気になる台詞

人気の記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. もめぴ〜 より:

    こんばんわ、参加どもです^^

    聞き取り間違えてなければこう言っています。

    その人の事ばかり一日中考えて

    その人に為に何が出来るのか一日中考えて

    その事を人が何と呼んでいるのか私は知っている

    だけど私がそれを恋と呼ばないのは傷つく事が怖かったから

    それを恋と呼ばないのはそれがもっと別の何か大切な存在だから

    それを恋と呼ばないのはそれがいつか消えてしまうものだから

  2. もめぴ〜 より:

    おぉぉ〜

    ありがとうごぜぇます〜 <(_ _)>

    ホントに意訳だった、、、しかもかなりの省略っぷり。(苦笑)

  3. もめぴ〜 より:

    雨にも負けて風にも負けて人生に負けて

    背中を丸めて去っていく人を誰かが笑う

    一生に一度誰からも誉められる事も無いまま

    咲いて枯れた花を誰かが笑う

    その人の夢をあまたある星の輝きには負けると

    その人の人生を過ぎ行く時の流れには負けると

    誰が笑えるのだろう

  4. もめぴ〜 より:

    はじめまして

    せつなさんが書いた台詞(?)好きです

    なんか印象的だったから…

    ’誰が笑えるのだろう’ って最後に集約されてますよね

    自分の事を想う時も、

    誰かの事を想う時も、

    忘れちゃいけない コト かもなぁ、って思いました

  5. もめぴ〜 より:

    うんうん、何か地味にバックでセリフ言ってるのに

    凄く良い感じの事を言ってますよね♪

  6. もめぴ〜 より:

    ある日旅人は日照りの山を越え冬の海を渡り

    暖かな家を見つけました。

    一日目に暖炉に火をくべ二日目にシチューを作り

    三日目に仲間を作り四日目に家中をピカピカに磨いて

    五日目に全てを捨ててまた旅に出ました。

    旅人にはまだ辿り着くべき約束の場所が有ったから。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です