ですかね〜♪

    三合会はちょーサイコー

  454. 匿名 より:

    髭仙人 さん

    おいらもバラライカ&ホテルモスクワ大好きです!

    バラライカ万歳

  455. 匿名 より:

    日本篇のバラライカさんの

    「それでは また、いずれ」

  456. 匿名 より:

    若頭の

    「ほな、バイナラ。なんてな」

    目から汗が…

  457. 匿名 より:

    僕はですねぇ(笑)

    やっかい事を持ち込むなこのアマexclamation ×2

    その話最後はどの辺だい?バルジ大作戦みたくトイレ休憩挟むんかい?

    ラグーンの中でもエダのセリフが特に好きですぴかぴか(新しい)
    うんちく垂れてる人に言ってやりたい(笑)

  458. 匿名 より:

    「奴だ!! 奴を目視、

    向かいのビル屋上です!!」

    ―ガシャ!―

    さながらケモノの形相で、

    バレットをかまえるロベルタ!

    これ以上にかっこいい登場シーンは…

    …無い!

  459. 匿名 より:

    レビンがエダにロックとやったのか?って聞かれて顔を赤くしてる所がちょっとウケたウインク

  460. 匿名 より:

    ロックとレビィがパトカーで連行されてる時に、タバコの火を移すシーンかな

    作中唯一のキスシーンに見えたのは俺だけじゃないはずだ。

  461. 匿名 より:

    …ッたくよ、

    今日はひでえ一日だ。

    まったく。

    …とにかく、帰って寝たい。

    そうだな。

    まあ、そんなに長く警察署に居たわけでも無いだろうし、帰るって言ったって、ロックに定まった居場所があるとも思えない。あんなやり取りの後だ。独り寝ってことは無いだろう…

    …この二人が関係を持ったとしたなら…このタイミングだろうと、俺は睨んでいる。

  462. 匿名 より:

    「神は留守だよ、

    休暇とってベガスに行ってる。」

    イイ台詞♪

  463. 匿名 より:

    シェンホアの首と胴泣き別れても大変ないか?
    がめっちゃスチハート

  464. 匿名 より:

    オプラウィンフリーショーを見てると言っても信じねぇだろ。正解は銃声の後で、だ!

    笑ったwww

  465. 7巻100ページ2コマ目のファビオラの表情ww

  466. 匿名 より:

    ダッチの

    アーメン・ハレルヤ・ピーナツバター

  467. 匿名 より:

    双子の姉?弟?の頭撃たれて

    「綺麗だわぁ・・・空・・」

    に何ともやるせない切なさと悲しさと色んな感情が出ました。

    でもこのMADで元気になれますw

  468. 匿名 より:

    双子編のバラライカの「跪け!!!」

    日本編のレヴィの「ここは地獄のモーテルだ、出来る限り逃げてみな。でねぇとプギーマンに喰われるぞ!!!」

    の2つのシーンがかなり好きです。

  469. 匿名 より:

    俺は・・・・

    俺が立ってる所にいる

    それ以外の何処でもない・・・・

    ロックのギャップが堪らんね

  470. 匿名 より:

    > さめらん@黒は俺の嫁さん
    写真でいいから見せてください〜

  471. 匿名 より:

    「こういうのはな、ビビったら負けだ」

    「聞くことなど何もない、 知りたいことは知っている」

    「待たんかい! この外道〜!!」

    「今夜は本当の事を話してやろう」のやりとり。

    等々w

     

  472. 一番、もしかしたら所有漫画の中で最も印象に残る台詞かもしれない。
    沈んだ廃船の中で、ロックがレヴィに金の定義を尋ねた時の返し。

    「力だ、神よかよっぽど役に立つ。」

  473. >483・moto=NomoreAnimataさん

    この表情です。携帯電話のカメラゆえ小さい画像ですみません。

  474. 匿名 より:

    「どこまで地獄の釜底で踊れるのか、それ以外に興味はないんだよ」

    姐御カッコよすぎです…

  475. 匿名 より:

    「正義がなくても地球は回るぜ」

    かな?レヴィ最高手(パー)

  476. 匿名 より:

    祈れ生きてるお前に出来ることはそれだけだ

    でしたっけ??目がハート

    最高です目がハート

  477. 匿名 より:

    「してやったぜ!」の辺り。

  478. 匿名 より:

    エダの「私の会社を舐めるなよ? チンピラ。」

    張が負けた気がした…涙

    でもかっこよかったグッド(上向き矢印)

  479. 匿名 より:

    なんかあったらるんるん
    コーランでも唱えて許してもらうか
    ですね(笑)

    印象に残るんでしたら、
    双子の最後のネバー ダイとそのあとのバラライカのノー ワン リブズ フォーエバーですね手(パー)

    つづりわかりませんですたらーっ(汗)

  480. 匿名 より:

    あと、ロックとレヴィの

    お前が銃なら俺は弾だってくだりが好きですもみじ

  481. 匿名 より:

    『…ずるいぜ』

    レヴィの意味深な発言ですねるんるん

    やっぱ、かっこいいわーい(嬉しい顔)

  482. 匿名 より:

    「・・・・な、る、ほど。なるほど。なるほど」

    です。

    どの場面かわかるかな?

  483. 匿名 より:

    双子編のベニーがロックに言う台詞ですかね。

    「ならなかったんだよ…」

    これを聞いた(読んだ)時は、どうにもならない事がこの世にあるんだなぁ…と考えさせられました涙

  484. 匿名 より:

    サンタ・マリアの、名に誓い、すべての不義に鉄槌を!!

    思わず真似したセリフ

    ただ、使い所がないwww

  485. 匿名 より:

    踊らせろ!!レヴィ!!

  486. Dance Supreme より:

    趣味ですよ!

    ロック良く言えるぜ!

  487. 匿名 より:

    「ジルバだ踊るぜ」

    このレヴィには悲鳴を上げてシビレました。

  488. 匿名 より:

    一番印象に残ってるのは…

    バラライカがAVの編集してたシーン。

    あまりにイメージとかけはなれすぎててちょっとがっくりキタ。

    それに対して

    レヴィが「それ、けつに入れてんのか?」

    レヴィ、聞くな!ロックがきまずそうだぞ!とちょっと同情もしたorz

    本編?のイメージとかけはなれててかえって印象に残ってしまった(´・ω・`) ショボンヌ

    特に姉御、あんなバイトしないでくれヽ(`Д´)ノ

  489. 匿名 より:

    双子を迎え撃つ張さんの姿は圧巻ですね。

  490. 匿名 より:

    カン違いしないでね?
    お願いじゃないの、
    命令。

    で姐さんにほれた!

  491. 匿名 より:

    > ナオキャンさん

    私は姐御のそんな可愛いげも好きですねw

    裏稼業のトップカンパニーなので暇潰しにでもしてたんでしょう。

    最初の登場、酒場のロベルタは恰好良すぎて身体が捻れますね!

    「手加減は出来かねます」

    「それでは、御堪能くださいませ」

    最後にスカートから大量に仕込んだパイナップルをばらまき…「ごきげんよう」

    素敵過ぎます!!!

  492. 匿名 より:

    バラライカの「跪けexclamation」ですね。

    痺れた…

  493. 匿名 より:

    レリエルさん>

    編集シーンの最後で姐御が

    「死にたくなるわ・・・」(でしたっけ?)

    と言った時は、( ´,_ゝ`) プッ  となりましたけどねw

  494. 匿名 より:

    祈れ。

    お前に出来ることはそれだけだ。

  495. 匿名 より:

    イエローフラッグのバオで、

    来やがったら尻の穴を溶接して頭に代わりの尻の穴をあけてやる!! かな・・・

    冗談です。

    本命はバラライカの

     「鎮魂の灯明は我々こそが灯すもの、亡き戦友の魂で我等の銃は復讐の女神となる。

      カラシニコフの裁きの元、5.45mm弾で奴等の顎門を食いちぎれ!」

    ですかね。定番ですが鳥肌でしたねw

  496. 匿名 より:

    > ナオキャンさん

    ちょうどそのシーンをコミックで読み返していました!

    女性には滅法弱い私にはそんな姐御も可愛く見えてしまいます。サーセンwwwww

    そのシーンがある回の終盤、ロックとレヴィが喧嘩をするじゃないですか。

    あの回の最後、レヴィがロックから煙草の火を貰うシーンは、

    アニメで見た時も泣きましたね…今読み返しててまた胸が熱くなりました!!

    これも、私の中で何度も見返したくなるシーンのひとつです。

  497. 匿名 より:

    私はアニメ版しか見てないのですが

    ジェーンの回でシスター(眼帯してる方)がエダに

    「これはなんだい?エダ!!」

    エダ→「ぇっげっそり?」

    弱々しいエダの声のギャップがたまらなかったですw

    シスター、怖いんだろうなぁ…

  498. K・れびぃ より:

    8巻より

    あそこから登場は―

        ――クールだろうか?

    byロットンさん

  499. 匿名 より:

    双子編は色々震える台詞が多いんですが、俺が一番切なくてグッときたのはベニーの台詞ですね。

    誰かが、ほんの少し優しければあの子たちは――

    学校に通い、友達を作って幸せに暮らしただろう。

    でも、そうはならなかった。

    ・・・・・・・・・     ならなかったんだよ

    ・・・
    ロック

    だから―――

    この話はここでお終いなんだ。

    やりきりないロックが印象的でした

  500. 匿名 より:

    双子編の「あははっ、やるぅ」(アニメ版)金朋さんの声がいい。

    船内でのレヴィとのやりとりでの最後「私とあなたは同じものよ」

    ロベルタ編のガルシア君「犬だなんていうなよ!〜〜」の全台詞。

    ガルシア君の愛情が表れている名シーンだと思います。

  501. 匿名 より:

    アニメ第1話での、ダッチの台詞。

    「おっかねぇ、泣いちゃいそうだ。」

    なんか、外見と似合わない台詞が印象的でしたw

  502. 9巻から

    「最後の最後で、大騒動の一番面白い出来事を――俺たちだけが楽しめるんだぜ、ダッチ」

    …ロックが悪党になった瞬間でした。

  503. 匿名 より:

    バオ「今、俺が見たいのはな、メキシコ野郎。てめえのツラがあのガキの変態銃でジグソーみたいに整形されるところだ、わかったらとっとと出て行けッ!」

  504. 匿名 より:

    『バオの野郎 スチームポットみたく怒ってたぜ』

  505. 匿名 より:

    9巻のキャクストン少佐がベトナムの頃にレイに語って居る時の最後の問いかけ。「そんな世界一体誰が愛せるんだ?」

  506. 匿名 より:

    まだ勝負は終わってない。

    そう考え直した。

    ピンポイントにベットして必ずそこに当てる。

    次ははずさない―――――

    君が―

    黄金の鍵だ。

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    いや、まいったね。

  507. 匿名 より:

    小せえ器のでかいクソ 

    むしろ 始末すんのヤダwww 

    あと そんな器用には生きられない かな?

  508. 匿名 より:

    9巻から

    なぜ貴軍と我々は―こうまで違ってしまったのだ?

    ―…少佐。死人というものはいつまでも生者が羨ましく、妬ましくて堪らない。

    あなたの部隊と私の部隊のどこに違いが?

    国だったのですか?時代だったのですか?それとも―思想だったのですか?

    「―分からん大尉。君の言っていることがわからない、いったいどういう―」

    わからなくて当然です、それで結構。そんなものの何もかもがクソ食らえ、であります。完璧極まりないクソ食らえ、でありますよ少佐殿。

    先ほど私の作戦指揮について、お褒めの言葉を戴いたが――私はただ貴軍を護っただけではない。私は貴軍を追ったあの人狼までも、生かして街から出さねばならない。

    それが然る者との盟約だ。剃刀の上を滑るような作戦ですが――それでも私は、上々仕上げてご覧にいれた。

    少佐殿。刃を交えることが叶わぬのなら、せめて――

    恐怖して戴きたい、安堵して戴きたい。

    いつの日かあなたの国を、あなたの街を、座捲し蹂躙せんがために――そのためのみに我々は存在し、生き抜いていた。

    この身を無頼に堕としてもなお、我々は精強さと規律を保ち続けている。

    ――そう記憶して戴きたい、以上であります。

    「――…大尉。君にいったい何があった?君は――…病気除隊か?」

    …そう思われるのも無理がない。任意除隊です、アフガン撤退完了直後の89年に。

    ですが――事実上は、軍籍の剥奪でした。簡潔極まりない理由だ、少佐。

    国際法違反の越境作戦中――…難民キャンプの子供を助けた、それがすべてです。

    少佐。まだ貴隊の危機は終わらない。

    礼砲を持って武運長久を祈ります。では、御健勝で。

    長文失礼しました。

  509. 匿名 より:

    > トッキーさん

    いきなり、すいませんあせあせ(飛び散る汗)

    あそこの、シーン凄い切ないですよね。

  510. 匿名 より:

    今のロアナプラはポップコーンだ

    この世に信仰すべきは剛力のみただ1つ。

    俺達の流儀にして唯一の戒律。

    私のRPGはメーデー打つモールスより足が早いぜ

    あの魚雷挺ヤローはロシアの田舎者に囲われたってのは本当か?

    オレは生きてる奴が大嫌いなんだ

    お次は

    ジンラミーでもやるのかね?

    イタ公の漫談を聞くのが今日の趣旨?オマケに震え上がる程寒いわね、帰っていいかしら?

    カオハンのチャイナボールは売り切れんのがハエーんだ。

    そいつはクールだな。

  511. 匿名 より:

    レヴィの

    正義は無くても世界は回るって台詞ですかね〜

    ああなるほど〜って感じがしました。

  512. 匿名 より:

    >バックスター少佐さん

    はい、両者とも同じ境遇だったにも関わらず何故こうまで違ってしまったのか、そういった内容に思わず心打たれました。

  513. 匿名 より:

    > トッキーさん

    個人としての思い込みかもしれませんが、映画「ザ・ロック」のハメ准将とメイソ大尉の描き方のような感じがします。

  514. 匿名 より:

    『戦場はあらゆる悪徳が許されてしまう、荒涼の地だ

    そんな場所でたやすく、正義をねじ曲げてしまう者しかこの世にいないのなら、一体誰がこの世界を愛せるんだ?』

    9巻より。キャクストン氏渋い。

  515. 峠の野良犬 より:

    あたしゃ希代のトリックスター、ガリラヤの湖上を歩く男に仕えてんだ。

    神は留守だよ。休暇取ってベガスに行ってる。

  516. 匿名 より:

    …潮風がきつくなる、一杯どうだ?

    南米の果てで茨の荒野に佇んでいる、彼氏と彼女に献杯だ。

    張の旦那…最高にカッコいいです。

    一杯ご一緒させてもらいたいです(笑

  517. 匿名 より:

    Oh yeah!ギターウルフだ。
    こいつは知ってるぜ、クールな音を出す連中だ!

    5巻 Fujiyama Gangsta Paradise PT.9のレヴィの台詞より…

    これでギターウルフ聴くようになりました!

  518. 匿名 より:

    『せいじょういじゃ、誰もイケねぇんだよ、ロック…』と言ったレヴィのセリフには、かっこよさを感じた。

  519. 匿名 より:

    いい悪党になるぞ、

    お前は。

  520. 匿名 より:

    自分は100で「お前が銃なら俺は弾丸だ」ですね〜exclamation ×2その後のレビィの「ずるいぜ」ってゆうのがどうゆう心境で言ったのが気になるexclamation ×2うれしい顔

  521. 高峰あすか より:

    レヴィィの「お前の持つ弾頭は一体なんだ?フルメタルジャケット?ホローポイント?それともグレーザーセフティスラッグ?違うね。どこへ飛ぶか分からない銀の弾丸だ。」

  522. 機能別ヘ より:

    「アーメンハレルヤピーナッツバターだ」

    ですね!!

  523. 匿名 より:

    双子編、バラライカ姐さんの「跪け!!」
    しびれましたハート達(複数ハート)

    張のダンナとの話し合いの最中の「ケツから大きな物を生み出さんばかりに」
    さぞ怖かったろうね、ローアンげっそり

    シーンやセリフではないけど、双子編に一度だけ流れたED…大好きるんるん

  524. 匿名 より:

    世は、こともなし

    ですね。

  525. 匿名 より:

    地球で一番おっかない女の上位3人だ。 by ベニー

  526. 匿名 より:

    「歳かしら、少し、少し疲れたわ・・・」

    だったかな?

    双子(兄様?)を撃退した後のバラライカの台詞。

    ただのイカレ戦争マニアでないバラライカを垣間見ました。

  527. 匿名 より:

    礼砲を持って武運長久を祈ります。では、御健勝で。

    ですかね〜

    バラライカかの本気でした

  528. 匿名 より:

    ネタ系での印象に残っているのは

    レ『姉御、姉御、ありゃ尻に入れてるのか』から
    バ『死にたくなるわ。』の下りです。

    記憶が定かではないのですが…冷や汗

    『それでも、地球は回るんだぜ』

    みたいな事を、レヴィが言ってた様な気がするんですが…冷や汗冷や汗

    こんな感じですかねわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

  529. 匿名 より:

    レヴィとロベルタの殴り合いのシーン

    ?「入った入った。」
    バラライカ「若いっていいわね―――」

    この下りが大好きですw
    二人を止めようとしてすっこんでろと言われたロックの後ろ姿も好き(´ω`*)

  530. 匿名 より:

    >プチさん

    ベニー「地球上で一番おっかない女の上位三人だ」

    ダッチ「グラウンドゼロって気分だぜ」

    僕はこっちの下りが好きです

  531. よく知人と酒を飲んで酔っ払った帰りに、道端で寝転がって

    『綺麗だわ・・・空(´¬`)どうして飲みすぎてしまったのかしら』

    と言いながら、地面にめり込んでいく感覚と、回っている様に見える空を眺めながら

    静かに”くたばって”逝くのがなんとも・・・

    原作の方では「綺麗だわ・・・空・・・どうしt」となるのですが

    アニメ方だと「綺麗だわ・・・空」だけで終わっているんです

    原作の「綺麗だわ空、どうして」の続きが

    「どうして、今まで気が付かなかったのかしら」と

    続くんじゃないのかと思えて、イロイロ妄想できて好きですね〜(*´ω`)

    あぁ、あとはロックとレヴィが喧嘩する話でワトサップの台詞が

    原作だと「ペッツのオマケじゃねぇんだぞ銃ってのは」が

    アニメだと「菓子のオマケ」になってたり、言い回しの違いを探すのも楽しみです

    あとは「俺のマグナム・・・」がアニメ版でどうなるのか全俺が期待!

  532. 匿名 より:

    「神はいないよ
    休暇とってベガスに行ってる」
    が好きですw

  533. 匿名 より:

    チャイナドレスの美女のセリフ

    「男は刺すのは得意だけど、刺されるのには慣れてないネ〜〜〜♪」

  534. 匿名 より:

    バラライカがエロビデオの編集作業を自らしている時、

    バラライカ「ああ、もう死にたくなるわ…バイトでも雇えば良かった………」

    レヴィ「あん?何処に入れてるんだ?ケツか?」

    バラライカ「ケツよ。」

    バラライカ「後15本もあるのよ〜〜〜!」

  535. 匿名 より:

    レヴィ

    「どきなエダ。二流ガンマンが。」

    エダ

    「額で煙草吸うコツ、教えてやろうか?」

  536. 機能別ヘ より:

    ロックの

    「俺、もう謝らないよ」

    と言うシーンは素晴らしい

  537. ・・・やるじゃねーかトゥーハンド

    誰のセリフでしたっけ?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です