家で聴くとき…

人気の記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. 滝ねこ より:

    僕は全然詳しくないのですが……。ただ、言えることは古い録音はLPに勝るもの無し、です。マスターテープ自体が劣化しているから当然ですね。僕は、コルトレーンの「Love Supreme」をCdで聞いて、ちっとも良いと思わなかったのですが、Impulse! のLPのステレオオリジナルで聞いたら、驚くほど音に厚みがあり、一発で気に入ってしまいました。ただ、アナログは高いものも多いですし、よほど気に入ったものでなければCDというのも現実的選択ではあると思います。RVGリマスターは良い線行っていると思います。あと、アナログの世界ではモノラル至上主義がまかり通っていますが……。僕の主観では、たとえば3管編成のJazz Messengerなどは、ステレオの方が如実に楽器の位置を感じさせて良いと思います。

    オーディオ装置は……ぜひ他の人に(笑)

  2. しょーりん より:

    最高の状態の初盤を最高の状態にセッティングしたアナログプレーヤーで再生したら,最高の状態にセッティングした CD プレーヤーで再生する再発CD/SACDでもかなわないでしょうね.

    一番やっかいなのは,あの時代の初期プレスは品質のばらつきが信じられない程激しくて,同じマトリクス刻印でも最初にプレスされた盤とスタンパー取り換え直前にプレスされた(と思われる)盤の音のあまりに違うこと…

    また,クラシック音楽の分野とは違って,最終的に 1ch/2ch マスターに落としてカッティングするまでの間にある程度イコライジングをかけますよね.そこで行う音作りがエンジニアの腕と個性のみせどころということになるんでしょうが,CD 化される際には (一部の例外を除いて) マスターテープからストレートに CD マスターが作られていることが少なくはなく,音の違いにもなる様です.最近はオリジナルのミキシングを尊重したリマスター盤も多くなってきましたが.

    モノーラル信仰はほとんど狂気といっていいでしょうね(笑)クラシックでのステレオ盤至上主義程ではないんでしょうが.あれって,Van Gelder さんが (特に Blue Note で) ステレオミキシングをきちんとしだすのが遅れたが為に,他のレーベルのものまでみんなモノーラルを欲しがるということなのかもしれませんね.

    ステレオ初期の頃,大手レーベルはステレオ盤に相当力をいれていましたので,ステレオ盤とモノーラル盤のプレス工場が違ったりなんてこともよくありますね.概して,ステレオ盤の方が音質が良くプレス品質も良いですね.マイナーレーベルではそうではなかったみたいですが.

    RVG リマスターといえば,この前東芝から出た (またか?!) LP リイシュー.相当期待してたのに,音から判断する限りでは CD 用のディジタルマスターを使ってるっぽいですね.またキング盤の株があがっちゃいました…

    オーディオ装置は….また改めて(笑)

  3. 滝ねこ より:

    最近のリイシューLPを買うよりは、昔の安い日本盤の方が絶対音いいですよ。24bitリマスターとか言って、LPでも出てますが、ハッキリ言って音が不自然ですね。昔の日本盤は安くていい音でお買得。決してアナログは金持ちだけの道楽ではないと思います。

  4. しょーりん より:

    > 最近のリイシューLPを買うよりは、昔の安い日本盤の方が絶対音いいですよ。

    > 決してアナログは金持ちだけの道楽ではないと思います。

    全く仰る通りで.私もそう思っとります(笑)

  5. しょーりん より:

    ナルホド…

    LPですか…。

    ここ数年でジャズを聴き始めたのでソフトはもっぱらCDなんですよね。

    3,4枚だけジャズLPを持っていて、1枚はスリーブラインドマイスの物。もう一枚はオイゲンキケロのロココジャズ。それからメセニーのオフランプと…MJQのコンコルド…。スリーブラインドマイスのレコードを友人宅でかけてもらったときあまりの音の良さにそれまでCDのほうが音がよいと信じていた私はもの凄いショックを受けました。

    そういった感覚を味わえるということですよね?

    廉価なアナログプレーヤーでもその違いは分かるものですか?

    ディスクユニオンのレコ売り場でサクサク漁ってみようかなあ…笑

    ただ、針とかアームとか色々考えると高くつく感じなんですかね。

    > 最近のリイシューLPを買うよりは、昔の安い日本盤の方が絶対音いいですよ。

    これ凄く参考になります。有り難うございます。

  6. しょーりん より:

    少なくとも,CD とは違う音の感触を楽しめると思います.

    1万円台のフォノイコ内蔵型廉価プレーヤーだとどうなのか,は,ちょっと分かりませんけど,幸い,欧州では未だにアナログが健在で,手頃な価格 (5万から10万くらい) のプレーヤーが数多く売られてます.日本にも一部が正規輸入で入ってきてますね.

    よくある CD vs LP 的な典型的な論議は,個人的には興味ないです(笑)

    人それぞれの好みですからね.

    有名盤でもないような自分の好みにしっくりくる盤を (時には国内盤で) 安く見付けて,うまく再生できた時,これは気持ちいいですね(笑)CD でもある程度は一緒だと思いますけど.

    > ただ、針とかアームとか色々考えると高くつく感じなんですかね。

    上を見出すときりがないですからね… けど,天地がひっくりかえる様な値段のカートリッジじゃなくても,もちろん十二分に楽しめます.そもそもあんなの買えへんし.

    TBM… 日本のジャズファン好みの音に仕上ってますね.好きなアルバムは数知れず.そういえば昨年プロデューサの藤井さんとお会いする機会がありました.予想通り,熱く語る人でありました(笑)

  7. 滝ねこ より:

    プレイヤーは中古で漁るが吉ですよ! フォノイコライザー入っていなかったりしますが、けっこう安い値段ででています。DJ機材のターンテーブルばっかりもてはやされて、昔のステレオセットに付いていたようなプレイヤーはけっこうおざなりです(笑) ゼロバランスとか基本的なことを調整すれば、申し分ないと思いますよ。アームとか細かいことを言い出すと、お皿・アーム・ベルト・モーターを別々に買う羽目に陥ります(笑)死ぬほど重い台とか使って(笑)

  8. 滝ねこ より:

    ありがとうございます〜!

    色々調べてみます。

    ますますLPに興味がわきました。

    とりあえず倉庫にあったオートマチック式のプレーヤ

    を引っ張り出してきたのですが、針がない・笑

    ところでジャズ向きの小型スピーカーで、

    もしおすすめなどあったら教えて下さい。

  9. 滝ねこ より:

    わはははは。すいません、スピーカとかその辺詳しくないです。

  10. しょーりん より:

    対象ジャンルがジャズ,ということで,より音が前に出てきやすい,トランジェント性能に優れたものとしては,(あくまで私の好みですが) 以下の様なものがお勧めです (一部生産中止のものもあるかもしれません)

    * Victor SX-V1 / SX-V1X

    * JBL 4302 /4305H / 4312M

    * ALR/Jordan EntryS / EntryM

    これらに限らず,中古市場にも多数流通してると思いますので,根気良くオーディオショップをまわって試聴しまくって下さい.きっと好みの音のスピーカが見付かると思います.

    小型スピーカの場合,中/小型ブックシェルフ型やフロアスタンド型にもまして,設置条件に非常に敏感です.予算的に可能でしたら,しっかりとしたスタンドを奢ってあげるといいです.

    スピーカは,ほんの少し位置を変えたり開角をかえただけで,音やステレオイメージが劇的に変化します.地道な作業ではありますが,しっくり来るポイントを発見できたときには,それまでの苦労が報われる程楽しめます.

    あと,スピーカーのスペックを見る時には「感度」にも注意して下さい.値段が高くなればなるほど低能率のものが増えてくる傾向にあります (86dB とか).このテのものは,大出力のパワーアンプを奢ってあげないとまともにドライブできません.幸い,小型スピーカの多くは高能率のものが多く,小出力のアンプでも充分に聴かせることが可能です.

    うーん,ジャズのコミュニティからは少し離れてきましたね… 続きはオーディオコミュニティでやりますか?(笑)

  11. ♭雪男 より:

    四谷の「いーぐる」とか新宿「DUG」とか。

    http://www.dug.co.jp/main.html

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です