ミラーズ・クロッシング

「ミラーズ・クロッシング」(1990)

 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00009LXE1/

人気の記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. マッキー より:

    ミラーズクロッシング大好きです。

    年に数回は観なおしてますヨ。

    ガブリエル・バーンとスティーヴ・ブシェミの関係は

    何度みても緊張しますね。

  2. gaucho より:

    ミラーズクロッシングのソネンフェルドのカメラワークもすばらしいです。わたしは、ジョン・タトゥーロも評価したいですね。

  3. aki より:

    「こんなギャング映画ってあり?」って驚きました。

    それまでのステレオタイプなギャングストーリーを打ち破った

    革新的な表現の最高傑作ですよね。

    観なおしたいけど、レンタル屋さんで見つからないんです。

  4. gaucho より:

    >>観なおしたいけど、レンタル屋さんで見つからないんです。

    そうですね。なかなか置いてないですね。

    DVDはあるようですよ。

    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000QX498/

  5. aki より:

    名作と呼ばれる映画が、続々とDVD化していて嬉しい限り。

    色々と探す楽しみも増えてきましたね。

  6. ちかし より:

    印象に残るシーンがたくさんある映画で何度も観てしまいます。

    映像はもちろんのこと、トムがバーニーに言う台詞

      Come on in. Make yourself at home.

    など気の利いたやりとりがいいですね。

    初めて観たコーエン兄弟の映画でしたが、

    作品数が増えた今、本作はあまりコーエン兄弟らしくない作品かも。

    DVDではアルバート・フィニーの女装したスチールなども観られますよ。

  7. ちかし より:

    ミラーズ・クロッシングいいですね。

    カッコ良すぎます。タトゥーロの命乞いシーンは迫真の演技ですね。

    観終わって、いい映画だな、って思える数少ない映画のひとつです。

    間違いなくMy Bestです。サイコー!!

  8. Federico Dolphy より:

    初めて見たコーエン兄弟の映画。

    こんなに巨匠になっていくと思いませんでした。

  9. teacase より:

    オープニングの帽子が飛んでいくシーン。すごく印象的です。

  10. yonemako より:

    大好きな作品です。

    すばらしい映像美。

    男の美学。

    ガブリエル・バーン渋すぎ。

  11. yonemako より:

    マジかっこいいよね〜!

    こんなの作ってみたいよね〜!

    やっぱ雰囲気がいいよね〜!

  12. yonemako より:

    自分が最初に見たコーエン兄弟の映画がこれで、しびれましたよ。DVDが安くなったら買おうかな…。

  13. DVDが出てるんですね。。。

    欲しい。。

    ダニー・ボーイが流れる、

    機関銃打ちまくりシーンがかなり印象に残ってます。

  14. 機能別ヘ より:

    あれー。最近、某外資系CDショップで廉価版見たような気が。。。

    しかも迷って買わなかった(TーT)

    ってことはまだそこまで安くなかったのかも!?

  15. えにゅっぽ より:

    なんといっても、音楽が良いです。

    そして「赤ちゃん泥棒」と同じ人が撮ってるとは

    思えないほどスタイリッシュな映像がカッコ良い!

    何回見ても飽きないですねえ。

    DVDは確か2枚で2500円でした。

  16. りゅう より:

    俺の中でNo1です

    DVDも買いました、森のシーンが最高です

  17. とししゅん より:

    teacaseさんと同じく、帽子のシーンがかっこいいですね。

    森のシーンがストーリーにも絡んでるし、とにかく印象深いです。

  18. 女優さんがキレイじゃないからこの映画あんまり・・

    ってコメントをどっかの誰かがしてたけど、

    あの妖艶でオトナな魅力がまたいいのにぃ。。。

    お化粧室での喧嘩のシーンがキレイで好きです☆

  19. はじめまして

    ミラーズクロッシングを見てコーエン道に入りました。

    ビデオショップを梯子してビデオを買い、

    DVDの発売を知って即予約して買っちまいました。

    マシンガンを乱射するシーンがなんとも言えず好きです。

  20. より:

    コーエン兄弟で観た初めての作品。オリジナリティ溢れる映像、様式美、が素晴らしく多彩な才能を感じました。

    今日は『バーバー』を観ます。

  21. より:

    最高傑作ですね。未だに何かの折に観てしまう。

    様式美あり「用心棒」(絶対コーエンは見たなと思うw)あり。

    ぱさぱさに乾いたユーモアもこの作品ならでは。

    往年の名脇役アルバート・フィニーの名演。

    作品全体に漂うトーンというかスタイルの、もう完璧な統一性。

    映画が好きな奴が好きなように撮ったんだな、と。

    墓場にまで持っていきたい一作であります。

  22. BONO より:

    この映画は特に大好きです。

    やられました。

    「言うとおりにしねえと自分の脚では帰れねえぞ」

    「肉体的に?それとも精神的に?」

    あのシーンには痺れました。

    僕が作ったこの映画に関するコミュニティです。

    http://mixi.jp/view_community.pl?id=1489733

  23. コーエン作品の中で、今まで『バートンフィンク』と『オーブラザー』が好きだったんですけど、これが一番になりました。

    肌がうっすらとひりひりするくらい乾いた空気の中にも彼ら特有のユーモアがあり、また皆さんが言われている通り様式美があり、なんとも憎い作品です。

    「…凄い…」

    って唸りました。

     

  24. ZEN より:

    G・バーンは最近、名前が見えないのが残念です。

    この映画の前後の「ユージュアル・サスペクツ」でも、どんよりした霧のような不可思議な存在感を放っていたのに・・。

    J・タトゥーロを殺そうとして、逆にボコられる主人公(G・バーン)という状況の映画は他に無いという意味でも、忘れられない映画です(笑)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です