おはつです〜

人気の記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. modz より:

    おお!いらっしゃいです!!

    ソーサリーを持ってる人いたんですね!!

    誰もいなかったらどうしようと思ってました

    こちらこそよろしくですー

    http://www.fukkan.com/vote.php3?no=8059

    調べてたら結構いろいろ復刊してマシタ。

    鈴木直人さんのドルアーガシリーズ三部作なんかも

    やってましたよ

    当時、後追いでかなりしょぼい作品も結構あったりして

    それでもデジタルゲームよりもハマってましたねw

    いやはや今後ともよろしくです

  2. ('w')さ より:

    ドラゴンファンタジーでは、日本人が空手使うので能力的に優遇されていたのが非常にグッド。

  3. >みゃサマ

    いやーん、ドラゴンファンタジーシリーズは

    「14へ行け」ですよ、14!

    この数字の使われ方のユーモラスなこと!

    僕ももちろん大好きです(^〜^ )。

  4. ('w')さ より:

    英語版は 13 だったような気がします。。。

    違ったかな?

    日本語版とは番号違うんですよね。

  5. >4 (‘w’)サマ

    いえ、確かな情報筋によると、

    本国版も死んだら14へ行くことになってるようです。

    原作者のハービー・ブレナン氏の別のGB

    「悪魔族の叛乱」(ファイア*ウルフが主人公)では、

    死んだら13へ行くことになったようですけどね。

  6. お〜もり より:

    おはつです!

    ゲームブックのコミュニティがあるとは!

    1秒で入会を決めてしまいました(笑)

    十代の頃は10冊以上自作ゲームブック

    を作っては友達にやってもらっていました。

    項目数は70くらいのやつから最高は450。

    ただ、最初の頃は、

    選択肢の先の文章がつながってなかったり、

    手に入れたアイテムを使う機会がなかったり、

    登場人物紹介に載せた人物が登場しなかったり(笑)

    全部手書きだったので、漢字や文章の書き方の訓練には

    なったと思います。

    最後なんて、5部作の大風呂敷を広げちゃいましたが、

    3作目の下書きが完了したところで挫折しました(笑)

    ソーサリーの影響受けまくりだったし。

    最近はいろんなゲームブックのサイトを見て、

    古本屋やオークションのサイトでまだゲームブックが

    手に入ることを知り、買いまくっています。

    好きなゲームブックは、

    ルパン三世シリーズと、

    FF及び創元社のシリーズ(剣と魔法もののみ)です。

    いきなり長文失礼しました。

    いやー、いいところ見つけました!

  7. 眠り熊 より:

    少し前からコミュニティには参加していたのですが、書き込みは初です。

    ゲームブックは、小学生のころに双葉社からでていたやつ(ほとんどがファミコンのゲームをネタにしたやつ)で初めて存在を知り、そこから創元社のやつやらFFシリーズへと移っていったくちです。

    自作も何度か試みたことはあるんですが、一度も完成せず…

    お〜もりさんのような方にはひたすら脱帽するのみです。

    あ、「4人のキング」システムを利用したやつなら1つだけ完成させたかな。

    当時持っていたゲームブック達の多くをその後人に譲ったり、処分したりしてしまい、また10年ほど前に自分の中のゲームブック熱が再燃したときに、必死で古本屋をかけずりまわって集めた記憶もあったり。

    どうぞよろしくお願いします。

  8. サム より:

     懐かしさのあまり、参加させていただきました。サムと申します。よろしくお願いいたします。

     中学1年生のとき、J.H.ブレナン(だっけ?)の「ドラゴンファンタジー」を友人に紹介され、以来「ソーサリー」「FF(ファイナルファンタジーではない)」と、どっぷりすっかりハマりました。

     今では、白バックと赤バック、それからドラゴンファンタジー…この辺りが少し手元に残ってます。

    >4人のキング

     ウォーロックに掲載されてたトランプカードを使うヤツのことかなぁ? 見当違いならごめんなさい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です