印象的な擬音

人気の記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. 「シパパパパ…トトトトト」

    が大好きでした。

    ほらあの、サナカンに霧亥が、

    微小構成体を注入されるとこ。

    東亜重工編の最初のほうです。

    しばらくずっと口の中で繰り返してました。

    気持ちいい擬音(気持ち悪い俺?)

  2. トトトトト・・・はアタシも印象深いですねぇ。

    建設者の「11001011110—-」とか、

    カロリー○イト食べる時の「パキン」とか(固そう…)

    どうですか?

    あと音じゃないけど、

    「体がいっぱいあるよー!体がいっぱいあるよー!」

    はシボの刑期の永さを表現しきってる(笑

  3. >たえサマ

    あれカロ○ーメイトだったんだ(笑)

    噛んでるときの「しゃく、しゃく」からして、

    りんごみたいな食感なのかもしれないですね。

    こんなスレ立てといて何ですが、

    ブラムって、当然音があるべきシーンで

    わざと擬音を排除することで、

    「一瞬を切り取った」感じを出してる

    ところがよくありますよね。

    重力子放射線射出装置発射直後(すげえ漢字…)

    とか、ああいうのもマジ魅力的です。

  4. そうですね、作品全体に漂うサイレントな感じが

    多くの人(?)を惹き付けるんだと思います!

    デカい敵と不気味な静けさって対比は目を見張るばかり・・・。

    >重力子放射線射出装置発射直後

    ホントだ、スゴいですわ(笑

  5. 霧亥が食ってた棒状のもの。

    なんでパキンと割れるのに音がしゃくなんだろう・・・。

    表面は固く、中はさっくり素材なのか・・・?

    てかこの世界の人は何を食べてるのやら。

  6. 伊曾村 より:

    食物が必要かどうかも怪しいですね。

    エレベーターに乗ったまま洒落にならない時間過ごしたりしてます。

    妙な女の子に食料交換を持ちかけたとき、乾電池みたいの受け渡したりしてませんでした?

  7. しげる より:

    乾人の少女が汲んでた変な液体はグリスだそうですね。

    いつかアフタヌーンの「お便りコーナー」みたいなとこで先生が答えてました。

    やっぱ霧亥はマッシーンなのかなぁ…

  8. 伊曾村 より:

    うーん、有機物ベースでもセーフガードは作れるみたいな・・・

    NOISEでは赤ちゃん使って召喚(?)してますよね。

    マシンというより非常時の再生機能が付いた生身?

  9. 伊曾村 より:

    珪素生物ベースでもサナカンが召還してますね。

    間接なんかの球体は金属にしか見えませんが……。

  10. 食べ物と言えば、

    1巻でアキマから来た男(名前失念^^;)が

    いっぱい作ってた固そうなキノコみたいなの、

    あれ食べてみたいなぁ。

    あの人たちはアレだけを食べて

    暮らしてるんでしょうかね?

  11. どこの層の人(?)も、みんな栄養が偏った食事をしてる気がします。

    あまりおいしそうなものは食べてないですねえ。

    バイオケミカルでカスタマイズされてそうな・・・。

  12. フロム より:

    あのカロイーメいドは作者の話によるとグリースらしいです。おェ

  13. >フロムサマ

    >あのカロイーメいドは作者の話によるとグリースらしいです。おェ

    マジっすか!?おェ…てっきりりんごの味がするのかと…

  14. ameinu より:

    ふと思ったのですが、BLAME!世界の住人たちに味覚はあるのでしょうか?

    何かと登場人物の腕がもげたり足が折れたりするシーンがありますが、彼らが痛がっている描写がありません。

    サナカンが漁師のおやじさんの腕をちょん斬った時も同様です。

    (ドモチェフスキーは「痛ってェェェ!!」とか言っていたような記憶はありますが)

    もしかしてあの世界では痛覚は封印されているのでしょうか?

    だとしたら、味覚が封印されている可能性もあるのでは。

    だからドロドロのグリスだろうがパキンシャクシャクのアレだろうが、霧亥達は文句なく単なる栄養源として摂取できるのでは、と思いました。

  15. ameinu より:

    霧亥は意識的に痛覚を遮断できるみたいな記述がどっかにあったような気がします。

    ドモチェフスキーもセーフガードなのでそういう機能があると思うんですけど、痛がってるのは面白い(かつ人間臭くて良い)ですねぇ。

    霧亥の味覚ですけど、パキンシャクシャクのアレを一口食べた後に、雑嚢いっぱいに詰め込んだのは「美味かったから」だと自分は解釈しております。

  16. ameinu より:

    単行本読み直したらドモが痛がってたのは「痛ェ」じゃなく「あ゛ぢッ!!!」でした。

    主要キャラで感情の発露があるのってドモイコくらいですよね。シボさんは途中からクールになってしまいましたし。初期シボさん結構好きなんですが…。

    話がズレたので擬音に戻りますが、スチフが刀を構える時の「キン」て音が気に入っています。

  17. ameinu より:

    擬音、ではないですが

    ブロンの「ドゥオッッホッホッホッホッ!!」が

    ステッキーだと思いました。

  18. >RAIN DOGサマ

    そそ、威勢良く登場しといて、

    その後いきなり顔吹っ飛ばされる…

    かわいそうなブロン(T〜T )

  19. マサ より:

    「ガギン」「バギン」みたいな

    金属が壊れる音が印象に残ったです。

  20. ハセガワ より:

    裾野結が珪素人間?になった時の初戦闘時にマスク?解除する時の「ジャバッ」が好きです。

    でもやっぱ

    パキンシャキサクが一番ですね。

  21. >霧亥は意識的に痛覚を遮断できるみたいな記述

    たぶん、本誌柱のブラマーズネットでの質疑応答ですね。

    (「霧亥さんは腕とか切れて痛くないんですか」という質問に対し、「痛覚遮断できる」と回答があった)

    これだけじゃスレ違いなので、好きな擬音は、マナーモード解除後の「バギン」です。

    てかマナーモードて。

  22. >たぶん、本誌柱のブラマーズネットでの質疑応答ですね。

    うおおリアルタイムリーダーからの貴重な情報ありが?ございます。

    (^〜^ )

    僕も擬音書かなきゃwうーん…前にも書いたけど、当然音があるべきところで、わざと効果音を書かないところとか好きなんですよねー(トピ立てといてコレだw)。10巻の真ん中へん、サナカンが禁圧解除で教団施設をぶっ壊すところとかもう背筋ゾクゾクですな。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です